FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

上場企業・平均勤続年数ランキング

プレジデントオンラインの
 「全上場企業・平均勤続年数ランキング(2019年版)」によると
 ・調査対象2846社、従業員数100人以上の企業
 ・直近年次決算期の有価証券報告書

☆平均勤続年数・上位企業
  勤続年数 平均年齢 従業員数
1.三菱製紙 25.4年 46.7歳  650人
2.平河ヒューテック 25.3年 46.4歳  359人
2.東武鉄道 25.3年 46.6歳、 3510人
4.桂川電機 25.0年 50.2歳  142人
5.KNT-CTHD 24.9年 48.5歳  255人、サービス業
6.リーガル 24.7年 47.6歳  210人、靴製造販売
7.富士通フロンテック 24.4年 46.6歳 1709人
8.キャノンマ-ケティング 24.3年 47.8歳  5368人
9.佐田建設 24.1年 46.3歳  368人
9.松尾電機 24.1年 46.4歳  264人
9.本田技研工業 24.1年 45.6歳 2万2675人

★ホンダ10位、前社長のトヨタ化方針で、
 若手技術者が大量離脱も、F1巻き返しで希望が。
 大ヒットNBOXは、前回F1担当者らによる!


☆平均勤続年数・下位企業
  勤続年数 平均年齢 従業員数
1.マイネット 0.8年 33.2歳 376人
2.INEST 1.3年 30.6歳 119人
3.GAtechnologies 1.4年 29.6歳 210人
4.シェアリングテクノロジー 1.5年 29.3歳 176人
4.UUUM 1.5年 30.0歳 382人
4.メルカリ 1.5年 31.9歳 1178人
4.カオナビ 1.5年 34.3歳 111人
8.NATTY SWANKY 1.6年 28.1歳 175人
9.マネーフォワード 1.7年 33.2歳 304人
10.ラクスル 1.8年 32.8歳 180人
10.アドベンチャー 1.8年 33.4歳 102人
10.Gunosy 1.8年 30.5歳 170人

★下位はほとんどITや通信関連で、転職者が中心。

 ワースト上位企業やIT関連企業トップの思考は、
 米企業に近く、自社利益がぶっちぎりの最大価値で、
 日本を除けば、普通のことではあるが...

 日本企業の三方良し(自社・客・社会)精神は皆無。


☆トップとワーストの平均勤続年数と平均年収
勤続年数 平均年収
・トップ300社平均 20.6年  678万円
・全平均 15.5年  615万円
・ワースト300社平均 3.8年  545万円

★年齢を考慮すると給与の差はほぼ無い。


※伊仏独などは日本に近いが、大違いなのは米と韓で

勤続年数1年未満 10年以上
 米国   28.9% 10.3%
 韓国   31.5% 21.1%
 日本    8.0% 44.5%

 米国は何度も転職するのが普通

 韓国は大企業の多くが45歳定年、
 中小企業給与は大企業の6掛。

 日本は終身雇用ではないものの、労使の関係が深い。

プロスポーツチームの平均年俸ランキング

英リサーチ会社Sporting Intelligenceの
 「2019年・プロスポーツチームの平均年俸ランキング」によると
 ・あらゆるプロスポーツ対象、
 ・年俸総額を登録人数で割った平均値

☆プロスポーツチーム・平均年俸ランキング
1.バルセロナ(西) 1228万4555ドル(13.4億円)
2.レアル・マドリード(西) 1115万4692ドル(12.2億円)
3.ユベントス(伊) 1010万6647ドル(11.1億円)
4.ポートランドトレイル・ブレイザーズ(NBA) 1003万9828ドル
5.ゴールデンステート・ウォリアーズ(NBA) 992万1892ドル
6.オークランド・マジック(NBA) 947万5757ドル
7.オクラホマシティ・サンダー(NBA) 943万2072ドル
8.デンバー・ナゲッツ(NBA) 931万1943ドル
9.マイアミ・ヒート(NBA) 929万8579ドル
10.クリーブランド・キャバリアーズ(NBA) 920万7157ドル

13.マン・シティ(英) 873万4375ドル
22.バイエルン・ミュンヘン(独) 811万9896ドル
32.ヤンキース(MLB) 769万2199ドル
33.マン・ユナイテッド(EPL) 765万7000ドル
40.レッドソックス(MLB) 695万5569ドル
47.ムンバイ・インディアンズ(IPL) 546万9739ドル

65.アトランタ・ファルコンズ(NFL) 470万6057ドル
89.ミネソタ・ワイルド(NHL) 331万7500ドル
126.モナコ(仏) 283万7560ドル
158.上海・SIPG(中) 233万0200ドル
181.ヴィッセル神戸 157万2238ドル
186.ソフトバンク・ホークス 151万8248ドル
191.読売ジャイアンツ 146万7138ドル

☆プロスポーツ・リーグ別・平均年俸ランキング
1.NBA 440人 665万7550ドル(7.3億円)
2.IPL(印クリケット) 128人 週8万1155ドル
3.MLB 856人 322万5239ドル(3.5億円)
4.EPL(英) 496人 317万3264ドル
5.NFL(アメフト)1696人 260万5923ドル
6.NHL(アイスホッケ-)770人 215万0538ドル
7.LA LIGA(西) 492人 203万7648ドル
8.SERIE A(伊) 547人 178万5497ドル
9.BUNDESLIGA(独)493人 158万3710ドル
10.LIGUE 1(仏) 531人 129万8449ドル

12.日本プロ野球 360人 70万0136ドル(7631万円)
14.Jリーグ 524人 32万6839ドル(3574万円)

★世界70数億人中で、スポーツエリート1万人以下。

 ほぼ20~35歳男性限定だから、7億人中の1万人。
 確率は若者男子10万人に1.4人。行けそうじゃん!

 野球は日米の給与格差約10倍、サッカーは日欧で6倍。
 挑戦欲と金で、行かなくちゃ!

 MLB選手会によると、今季大リーガーの平均年俸は
 1.1%減の405万1490ドル(4.4億円)。


☆J1全18クラブの平均年俸ランキング
※平均 32万6839ドル(3574万円)
1.ヴィッセル神戸 157万2238ドル(1億7203万円)
  イニエスタ32.5億円、ポドルスキ9.6億円、ビジャ3.3億円等。
2.浦和レッズ  44万7433ドル(4895万円)
3.サガン鳥栖 43万1048ドル(4714万円)
4.川崎フロンターレ 41万3564ドル(4523万円)
5.名古屋グランパス 37万5942ドル(4111万円)
6.鹿島アントラーズ 31万0888ドル(3400万円)
7.セレッソ大阪 25万7493ドル(2815万円)
8.FC東京 25万4062ドル(2778万円)
9.清水エスパルス 24万3140ドル(2658万円)

10.ジュビロ磐田 21万4477ドル(2345万円)
11.ガンバ大阪 21万1907ドル(2317万円)
12.横浜F・マリノス 20万2082ドル(2210万円)
13.北海道コンサドーレ札幌 20万1533ドル(2204万円)
14.サンフレッチェ広島 19万3946ドル(2120万円)
15.ベガルタ仙台 17万7218ドル(1937万円)
16.松本山雅 15万0261ドル(1642万円)、降格
17.湘南ベルマーレ 13万2413ドル(1447万円)、残留
18.大分トリニータ  7万0581ドル( 772万円)、今季昇格

★実働年数が短いのに、数千万だとなあ。
 早めに欧州へ行くべし。

 大分772万円は一般サラリーマン級だが、えらい!

 FIFAランキングが現在の30位前後でなく、
 ラグビー並みの一桁になればなあ。

 大谷やソフトバンク柳田がCFだったら!!!

 アメリカの中高時のように、複数スポーツを出来ないものか。

外交に関する世論調査、韓国、米露中

内閣府と中央調査社の
 「外交に関する世論調査」によると
 ・層化2段無作為抽出、18歳以上日本国籍3千人、回答1608人
 ・2019年10月19日~30日、個別面接聴取

《対韓国》
☆現在の日韓関係
・良好だと思う 7.5%、過去最低、前年30.4%
・良好だと思わない 87.9%

☆韓国に親しみを感じるか
・親しみを感じる 26.7%、過去最低、09年63.1%
  男性22.3%、女性30.5%
・親しみを感じない 71.5%、過去最多、09年34.2%

☆日韓関係の発展
・重要だと思う 57.5%、前年69.8%
・重要だと思わない 37.7%、前年25.8%

★韓国教科書のでっちあげ反日教育が、
 数十年後?かに解消されれば。

 しばらくは、引き続き丁重な無視で。


《対アメリカ》
☆現在の日米関係
・良いと思う 80.2%、5.9ポイント増

☆アメリカに親しみを感じるか
・親しみを感じる 78.7%、3.2ポイント増


《対ロシア》
☆ロシアに親しみを感じるか
・親しみを感じる 20.8%、3.1ポイント増)

☆現在の日ロ関係
・良いと思う 26.4%、4.2ポイント増


《対中国》
☆中国に親しみを感じるか
・親しみを感じる 22.7%、1.9ポイント増)

☆現在の日中関係
・良いと思う 19.4%、1.1ポイント増

★外交は弱肉強食。

 米露中韓欧と各宗教、みな敵を殺戮してきた。

 建前も表面も朝日も「話し合いで平和」なのだが...

ジャーナリストを信じるか

米ギャラップの
 「ジャーナリストを信じるか」によると
 ・144か国、2017年データ

☆ベスト(民主国家)
1.フィンランド 83%
2.ミャンマー 80%、怪しい
3.ノルウェー 80%

☆同・ワースト(民主国家)
1.ギリシャ 12%
2.セルビア 23%
3.台湾 25%

※平均 59%


☆ベスト(非民主・独裁国家)
1.ウズベキスタン 93%
2.タンザニア 90%
3.ルワンダ 89%

☆同・ワースト(非民主・独裁国家)
1.モーリタニア 33%
2.ガボン 32%
3.イエメン 29%

※平均 59%

★独裁国の選挙は強制で、反対すれば
 拘束や家族への脅迫などあるので論外。

 日本もメディアは偏りが多い。

 性暴力をし、権力に媚び、情報捏造して、
 恥じない山○敬○のようなやからもいるし。

韓国を離れたい、韓国社会は「ヘル(地獄)朝鮮」だ

韓国女性政策研究院のフォーラム発表
 「若者観点のジェンダー葛藤診断と包容国家のための
  政策対応策研究公正認識に対するジェンダー分析」によると、
 ・19~59歳の国民5千人調査

☆韓国を離れたい
・19~34歳 75%、女性79.1%、男性72.1%
・35~59歳 65%、女性64.6%、男性66.0%

☆韓国社会は「ヘル(地獄)朝鮮」だ
・19~34歳 80%、女性83.1%、男性78.4%
・35~59歳 64%、女性64.4%、男性63.9%

★就職難、結婚難、経済停滞、etc


※韓国富裕層の韓国離脱が増加

 韓国、人口5千万人、合計特殊出生率 0.9
  2018年1~10月
  国籍喪失者(外国籍取得) 2万3791人

  国籍離脱者   6493人
   兵役免除目的の18歳未満在外韓国系2世男性が主

 日本、人口1.2億人、合計特殊出生率 1.4
  2016年
  国籍喪失者(外国籍取得) 1058人
   結婚で外国籍に入るケースが主
  国籍離脱者(二重国籍解消) 613人
   蓮舫氏のような

がんの5年生存率

国立がん研究センターの
 「がんの5年生存率・最新データ」によると
・2010~11年にがんと診断された318病院65万人の5年後生存率
・がん以外の死因の影響は除いた
・患者平均年齢、67.2歳

☆2010~11年にがんと診断された65万人の5年後生存率
・全体 66.4% 0.3ポイント上昇。

・女性乳房 92.2%
・喉頭 80.6%、男性が約9割を占める
・腎 80.1%、
・大腸 72.6%
・胃 71.4%
・腎盂尿管 49.0%
・肺・気管 41.4%
・胆のうがん 29.3%

※13年に診断された人の3年後生存率
・全体 72.4%、0.3ポイント改善

・女性乳房 95.3%
・大腸 78.6%
・胃 76.3%
・肝臓 54.2%
・肺・気管 51.7%

★肺・気管がなかなか厳しい。

 国立がん研究センターの統計によると、
 男性のがんになる確率 男性62%、女性47%
 がんで死亡する確率 男性25%、女性16%

高齢者の体型(肥満度)と認知症、死亡リスク

日本老年学的評価研究機構の
 「体型と認知症発症率」によると
 ・65歳以上高齢者3696人対象、約6年間の追跡調査
  うち338人が認知症発症

☆体型別(BMI)の認知症発症率
・やせている男性 標準体型男性の1.04倍
・やせている女性 標準体型女性の1.72倍

・太っている男性 標準体型男性の0.73倍
・太っている女性 標準体型女性の0.82倍

※もっとも認知症リスクが高いの、
 やせて、高血圧、高コレステロールの人


※他の高齢者(65~79歳)11年間追跡研究では、
 ・女性の死亡リスク最少 軽度肥満(BMIが23~24.9)、
 ・男性   〃     中等度肥満(BMIが27~29.9)

 在宅療養の高齢者の平均BMIは、18.1

 アメリカの研究で、高齢者のBMI
 ・軽度肥満(BMI 25前後)が、もっとも要介護になりにくい
 ・中等度肥満(BMI 27前後)がもっとも死亡リスクが低い
 ・標準体形(BMI 22)の死亡リスクは中等度肥満の1.4倍

★高齢者は少し太っていろと。
 散歩や水泳、ラジオ体操など軽い運動もしてね。

チャネル別購入、初回、」リピート、オンライン

米セールスフォース・ドットコムの
 「消費者調査Connected Shoppers Report・日本版」によると
 ・2019年6月14日~7月2日
 ・アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、中南米、中東、アフリカの
  1万0614人から無記名回答。日本は501人。

☆オンライン購入のチャネル別購入、日本
・マーケットプレイス 71%
・小売業者サイト 16%
・著名ブランドサイト 11%

☆初回購入で好むチャネル、日本
・実店舗 73%
・マーケットプレイス 20%
・小売業者サイト 4%
・著名ブランドサイト 4%

☆リピート購入で好むチャネル、日本
・マーケットプレイス 60%
・実店舗 22%
・小売業者サイト 10%
・著名ブランドサイト 8%

★初回購入は実店舗が圧倒的。
 商品の実物を確認したい?

Google・2019年・検索ランキング

Googleの
 「2019年・検索ランキング」によると
 ・期間1月1日~11月29日

☆Google検索ランキング、2019年・国内
1.台風19号
2.令和
3.ラグビーワールドカップ
4.あなたの番です
5.ドラクエウォーク
6.オリンピックチケット
7.京都アニメーション
8.鬼滅の刃
9.吉本興業
10.g20

☆Google検索ランキング、2019年・世界
1.India vs South Africa
2.Cameron Boyce
3.Copa America
4.Bangladesh vs India
5.iPhone 11

★クリケットのワールドカップがあり、
 インド人が英語で検索した。

☆同・People
1.Antonio Brown
2.Neymar
3.James Charles
4.Jussie Smollett
5.Kevin Hart

☆同・Actors
1.Jussie Smollett
2.Kevin Hart
3.Joaquin Phoenix
4.Keanu Reeves
5.Lori Loughlin

★ネイマール以外、ほとんど知らない!!
 国内外のギャップがすごい。