最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年世界人口白書

国連人口基金の
「2010年世界人口白書」によると、

☆2010年の世界人口
・69億0870万人、8000万人増

★あくまで推計。中国は現在15億人超説も根強く、
 既に70億人を超えている可能性も高い。


☆2010年国別人口
1.中国      13億5410万人
2.インド     12億1450万人
3.米国      3億1760万人
4.インドネシア  2億3250万人
5.ブラジル    1億9540万人

6.パキスタン   1億8480万人
7.バングラディシュ1億6440万人
8.ナイジェリア  1億5830万人
9.ロシア     1億4040万人
10.日本      1億2700万人、20万人減


☆2050年推計人口
・91億5000万人

1.インド 16億1380万人
2.中国  14億1700万人


☆合計特殊出生率(女性の生涯出産数平均。2人で人口不変)
・世界    2.52

・アフリカ  4.45
・アジア   2.30
  日本    1.26、極度な人口減へ
・ヨーロッパ 1.52
  フランス  1.87、各種政策で改善
・中南米   2.17
・北米    2.02
・オセアニア 2.42


☆乳児死亡率、出生1000人当たり
・世界    45人

・アフリカ  79人
・アジア   39人
  日本3、北朝鮮47、中国22
・ヨーロッパ  7人
・中南米   20人
・北米     6人
・オセアニア 22人、※豪とニュージで4人

★アフリカの衛生向上が急務。

 米財界は貧困撲滅でなく、
 給食による食生活の欧米化と、その後のビジネス化に執着。

 地域に合った食物の増産と、上下水道の整備を。



☆平均寿命
・世界    女性70.5才、男性66.1才

・アフリカ  女性56.2才、男性53.8才
・アジア   女性71.5才、男性67.8才
  日本    女性86.6才、男性79.6才

・ヨーロッパ 女性79.6才、男性71.7才
・中南米   女性77.2才、男性70.8才
・北米    女性81.9才、男性77.5才
・オセアニア 女性79.3才、男性74.6才

★アフリカが低いのは、乳児死亡率の高さが主因、
 乳児死亡率の高さは、非衛生と医療不備により、
 その主因は、米欧財界の横暴強欲。そこに中国共産党が追従。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/2612-702abbe3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。