FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

米の収入格差、戦争でさらに拡大

米の公正経済連合と政策研究協会の
 「Executive Excess 2005」によると
 http://www.faireconomy.org/press/2005/EE2005_pr.html

☆04年の米の平均年収
 ・CEOの平均  1,180万ドル   (13億円)
 ・一般労働者    2万7,460ドル(304万円)
  ※収入格差 431倍(03年は301倍)

☆過去の企業経営者と一般労働者の収入格差
 ・1982年  42倍
 ・1990年  107倍
 ・2001年  525倍

☆イラク戦争関連企業
 ・01~04年の間に、 米企業CEO平均年収    7%上昇
 ・   同     国防関連企業平均年収  200%上昇
 ・防弾ベストのDHBインダストリーズ
   01年  52.5万ドル
   04年 7,000万ドル(133倍)
 ・兵站業務のハリバートン
   04年 1,140万ドル(171%増)
   ※同社の国防総省への不正請求額 14億ドル

★社長10数億と社員300万では
 一体感などゼロでしょうね。確かに全く別の人種です。

 CEOから見れば、社員は
 安いコストで金を稼ぐべき「道具」です。
 
 自分と同じ会社で、給与が400~500分の1でしかない
 社員がたくさん働いている。
 同じ人間とは思っていませんよね。

 アホな人間達だが、
 もっと働け! もっと消費しろ! としか
 思いませんよね。

 「頑張った人が報われる」のは良いけれど
 ここまで差が大きいと、歪が大きくなります。
 
 防弾チョッキ屋が戦争で社長給与113倍というのも
 スゴイことです。

 こんな国の言うままに、日本の政策を進めると、
 こういう形になっていくのでしょう。

 いいのか、 本当に?

 日本としての人、命、世界、経済の考え方を
 国の内外に訴えなくては。



 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://questionnaire.blog16.fc2.com/tb.php/147-72f42225