最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米への留学生

米国教育研究所の
 「留学生統計」によると

☆米国の大学ならびに大学院における留学生ランキング
1.中国      12万7628人、29.9%増
2.インド     10万4897人、 1.6%増
3.韓国       7万2153人、 3.9%減
4.カナダ      2万8154人、 5.2%減
5.台湾       2万6685人、 4.9%減
6.日本       2万4842人、15.1%減
7.サウジアラビア  1万5810人、24.9%増

※中国は大卒後の大学院留学も1.6万人近く、インドを抜いた。

 中国人留学生の4分の3が、中国に還らず、
 米国で就労し市民権を得る。

 インドはムンバイなど国内で雇用機会が激増、大学院留学より就労を選ぶ。
 
 韓国、台湾は増加継続、日本の留学熱は冷めた。

★日本の若者は、ゲームにケータイ、家飲みと
 内向き志向が、さらに強まる。

 日本は素晴らしい国なので、やむをえない面もあるが,
 視野が狭いのはまずい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/2632-72142431
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。