FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都道府県別平均寿命

厚労省の
 「平成27年・都道府県別平均寿命」によると
 ・27年国勢調査や人口動態統計から平均余命を算出

☆2015年(平成27年)都道府県別平均寿命
《男性》
1.滋賀 81.76歳
2.長野 81.75、前年まで5年連続首位
3.京都 81.40

45.岩手 79.86
46.秋田 79.51
47.青森 78.67、9回連続最下位

《女性》
1.長野 87.67歳
2.岡山 87.67
3.島根 87.64

45.茨城 86.33
46.栃木 86.24
47.青森 85.93、4回連続最下位

★寒い地区の寿命が短いけれど、
 最大格差は男性3.11歳、女性1.74歳とごくわずか。
 健康情報が浸透し、国民皆保険も貢献。

 他国では香港が寿命を伸ばしている。


☆寿命が延びた都道府県
《男性》
1.長崎 1.50歳
2.山口 1.48
3.青森 1.39

《女性》
1.鳥取 1.19歳
2.群馬 0.93
3.兵庫 0.93

※三大疾病(がん、心疾患、脳血管疾患)での死亡率が高いのは、
 男女とも岩手県

 がんでの死亡率が高いのは男女とも北海道

 病気にならず老衰で死亡す率が高いのは男女とも静岡県

★健康寿命は2013年で
《男性》
1.山梨 72.52歳
2.沖縄 72.14
3.静岡 72.13

45.京都 70.21
46.高知 69.99
47.徳島 69.85

《女性》
1.山梨 75.78歳
2.静岡 75.61
3.秋田 75.43

45.京都 73.11
46.広島 72.84
47.大阪 72.49

★重要なのは自分で生活できる健康寿命
 
 週数回の軽い運動習慣、バランス良い食事
 最低限の経済力。
スポンサーサイト

学校外教育活動費用

ベネッセの
 「学校外教育活動に関する調査」によると
 ・3~18歳の子どもを持つ母親1万6170名
 ・17年3月インターネット調査、3回目

☆教育費に対する意識は(「とてもそう」「まあそう」の計)
1.教育にお金がかかり過ぎる 67.2%
2.教育費の無駄はできるだけなくす努力してる 62.3%

☆学校外教育活動費(スポーツ、芸術活動、学習の計)
・平均1万4500円、09年1万6700円から減

・3歳 3200円
・4歳 4800円
・5歳 7900円
・6歳 9800円

・小1 1万1600円
・小2 1万1900円、芸術最大2200円
・小3 1万4800円、スポーツ最大5100円

・小4 1万6500円
・小5 1万8700円
・小6 1万8400円、学習1万2400円

・中1 1万8800円
・中2 2万1500円
・中3 最大の2万5900円、学習が最大の2万1700円

・高1 1万4300円
・高2 1万7600円
・高3 1万8900円、学習1万480円

★親は大変だが、学習面で重要なのは森羅万象への興味。
 親の生活に左右され、新聞購読も必要のような。

 スポーツは小学低学年まで思い切りやらせ、
 国際レベルの強い意思と才能があれば...


☆保護者のスポーツ、芸能への考え
・できるだけ高い学歴を身につけさせたい 64.4%、4.9ポイント増
・将来を考えると習い事や塾に通わせないと不安 60.8%、9.1ポイント増
・音楽や芸術より、勉強をしてほしい 44.4%、12.7ポイント増
・運動やスポーツより、勉強してほしい   39.4%、12.6ポイント増

☆世帯年収別の学校外教育活動費
・400万円未満   8000円
・400~800万円 1万3400円
・800万円以上 2万5000円

・人口規模別の学校外教育活動費
・5万人未満   9900円
・5~15万人 1万2800円
・15万人以上 1万4600円
・指定都市・特別区 1万7500円

★塾費用への世帯格差が明らかだが、
 理科系専門職を除き、社会生活に「必要な知識は小4レベル」
 肝心なのは意欲や集中力、分析・把握力、礼節、笑顔等。

 中学位までの共感的親子関係が、
 各種のスキル向上につながるらしい。

夫婦の呼び方

インテージリサーチの
 「夫婦の呼び方に関する調査」によると
 ・同社登録モニター20~69歳男女1万人から回答を得た。
 ・インターネット調査、17年3月30~31日

☆親しい人の前で配偶者が自分のことを何と呼ぶか
(配偶者がいる女性3277人)
1.嫁 23.0%、20代~50代男性1位
2.奥さん 15.7%
3.名前呼び捨て 12.3%
4.家内 10.9%、60代1位31.3%、50代2位18.8%
5.妻 10.6%

☆同・どのように呼んでほしいか
1.妻 23.0%
2.奥さん 17.9%
3.嫁 12.1%
4.名前呼び捨て 11.8%
5.家内 11.4%

☆親しい人の前で配偶者が自分のことを何と呼ぶか
(配偶者がいる男性3037人)
1.主人 23.4%、50~60代女性1位
2.旦那 22.9%、20~40代女性1位
3.お父さん/パパ 17.6%
4.名前の敬称付き 11.0%
5.夫 7.3%

☆同・どのように呼んでほしいか
1.主人 29.0%
2.旦那 16.2%
3.お父さん/パパ 17.6%
4.夫 11.5%
5.名前の敬称付き 8.6%

★「嫁」の呼び方は関西の方言だが、吉本芸人が広めた。

 女性側は特にこだわらないが多数派のよう。

社会人1年目の仕事と時間

シチズン時計の
 「社会人1年目の仕事と時間意識」によると
 ・全国の17年春入社・正規雇用新入社員、男女各200人
 ・17年9月22~26日、インターネット調査

☆時間のムダだと思った仕事
1.朝礼  15.3%
2.ちょっとした打ち合わせ 13.8%
2.お茶くみ  13.8%
4.社内会議  11.5%
4.業務報告書作成  11.5%
6.掃除  10.5%

★業務連絡以外のミーティングは、工夫しないと時間ロス。
 会議は事前の案提示と時間限定を。


☆1日の業務時間(8時間)で、集中して仕事できる時間
・平均 4時間22分、男性4時間15分、女性4時間37分

★勤務時間の半分。まあそんなものか。
 あいまにお茶やストレッチを。

 一般的に集中できる時間は15分の波があって、
 90分と言われ、小中高の授業時間が40~50分、
 大学で90分。同時通訳は15分と言われる。


☆月当たりの上司との飲み会頻度
1.ない 41.5%、女性50.5%
2.1回 36.5%。

☆上司との理想の飲み会頻度
1.1回 40.3%
2.ない 37.5%

☆上司との飲み会の理想の時間
1.2時間 44.4%
2.3時間 15.0%
3.2時間半 11.1%

★月1ならコミュニケーションということで。

外食チェーン顧客満足率

ダイヤモンドDATAラボの
 「外食チェーン顧客満足率ランキング」によると
 ・全国展開160外食チェーン対象
 ・総合的満足度、利便性、料理、コスパ
 ・消費者5000人、地域・年齢・性別・世帯収入を人口分布に合わせ
 ・やや満足と大変満足の計を満足率として算出

☆外食チェーン顧客満足率
1.すし銚子丸 60.9
2.モスバーガー 59.0
3.俺のフレンチ 58.4
4.浜勝 55.0
5.梅の花 54.2

6.木曽路 53.6
7.フレッシュネスバーガー 53.0
8.大戸屋 52.1
9.俺のイタリアン 51.7
10.ブロンコビリー 51.6

11.丸亀製麺 51.2
12.スガキヤラーメン 51.1
14.かつや 49.8
16.くら寿司 49.0
17.リンガーハット 49.0
18.スシロー 49.0
19.サブウェイ 48.6
20.和幸 48.6

23.餃子の王将 48.3
25.星乃珈琲店 48.0
27.サーティワン 47.5
28.ケンタッキー 47.4

30.コメダ珈琲店 46.9
33.はま寿司 46.2
35.てんや 45.2
37.CoCo壱番屋 44.8
38.ドトール 44.6
39.上島珈琲店 44.2
41.スターバックス 44.0
43.タリーズコーヒー 44.0
45.一風堂 43.8
47.サイゼリヤ 43.7
50.鳥貴族 43.4

★ファストフードではモスとフレッシュネスが上位に。

☆同・ワースト、外食チェーン顧客満足率
1.笑笑 22.0
2.村さ来 22.8
3.白木屋 24.5
4.魚民 24.9
5.庄や 25.3

6.八剣伝 26.2
7.千年の宴 26.7
8.養老乃瀧 27.5
9.つぼ八 27.6
10.土間土間 27.8

11.和民 28.1
13.はなの舞 28.5
14.日本海庄や 29.0
17.ジョナサン 31.5
18.山田うどん 32.4
24.ココス 33.7
25.夢庵 34.2

27.安楽亭 34.3
29.ジョウフル 34.6
31.バーミヤン 34.9
32.マクドナルド 35.0
34.デニーズ 35.5
37.桝屋 36.2
38.プロント 36.2
39.ロッテリア 36.3
40.元気寿司 36.3
41.松屋 36.3
42.ガスト 36.4
48.なか卯 37.4
50.ペッパーランチ 37.8

★トップ10はオール居酒屋

 サラリーマン・OL・じいさんが、みんな居酒屋離れ。

ひとり暮らしとクリスマス

レオパレス21の
 「ひとり暮らしとクリスマスに関する意識実態調査」によると
 ・ひとり暮らしの全国20~39才社会人男女600名
 ・11月30日~12月4日、インターネット調査

☆今年のクリスマス予定
・ひとりで過ごす 65.0%、昨年52.2%

☆クリぼっち
・寂しいと思わない 69.5%
・寂しいと思う 30.5%

☆理想のクリスマスの過ごし方
1.ひとり、家でまったり過ごす 38.5%
2.彼氏、彼女、意中の相手と家でまったり過ごす 29.5%
3.彼氏、彼女、意中の相手と外でデート 22.5%

★まったり。高級レストラン&ホテルは終焉。


☆サンタからのプレゼントで欲しいもの
1.恋人 27.8%
2.洋服 20.1%
3.時計 18.2%
4.靴 17.9%
5.鞄 16.7%

★うーむ。

☆クリスマスに撮る写真
1.クリスマスケーキ 71.1%
2.クリスマス料理 59.9%
3.彼氏、彼女 51.4%

☆撮る場所
1.屋外イルミネーションスポット 65.5%
2.家の中 57.0%

☆写真をアップする先
1.アップしない 50.0%
2.Instagram 28.9%
3.Twitter 19.7%
4.Facebook 14.1%

☆インスタ映えなど写真をフォトジェニックにする工夫
1.背景に気を付ける 43.0%
2.画像編集アプリ(無料)活用 28.9%
3.自然光で撮る 25.4%
4.カラフルな被写体を選ぶ 18.3%

☆隣の部屋に住んで欲しい芸能人
《男性》
1.高橋一生
2.竹内涼真
2.福士蒼汰

《女性》
1.新垣結衣
2.綾瀬はるか
3.深田恭子

※現在恋人がいるは、20代女性4割、30代男女性3割

★女子はインスタ撮影に夢中だが、
 男子の多くが、恋愛=めんどくさい、になりつある!

好きなママタレント

オリコンの
 「第2回、好きなママタレント」によると
 ・17年11月6~12日インターネット調査
 ・オリコンモニター10~50代男女1000名

☆好きなママタレント
1.小倉優子 20・30代1位
2.木下優樹菜 10代1位
3.北斗晶 50代1位
4.木村佳乃 40代1位
5.森高千里

6.乙葉
7.ギャル曽根
8.篠原涼子
9.渡辺満里奈
10.辻希美

★きれいを維持して、子育てしっかり。

IMFの世界GDP・2017年予測

IMFの
 「世界GDP・2017年予測」によると

☆GDP、2017年予測
・世界 79.28兆ドル、3.62%増
1.米国 19.36
2.中国 11.94
3.日本 4.88
4.ドイツ 3.65
5.フランス 2.57、前年6位
6.英国 2.57、前年5位
7.インド 2.44
8.ブラジル 2.08
9.イタリア 1.92
10.カナダ 1.64

★中国のは期待値か。

☆GDP伸び率、2017年予測
1.リビア 55.1%増
2.マカオ 13.4
3.エチオピア 8.5
4.コートジボワール 7.6
5.ネパール 7.5

★東南アジアが伸び、ネパール・ミャンマー・バングラが
 7%台の増。フィリピン・ベトナム6%台、マレーシア・
 パキスタン・インドネシア5%台とマーケットとして魅力的だ。

ソーシャルスキル(協同して問題を解決する力)調査、15才、70国地域

経済協力開発機構OECDの学習到達度調査PISAの一環、
「ソーシャルスキル(協同して問題を解決する力)調査」によると
 ・世界各国・地域の15歳男女約50万人を対象
 ・グループメンバーがそれぞれ異なる情報を与えられ
  情報交換しながら取り組む課題や、全員の意見を考慮して
  決断を下す課題、メンバーの目標が一致せず交渉が必要となる
  課題などで評価
 ・600点満点

☆ソーシャルスキル(協同して問題を解決する力)
1.シンガポール 556
2.日本 538
3.エストニア 534
4.台湾 532
5.フィンランド 531

6.マカオ 529
7.カナダ 528
8.ベトナム 525
9.香港 523
10.中国・中心地域 518、北京、上海、江蘇省、広東省

11.韓国 516
12.ニュージーランド 513
13.スロベニア 513
14.オーストラリア 510
15.英国 509
16.ドイツ 509

25.米国 496
27.フランス 495

※平均 493

32.ロシア 487

63.ブラジル 401

68.コソボ 378
69.アルジェリア 376
70.ドミニカ 332

※1位シンガポールは昨年末発表された読解力、数学、科学の
 学力ランキングもトップだった。

※全ての国・地域で女子スコアが男子を上回った。
 オーストラリア、フィンランド、ラトビア、ニュージーランド、
 スウェーデンは女子が男子を40ポイント以上引き離していた。

 女子は他者の意見に関心を持ったリ、他者の成功を喜んだりする傾向が強く、
 男子はチームワークを主に目的達成の手段ととらえていた。

 放課後にテレビゲームする生徒は、しない生徒よりスコアが低い。
 ネットのチャットやソーシャルメディアで多くの人と交流している生徒も
 スコアが高い。

★シンガポールがすごい。

修学旅行の実施状況

日本修学旅行協会の
 「修学旅行の実施状況調査」によると
 ・平成27年度(2015年度)実施の国内修学旅行先
 ・全国の国立公立私立の中高校対象、中学882校、高校1030校回答

☆修学旅行の実施状況
《中学校》
・国内修学旅行 95.2%
・海外修学旅行 3.3%
・不実施 1.5%

《高校》
・国内修学旅行 83.4%
・海外修学旅行 14.6%
・不実施  2.0%

☆修学旅行の実施時期
・中学校 5月が最多の309校
・高校は 11月が最多の183校

☆人気旅行先は、
《中学校》
1.京都 19.9%
2.奈良 17.5%
3.東京 12.9%
4.千葉 11.6%
5.大阪 6.5%
※ベスト5は前回と同じ

6.沖縄 4.3%
7.神奈川 3.9%
8.長崎 3.6%
9.福岡 3.0%
10.兵庫 2.1%

11.広島 2.0%
13.北海道 1.2%

《高校》
1.沖縄 16.8%
2.東京 11.4%
3.京都 10.1%
4.大阪 8.9%
5.千葉 7.6%
※ベスト5は3年間変わりなし

6.奈良 7.3%
7.北海道 6.9%
8.長崎 3.7%
9.福岡 3.4%
10.長野 3.4%

11.兵庫 3.3%

13.広島 2.7%

★日本の文化や歴史を体感。

 韓中のでっちあげ反日記念館に行く学校の校長と県教組は懲罰もの。

ハラスメントと暴力に関する実態調査

連合の「ハラスメントと暴力に関する実態調査」によると
 ・2017年10月26・27日、インターネット調査
 ・全国18~69歳の有職男女1000名、男女別・世代別各100名

☆自分が認識している性別
《女性》
・女性 97.6%
・男性 2.2%
・その他 0.2%

《男性》
・男性 98.4%
・女性 1.4%
・その他 0.2%

★性同一障害?は2%もいる

☆婚姻状況
・未婚 41.1%
・既婚(配偶者あり・事実婚含) 51.5%
・離別・死別 7.4%

☆これまでの交際経験や交際相手との同居経験
・両方ある  41.4%
・交際経験あるが、同居経験はない 43.4%
・交際経験はない  15.2%

☆職場で受けた、または見聞きしたハラスメント
・セクハラ 41.4%
・パワハラなどのいじめ・嫌がらせ 45.0%

・ジェンダーハラスメント 25.4%
・マタニティハラスメント 21.4%
・ケアハラスメント 19.8%
・SOGI(ソジ)ハラスメント 13.7%
  性的マイノリティーへの差別・嫌がらせ

★程度問題だが、明確で複数回なら強く対抗すべし
 社内担当部署、自治体の担当部署、ネットで拡散。


☆自身が受けた、見聞きしたハラスメントは誰から受けた
(受けた・見聞きしたことがある人)
・セクハラ 上司や先輩 58.5%
・パワハラ  上司や先輩 69.8%

・ジェンダーハラスメント 上司や先輩 60.2%
・マタニティハラスメント 上司や先輩 50.5%
・ケアハラスメント 上司や先輩 55.1%
・SOGIハラスメント 上司や先輩 43.8%
※いずれもが上司や先輩が最高値

☆相談したか(職場でハラスメントを受けたことがある254名)
・相談した 58.3%
・どこにも相談しなかった 41.7%

☆相談相手は(職場でハラスメントを受け、相談をしたことがある148名)
・上司や人事担当者、同僚など 60.1%
・親など身近な人 27.0%
・職場以外の知人・友人 25.0%
・職場の相談窓口 14.2%

☆相談をした際の反応
・親身に受け止め、適切に対応してくれた 36.5%
  女性33.0%、男性42.1%
・親身に受け止めてくれたが具体的対応に進まなかった 48.0%
  女性53.8%、男性38.6%
・相談しても解決しない、仕方がないなど消極的対応を取られた 18.2%
・親身に聞いてくれなかった 10.1%

☆職場ハラスメントが原因で起こった生活上変化(受けたことがある254名)
・仕事のやる気がなくなったり、ミスやトラブルが多くなった 47.2%
  女性42.2%、男性55.0%
  10・20代67.5%、30代54.1%、40代43.6%、50代36.7%、60代36.8%

・心身に不調をきたした  33.1%
・夜、眠れなくなった  19.3%
・仕事をやめた・変えた  18.9%
  正規雇用者・公務員11.3%、非正規雇用者28.3%
・自分が価値のない存在になったと感じた  15.7%

☆配偶者から暴力を受けた経験(婚姻経験者・事実婚含589名)
・ある 31.6%、女性37.1%、男性26.1%

・身体的暴力 14.8%
  非正規雇用者35.1%、正規雇用者・公務員29.3%)
・性的強要 9.8%

・心理的攻撃 24.4%
・経済的圧迫 13.9%
  非正規雇用者18.3%、正規雇用者・公務員10.7%

☆交際相手から暴力を受けたこと(交際経験がある848名)
・ある 17.8%、女性24.3%、男性10.9%

・身体的暴力 7.8%
・性的強要 8.3%

・心理的攻撃 12.7%
・経済的圧迫 7.1%

☆相談したか(配偶者や交際相手、又はそれ以外から暴力を受けたことがある331名)
・相談した 35.3%
・相談しなかった 64.7%

☆相談相手(相談をしたことがある117名)
・親など身近な人 34.2%、女性38.0%
・職場の上司や人事担当者 26.5%、男性39.1%
・職場以外の知人・友人 24.8%
・職場の同僚など 20.5%
・警察 11.1%
・公的機関(行政窓口など) 6.8%

☆配偶者や交際相手などからの暴力で相談しなかった理由
(誰にも相談しなかった214名)
・相談しても無駄だと思った 34.1%
・どこ(誰)に相談してよいかわからなかった 15.4%
・我慢すれば相談するほどのことではないと思った 15.0%
・自分にも悪いところがあると思ったから 14.0%
・他人を巻き込みたくなかったから 9.8%

★はっきり傷があったら病院と警察へ。
 傷がなかったら、親か自治体の相談部署へ。

接客時の迷惑行為

流通やサービスなどの産業別労働組合UAゼンセンの
 「接客時の迷惑行為調査」によると
 ・今年6~7月実施
 ・接客にあたる5万0878人回答

☆迷惑行為を受けた経験
・ある 73.9%

☆迷惑行為の種類(複数回答)
・暴言 27.5%
・同じクレームを繰り返す 16.3%
・説教など権威的な態度 15.2%

・セクハラ 5.7%
・土下座の強要 1.8%

※迷惑行為で精神疾患にかかった 359人

☆迷惑行為は近年増えていると感じるか
・増えている 5割

※悪質な行為の取り締まりを求めるなど厚労省に要請書を提出した

★思い込み激しい一部の高齢者。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。