最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

裁判員制度に関する世論調査

内閣府の
 「裁判員制度に関する世論調査」によると
 ・5月28日~6月7日
 ・全国成人男女3000人対象、2054人有効回答

※裁判員は原則として辞退できず、
 正当な理由なく裁判所の呼び出しに応じないと、
 10万円以下の過料が課されることがある。

☆制度を
・知っている 97.4%

☆裁判員に選ばれ、呼び出し状が届いた場合
・行く         71.5%
  20代87.3%、30代85.4%、60代65.8%、70以上41.8%
  ・義務なのでなるべく行かなければならないと思う 57.9%
  ・義務か否かにかかわらず、行きたい       13.6%
・行くつもりはない   25.9%

★70才以上は、健康・意識・知識など個人差が大きいから、
 単に無差別抽出方式(くじびき)は、どうでしょうねえ。

 辞退希望者は面接して、高齢・学生・病気等やむをえない理由だけ
 辞退できるらしいけど。


☆参加を拒む理由(複数回答可・行くつもりはないと答えた人)
・有罪、無罪などの判断が難しそう         46.2%
・自分の判断が被告人の運命に影響するため荷が重い 46.2%
・裁判の仕組みが分からない            34.6%
・専門家の裁判官に意見を言える自信がない     34.0%


☆裁判員制度の導入で
・刑事裁判が身近になる 67.3%

☆国民が進んで参加するために政府が取るべき施策(複数回答可)
・裁判をより分かりやすくする 62.5%
・仕事の環境を整える     59.3%
・学校での教育        45.2%

★裁判官制度より、公務員の罰則規定を先にすべき。

 裁判官制度は決議が拙速だったし、日本人に合わないと思うが、
 決まったので実施後、早めに修正しましょう。

 警察の自白強要など、冤罪が減るといいけど。
 最近、検察が妙に権力よりで、怪しいし。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/2178-38912f12