最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

PM2.5など大気汚染による各国の死亡率と死亡者数

ステイト・オブ・ グローバル・エアの
「16年のPM2.5など大気汚染による各国の死亡率と死亡者数」
 によると

☆16年のPM2.5など大気汚染による各国の死亡率と死亡者数
1.アフガニスタン、死亡率406人(10万人当り)、死亡5万1700人
2.パプアニューギニア、死亡率(同)322人、死亡1万1300人
3.中央アフリカ共和国、死亡率(同)320人、死亡8600人
4.ギニアビサウ、死亡率(同)317人、死亡2500人
5.ニジェール、死亡率267人、死亡2万3500人

6.ギニア、死亡率265人、死亡1万5200人
7.ソマリア、死亡率(同)265人、死亡1万2200人
8.シエラレオネ、死亡率(同)261人、死亡7200人
9.チャド、死亡率(同)252人、死亡1万7100人
10.ソロモン諸島、死亡率(同)250人、死亡700人

12.北朝鮮、死亡率(同)249人、死亡5万6100人

※世界の2大CO2排出国
 中国、死亡率(同)117人、死亡157万6600人
 アメリカ、死亡率(同)21人、死亡10万5100人。

★アフガンが大気汚染の最悪。山岳地帯が主なのに。

全国市区町村の平均寿命

厚労省の
 「市区町村別生命表・2015年全国市区町村の平均寿命」によると
 ・国勢調査と人口動態統計を基に5年ごと作成、今回4回目
 ・福島県8町村を除く1888市区町村対象

☆2015年全国市区町村の平均寿命
《女性》
1.沖縄県・北中城村 89.0歳 3回連続トップ
2.沖縄県・中城村 88.8歳
3.沖縄県・名護市 88.8歳
4.川崎市.麻生区 88.6歳
5.石川県・野々市市 88.6歳

1884.岩手県・釜石市 85.3歳
1885.青森県・蓬田村 85.2歳
1886.福島県・西郷村 85.2歳
1887.北海道・稚内市 85.1歳
1888.大阪市西成区 84.4歳、2回連続最下位

《男性》
1.横浜市・青葉区 83.3歳、前々回も1位
2.川崎市・麻生区 83.1歳
3.東京都・世田谷区 82.8歳
4.横浜市・都筑区 82.7歳
5.滋賀県・草津市 82.6歳

1884.青森県・中泊町 78.1歳
1885.青森県・むつ市 78.1歳
1886.青森県・平内町 77.6歳
1887.大阪市・浪速区 77.5歳
1888.大阪市・西成区 73.5歳、4回連続最下位

★長寿は沖縄、短寿が大阪の西成と青森県
 西成は何かとやばい地域だが、青森は塩分や酒か?

EUと加盟国の合計特殊出生率

欧州連合統計局ユーロスタットの
 「EUおよび加盟各国の2016年合計特殊出生率」によると
 ・人口維持に必要な目安は2.1

☆EUおよび加盟各国の2016年合計特殊出生率
1.フランス 1.92
2.スウェーデン 1.85
3.アイルランド 1.81
4.デンマーク 1.79
4.英国 1.79

平均 1.60

・ドイツ 1.59、79.2万人
  移民の出生が増加

27.スペイン 1.34
27.イタリア 1.34

☆2016年EU加盟28か国の出生数
・514万8000人、0.9%増

☆初産の平均年齢
1.ブルガリア 26歳

・EU全体 29歳

28.イタリア 31歳

★日本は16年で1.44。

 仏の子育て支援は超充実。

ミザリー(悲惨)指数、66カ国・地域

ブルームバーグの
 「ミザリー(悲惨)指数、2018年」によると
 ・66カ国・地域対象、インフレと失業の見通しを基に算出
 ※低インフレで失業が少なければ暮らしが快適という考え、
  低数値が誤って解釈される可能性があり、注意が必要

☆最も惨めな国
1.ベネズエラ 4年連続首位、1872点
  唯一の4桁、17年の3倍余り
  IMF推計で17年のインフレ2400%、18年同1万3千%!!

2.南アフリカ 33.1点
3.アルゼンチン 27.1
4.エジプト 26.4、前年2位
5.ギリシャ 20.6
5.トルコ 20.6

7.ウクライナ 17.8、前年5位
8.スペイン 17.3.8
9.ブラジル 15.8
10.サウジアラビア、15.4、前年14位

50.中国 6.3点

56.デンマーク 5.7
56.香港 5.7
58.ノルウェー 5.6
58.韓国 5.6
60.アイスランド 5.3
61.イスラエル 5.2

62.台湾 4.9点
63.日本 3.6
63.スイス 3.6
65.シンガポール 3.2
66.タイ 2.5点、同国失業データは独自計算

★悲惨というなら、犯罪率、医師・病院の人数比、幼児死亡率
 収賄など腐敗、ジニ係数なども加味すべきのような。

公示地価、18年1月1日時点、商業地、住宅地、工業地

国交省の
 「18年1月1日時点公示地価」によると

☆商業地
・平均1.9%上昇、3年連続増
・地方の商業地も0.5%上昇と26年ぶり増
 新潟市や山形市など訪日客増で好調、21都道府県上昇。
・東京圏 3.7%増、うち東京23区6.4%増
・京都 6.5%と全国トップ
・上昇率上位10地点中6地点が京阪神
・大阪は1970年調査開始以来初めて最高値でミナミがキタを逆転
 外人観光客で22.5%増戎橋北詰のクリサス心斎橋が、
 関西5年連続首位のキタ、グランフロント大阪南館7.1%増に
 変わり、関西最高価格地点となった。
・最高値は銀座4丁目の山野楽器、1m2=5550万円、9.9%増

☆住宅地
・平均が0.3%上昇で10年ぶり増
・上昇率トップ10の上位3つが北海道ニセコで、沖縄6
 ・沖縄はモノレール延伸の利便性向上地点が上昇
・地方住宅地は駅から500m未満0.7%増
 5km以上は1.0%減。
・東京23区は全区上昇し、平均3.9%増
・最高値は東京の赤坂1-14-11で、1m2=401万円、9%増
 これまでトップは千代田区の番町

☆工業地
 ・地方も0.2%上昇、26年ぶり増。

★伸びは外人観光客で、地域差大。

世界で最も素晴らしい空港

英Skytraxの
 「世界で最も素晴らしい空港ランキング、2018年」によると
 ・17年8月~2018年2月、世界550空港で100カ国以上1373万人の
  空港利用者にアンケート
 ・施設の使いやすさ、空港スタッフの語学力など39指標で評価

☆世界で最も素晴らしい空港
1.シンガポール・チャンギ国際空港、6年連続首位
2.仁川国際空港(韓国)
3.東京国際空港(羽田)、前年2位
4.香港国際空港
5.ハマド国際空港(カタール)

6.ミュンヘン空港
7.中部国際空港(セントレア)
8.ロンドン・ヒースロー空港
9.チューリッヒ空港
10.フランクフルト空港

11.成田空港、前年14位
13.関西空港、前年12位

29.デンバー国際空港(米) 米のトップ

★上位のほとんどがアジアの空港。

自転車の安全・安心利用に関する意識調査

KDDIの
 「自転車の安全・安心利用に関する意識調査」によると
 ・日常的に自転車・電動自転車に乗る1000人(男57.4%、女42.6%)
  10代1.4%,20代5.6%,30代15.5%,40代27.8%,50代29.4%,60代20.3%,
 ・2月20~26日、ネット調査

☆自転車の事故経験
・単独で事故を起こした 12.9%
・単独で事故にあった 11.9%
・自動車と事故 11.7%
・自転車同士で事故 8.9%

☆事故にあった経験
・対自動車 出会い頭、右折時42.1%
・自転車同士 出会い頭、左折時40.0%
・対歩行者 出会い頭、左折時29.1%
・単独 進行中の追突24.8%

☆事故を起こした経験
・対自動車 進行中の追突23.1%
・自転車同士 出合い頭、右折左折各24.7%
・対歩行者 出会い頭、左折時32.7%
・単独 進行中の追突17.6%

☆電動アシスト自転車の購入基準
・価格 64.8%
・安全性 58.8%
・長距離や坂の負担軽減 43.4%

☆電動アシスト自転車を購入して良かった点
・長距離や坂の負担軽減 39.9%
・安全性 30.2%
・自転車より足腰の負担軽減 24.2%

☆電動アシスト自転車で危ない経験をしたこと
・ある 35.9%

《その内容》
・急発進  49.9%
・重さによる転倒 40.4%
・乗降のよろめき 32.6%

☆自転車保険を
・知っている 84.5%
・知らない 15.5%

・加入している 56.0%
・加入していない 40.6%

★高齢者が増えて、事故増加。

マンション、民泊への対応調査

一般社団法人マンション管理業協会の
 「民泊への対応調査」によると
 ・18年2月4日時点
 ・全国の管理組合9万5073組合
 ・回答8万7352社、回答率91.9%。

☆民泊への対応調査
・民泊禁止 80.5%、管理規約改正や総会・理事会決議
・民泊容認 0.3%
・民泊に関する決議をしていない 19.1%

※民泊法が6月15日施行で、民泊が全国で解禁される

 分譲マンションは2017年4月末時点で、全国633万戸あると言われ、
 マンション管理業協会はその92%以上の管理業務を
 会員社から引き受けている。

★知らない中国人がぞろぞろ出入りするのは不気味。

新生児死亡率、5歳未満死亡率

国連児童基金ユニセフの
 「新生児死亡率」によると
 ・16年推計、184国対象
 ・生後1カ月内(28日未満)で死亡した乳児割合、千人当たり

☆世界全体で死亡した新生児
・1カ月以内死亡 約260万人
・生まれた日に死亡 約100万人

☆新生児死亡率ベスト(生後28日未満死亡、千人当たり)
1.日本 0.9人
2.アイスランド 1.0
3.シンガポール 1.1
4.フィンランド 1.2
5.エストニア 1.3
5.スロベニア 1.3

7.キプロス 1.4
8.韓国 1.5
8.ノルウェー 1.5
8.ルクセンブルク 1.5
8.ベラルーシ 1.5

38.カナダ 3.2人
41.米国 3.7人

※インド 25.4人

☆新生児死亡率ワースト、千人当り
1.パキスタン 45.6人
2.中央アフリカ 42.3
3.アフガニスタン 40.0
4.ソマリア 38.8
5.レソト 38.5

6.ギニアビサウ 38.5
7.南スーダン 38.5
8.コートジボワール 37.0
9.マリ 35.7
10.チャド 35.7

※最悪10カ国中8カ国がサハラ砂漠以南アフリカ
 水道トイレ下水など衛生施設不備と内戦や紛争、自然災害等で。


☆5歳未満死亡率、千人当り、16年
・世界 41人、計564.2万人
  90年93人、00人78人、10年52人

《同ワースト、千人当り》
1.ソマリア 133人
2.チャド 127
3.中央アフリカ 124
4.シェラレオネ 114
5.マリ 111

6.ナイジェリア 104
7.ベニン 98
8.コンゴ民主共和国 94
8.レソト 94
10.コートジボワール 92

☆5歳未満死亡率ワースト、千人当り
1.スロベニア 2人
1.ルクセンブルグ
1.アイスランド
1.フィンランド
5.日本、イタリア、スウェーデン、シンガポール、韓国、
 スペイン、ノルウェー、モナコ、チェコ等 3人

★上位はやはりサハラ砂漠以南アフリカ。

MLB選手の総合指標WAR、歴代、現役、日本人選手

MLBの指標「WAR(Wins Above Replacement)」によると、
 ・打撃、守備、走塁、投球の総合評価で、同ポジションの
  代替可能選手より、どれだけ勝利数を上積みしたか

☆日本人選手のWAR
1.イチロー  59.9、現役
2.野茂英雄  21.8
3.黒田博樹  21.7
4.松井秀喜  21.3
5.岩隈久志  16.5、現役

6.ダルビッシュ有  15.8、現役
7.上原浩治  13.6、日本復帰
8.大家友和  11.9、現役
9.田中将大  11.7、現役
10.長谷川滋利 11.6

★MLBで大きなインパクトを残した日本人は野茂とイチロー

 ESPNによるMLB専門記者、アナリスト、関係者ら40人の
 投票によるMLB今季最高選手選出企画で、4月中旬時点の
 WAR予想で、大谷は3.7でメジャー52位
 日本人最上位はダルビッシュの3.9で43位

 大活躍で話題の二刀流(2WAY)大谷は、
 100年前のベイブ・ルースにどこまで近づけるか。

※MLBの歴代上位と現役上位
《歴代上位》
1.ベイブ・ルース、22年間 182.5
2.サイ・ヤング、22年 168.0
3.ウォルター・ジョンソン、21年 165.2
4.バリー・ボンズ、22年 162.8
5.ウイリー・メイズ、22年 156.4

《現役上位》
32.ブホルス 99.6
41.ベルトレ 93.8
112.M・カブレラ 68.6
126.カノー 66.7
134.アートレイ 65.9
168.カーショー 61.2
172.グレンキー 60.9
176.サバシア 60.4

★イチローでさえ、ベイブ・ルースの3掛け。
 最初からMLBなら違っただろうが、
 その打率はNPB9年が353、MLB17年が311と、4分2厘マイナス。

 あの青木も、NPB8年の329が、MLB6年で285と3割打てず、
 4分4厘マイナス。

 日本人トッププレイヤーがMLBに行くと、
 打者は打率が4分下がり、投手は防御率が1点上がる。

お弁当に入っていたら最も嬉しいおかず

マイナビニュースの
 「お弁当に入っていたら最も嬉しいおかず」によると
 ・マイナビニュース会員男女1009人
 ・ネットアンケート、18年2月11日調査

☆お弁当に入っていたら最も嬉しいおかず
1.唐揚げ 30.8%
2.卵焼き 19.1%
3.ハンバーグ 9.0%
4.エビフライ 8.5%
5.しょうが焼き 7.9%

6.特にない 6.0%
7.ウインナー 5.6%
8.ミートボール 4.2%
9.煮魚・焼魚 3.8%
10.惣菜(きんぴらなど) 1.2%

★野菜無し。小学生時から好み変わらず?