FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

公共施設等の耐震化率

消防庁の
「防災拠点となる公共施設等の耐震化推進状況調査」によると
 ・47都道府県、1741市町村が所有又は管理する防災拠点となる
  公共施設19万0212棟
 ・調査基準日、2015年3月31日
 ・建築基準法1981年改正の耐震基準を満たす。
  震度5強程はほとんど損傷を生じず、
  震度6強程は人命に危害を及ぼすような倒壊等の被害を生じない

☆施設区分別耐震率
・88.3%の16万7952棟で耐震性が確保

1.文教施設(校舎・体育館) 94.6%(14年3月91.2%)
2.消防本部・消防署所 86.1%( 〃 83.8%)
3.診療施設 85.2%( 〃 82.4%)
4.社会福祉施設 82.6%( 〃 80.4%)
5.警察本部・警察署等 81.2%( 〃 80.1%)
6.体育館 78.3%( 〃 74.9%)
7.県民会館・公民館等 76.4%( 〃 74.0%)
8.庁舎 74.8%( 〃 71.8%)
※その他 77.8%( 〃 76.6%)

★学校が高いのは○だが、99%台にしないと。

☆都道府県別の防災拠点耐震率
1.東京 97.9%
2.静岡 95.6%
3.三重 94.8%
4.愛知 94.7%
5.神奈川 94.3%

・熊本 88.5%

43.奈良 80.2%
44.山口 79.7%
45.愛媛 79.1%
46.北海道 78.6%
47.広島 73.4%

☆自治体庁舎8707カ所(災害発生時の応急活動拠点)の耐震率
全体 74.8%、14年3月71.8%
1.東京  90.2%
2.静岡  89.8%
3.宮城 89.6%
4.三重 88.9%
5.愛知 86.6%

・熊本  67.1%

43.佐賀 59.8%
44.岡山 58.0%
45.愛媛 57.7%
46.北海道 57.5%
47.長崎 53.5%

★避難は学校にできるが、緊急対策本部になる庁舎が危うい。
スポンサーサイト



温室効果ガス排出量・2014年度

環境省の
 「2014年度の温室効果ガス排出量(確報)」によると

☆2014年度の温室効果ガス排出量(CO2換算)
・13億6400万トン、3.1%減、1990年度比7.3%増
  電力消費減、再生可能エネルギー拡大、火力発電の燃料転換・高効率化等

※京都議定書に基づく2014年度吸収源活動の吸収量、5790万トン、
(森林吸収源対策4990万トン、農地管理・牧草地管理・都市緑化活動800万トン)

☆各部門のエネルギー起源二酸化炭素(CO2)排出量
・工場等産業 4億2600万トン、1.4%減、1990年度比15.1%減
・自動車等運輸 2億1700万トン、3.4%減、1990年度比 5.6%増
・商業、サービス等 2億6100万トン、6.2%減、1990年度比90.5%増、05年比9.2%増
・家庭 1億9200万トン、4.8%減、1990年度比46.6%増、05年比1.1%増
・発電所等エネルギー   9370万トン、5.3%減、1990年度比 2.9%増

★90年比では、店や家庭が大幅増。

☆メタン(CH4)(CO2換算)
・3550万トン、1.6%減、1990年比26.7%減

☆一酸化二窒素(N2O)(CO2換算)
・2080万トン、2.9%減、1990年比32.5%減

☆代替フロン等4ガス(CO2換算)
・4200万トン、8.3%増、1990年比18.6%増

★原発は廃棄物処分が無理、日本の地盤にも無理。

 ロシアからガスを買い、北方領土返還が望ましい。

 日本海のメタンハイドレード開発も進めて。

報道の自由度、190カ国

国境なき記者団の
 「報道の自由度ランキング・2016年」によると
 ・ネットアクセス含むインフラ、メディア環境、自主規制等
 ・180カ国、地域

☆報道の自由度ランキング
1.フィンランド(連続首位)
2.オランダ(前年4位)
3.ノルウェー(2)
4.デンマーク(3)
5.ニュージーランド(6)

6.コスタリカ(16)
7.スイス(20)
8.スウェーデン(5)
9.アイルランド(11)
10.ジャマイカ(9)

16.ドイツ(12)
18.カナダ(8)
25.オーストラリア(25)
38.英国(34)
41.米国(49)
45.フランス(38)

69.香港(70)
70.韓国(60)
72.日本(61)
 14年59位、10年11位。特定秘密法に疑問とした。

★マスメディアの行政批判は当然の仕事だが、頑な反日は×

 独自取材が極少すぎ。記者クラブを全廃すべき。
 マスメディア社員が超不勉強。幹部は老害。

 しかし、
 金融界完全支配のアメリカメディアより、日本が下?
 習主席批判者が拘束される香港より、日本が下?、
 韓国新聞引用の日本記者が逮捕される韓国より、日本が下?

 ドイツメディアは激しい反日親中だし


77.イタリア(73)

148.ロシア(152)

176.中国(176)
177.シリア(177)
178.トルクメニスタン(178)
179.北朝鮮(179)
180.エリトリア(180)

★だいたいこの位という指標か。

旅行の必需品、29カ国

スペインの旅行会社lowcostholidaysの
 「旅行の必需品、must-pack’travel items」によると
 ・29カ国7500人投票

☆旅行の必需品
・イタリア人  モカコーヒー 64%
・フランス人  チーズ 53%
・英国人  ティーバッグ 48%
・スペイン人  ハム
・ドイツ人  ハリボー(グミ)
・スイス人  ポケットナイフ 30%
・オーストリア人 マナーのウエハース
・デンマーク人  レバーのパテ
・オランダ人   ハゲルスラグ(トッピング用チョコレート)
・ベルギー人  ワシャンジャ(手をいれて使うボディタオル) 66%
・ノルウェー人  ブルノスト(茶色チーズ)
・スウェーデン人 スヌース(嗅ぎタバコ)
・フィンランド人 サルミアッキ(不味い飴)

・ロシア人  トランプ 37%

・米国人  トイレットペーパー 32%
・カナダ人  クラマトジュース(貝スパイス入りトマトジュース)
・メキシコ人  チリソース

・日本人  味噌汁パック 56%
・中国人  インスタントラーメン
・香港人  ポケットティッシュ
・韓国人  キムチ
・シンガポール人 ミロ(ココア飲料)、溶液の上にさらに振り掛ける
・インドネシア人 サンバル(チリソース)

・オーストラリア人 ベジマイト(黒い塩辛ペースト、野菜と酵母?)
・ニュージーランド ケチャップ

・南アフリカ人  ルイボス(ハーブティー)

・ブラジル人  マテ茶
・サウジアラビア人 デーツ(ナツメヤシの実)

★ほとんどが食べ物。各国それぞれで、身体に染み込んだものが。

英の富豪と音楽家富豪

英サンデータイムズ紙の
 「2016年・英長者番付」によると

※純資産10億ポンド(1600億円)以上の大富豪は、
 英ロンドン77人で都市別最多、ニューヨーク61人、
 サンフランシスコ57人、香港49人。

※英番付上位1000人の資産総額合計、5760億ポンド(93兆円)、
 15年5470億ポンド(88兆円)の5.3%増

☆英長者番付・2016年
1.デービッド&サイモン・ルーベン兄弟 131億ポンド(2.1兆円)、34億ポンド増
  ユダヤ系イラク人、インド・ムンバイ生まれ、(Mumbai)での家庭に生まれたルーベン兄弟は、
  ロンドン本社のデータセンターホールセラー、グローバルスイッチを所有。

13.ロマン・アブラモビッチ、64億ポンド(1兆円)、チェルシーのオーナー
42.バーニー・エクレストン、25億ポンド(4千億円)F1統括のFOAトップ
319.英エリザベス女王、3.4億ポンド(550億円)

・引退スポーツ選手1位、ベッカム夫妻、2.8億ポンド(450億円)
・現役スポーツ選手1位、ルイス・ハミルトン、F1ドライバー1億0600万ポンド(170億円)


☆英ミュージシャン長者番付(Sunday Times Music Rich List)
 ・イギリスとアイルランドのミュージシャン対象

1.ポール・マッカートニー夫妻 7.6億ポンド(1195億円)、連続1位
2.アンドリュー・ロイド・ウェバー、作曲 7.15億ポンド(1125億円)
3.U2 5.0億ポンド(787億円)
4.エルトン・ジョン 2.8億ポンド(440億円)
5.ミック・ジャガー 2.35億ポンド(362億円)
6.オリヴィア&ダニー・ハリスン 2.2億ポンド(346億円)、ジョージ・ハリソンの妻と長男
7.キース・リチャーズ 2.2億ポンド(346億円)
8.リンゴ・スター 2.0億ポンド(314億円)
9.マイケル・フラットレー 1.98億ポンド(311億円)
10.スティング 1.85億ポンド(291億円)

29.デビッドボウイの妻と息子 9000万ポンド(141億円)、遺産相続
30.アデル(30歳以下トップ) 8500万ポンド(134億円)、

※最も寄付したセレブ エルトン・ジョン 2680万ポンド(42億円)

★英語の音楽でヒットすれば巨額収入

日本プロ野球チーム別平均年俸、MLBと比べると

日本プロ野球選手会の
 「今季年俸調査」によると」
 ・選手会加入の支配下選手725人対象

☆日本プロ野球支配下選手、今季年俸
・全球団平均年俸 3712万円、2.6%減
・セリーグ平均 3560万円、6.0%減
・パリーグ平均 3862万円、0.7%増

1.ソフトバンク 6960万円、1162万円増
2.巨人  5787万円、昨年まで4年間1位、1106万減
3.阪神  3949万円、391万円増
4.オリックス  3752万円
5.ヤクルト  3495万円、昨年11位
6.日本ハム  3278万円

7.西武  3228万円
8.ロッテ  3197万円
9.広島  3111万円
10.楽天  2820万円
11.中日  2692万円
12.DeNA  2440万円、5年連続再開

★MLBと大差!!!!

 コミッショナーがお飾りで、組織にプロ野球発展の意思がない。
 ナベツネが生きてる間は変わらないのか。


※昨年、米大リーグ開幕メンバー868選手(故障入り選手含)平均年俸
 419万9030ドル(4億9970万円)、6.3%増、100万ドル(1億1900万円)超が508人

※米大リーグ年俸上位
1.クレイトン・カーショウ(ドジャース)3460万ドル(42億円)
  14年1月に7年2億1500万ドルで契約、サイヤング賞3回受賞

2.ザック・グレインキー(ダイヤモンドバックス)3442万ドル(42億円)
  15年12月ダイヤモンドバックスと6年2億0650万ドルで契約

3.デービッド・プライス(レッドソックス)3000万ドル(36億円)
  7年2億1700万ドル(267億円)契約 

4.ミゲル・カブレラ(タイガース)2800万ドル(34億円)
  14年3月、8年2億4800万ドル(オプション付き)で契約

4.ジャスティン・バーランダー(タイガース)2800万ドル(34億円)
  13年3月、5年1億4000万ドルで契約(オプシュン付き)で契約

※田中将大(ヤンキース)、2200万ドル(26.4億円)
 ダルビッシュ有(レンジャーズ)、1000万ドル(11.9億円)

※ヤンキースは高額年俸の不振者ばかり
 サバシア(2500万ドル)、タシェアラ(2250万ドル)、
 エルズベリー(2100万ドル)、A・ロッド(2000万ドル)、
 ベルトラン(1500万ドル)等


※日本プロ野球、年俸高額選手
1.黒田(広島) 6.0億円
2.サファテ(SB) 5.0億円
2.金子(オリ) 5.0億円
4.中村(西武) 4.1億円
5.松坂(SB) 4.0億円
5.和田(SB) 4.0億円
5.摂津(SB) 4.0億円
5.松田(SB) 4.0億円
5.鳥谷(阪神) 4.0億円
5.内海(巨人) 4.0億円

★MLBの1割位。

 幸せかどうかはわからないが。
 高収入と高知名度はメジャースポーツの世界トップ級のみ。

漁業・魚類養殖業の生産量、漁業就業者数、平成27年

農水省の
 「平成27年漁業・養殖業生産統計」によると

☆漁業・養殖業の生産量
・469万4000t、2.1%減

・海面漁業の漁獲量  355万7900t、4.9%減
  さば類 57万9800t、15.8%増
  まいわし 34万9400t、73.3%増!!!!
  かつお 24万7300t、▲3.3%
  まぐろ類 18万1500t、▲4.5%
  すけとうだら 18万0100t、▲7.6%

  かたくちいわし 16万1800t、▲44.8%!!!!
  まあじ 15万2000t、3.9%増
  さけ・ます類 14万0300t、▲7.3%
  ぶり類 12万2500t,▲2.2%
  さんま 11万5300t、▲49.3%!!!!

  ほたてがい 23万2600t、▲35.2%
  するめいか 12万9700t、▲24.9%

  ※岩手 10万8200t、▲ 5.1%、震災前年比▲20.7%
   宮城 17万3800t、▲ 1.5%、  〃  ▲22.6%
   福島  4万5100t、▲24.7%、  〃  ▲42.8%

・海面養殖業の収獲量 106万6900t、8.0%増
  ぶり類 13万9800t、3.9%増
  まだい 6万3500t、2.9%増

  ほたてがい 24万8100t、34.4%増
  かき類 16万4100t、▲10.7%

  のり類 29万7700t、7.8%増
  わかめ類 4万8700t、8.9 %増

  ※岩手 4万2900t、34.1%増、震災前年比▲ 6.5%
   宮城 7万6800t、 4.1%増、  〃  ▲37.7%

・内水面漁業の漁獲量 3万2869t、7.4%増
  さけ・ます類 1万2784t、18.7%増
  しじみ  9810t、0.1%増
  あゆ  2402t、0.3%増

・内水面養殖業の収獲量 3万6114t、6.6%増
  うなぎ 1万9913t、13.0%増
  ます類  7700t、0.9%増
  あゆ  5083t、▲1.5%
  こい  3256t、▲0.5%

★温暖化で採れる魚種が変化。さんまが半減!



農水省の
 「平成27年漁業就業動向調査」によると

☆漁業就業者数
・16万6610人、3.7%減

・男性 14万4720人、3.8%減
・女性 2万1890人、3.1%減

・25歳以上は減少したが、15~24歳は6170人と5.7%増

・自営 10万0520人、4.0%減
・雇われ従事 6万6100人、3.2%減

★生産額は1.5兆円なので、1人当たり年900万円。
 船の償却と、燃料代がかかる。
 高級魚が採れる地区は良いけれど。

漁業生産額・平成26年

農水省の
 「平成26年・漁業生産額」によると

☆平成26年の漁業生産額
・1兆5057億円、4.6%増

・海面漁業 9693億円、2.2%増
  まぐろ類  1168億円、 7.8%増
  さけ・ます類  726億円、 0.5%増
  かつお類   615億円、▲15.9%
  いわし類   597億円、 6.5%増
  あじ類   360億円、▲2.9%
  さば類   500億円、19.9%増
  ぶり類   340億円、23.5%増
  たら類   291億円、25.2%増
  ひらめ・かれい類 255億円、1.3%増
  さんま   254億円、11.3%増

  いか類   716億円、▲7.7%
  たこ類   210億円、 3.6%増
  えび類   260億円、▲0.8%
  かに類   257億円、 4.0%増
  貝類   992億円、▲0.2%

・海面養殖業 4435億円、9.1%増
  ぶり類  1193億円、 7.0%増
  まだい   439億円、▲10.6%
  くろまぐろ   420億円、43.3%増!!!!

  海藻類   912億円、 0.3%増
  貝類   781億円、24.0%増

  真珠   128億円、14.0%増

・内水面漁業 177億円、5.5%増
  あゆ   63億円、 3.6%増
  貝類   63億円、14.5%増

・内水面養殖業 751億円、9.3%増
  うなぎ   497億円、6.2%増

☆都道府県別海面漁業・養殖業生産額
1.北海道 3085億円
2.長崎 964億円
3.鹿児島 799億円
4.愛媛 797億円
5.宮城 668億円

6.静岡  532億円
7.高知 495億円
8.三重 484億円
9.青森 478億円
10.大分 430億円

★漁業順調。

 健康には、なるべく肉とスイーツを減らし、
 魚と野菜を増やしましょう。