FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

グローバリゼーション指数

スイス連邦工科大の経済研究所KOFの
 「グローバリゼーション指数」によると
 ・経済、社会、政治3分野24項目のグローバル度合いを指数化
 ・122カ国対象

☆グローバリゼーション指数
1位 ベルギー、2年連続
2位 オーストリア
3位 スウェーデン
4位 スイス
5位 デンマーク

6位 オランダ
7位 イギリス
8位 チェコ
9位 フランス
10位 フィンランド

51位 日本(前年40位)

最下位 ブルンジ、ミャンマー、ルワンダ


☆同・経済面、貿易と直接投資が外国に開かれている程度
1位 シンガポール
2位 ルクセンブルク
3位 ベルギー
4位 マルタ

☆同・社会面、情報や知識がどれほど行き渡っているか
1位 スイス
2位 オーストリア
3位 シンガポール
4位 ベルギー

☆政治面、外国との協力度
1位 フランス
2位 アメリカ
3位 ロシア
4位 イギリスの順

★51位は低いけれど、
 あくまで米欧資本に都合の良い基準なので、
 日本は世界に対し、平和と環境をリードしよう。


※米外交誌フォーリンポリシーとATカーニーの
 「2007年グローバリゼーション指数(07年10月)」によると
 ・世界GDPの97%、人口88%を占める72カ国対象
 ・集計可能な05年統計値
 ・経済・情報・政治・人材の交流

☆2007年グローバリゼーション指数
1位 シンガポール、3年連続
2位 香港
3位 オランダ
4位 スイス
5位 アイルランド
6位 デンマーク

※トップ10中7か国が人口800万人以下の小国

★ベルギーやシンガポールなどとは違い、
 日本には大きな内需がある。

 技術とモラルもまだ充分高い

 アメリカや中国など特定国の意向を過剰意識する必要はない。

 世界全体や人類をみすえ、他国の模範をめざしましょう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/1649-3f094a4b