fc2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

おせち料理に関するアンケート

CCCMKホールディングスの
 「おせち料理に関するアンケート」によると
 ・全国18~69歳男女1503名、インターネット調査

☆毎年お正月に食べるもの
1.お雑煮 64.9%
2.おせち料理 61.1%

3.寿司 28.1%
4.すき焼き 18.0%
5.七草粥 11.8%
6.焼肉 7.2%

★孫とか来たら、おせち+寿司・唐揚げはパターン。

☆おせち料理は好きか
・とても好き 13.2%
・まあまあ好き 53.7%
・あまり好きではない 24.0%
・全く好きではない 6.3%
・食べたことがない 2.8%

★慣習で、主婦の手間が少ない保存食。
 大昔はご馳走だが、おいしいというものじゃないし

☆23年のおせち料理はどうする
・すべて手作り 24.0%
・レシピサイトを見ながら作る 35.9%
・家族代々の直伝レシピで 25.1%

☆好きなおせち料理
1.栗きんとん
2.数の子
3.黒豆
3.かまぼこ
5.海老

☆管理人は紅白のなますと、普段食べないハム。

☆おせち料理のイメージ
1.昔ながらの伝統的なもの
2.お正月に必ず食べるもの
3.家族で集まって食べるもの

☆2023年のお正月はどうする
・自宅で過ごす 5割
・実家・地元に帰る 3割

★皆様、良いお年を!!!

サッカー、世界ランキング

FIFAのW杯後の
 「世界ランキング」は

☆サッカー、男子、国別ランキング
1.ブラジル
2.アルゼンチン、PK勝利はポイント外
3.フランス、前回4位
4.ベルギー、前回2位
5.イングランド

6.オランダ
7.クロアチア
8.イタリー
9.ポルトガル
10.スペイン、前回7位

11.モロッコ!!!、前回22位
12.スイス
13.アメリカ
14.ドイツ
15.メキシコ

16.ウルグアイ
17.コロンビア
18.デンマーク
19.セネガル
20.日本!!!、前回24位

★日本活躍しました。
 FWに釜本がいれば、ベスト4はいける。

 野球の大谷君、バスケ八村君、バレー石川君は無理だろうが
 室伏スポーツ庁長官でも。

発達障害の児童生徒数

文科省の「発達障害の児童生徒数調査」によると
 ・1~2月、公立小中高1800校対象、
  うち1627校で、担任らが7.6万人分の様子を回答。

☆発達障害の児童生徒数(推定)
・8.8%、前回12年調査は6.5%
  男子12.1%、女子5.4%
 ※増加でなく、教員理解が深まり該当判断が増えたとした。

・小学校10.4%、中学5.6%

※学習障害(LD)は知的発達に遅れはないが、読み書きや
 計算が難しい。話し合いの流れが理解できない、
 まっすぐ字を書けない、教室で座っていられない、
 周りが困惑するようなことも配慮しないで言うなど。

※気が散る注意欠陥・多動性障害(ADHD)
※対人関係が苦手な自閉スペクトラム症(ASD)など

★両親など家庭環境?、男子多し。

オミクロン対応ワクチン接種後死亡

厚労省の「オミクロン対応ワクチン接種後死亡」によると
  ・12月16日発表、2日時点

☆オミクロン対応ワクチン接種後死亡
 ・計19件
 ・BA1対応ファイザー3件,モデルナ1件、BA5対応ファイザー15件
・因果関係は評価できないか評価中と。

・これまでワクチン接種後死亡は1910人。ほとんど因果関係不明と。
 厚労省が、薬品メーカーへの忖度で隠蔽!

☆ワクチン接種後死亡、20代女性ら5人に一時金
 厚労省は12日、コロナワクチン後死亡の20代女性と、
 74~95歳男女4人に、一時金4420万円と葬祭料21.2万円の
 支払いを認めた。これまで計15人。



・コロナウイルス感染症対策分科会の尾身会長(73)が、
 12日感染と発表。11月12日にオミクロン対応ワクチンで、
 5回目接種を受けている。発熱はなく喉に違和感がある程度。

・トランプ前大統領にも効果のあったイベルメクチン。
 米メディアと追従する日本のメディアや厚労省・日本医師会に
 潰された。低コストで、世界の蔓延を防げたのに。

★ワクチンに意味があるか疑問。
 国際巨額詐欺か。

 内閣府の今春発表コロナ経済対策は293兆円。

 イベルメクチンで充分だったのに。

IT技術者数ランキング、日本4位

ヒューマンリソシアの
 「IT技術者数ランキング」によると
 ・世界109カ国のIT技術者数を推定

☆IT技術者数
・世界 2517万人、4.7%増

1.米国 514.0万人、1.9%増
2.中国 281.4万人、7.0%増
3.インド 226.7万人
4.日本 132.0万人、8.2%増
5.ドイツ 114.0万人

6.ブラジル 106.4万人、15.5%増
7.イギリス 100.6万人
8.ロシア 94.7万人
9.韓国 77.4万人
10.フランス 76.4万人

★日本の8.2%増に、少し安心

電気自動車の整備

ナルネットの
 「自動車整備工場アンケート」によると
 ・9月7日~10月27日、同社提携自動車整備工場調査
  有効回答1225。

☆ハイブリッド含む電動車の故障修理
・対応可能 45%

☆自動運転車の各種センサーの調整
・対応可 38%
・対応予定 27%

☆環境に優しいエアコンガス「1234yf」
・対応予定なし 47%
 ※うち77%は外注で対応

★既に電子制御満載で、従来の車整備と別。
 自動車整備業の人々も大変。

日米共同世論調査、防衛

読売と米ギャラップの
 「11月・日米共同世論調査」によると

☆信頼している国内の組織や公共機関、15項目から複数選択
《日本》
1.病院 78%、前回20年調査74%
2.自衛隊 72%、同70%
3.裁判所 64%、同57%

《米国》
1.軍隊 79%、前回86%、22回連続1位!
2.病院 76%、前回は同率1位

※教会 56%、前回68%、民主党支持層37%(前回63%)

★政治や宗教の信頼度が壊滅。
 実情が露呈したということではあるが。

☆今後日本が防衛力を強化すること
《日本》・賛成 68%
《米国》・賛成 65%

☆自国にとって軍事的な脅威になると思う国・地域(複数回答)
《日本》
・ロシア 82%、前回20年調査57%
・北朝鮮 82%、同73%
・中国 81%、同61%

《米国》
・ロシア 79%、同61%
・中国 77%、同64%
・北朝鮮 70%、同68%

☆中国が台湾に軍事侵攻した場合、米軍が台湾を防衛すべきか
《日本》
・そう思う 72%

《米国》
・そう思う 48%
・思わない 45%

★台湾有事。習近平の挑発が台湾へも日本へも続く。
 与那国島と台湾は100km。
 島民避難も含め、自衛隊がすぐ対応できないと。

☆米国は今後、ウクライナへの軍事的支援を強めるべき
《日本》・そう思う 59%
《米国》・そう思う 55%

★自衛隊の装備充実、隊員居住環境改善も。

 北京へのミサイルは射程2千km必要。抑止力として。

中国影響力指数

台湾DTLの
 「チャイナ・インデックス(中国影響力指数)2022によると
  ・82カ国対象、昨年3月から今年3月まで政治、経済、軍事、
   法、外交、学術、メディア、社会、技術など9分野11指標
   の中国の影響を調査。

☆中国影響力指数2022
1.パキスタン
2.カンボジア
3.シンガポール
4.タイ
5.ペルー
5.南アフリカ共和国

7.フィリピン
8.キルギス
9.タジキスタン
10.マレーシア

13.韓国
 経済領72.7%、法執行62.5%、国内政治52.3%、外交52.3%、
 学界47.7%、社会18.2%、軍事18.2%

15.カザフスタン

21.米国。学界や国内政治、メディアへの浸透力が大きい

52.日本。貿易・観光では深く関わっている

87.パラグアイ

★日本憲法前文「平和を愛する諸国民の公正と信義を信頼~」が、
 現実は絵空事だと、朝日や立憲の旧社会党、辻元、福島らに
 認識してもらいたいが。

 政府の批判勢力はもちろん必要だが。
 左翼の脳が50年前のままでは。

露大統領府の非公開世論調査

露独立メディア「メドゥーザ」11月30日発表の
 「露大統領府の非公開世論調査」によると

☆対ウクライナ
・和平を求める 55%、7月調査32%
・戦闘継続望む 25%、同57%

※露独立系機関レバダ・センターの10月世論調査では、
 ウクライナの露軍行動を支持する70%以上
 戦闘継続と和平交渉のどちらを支持?では、
 和平交渉57%、戦闘継続36%。



★露の情報統制にも綻びが。