FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

月別死亡総数、コロナ後1.3%減

厚労省の
 「人口動態統計・月別死者数」によると、

☆月別死者数の推移

      2020年  2019年
 3月  11万9161人 11万9329人 168人減
 4月  11万3362人 11万2939人 423人増
 5月  10万8380人 11万2258人 3878人減
 6月  10万0423人 10万2354人 1931人減
 7月  10万4849人 10万6594人 1745人減

5ヶ月計 54万6179人 55万3474人 7299人減、98.7%! 

★お騒ぎの新型コロナウイルスだが、
 日本の月別死者数では、死者が増えていないというか、
 5ヶ月累計で、1%以上減っている。

 日本の場合、コロナの影響は無かった!?

インフルエンザ、前年の0.2%

厚労省の
 「インフルエンザの発生状況」によると、
 ・全国医療施設約5000カ所・定点調査

☆インフル患者報告数、週別

   報告数 昨年同期
・~ 9月06日 3  3813
・~  13日 4  5738
・~ 20日 4  5716
・~  27日 7  4543
・~10月04日 7  4889
・~  11日  17  4889
・~  18日 20  3550

 7週合計 62 33138、前年の0.2%!!

★今年は圧倒的に少ない。

 うがい、手洗い、3密回避で、こんなに減らせた。

 PCR検査はコロナの精度7割と適当すぎるし。

魅力的な都道府県、市町村

ブランド総合研究所の
 「地域ブランド調査2020」によると
 ・20~70代3万1734人回答。6月24日~7月20日調査
 ・認知、魅力など全84項目の設問から数値化
 ・47都道府県、全792市と東京23区、地域ブランドへの
  取組みに熱心な185町村を加えた計1000の市区町村
 ・2020年で15回目

☆もっとも魅力的な都道府県
1.北海道、 60.8、12年連続1位
2.京都 49.9
3.沖縄 44.1
4.東京 36.4
5.神奈川 34.7
6.大阪 31.9
7.奈良 30.6
8.長野 30.5
9.福岡 29.6
10.石川 29.2

45.佐賀 12.5
46.徳島 12.1
47.栃木 11.4

※7年連続最下位の茨城が42位に躍進!
 最下位の栃木は知事が同社に出向き、
 意見を申し入れた。

☆もっとも魅力的な市区町村
1.京都 51.9、3年ぶり3度目1位
2.函館 51.3
2.札幌 51.3
4.横浜 48.1
5.小樽 46.9
6.神戸 44.8
7.鎌倉 44.6
8.金沢 43.8
9.富良野 43.7
10.仙台 38.8

★順当な。離島も人気だが観光客数は少ない。

中国の印象、14カ国調査

米ピュー研究所の
 「14カ国調査」によると
 ・02年から毎年調査
 ・6月10日~8月3日電話調査
 ・14カ国の成人1万4276人対象

☆中国に反感を持つ人の割合
・平均 73%
1.日本 86%、1ポイント増
2.スウェーデン 85%、15ポイント増
3.豪州 81%、24ポイント増
4.韓国・デンマーク 75%

6.英国 74%、19ポイント上昇
7.米国・カナダ・オランダ 73%
10.独、ベルギー 71%

12.仏 70%
13.スペイン 63%、5ポイント増
14.イタリア 62%、10ポイント増

★親中の韓国・ドイツも反中国へ

 中国は尖閣、台湾、南シナ海、インド国境でゴリ押し。
 習主席は内需と一体一路とで突き進むのか

☆中国の新型コロナウイルス対策
・悪かった 平均 61%

☆米国の新型コロナウイルス対策
・悪かった 平均 84%

☆習近平中国国家主席の国際問題への取り組み
・信頼できない 平均 78%
・正しい  同 19%

☆トランプ米大統領の国際問題への取り組み
・信頼できない 米除く13カ国平均 83%
・正しい  同       17%

★トランプもひどい評価。米メディアの9割が反トランプ。

日韓共同世論調査

言論NPO、韓国の東アジア研究院の
 「日韓共同世論調査」によると
 ・日本は訪問留置回収法9月12日~10月4日、1000人
 ・韓国は対面式聴取法、9月11~25日、1006人
 ・13年から毎年実施、18歳以上男女対象

☆相手国への印象
《韓国》
・良くない  71.6%、前年49.9%、大幅増
・良い 12.3%、前年31.7%

《日本》
・良くない 46.3%、やや減少
・良い 25.9%、前年20.0%

☆良くない印象を持っている理由
《韓国から》
1.韓国を侵略した歴史を正しく反省していない 61.3%
2.独島をめぐる領土対立 45.0%
3.日本の政治指導者の言動 24.0%
4.建前と本音が違う 21.5%
5.従軍慰安婦問題 17.6%

《日本から》
1.歴史問題などで日本批判を続ける 55.7%
2.竹島の領土問題 29.4%
3.慰安婦合意を巡る対立 23.3%
4.言動が感情的で激しい 23.1%
5.行動や考え方が理解できない 21.6%

★捏造だらけの歴史に洗脳されているので、難しい。

☆良い印象を持っている理由
《韓国から》
1.親切で誠実 58.1%
2.生活レベルが高い先進国 47.6%
3.製品の質が高い 33.9%
4.食や買い物が魅力 24.2%
5.同じ民主主義の国 13.7%

《日本から》
1.ドラマや音楽など文化に関心 58.7%
2.食や買い物が魅力 52.1%
3.同じ民主主義の国 21.6%
4.製品が安くて魅力的 20.5%
5.まじめで努力家、積極的に働く 12.7%

☆悪化した日韓関係
・改善に向けた努力を行うべき   韓国61.2%、日本38.8%
・今のところ無視すべき   韓国10.5%、日本17.3%
・今もこれからも何もする必要はない 韓国11.2%、日本 7.3%

☆自国の将来に重要な国
《韓国》
1.アメリカ 58.0%
2.中国 33.1%
3.日本 4.4%
4.ロシア 0.9%

《日本》
1.アメリカ 65.9%
2.中国 8.9%
3.ASEAN諸国 2.1%
4.韓国 1.2%

☆自国にとって経済的に重要な国
《韓国》
1.中国 78.7%
2.アメリカ 58.0%
3.日本 41.7%
4.EU 24.0%
5.ASEAN諸国 19.9%

《日本》
1.アメリカ 75.8%
2.中国 49.3%
3.インド 33.3%
4.EU 31.0%
5.ASEAN諸国 28.1%
6.韓国 25.3%

★日本はインドとASEANの計61.4%!

☆いわゆる徴用工(実際は募集工)問題解決に何をすべき
《韓国》
・強制執行を行うべき 36.0%
・法的責任は日本企業だが、韓国の政府や企業が代わる
 政治的決断が必要 18.2%
・日韓請求権協定に反するので、日本は従う必要は無い
14.0%
・第三国を交えた仲裁委員会設置か、国際司法裁判所に訴える
13.2%

《日本》
・解決済みで従う必要はない 29.3%
・解決は難しい 15.9%
・補償は韓国政府が行う 8.7%
・第三国を交えた仲裁委員会設置か、国際司法裁判所に訴える
7.1%
・被害者と被告日本企業が話し合う 6.4%

☆軍事的脅威を感じる国
《韓国》
1.北朝鮮 84.0%
2.中国 44.3%
3.日本 44.1%
4.アメリカ 8.3%
5.ロシア 7.1%

★日本の軍事的脅威って何。
 90年前のトラウマか?

《日本》
1.北朝鮮 81.0%
2.中国 63.4%
3.ロシア 30.6%
4.韓国 13.4%
5.アメリカ 11.2%

☆核保有
《韓国の核武装》
・韓国 賛成56.5%、反対38.5%
・日本  賛成 6.3% 反対69.5%

《日本の核武装》
・韓国 賛成 7.6%、反対84.3%
・日本  賛成11.0% 反対66.7%

★韓国文政権は原潜作るとか言い出し、核保有を熱望。
 日本も米軍縮小で、核保有しないと周政権に侵略される。
 もしくは、中国のクーデターを裏で支援するか。

☆相手国へ行きたいか
《韓国》
・行きたい 46.5%、前年65.9%
・行きたくない 38.8%、前年22.0%

《日本》
・行きたい 35.6%
・行きたくない 44.0%

★日本から若い、又は若い気持ちの女性が韓国に行くが、
 性犯罪が日本の十倍以上あるので、要注意。

子育てに関するアンケート調査

明治安田生命の
 「子育てに関するアンケート調査」によると
 ・0~6歳の子どもがいる既婚男女1100人(各550人)
  共働きの妻330人、専業主婦220人
 ・6月12~15日、インターネット調査

☆子どもを「さらにほしい」と答えた人
・30.5%、前年21.3%から大幅増
  女性39.5%、男性21.6%

☆「子どもをさらに望む」に消極的な人の理由
・教育費がかかる 32.5%、前年21.3%から大幅減
・仕事の両立が難しい 12.8%、前年16.2%

※無償化の効果が出た

☆子育てにかかる費用
・月平均  3万6247円、4440円減、調査開始以来最低

※教育費負担が「幼児教育保育の無償化」で、解消され、
 子どもをさらにほしいと望む人が増えたのではと分析した。

☆男性の育児休暇
・取得率 平均26.3%、前年16.1%から急増
・取得日数 平均7日、前年4日
・妻が望む男性育児休暇日数 94日

★希望3カ月以上、現実1週間とは大差が。
 実母が近くにいれば、気持ちが全然違うでしょうけど。
 ほとんどの男は家事も育児も半人前、役立たずも!

☆子育て世帯の収入
・理想の収入 1096万円、64万円増(男性792万円+女性304万円)
・実際の収入 787万円、32万円増

☆イクメンと思う有名人
1.つるの剛士
2.市川海老蔵
3.りゅうちぇる

★勧玄くんが順調に成長しますように。

全国から揚げ調査

ニチレイの
 「全国から揚げ調査2020」によると
 ・2020年8月、インターネット調査
 ・全国1万4056名

☆好きなおかず(29種から複数選択)
1.唐揚げ 72.4%
2.焼き肉 71.7%
3.ぎょうざ 70.9%
4.刺し身
5.トンカツ
5.天ぷら

7.ステーキ
8.豚の生姜焼き
9.すき焼き
10.焼き鳥

★好みが男子小中学生と同じ?

☆から揚げの好意度
・好き 60.4%
・やや好き 27.0%

☆から揚げ・月食個数ランキング
1.大分県 56.5個
2.千葉県 52.0個
3.北海道 51.8個

47.徳島県 23.5個

☆唐揚げを月1度以上食べているひとの割合
1.宮崎県 82.3%
2.青森県、山口県、高知県

★から揚げは、どこでもハズレがほぼ無い!

NHKの受信料に関するアンケート

日本トレンドリサーチの
 「NHKの受信料に関するアンケート」によると
 ・10月16~20日
 ・TV受信設備がある男女各700芽衣

☆NHKを見ること
・よく見る 31.7%
・時々見る 34.1%
・あまり見ない 18.5%
・まったく見ない 15.7%

☆NHK受信料
・払っている 87.1%
・払っていない 12.9%

☆払わない理由
・見ていない
・JRやNTTのように民営化すべき
・TVはDVDしかみない
・高い
・必要ない

★NHKは多数の関連会社に膨大な剰余金。

 製作に年収1千万の社員を民放の2倍程の人数使う。

 公共放送なのに左翼偏向。

 NHKはEテレとBS1の2本だけに絞り、
 予算は10の1で充分かと。

トランプ、バイデンのメディア報道

メディア・リサーチ・センターの
 「トランプ、バイデンのメディア報道」によると
 ・6月1日~7月31日のABC、CBS、NBCによる夕方ニュース分析

☆両候補に関する報道時間
・トランプ大統領に関する報道時間 512分
・バイデン候補に関する報道時間 58分

☆評価的陳述
・トランプ大統領 668件 うち否定的 95%の634件
・バイデン候補 12件 うち的 4件

★極端な偏向。CNNもGAFAも反トランプだし。

 日本の偏向左翼は、朝日毎日NHK共同東京などで、
 アメリカ程の極端さではない。