最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速道路の逆走、高齢者率、認知症判定数、高齢者死亡事故率

警察庁の
 「15年高速道路の逆走、高齢者率、認知症判定数」等によると

☆全国の高速道路で、15年に起きた逆走
・283件

☆うち、75歳以上ドライバー
・122件(43.1%)

☆うち、運転免許更新時認知機能検査で認知症や
 認知機能の低下のおそれがあると判定された人
・77件(63.1%)

☆昨年、75才以上で免許更新で認知機能検査を受けた人
・163万人

☆うち、認知症のおそれ判定の人
・5.4万人(3.3%)

☆うち、医師の診断を受けた人
・1650人(3.1%)、

★判定されても、97%5.2万人の高齢者がシカト!!

☆うち、免許停止・取り消しになった人
・565人(34.2%)

★潜在的に、認知症の1万7千人が運転を続けている!



※来年3月改正道交法では、認知症のおそれ判定の人は
 医師の診断が義務付け。
 認知症だと免許の停止・取り消し


★認知症は法改正で改善するが、1年毎の検査が必要。

 加齢で、瞬間的な判断や行動は確実に遅れる。
 認知機能検査に加え、判断と動作の俊敏テストも加えるべき。


※警察庁の平成28年上半期の交通死亡事故の特徴によると
 原付以上運転者の年齢層別免許保有者10万人当たり死亡事故
・85歳以上 10.14(平成21年14.18)
・80~84歳 4.79
・75~79歳 3.41
・70~74歳 2.04
・65~69歳 1.84

・平均 1.93

・35~39歳 1.18
・16~19歳 6.67

★85才はアウトですな。
スポンサーサイト

小4と中2、理科数学学力調査、57の国・地域

国際教育到達度評価学会の
 「2015年数学理科教育動向調査、TIMSS2015」によると
 ・57の国・地域参加、小4と中2対象
  小4のみ参加、中2のみ参加の国も

☆2学年の各理数合計
1.シンガポール 2426点、全て首位
2.韓国 2359、小4理2位、中2数2位
3.台湾 2320、中2理3位、中2数3位
4.日本 2319、小4数5位、中2数5位、小4理3位、中2理2位
5.香港 2312、小4数2位

・サウジアラビア 1537
・モロッコ  1502
・クウェート  1493

★東アジアがトップ5独占。
 ゲームばかりしてても国際的に学力上位。

 欧米ではロシア、カザフスタン、英国などが上位。

OECD、ジニ係数、子供の貧困率

経済協力開発機構OECDの
 「所得格差情報」によると
 ・14年時点数値、16年11月発表

☆ジニ係数
 0に近いほど所得格差が小さく、1に近いほど大きい

・OECD平均 14年0.318、10年0.315
1.チリ 0.465
2.メキシコ 0.459
3.アメリカ 0.394
4.トルコ 0.393
5.イスラエル 0.365

7.英国 0.358

15.日本 0.330
16.イタリア 0.325
19.韓国 0.302
21.スイス 0.295
22.フランス 0.294
23.ドイツ 0.292

30.ベルギー 0.268
31.チェコ 0.262
32.フィンランド 0.257

☆子どもの貧困率
(可処分所得中央値の50%未満世帯に属する18歳未満人口の割合)

1.トルコ 25.3%
2.イスラエル 24.3%
3.スペイン 23.4%
4.チリ 22.5%
5.アメリカ 20.2%

9.イタリア 17.7%
10.カナダ 16.5%
11.日本 16.3%

22.フランス 11.3%
26.英国 9.9%
27.ドイツ 9.8%

30.スイス 7.1%
31.韓国 7.1%
32.ノルウェー 6.8%

★中央値の半分、概ね下から4分の1以下、その国内で。

国別・資産状況

スイス金融大手のクレディ・スイスの
 「2016年グローバル・ウェルス・レポート」によると

☆グローバル・ウェルス・ピラミッド(成人)
  資産    人口   資産合計
・百万ドル以上    3300万人( 0.7%) 116.6兆ドル(45.6%)
・10万~百万ドル 3億6500万人( 7.5%) 103.9兆ドル(40.6%)
・1万~10万ドル  8億9700万人(18.5%) 29.1兆ドル(11.4%)
・1万ドル未満 35億4600万人(73.2%)  6.1兆ドル( 2.4%)

★成人の0.7%が、世界資産の46%を所有。


☆2016年中頃の主要経済国の成人1人当り資産
・世界平均 5万2819ドル、▲0.1%

1.スイス 56万1854ドル、16年連続首位
2.オーストラリア 37万5573
3.米国 34万4692
4.ノルウェー 31万2339
5.ニュージーランド 29万8930
6.英国 28万8808
7.シンガポール 27万6885
8.ベルギー 27万0613
9.カナダ 27万0000
10.デンマーク 25万9816

・フランス 24万4365ドル
・日本 23万0946
・スウェーデン 22万7295
・オーストリア 20万6002
・イタリー 20万2288

・ドイツ 18万5200
・オランダ 18万4378
・韓国 15万9914

・中国 2万2864ドル
・メキシコ 2万1125
・ブラジル 1万8059
・ロシア 1万0344
・インド   3835

・パキスタン   4595ドル
・北朝鮮   2500
・バングラディシュ   1069

☆下位の国
・中央アフリカ   800ドル
・ルワンダ   760
・ウガンダ   685
・モザンビーク   520

・ギニアビサウ   422ドル
・エチオピア   440
・コンゴ民主共和国   396
・マダガスカル   364
・ブルンジ   361
・マラウイ   107

★下位はいつものサハラ以南アフリカの国々。

 スイス人はマラウイ人の5千倍!


※人口の少ない国・地域、成人1人当り資産
・アイスランド 40万8595ドル
・バミューダ 37万5573
・ルクセンブルグ 31万6456
・アイルランド 21万4589
・ニューカレドニア 20万3806
・北マリアナ諸島 20万3806
・マカオ 20万3806
・仏領ポリネシア  20万3806
・グアム 18万5281
・香港 18万5281

☆地域別・成人1人当り資産
・北米 33万7078ドル 0.9%増
・ヨーロッパ 12万5460 ▲1.8%
・アジア太平洋 4万6325 6.5%増
・南米 1万8442 ▲5.7%
・アフリカ   4261 ▲7.5%

★地域別でも格差拡大

子供のクリスマスプレゼント

バンダイの
 「今年のクリスマスシーズンに関する意識調査」によると
 ・0~12歳の子を持つ親、全国600人
 ・インターネット調査、10月28~30日

☆子へのプレゼント
1.ゲームソフト 12.5%、男児16.0%、女児9.0%
2.ぬいぐるみ・人形・フィギュア・ロボット 10.8%、女児17.3%
3.絵本・本・図鑑 8.2%、女児9.7%
4.車玩具 7.3%、男児12.3%
5.知育玩具 7.0%

☆子どもが欲しがっているプレゼントをどこで知ったか
1.テレビ番組(アニメ) 29.4%
2.テレビCM 21.9%
3.店頭 19.1%
4.友達 11.6%、9~12歳で多かった
5.Youtubeなど動画サイト 10.8%

☆クリスマスプレゼント予算
・平均6815円、303円増

・5000~5999円 44.8%
・1万~1万4999円 15.0%
・3000~3999円 14.8%

☆プレゼントをもらうのは
・サンタさんから    34.5%
・サンタさん以外から  31.5%
・サンタさんとそれ以外 25.7%(祖父母18.3%、父母13.5%)

★幼稚園や保育園で、友達から
 「サンタってパパなんだよ!」と教わる。残念。

今年生まれた赤ちゃんの名前人気ランキング

明治安田生命保険の
 「今年生まれた赤ちゃんの名前人気ランキング」によると
 ・同社保険契約者対象、16年に生まれた男子8947人、女子8509人

☆今年生まれた赤ちゃんの名前人気ランキング
《男の子》
1.大翔(ひろと、やまと、はると)、2年連続首位、10年間で7回トップ
2.蓮(れん)
3.悠真(ゆうま)
4.陽翔(はると、ひなと、ひゅうが)
5.朝陽(あさひ)

※蓮や樹(いつき、たつき)」など、
 漢字1文字名がベスト10中、6つもランクイン。

 体操・内村航平選手の名前が312位から41位に、
 テニス・錦織圭選手も878位から60位に。

《女の子》
1.葵(あおい、めい)、2年連続首位、10年で3回トップ
2.さくら
3.陽菜(ひな、はるな、はな)
4.凛(りん)
5.結菜(ゆいな、ゆな、ゆうな)
5.咲良(さくら、さら)
5.莉子(りこ)

※男の子は大きく羽ばたく、活躍をイメージした名前が多い。
 女の子は植物が成長し花を咲かせるイメージの花関連が人気。

★読み方が難しい。

DIMEトレンド大賞、2016

DIMEの
 「2016小学館DIMEトレンド大賞」によると

☆2016小学館DIMEトレンド大賞
・大賞 ポケモンGO

・家電・IT部門
  シャープのRoBoHoN、ダイソンのヘアードライヤーSupersonic、
  ドウシシャの電動ふわふわとろ雪かき氷器。
・ライフスタイル部門
  AbemaTV、カップヌードルリッチ、電子タバコ。
・レジャー・エンターテインメント部門
  プレステVR、グランピング(星野リゾート)

・SuitsWOMAN賞 新宿南口のNEWoMan(ルミネ)
・@DIME賞 格安スマホ(華為技術日本、ファーウェイ)、
・特別賞 パナソニックのメガホンヤク、
・話題の人物賞 「君の名は」新海誠監督、吉田沙保里選手
・DIME創刊30周年記念トップリーダー賞 小池百合子東京都知事。

★PPAPが漏れた。
 メガホンヤク(英中韓に翻訳するメガホン)が素晴らしい。

日経トレンディ、2016年ヒット商品

日経トレンディの
 「2016年ヒット商品」によると
 ・15年10月~16年9月に発表された商品やサービスを、
  売れ行き、新規性、影響力の3項目で総合判定

☆2016年ヒット商品
1.ポケモンGO
2.君の名は(アニメ映画)
3.IQOS(電子タバコ)
4.インスタグラム
5.メルカリ(フリマアプリ)

6.スイーツデイズ乳酸菌ショコラ(乳酸菌入りチョコ)
7.新型セレナ
  日産のワンボックス。高速で自動運転が少し可能
8.レノア本格消臭
  香りでごまかさず、ニオイ成分を無臭化成分で化学変化)
9.クッションファンデ
  下地いらず、保湿効果大のベースメイクファンデ
10.グリーンスムージー
  葉野菜と果実のジュース。小倉優子や優香がダイエット成功と報告

11.スロギー ZERO FEEL&SUHADA
  トリンプの快適下着、縫い目もホックもワイヤーも無し
12.おやすみロジャー、魔法のぐっすり絵本
13.かみさまみならい、ヒミツのここたま
14.ザ・チャーハン
15.VR
16.生誕300周年若冲展
17.スター・ウォーズ/フォースの覚醒
18.エアーマッサージャー骨盤おしりリフレ
19.EXPOCITY
20.新・生茶

☆2017年ヒット予測
1.ノールックAI家電
 家電の電源ONOFFなど。声で照明を消すなど。
2.“魅せる”ミールキット
  手軽にでき見栄えが良い料理の食材宅配サービス
3.手ぶらで“旬撮”カメラ
 スマホで操作する小型ドローン、自撮りも。
4.燃焼系ウエアラブルジム
5.ドローンレーサー

★日経トレンディのヒット予測は毎年外れまくりの参考意見。

都道府県・魅力度ランキング

ブランド総合研究所の
 「地域ブランド調査2016」によると
 ・インターネット調査
 ・20~70代、男女・年代・地域でほぼ同数
 ・有効回収3万0372人(地域平均573人)
 ・都道府県と市町村1000(全790市、東京23区、187町村)

☆都道府県・魅力度ランキング
1.北海道 54.2、8年連続首位
2.京都 46.3
3.東京 35.1
4.沖縄 32.7
5.神奈川 30.2
6.奈良 28.7
7.大阪 24.1
8.長野県 24.0
9.石川 23.3
10.福岡 21.4

11.長崎 20.0、昨年5位
12.静岡 17.6、昨年19位
13.愛知 17.2
14.宮城 16.8
15.大分 16.5、昨年32位
16.兵庫 16.3
17.青森 15.8、昨年25位
18.富山 15.4、昨年30位
19.秋田 14.9
20.千葉 14.4

41.福井 9.1
42.岐阜 9.0
42.鳥取 9.0
44.徳島 8.6
45.群馬 8.5
46.栃木 7.8
47.茨城 7.7、4年連続最下位だが点数アップ
  納豆がある

★1位と2位はぶっちぎり。下位はいつもの北関東3県


☆市町村・魅力度ランキング
1.函館 46.8、3年連続首位
2.京都 45.1
3.札幌 43.6
4.小樽 42.9
5.横浜 41.5
6.富良野 38.9
7.鎌倉 38.0
8.金沢 37.1
9.神戸 37.0、昨年4位
10.別府 33.8

11.日光 31.0
12.屋久島 31.0
13.新宿 30.7、昨年22位
14.福岡 29.5、昨年21位
15.軽井沢 29.2

16.石垣 28.4
17.長崎 28.4
18.熱海 28.3
19.尾道 27.3、昨年38位
20.箱根 27.0、昨年30位

★大勢はかわらず、上位は昔からの人気観光地。 【“都道府県・魅力度ランキング”の続きを読む】

政治に関する世論調査、死刑、もんじゅ、駆けつけ警護、生前退位等。

FNNの
 「政治に関する世論調査」によると
 ・10月15~16日電話調査
 ・全国から無作為抽出された満18歳以上1000人対象

☆死刑廃止について
・死刑廃止に賛成 20.5%
・死刑廃止に反対 73.3%

※日本弁護士連合会が「死刑廃止を求める宣言」を採択

★極悪人は不要、再犯率高いし。懲役期間の多額税金も無駄。


☆高速増殖炉もんじゅについて
・廃炉にすべき 76.3%
・廃炉にすべきでない 14.6%

☆PKO派遣自衛隊の「駆けつけ警護」について
 (武装集団などに襲われた国連職員や日本人を助けに向かう)
・駆けつけ警護を行うことに賛成 58.0%
・駆けつけ警護を行うことに反対 38.1%

☆生前退位について
・今の陛下に限り、生前退位できるようにすべき 24.5%
・今後すべての天皇が生前退位できるようにすべき 69.6%
・生前退位を認めるべきではない 4.2%

★根幹は国民の為に祈る祭祀で、現皇太子が?


☆同一労働同一賃金の導入
・賛成 58.0%
・反対 35.8%

★まずは公務員・教員。同一労働の臨時職員や非正規雇用から。

世界の年金指数ランキング、27カ国

マーサーの
 「世界の年金指数ランキング」によると
 ・27カ国対象
 ・十分性、持続性、健全性の3項目評価

☆世界の年金指数ランキング
1.デンマーク 80.5、5年連続首位
2.オランダ 80.1
3.オーストラリア 77.9
4.フィンランド 72.9
5.スウェーデン 71.4
6.スイス 68.6
7.シンガポール 67.0
8.カナダ 66.4
9.チリ 66.4
10.アイルランド 62.0

11.英国 60.1
12.ドイツ 59.0

平均 58.1

13.米国 56.4
14.フランス 56.4

16.ブラジル 55.1
19.イタリー 49.5

22.韓国 46.0
23.中国 45.2
25.インド 43.4

26.日本 43.2
 十分性がデンマーク75.8に対し、48.5、
 持続性がデンマーク85.3に対し、24.4で、アルゼンチン30.1より低い。

27.アルゼンチン 37.7、02年にデフォルト(債務不履行)


※日本は40年までに退職者1人に対し働き手1.44人に落ち込むと予想。

 団塊世代が高齢になり、平均寿命が延び、
 日本の年金給付総額は1989年度22兆円が、14年度54兆円

★厚労省の超無責任行政。歴代の役人が下劣。

豊かさランキング、53カ国

大手国際金融グループ独アリアンツの
 「ワールド・ウェルス・レポート2016」によると
 ・不動産以外の個人資産と人口から国民の実質的豊かさを算出
  不動産価格は各国毎に変動が大きい為に除外
 ・53カ国対象

☆国民の実質的な豊かさランキング
 per capita financial assets EUR
1.スイス 17万0589ユーロ
2.米国 16万0949
3.英国 9万5600
4.スウェーデン 8万9942
5.ベルギー 8万5027

6.日本 8万3888ユーロ
7.デンマーク 8万1293
8.台湾 8万1242
9.オランダ 8万0182
10.シンガポール 7万9261

11.カナダ
12.イスラエル
13.ニュージーランド
14.オーストラリア
15.イタリア 5万3494
16.フランス 5万3425
17.オーストリア
18.ドイツ 4万7681
19.アイルランド
20.フィンランド

21.韓国 2万7371ユーロ
28.中国 1万1496
29.ギリシャ
34.マレーシア
38.メキシコ
39.南アフリカ
42.ロシア  3086ユーロ
44.トルコ
45.タイ
48.インド  1096
50.ブラジル   734

★資産で。実でなく表面的豊かさだが、たどりつくまでは願望。

 生物的には「子孫を残すこと」「生きていること」が勝利。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。