最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

若者の結婚観・子育て観等に関する調査

国立青少年教育振興機構の
 「若者の結婚観・子育て観等に関する調査」によると
 ・15年12月インターネット調査、全国の20~30代男女4000人
  既婚1606、未婚2394、子有1150、子無2850
 ・前回08年度調査は18~29歳男女2400人対象

☆結婚願望(未婚者)
・早くしたい 16.9%、20代は18.0%(08年20.2%)
男性12.0%、女性24.1%
・いい人が見つかればしたい 30.2%、男性28.1%、女性33.3%
・いつかしたい 27.8%、男性30.9%、女性23.2%
・したくない 20.3%、20代は17.8%(08年10.1%)
男性23.3%、女性16.0%

☆子供は(子供がいない人)
・結婚したらすぐにでも欲しい 18.2%、20代は16.5%(08年17.0%)
・欲しくない 24.8%、20代は21.9%(08年11.1%)

☆結婚しない理由(未婚で交際相手がいる人)
 (とても当てはまるとやや当てはまるの合計)
1.経済的に難しい 63.8%
2.一人が楽 50.4%
3.仕事が忙しい 48.3%

☆生活体験と結婚、子供感
・小学時までの「友だちとの遊び、家族行事、地域活動」体験が多いほど、
 結婚したい割合と子供は欲しい割合は高い

・中学や高校時の異性関係で面倒だと思った人は結婚したくない割合が高い
 特に男性は結婚したい、子供は欲しい割合が低下。

・普段近所付き合いをしている人は、結婚したい割合、子供は欲しい割合が高い

★男性がリアル女性の複雑さに、性欲含む本能を折る?

美肌県グランプリ2016

ポーラの
 「ニッポン美肌県グランプリ2016」によると
 ・昨年9月から今年8月まで全国65.4万件の女性肌データを分析
 ・毛穴が目立たない、きめが整っているなど6項目

☆美肌ランキング・都道府県2016
1.広島 75.0
  くすみがない 2位
  シミができにくい 5位
  毛穴が目立たない 2位
  ニキビができにくい 30位
  キメが整っている 5位
  肌がうるおっている 46位

  水蒸気密度 33位
  日照時間 32位
  生活習慣 24位
  肌荒風 突風型
  毛穴熱風 影響無し

  ※UVケアなど気象環境を考慮した美容意識の高さが要因

2.島根 74.7、昨年まで4年連続トップ
  水蒸気密度 11位
  日照時間 7位
  生活習慣 31位
  肌荒風 影響無し
  毛穴熱風 影響無し

3.鳥取 66.5
4.愛媛 65.2
5.秋田 64.5

6.石川 62.6
7.新潟 62.3
8.富山 59.3
9.京都 58.1
10.東京 57.7

43.大分 37.5
44.栃木 37.1
45.茨城 35.3
46.沖縄 35.0
47.群馬 30.8

★北関東が下位に。冬のからっ風。
 中四国、東北北陸が上位。

中国と日本に対する韓国人の認識調査

韓国の新東亜とエムブレーンの
 「中国と日本に対する韓国人の認識調査」によると
 ・20才以上全国男女1000人、各世代男女各125人
 ・9月27、28日

☆日本
・友人でも敵でもない 48.9%
・非常に悪い敵 7.8%
・おおむね敵 37.3%

☆韓日関係の現在
・非常に良い 0.1%
・おおむね良い 13.7%
・おおむね悪い 80.2%
・非常に悪い 6.0%

☆安倍晋三総理のイメージ
・おおむね悪いイメージを持っている 50.3%
・非常に悪いイメージを持っている 46.0%

☆習近平主席のイメージ
・非常に良いイメージを持っている 1.4%
・おおむね良いイメージを持っている 58.2%
・おおむね悪いイメージを持っている 37.7%
・非常に悪いイメージを持っている 2.7%

☆日本と韓国の経済力差
・似ている 11.8%
・韓国が少し遅れている 53.1%

☆日本と韓国の日常生活で経済力差
・韓国が少し遅れる 43.9%
・似ている 26.0%

☆中国と韓国の経済力差
・韓国がはるかに先んじる 4.8%
・韓国が少し先んじる 34.9%
・似ている 22.6%
・韓国が少し遅れる 23.8%
・韓国がはるかに遅れる 13.9%

☆中国と韓国の日常生活の経済力差
・韓国が少し先んじる 51.4%

※国際通貨基金IMFの2016年各国GDP
 日本は世界3位(4兆4126億ドル)、韓国の3.5倍
 中国は世界2位(11兆3830億ドル)、韓国の9倍
 韓国は世界11位(1兆3212億ドル)

★韓国政府とマスコミの洗脳?

韓国の在日コリアン入国承認率

韓国の
 「朝鮮籍・在日コリアンの入国承認率」によると
 ・最大野党「共に民主党」姜昌一議員の国会質問から
 ・今年9月までの朝鮮籍在日の旅行証明書発行率

☆今年9月までの朝鮮籍在日の旅行証明書発行率
・34.6%

・05~08年 99~100%
・09年 81.3%
・11年 39.0%

・13年 46.5%
・14年 43.6%
・15年 51.1%

※旅行証明書の16年全体発行率、92.2%

 日本合併時に渡日、韓国・北朝鮮の国籍を持たず、
 日本に帰化していない人と子は、韓国入国に旅行証明書発給が必要

 日本法務省統計で昨年12月現在、韓国国籍45.8万人、
 朝鮮籍3.43万人。

★在日のほとんどが貧困から不法移民。
 多くは戦争で焼けた駅前不動産を不法占拠し、
 そのままパチンコ店など運営。

男女格差ランキング、2016、114カ国

世界経済フォーラムの
 「男女格差ランキング、2016」によると
 ・144カ国対象
 ・経済活動への参加と機会、政治参加、教育、健康と生存率の
  4分野14項目で男女平等度合いを指数化

☆男女格差ランキング
1.アイスランド 0.874
2.フィンランド 0.845
3.ノルウェー 0.842
4.スウェーデン 0.815
5.ルワンダ 0.800
6.アイルランド 0.797
7.フィリピン 0.786
8.スロベニア 0.785
9.ニュージーランド 0.781
10.ナイジェリア 0.780

11.スイス
13.ドイツ 0.765
15.南アフリカ
17.フランス 0.755
19.デンマーク
20.英国 0.752
35.カナダ
45.米国 0.722
50.イタリア 0.719

75.ロシア 0.691
79.ブラジル 0.687
87.インド 0.683
99.中国 0.676
111.日本(前年101位) 0.660
  教育や健康は格差小だが、
  国会議員女性比122位、官民の高位職女性比113位、
  女性の専門的技術的労働者比率101位

★日本女性は「謙虚、慎ましく、淑やか」が長所で、
 西欧的な強い自己主張と合わず、長期戦略も苦手。
 男女の機微はわかるが、国益の裏表を駆使した外交工作は難しい。

 小池都知事の強い意志が支持された反面、
 蓮舫(戸籍コピーを出さない)&民進と、丸川のアホさも露呈。
 稲田氏は踏ん張ってほしい。

 男性政治家も心もとないが、誠実な小野寺氏に期待。

116.韓国 0.649
124.UAE 0.639

142.シリア 0.567
143.パキスタン 0.556
144.イエメン 0.516

★仏・伊の女性も対男性アピール意識が強いけれど...

女が嫌いな女

週刊文春11月3日号の
 「女が嫌いな女ワースト50」によると

☆女の嫌いな女、週刊文春ランキング
1.和田アキ子
2.ベッキー(昨年24位)
3.蓮舫(44)
4.藤原紀香(15)
5.工藤静香(37)

6.泉ピン子(2)
7.安藤美姫(3)
8.久本雅美(4)
9.上西小百合(7)
10.高畑淳子

13.神田うの(27)
14.指原莉乃(34)
16.メリー喜多川(圏外)
17.上沼恵美子
19.紗栄子(12)
20.谷亮子(5)
20.稲田朋美

22.ローラ(23)
23.小池百合子
24.広瀬すず
25.丸川珠代
26.浜崎あゆみ
27.水卜麻美
30.田中みな実(27)
31.松田聖子(29)
36.吉田羊
38.黒木瞳
39.沼尻エリカ(6)
41.西川史子(47)
42.デヴィ夫人(24)
43.高市早苗
49.小保方晴子(14)
49.福島瑞穂

55.藤島ジュリー景子

★おじさんも嫌悪感は大差ない!?

 ベッキーは誑かされてのセンテンススプリングで可哀想だが。

 でも、ヒラリーは悪徳すぎにしても
 メルケル氏のような女性が日本にも必要。小池百合子?

自動車ブランド別信頼性ランキング・2017

米消費者情報誌コンシューマー・リポートの
 「自動車ブランド別信頼性ランキング・2017
  (Car Reliability)」によると
 ・29ブランド対象

☆自動車ブランド別・信頼性ランキング、2017
1.レクサス(トヨタ) 86、4年連続首位
2.トヨタ 76
3.ビュイック(GM) 75、米ブランドで35年超ぶりトップ3
4.アウディ 71
5.起亜 69
6.マツダ(昨年4位) 68
7.現代 66
8.インフィニティ(日産)62
9.BMW 57
10.ホンダ(昨年8位) 57

11.スバル(昨年5位) 54
12.アキュラ(ホンダ) 53
13.日産 52
14.ミニ 47
15.シボレー 45

16.ポルシェ 45
17.ベンツ 44
18.フォード 44
22.VW 30
20.リンカーン 33
21.キャデラック 32
27.クライスラー 26
28.フィアット 17

★日本メーカー低下。スバルは米でバカ売れしているが...

 日本人エンスーが好きな仏伊英車は、ほぼ対象外。


※今春発表同社「2016年自動車ブランド総合ランキング(Best Car)」は
1.アウディ 80
2.スバル 78
3.レクサス 76
4.ポルシェ 76
5.BMW 76

6.マツダ 74
7.ビュイック 74
8.トヨタ 72
9.キア 72
10.ホンダ 71

13.ミニ 68
14.ベンツ 67
15.VW 67
21.日産 63

26.クライスラー 58
27.ランドローバー 55
28.三菱 51
29.ジープ 43
30.フィアット 38

※同、今春「カテゴリー別ベストカー」は
・サブコンパクト ホンダ・フィット
・コンパクト スバル・インプレッサ
・ミッドサイズ トヨタ・カムリ
・ラージ シボレー・インパラ

・小型SUV スバル・フォレスター
・中型SUV キア・ソレント
・高級SUV レクサス・RX
・ミニバン トヨタ・シエナ(北米専用)
・ピックアップ フォード・F150

・スポーツ マツダMX-5(ロードスター)、

★買うなら、フィット、インプレッサ、カムリ、フォレスター、F150
 にしておけと。

 米のアウトドアシーンはスバルかレンジローバー。

MLB2016年・先発投手ランキング

米スポーツ専門ニュースサイト「ブリーチャーズ・レポート」の
 「MLB2016年・先発投手ランキング」によると
 ・MLB今季15試合以上先発投手
 ・コントロール30点、奪三振率25点、被打率25点、仕事量20点
  計100点満点で評価

☆MLB2016シーズン、先発投手ランキング
1.マックス・シャーザー(ナショナルズ) 89
  228イニング、20勝7敗、防御率2.96、284奪三振。奪三振と仕事量で満点
2.クレイトン・カーショー(ドジャース) 86
3.ノア・シンダガード(メッツ) 86
4.カイル・ヘンドリックス(カブス) 85
5.ジャスティン・バーランダー(タイガース) 84

6.コレイ・クルーバー(インディアンズ) 83
7.クリス・セール(ホワイトソックス 82
8.マジソン・バムガーナー(ジャイアンツ) 80
9.ホセ・フェルナンデス(マーリンズ) 80、事故で急逝
10.ジョン・レスター(カブス) 80

14.田中将大(ヤンキース) 78
  14勝4敗、防御率3.07はリーグ3位、199.3イニング、仕事量20点中19点

16.前田健太(ドジャース) 76
  16勝11敗、防御率3.48

44.岩隈久志(マリナーズ)
  16勝12敗、199イニング、防御率は自己ワーストの4.12
  コントロールが30点満点中27点、仕事量20点満点中18点。

57.ダルビッシュ有(レンジャーズ)
  5月に右肘靭帯再建手術から復帰も一時に故障者リスト入り
  7勝5敗、防御率3.41、奪三振(奪三振率11.5)が25点満点中19点

★17年はトップ10に日本人2人、3人?

※同ブリーチャーズ・レポート15年発表のMLB21世紀最高の選手は
1.プホルス
2.ミゲル・カブレラ
3.イチロー
4.ジーター
5.アレックス・ロドリゲス

6.ハラデー
7.オルティーズ
8.ボンズ
9.マニー・ラミレス
10.カーショウ

★イチローは日々のトレーニングも若手の手本。

世界で最も魅力的な都市

米旅行誌コンデナスト・トラベラーの
 「世界で最も魅力的な都市」によると
 ・発行81万部、読者投票10万票以上、米国以外の都市対象
 ・読者平均世帯年収は約10.9万ドル(1100万円)の富裕層

☆世界で最も魅力的な都市
1.東京(前年15位)、
2.京都(同9位)
3.フィレンツェ(前年1位)
4.ルツェルン(スイス)
5.サン・ミゲル・デ・アジェンデ(メキシコ)
6.バンクーバー
7.ヴィクトリア(カナダ)
8.ザルツブルグ
9.バルセロナ
10.ウィーン

11.パリ
12.シドニー
13.ロンドン
14.メルボルン
15.ローマ

16.シンガポール
17.テルアヴィブ
18.ケベック・シティ
19.ニュルンベルグ
20.ヴェニス

※別の米旅行誌トラベル+レジャー(発行93万部)の読者投票
 人気観光都市でも京都が14年、15年と2年連続トップ。16年は6位。

★米は、読者の平均年収が公開されている!

世界の都市総合力ランキング

森記念財団都市戦略研究所(森ビル系)の
 「2016年版・世界の都市総合力ランキング」によると
 ・42都市対象
 ・経済、研究・開発、文化・交流、居住、環境、交通・アクセスの6分野70指標

☆世界の都市総合力ランキングの総合順位(2016年版)
1.ロンドン、5年連続首位
  EU離脱は評価外
2.ニューヨーク、5年連続2位
3.東京(昨年4位)
  経済1位、研究・開発2位、交通・アクセス11位、環境12位
4.パリ(3位)
5.シンガポール(5位)

6.ソウル(6位)
7.香港(7位)
8.アムステルダム(9位)
9.ベルリン(8位)
10.ウィーン(10位)

★先進国大都市はテロの脅威がつきまとう。

中卒(又は高校中退)で地頭が良さそうな女性芸能人

VenusTapの
「中卒(又は高校中退)で地頭が良さそうな女性芸能人は」によると
 ・男女500名

☆中卒(又は高校中退)だけど頭が良さそうな女性芸能人
1.上沼恵美子 61票
2.篠原涼子 45票
3.上戸彩 38票
3.小泉今日子 38票
5.宮沢りえ 34票

★皆、素晴らしい女性。

プロスポーツチーム平均給与、13カ国17リーグ

国際スポーツ給与調査(GSSS)の
 「プロスポーツチーム・平均給与」によると、
 ・13カ国、7種のスポーツ、計17リーグの1軍選手対象

☆リーグ別平均年俸、17リーグ対象
1.米・NBA、449人 639万0211ドル
2.米・MLB、862人 438万7378
3.印・IPL(クリケット)、128人 387万9339
4.英・プレミア、527人 321万8523
5.米・NHL、707人 291万6316

6.米・NFL、1687人 243万9574ドル
7.西・リーガ、493人 163万5869
8.伊・セリエA、542人 145万9436
9.独・ブンデスリーガ、521人 137万2610
10.仏・リーグ・アン、546人 96万1638

11.日・NPB、360人 80万0530ドル
12.中・CSL(サッカー)、473人 77万5358
13.米・MLS(サッカー)、574人 31万3438
14.豪・AFL(豪フットボール)、718人 22万1543
15.日・Jリーグ、534人 21万1880
16.スコットランド・SPFL、303人 19万3907
17.加・CFL、352人  8万6726

★インドのクリケットIPLは8チームで、1シーズンは1カ月半


☆チーム別・平均給与
1.クリーブランド・キャバリアーズ(NBA) 654万5934ポンド(8.8億円)
2.NYヤンキーズ(MLB) 581万7167
3.LA・クリッパーズ(NBA) 578万9976
4.マン・U(英) 577万0000
5.バルセロナ(スペイン) 564万9091
6.ポートランド・トレイルブレイザーズ(NBA) 569万0003
7.メンフィス・グリズリーズ(NBA) 551万3376
8.ダラス・マーベリックス(NBA) 550万0474
9.マン・シティ(英) 542万3077
10.オーランド・マジック(NBA) 538万5535

19.リアル・マドリード(昨年2位) 505万1875ポンド
35.PSG(仏リーグ・アン、昨年1位) 447万6835

178.福岡SBホークス 109万1220ポンド(1.5億円)
182.読売ジャイアンツ 93万2060
198.阪神タイガース 62万0216

252.浦和レッドダイヤモンズ 28万8350(3900万円)
257.ガンバ大阪 22万4221
258.横浜Fマリノス 21万4292

★米バスケのNBAが上位10チーム中6チームも。
 他競技より1チームの人数は少ないが。

 日本は他国より格段に低く、日本一と世界一は段違い。
 世界トップ級になれば数十億円。
 ダルビッシュや大谷はいずれ、年30億円になるでしょうか。

 錦織の昨年収入35.2億円。ほとんどスポンサーからだが


☆サッカー選手
1.クリスティアーノ・ロナウド(Rマドリー) 1898万ポンド(25.5億円)
1.リオネル・メッシ(バルセロナ) 1898万ポンド
3.ガレス・ベイル(Rマドリー) 1820万ポンド
4.フッキ(上海上港) 1664万ポンド
5.ポール・ポグバ(マンU) 1551万ポンド

6.グラツィアーノ・ペッレ(山東魯能) 1420万ポンド
7.エセキエル・ラベッシ(河北華夏幸福) 1350万ポンド
8.ウェイン・ルーニー(マンU) 1350万ポンド
9.ネイマール(バルセロナ) 1340万ポンド
10.イブラヒモビッチ(マンU) 1300万ポンド

※年間観客動員数・リーグ別、昨年
1.米・MLB 7400万人
2.日・NPB 2300万人
3.米・NBA 2200万人
4.米・NHL 2200万人
5.米・NFL 1800万人

14.日・Jリーグ 530万人

※1試合平均・観客動員数、昨年
1.米・NFL 6.9万人
2.独ブンデスリーガ 4.4万人
3.英EPL 3.7万人
4.豪AFL 3.2万人
5.米・MLB 3.0万人

8.日・NPB 2.6万人
14.米・NBA 1.8万人
16.Jリーグ 1.7万人

★日本のプロ野球は、米のバスケやアイスホッケーと観客数が
 同等なのだが、選手給与はあちらの8分の1、4分の1。

 悪いのは「たかが選手の分際で」発言で有名なナベツネか?