最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身長の100年間変化、200ケ国

NCD-RisCの
 「身長の100年間変化」によると
 ・世界の身長測定などに関する統計を調べ、
 ・1896年生まれ、1996年生まれの人の身長を推定

☆1996年生まれの身長・国別
《男性》
1.オランダ 182.5cm(1896年生まれ、169.4cm)
2.ベルギー 181.7
3.エストニア 181.6
4.ラトビア 181.4
5.デンマーク 181.4

6.ボスニアヘルツゴビナ 180.9
7.クロアチア 180.8
8.セルビア 180.6
9.アイスランド 180.5
10.チェコ 180.1

11.ドイツ 179.9(167.2)
12.ノルウェー 179.8
13.フランス 179.7(166.4)
14.スウェーデン 179.7(1896年生まれは171.9で世界一)
15.フィンランド 179.6

18.オーストラリア 179.2
27.カナダ 178.1
29.イタリー 177.8(164.7)
31.英国 177.4(166.9)
37.米国 177.1(171.0で世界3位)
41.スペイン 176.6
42.ロシア 176.5(167.0)

51.韓国 174.9
57.台湾 174.5
66.香港 173.6
68.ブラジル 173.6
90.北朝鮮 172.0
93.中国 171.8(161.0)

102.日本 170.8(156.2)
105.UAE 170.5
115.ケニヤ 169.6
124.メキシコ 169.0
144.サウジアラビア 167.7

169.ナイジェリア 165.9
178.インド 164.9(162.0)
182.ベトナム 164.4(155.3)
188.インドネシア 163.6(154.6)
192.フィリピン 163.2

196.マラウイ 162.2
197.マダガスカル 161.5
198.ラオス 160.5
199.イエメン 159.9
200.東チモール 159.8cm(153.0)


《女性》
1.ラトビア 170.0cm(1896年生まれは155.5)
2.オランダ 168.7
3.エストニア 168.7
4.チェコ 168.5
5.セルビア 167.7
6.スロバキア 167.5
7.デンマーク 167.2
8.リトアニア 166.6
9.ベラルス 166.3
10.ウクライナ 166.3

11.スロベニア 166.1
12.アイスランド 165.9(1896年生まれは158.6で世界一)
13.フィンランド 165.9
14.ドイツ 165.9
15.オーストラリア 165.9

32.イタリア 164.6(153.5)
38.英国 164.4(153.4)
42.米国 163.5(159.0で世界4位)
55.韓国 162.3(142.2で世界196位)
87.中国 159.7(150.2)
99.香港 159.0
100.北朝鮮 159.0(149.1)
112.日本 158.3(142.3で195位)

196.東チモール 151.2
197.ネパール 150.9
198.バングラディシュ 150.8
199.フィリピン 149.6
200.グアテマラ 149.0cm(140.3で世界200位)

※欧州中部・南部と東アジアでは過去100年で身長が伸び、
 サハラ以南のアフリカや南アジアはほとんど伸びなかった。

※韓国女性が身長の伸び最大、100年で20cm

★北中欧と南アジアで、20cm位の身長差

 日射量や気温などへの適合と、
 牛乳などカルシウム摂取量の違いか。
スポンサーサイト

平均寿命

厚労省の
 「平成27年簡易生命表」によると

☆日本人の平成27年平均寿命(0歳の平均余命)
・男性 80.79歳(0.29歳増)、4年連続過去最高
・女性 87.05歳(0.22歳増)、3年連続過去最高

☆主な国・地域の平均寿命
《男性》
1.香港 81.24歳
2.アイスランド 81.0歳
2.スイス 81.0歳(14年)
4.日本 80.79歳、前年3位
5.シンガポール 80.4歳

《女子》
1.香港 87.32歳
2.日本 87.05歳、前年まで3年連続首位
3.スペイン 85.58歳(14年)
4.韓国 85.5歳(14年)
5.スイス 85.2歳(14年)

★日本女性が世界トップから落ちたが、
 問題は健康寿命。


☆死因別死亡確率(主要死因)(平成27年)
《男性0歳》
1.ガン 29.34%
2.心疾患(高血圧性除) 14.20%
3.肺炎 11.36%
4.脳血管疾患 8.06%

《女性0歳》
1.ガン 20.21%
2.心疾患(高血圧性除) 17.28%
3.肺炎 9.57%
4.脳血管疾患 9.43%

★鳥越氏の言うガン検診100%は
 医者からの異論多数。

 認知症者を都知事候補にする方がおかしい。

母親の就業状況、世帯総数等

厚労省の
 「国民生活基礎調査・2015年」によると
 ・昨年6月調査
 ・全国5.9万世帯対象、回答4.7万世帯

☆18歳未満の子どもがいて仕事をしている母親
・68.1%、04年統計開始以降最多。

☆母親の就業状況
・非正規の職員・従業員 37.2%
・正規の職員・従業員 22.4%
・その他 8.4%
・仕事なし 31.9%

☆一番下の子どもが0歳
・非正規 10.9%
・正規 23.4%
・仕事なし 60.8%

☆一番下の子どもが15~17歳
・非正規 46.7%
・正規 23.2%
・仕事なし 21.0%

※正規の母親は一番下の子ども年齢に関わらず20%前後

★正規だったら、保育所確保して正規継続が経済的にベターだが、
 3歳位まで母親など家族の愛情たっぷりが好ましい。


☆全国の世帯総数、2015年6月4日現在
・5036万1千世帯

・夫婦と未婚の子のみの世帯 1482.0万世帯、29.4%
・単独世帯     1351.7万世帯、26.8%
・夫婦のみの世帯     1187.2万世帯、23.6%
・高齢者世帯     1271.4万世帯、25.2%
・母子世帯      79.3万世帯、 1.6%

・65歳以上の者のいる世帯  2372.4万世帯、47.1%
・ 同(夫婦のみ世帯)     746.9万世帯、14.8%
・ 同(単独世帯)     624.3万世帯、12.4%
   男性31.3%、女性68.7%
・ 同(親と未婚の子のみ)   470.4万世帯、 9.3%

・児童が1人いる世帯    548.7万世帯、10.9%
・ 同・2人いる世帯    477.9万世帯、 9.5%
・ 同・3人以上いる世帯   155.1万世帯、 3.1%

・三世代世帯         189.3万世帯、 3.8%

★子ども3人の家族が増えるような政策を。


☆2014年の1世帯当たり平均所得金額
・平均 541.9万円

・高齢者世帯 297.3万円、
・児童のいる世帯 712.9万円

・中央値 427万円
・100~200万円未満 13.6%
・200~300万円未満 14.0%、最多
・300~400万円未満 13.1%

・平均所得金額(541.9万円)以下割合 61.2%

★平均の541.9万円だと充分、
 中央値の427万円だとかつかつ、
 300万円以下だと子どもの大学進学が困難。

シルバー世代の欲しいもの、生きがい、気持ち年齢

博報堂生活総合研究所の
 「シルバー調査」によると
 ・1986年から10年毎実施、今回4回目
 ・今年2~3月、訪問留置自記入式
 ・首都圏60~74歳700人

☆欲しいもの(20項目から3つ選択)
1.健康 78.9%
2.安定した暮らし 48.1%
3.お金 40.6%(86年28.1%)
4.若さ 28.7%
5.幸せ 15.7%(86年31.1%)
6.自由 14.9%
7.まごころ、思いやり 11.6%

★安心安全

☆生きがいや充実感を感じるとき(11項目から3つ選択)
1.家族といる 64.5%
2.趣味やスポーツなど好きなこと  60.0%
3.友人や仲間といる 54.9%
4.人のために役だつ 39.4%
5.仕事している 22.6%

☆何歳まで生きたい
・平均 83.6歳(86年79.9歳)

★問題は健康年齢


☆あなたの気持ちは何歳位
・平均 53歳

・気持ち・精神年齢 -14歳
・体力・健康状態 -7歳
・見た目 -5歳

☆体力もあり、気持ちも若い
・60~64歳 23%
・65~69歳 30%
・70~74歳 19%

☆子どもに経済的負担を掛けたくない
・はい 94.2%
・いいえ 5.2%

☆先の見通し
・暗い 46.7%(86年32%)

☆外国語
・勉強したい 43.0%(86年26.3%)

☆スポーツクラブ
・会員になりたい 49.0%(86年23.2%)

☆1カ月の小遣い平均
・2万6820円、過去30年で最低(06年3万1620円、96年3万3450円)

★年齢と共に健康と生活不安が増す。

消費税10%、憲法改正、安倍政権

FNNの
 「全国世論調査」によると
 ・7月16、17日
 ・全国有権者1000人回答

☆19年10月の消費税率10%引き上げ
・賛成 53.6%
・反対 40.8%

★増税分全て、子育て支援と介護給与改善に。
 財務省の言う赤字補てんなど放置で良い。
 日本の場合、政府の赤字=国民の黒字(預金)。

☆安倍政権の評価
・指導力 評価する 61.1%、評価しない 28.5%
・景気・経済対策 評価する 32.0%、評価しない 56.2%
・社会保障政策 評価する 25.0%、評価しない 60.9%
・外交・安全保障政策 評価する 44.1%、評価しない 42.9%

★評価の一番は外交だと思うが。

☆憲法改正に
・賛成 42.3%
・反対 41.7%

☆今後、国会で憲法改正に向けた議論が活発化すること
・期待する 65.3%
・期待しない 28.5%

★議論しないでどうする。自衛隊が違憲のまま。

☆安倍内閣を
・支持する 49.8%
・支持しない 39.1%

★民主党(現民進党)より数段上。
 都知事候補に認知症者を担ぐほどのおバカ政党。

☆中国が南シナ海仲裁裁定に従わないが、尖閣など東シナ海で、
 日中が同じような事態になること
・心配している 87.4%
・心配していない 8.9%

★心配しない8.9%は共産党?

 鳥越氏は「外国が攻めて来るなんて妄想」だとする。

日本保有のプルトニウム量

内閣府発表の
 「日本保有プルトニウム量」によると
 ・2015年末時点
 ・原発使用済み核燃料の再処理で取り出したもの

☆日本保有プルトニウム量、2015年末時点
・47.9トン(うち核分裂性31.8トン)、0.1トン増

・国内保管分 10.8トン
・英国保管        20.9トン
・フランス保管      16.2トン

※他に英に再処理委託した使用済み燃料のプルトニウム分が1トン

★核爆弾1発に必要なプルトニウム4kgで、日本保有は1万発以上可。
 
 核燃サイクルは既に絶望的だし、非核3原則もありで、
 原発中止しかないが。

 自民党や電力会社の新旧幹部宅に置いてもらうのも無理だし。

オールタイム・ベストビキニボディ

Swimwear365の
 「'Best Bikini Body' of all time、
  hottest ever bikini body.
  オールタイム・ベストビキニボディ」によると
 ・回答、女性2千人

☆Best Bikini Body' of all time
1.Raquel Welch
  恐竜100万年で石器時代のヒロイン、現在75歳

2.Ursula Andress
  初代Bond girl(1962,Dr.No)、現在80歳
  噂はジャン・ポール・ベルモンド、マーロン・ブランド、
  ジェームス・ディーン、ショーン・コネリー、デニス・ホッパー、
  マルチェロ・マストロヤンニ、ライアン・オニール、
  ウォーレン・ベイティ、ピーター・オトゥール等多数。

3.Marilyn Monroe、マリリン・モンロー
4.Kelly Brook
5.Michelle Keegan

6.Pamela Anderson
7.Brigitte Bardot、ブリジッド・バルドー
8.Holly Willoughby
9.Jennifer Lopez、ジェニファー・ロペス
10.Beyonce、ビヨンセ

11.Nicole Scherzinger
12.Sophia Loren、ソフィア・ローレン
13.Myleene Klass
14.Rihanna
17.Jessica Alba
18.Kylie Jenner
19.Kylie Minogue
23.Elizabeth Hurley
24.Kate Middleton
25.Kate Upton
29.Gisele Bundchen
31.Kim Kardashian
36.Twiggy、ツイッギー!?
39.Naomi Campbell

★昔のビッグスターのも上位に。

日米欧の5カ国CEO報酬額

ウイリス・タワーズワトソンの
 「日米欧計5カ国の最高経営責任者(CEO)報酬調査」によると
 ・2015年度
 ・日本円換算売上1兆円以上企業対象
 ・円換算15年平均値、ドル121.05円、ポンド185.1円、ユーロ134.31円

☆企業のCEO報酬・中央値
1.米国・261社 14.3億円
  長期インセンティブ69%、年次インセンティブ20%、基本報酬11%

2.英国・48社 7.1億円
  44%、30%、25%

3.ドイツ・22社 6.3億円
  33%、39%、28%

4.フランス・28社 5.1億円
  36%、34%、29%

5.日本・72社 1.27億円(14年度(1.29億円)
  14%、28%、基本報酬58%

★日本と他国であまりの格差。

 ロシアが「日本は世界一の社会主義(平等)国家」といったのが
 うなづける。

 非正規雇用従業員の給与はどの国も低いけれど。

セレブの収入ランク

米フォーブス誌の
 「世界で最も稼いだセレブリティーランキング」

☆世界で最も稼いだセレブリティー
1.テイラー・スウィフト 1億7000万ドル
  ワールドツアーが成功。前年の2倍以上

2.ワン・ダイレクション 1億1000万ドル
3.ジェームズ・パターソン 9500万ドル、作家
4.ドクター・フィル・マグロー 8800万ドル、心理学者でTV番組司会
5.クリスチアーノ・ロナルド 8800万ドル

6.ケビン・ハート 8750万ドル、俳優・コメディアン、小柄
7.ハワード・スターン 8500万ドル、エロで毒舌のラジオパーソナリティ
8.リオネル・メッシ 8150万ドル
9.アデル 8050万ドル
10.ラッシュ・リンボー 7900万ドル、タカ派のラジオパーソナリティ

★ラジオがらみが2人も!

米国人の生活満足度、人種別

米ギャロップの
 「世論調査」によると
 ・16年6月7日-7月1日、電話調査
 ・米全州の18歳以上3270人

☆米国の進んでいる方向に満足か
・満足 34%
  白人28%、黒人49%、ヒスパニック47%

☆自分の生活に満足か不満か
・満足 88%(4段階のすごく満足・少し満足の計)
  白人89%、黒人88%、ヒスパニック85%

★2問の回答に大差!?

 トランプ人気がわからない。

航空会社ランキング・2016

スカイトラックスの
 「航空会社ランキング・2016」によると
 ・機内食、乗務員の接客、座席の快適さ、客室の清潔さ等73項目
 ・数百万人の乗客対象満足度調査から

☆ワールド・ベスト・エアライン、2016年度
1.エミレーツ航空(UAEドバイ)、01年、02年、13年に続き首位4回目
  昨年5位
 ・12年連続のワールド・ベスト機内エンターテインメント

2.カタール航空、昨年1位
 ・World's Best Business Class

3.シンガポール航空

4.キャセイパシフィック航空(香港)
 ・World's Best Airline Cabin Cleanliness
5.ANA(全日本空輸)
  昨年7位
 ・4年連続5度目のワールド・ベスト・エアポート・サービス

6.エティハド航空(UAEアブダビ)
7.トルコ航空
8.エバー航空(台湾)
9.豪カンタス航空
10.独ルフトハンザ航空。

11.Garuda Indonesia
 ・World's Best Cabin Crew
12.Hainan Airlines(中国)、昨年22位
13.Thai Airways
 ・World's Best Leisure Airline
14.Air France
15.Swiss Int'l Air Lines
16.Asiana Airlines
 ・World's Best Economy Class
17.Air New Zealand
 ・World's Best Premium Economy Class Cabin
 ・World's Best Premium Economy Class Airline Seat
18.Virgin Australia
19.Austrian
20.Bangkok Airways
 ・World's Best Regional Airline
21.Japan Airlines


☆World's Best First Class
  Etihad Airways

☆World's Best Long Haul Low-Cost Airline
  Norwegian

☆World's Most Improved Airline
  Thomson Airways

☆World's Best Low Cost Airline Premium Cabin
☆World's Best Low Cost Airline Premium Seat
  AirAsia X

☆World's Best Low-Cost Airline
  AirAsia

★UAEの各社とアジアの老舗が上位常連

MLB歴代選手ランキングトップ、イチロー65位

米ESPNの
 「MLB歴代選手ランキングトップ100」によると
 ・複数専門家の意見、分析

☆MLB歴代選手ランキング
1.ベーブ・ルース
2.ウィリー・メイズ
3.ハンク・アーロン
4.テッド・ウィリアムズ
5.バリー・ボンズ

6.ミッキー・マントル
7.ルー・ゲーリッグ
8.タイ・カッブ
9.ウォルター・ジョンソン
10.スタン・ミュージアル

11.ペドロ・マルティネス
12.グレッグ・マダックス
13.ホーナス・ワグナー
14.ケン・グリフィー・ジュニア
15.ジョー・ディマジオ

16.サンディー・コーファックス
17.サイ・ヤング
18.ロベルト・クレメンテ
19.ロジャー・クレメンス
20.ボブ・ギブソン

★ピッチャーが少ない。
 アメリカ人はホームランが一番好き。

☆うち現役選手
21.アレックス・ロドリゲス、30本塁打以上15シーズン
26.クレイトン・カーショー、サイ・ヤング賞3度
31.アルバート・プホルス、本塁打王2度
39.ミゲル・カブレラ、12年3冠王
40.マイク・トラウト、14年MVP
65.イチロー
  初年度新人王、MVP、首位打者、盗塁王。首位打者計2度、
  オールスター10年連続、ゴールドグラブ10年連続
  シルバースラッガー3度、200本安打10年連続
78.デービッド・オルティス、527本塁打
85.ブライス・ハーパー、15年MVP
92.エイドリアン・ベルトレ、ゴールドグラブ4度、シルバースラッガー4度
93.フェリックス・ヘルナンデス、10年サイ・ヤング賞

★イチロー3千本安打にあと2本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。