FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

大学生の国語能力

国立国語研究所の
 島村直己主任研究員らの調査によると(読売)
 http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050918it02.htm
 ・今年6~7月
 ・国立大5校と私立大3校、約850人
 ・古文4、現代文2の計6問を出題
 ・2年前の高校生約1500人の同一問題調査と比較。

☆枕草子の「春はあけぼの」の意味を正答できた
 ・大学生 62・9%

☆松尾芭蕉の俳句「古池や蛙飛び込む水の音」の蛙を
 カエルか、かわずという正しい読み方を答えた
 ・大学生 65・3%

☆童謡「赤とんぼ」の「負われて見たのは」の意味を
 「背負われて見たのは」と正答できた
 ・大学生 61・6%

☆唱歌「夏は来(き)ぬ」の正答率
 ・大学生 47・8%
  夏が来ないと逆の意味にとらえた学生が多い。

★高校生より正答率が悪いそうだが、

 3割強がダメというより、
 6割正解ならまずまずでしょう。

 主要受験科目じゃないから、勉強しないし、
 本を読まないもの。

 それより、枕草子じゃないけど、

 明けがたや夕暮れの美しさを感じる時間が
 みんなにあるといいけどなあ。

コメント

閲覧ありがとうございます。
確かに一般教養ですね。

大学名が不明ですが、国立が3校あるので
そこそこのレベルとは思います。

最近の学校事情は良くわかりませんが、
赤とんぼや夏は来ぬなどは
学ぶ機会があるのでしょうか。

枕草子と芭蕉を知らないのはちょっとね。



  • 2005/09/18(日) 20:12:36 |
  • URL |
  • jiji #-
  • [ 編集 ]

はじめまして。おじゃまします。
あまりの結果に膝をつきそうになりました。
と同時に、ブログで現代文指南なんてことをやっている自分の国語力にも疑問が・・・。

けれども、これは国語というより、一般教養の範疇ですね。
「かわず」なんて、嫌でも耳から覚えそうなもんですが。
「それをインプットしなくてすむ環境」というのが一体どんなものなのか、それがものすごく知りたいです。

  • 2005/09/18(日) 17:55:17 |
  • URL |
  • 天鐘 #GCA3nAmE
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/192-7a5dde3b

トンデモ科学と俗流若者論

■現役大学生が、ちまたに横行する「俗流若者論」をバッサバッサきりまくる、『後藤和智『新・後藤和智事務所 ~若者報道から見た日本~ 俗流若者論から日本社会の一面をのぞく』は、毎回高水準の批判が展開されているウェブログだ。当サイトサイトでも、リンク集の常連...

  • 2005/09/20(火) 07:13:15 |
  • タカマサのきまぐれ時評