最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

環境パフォーマンス指数(EPI))2016、180カ国

米エール大・コロンビア大のチームによる
 「環境パフォーマンス指数(EPI))2016」によると
 ・調査対象国180カ国、2年毎調査
 ・環境・気候変化・保健・農業・漁業・海洋など約20項目の
  国別の持続可能性を評価

☆環境パフォーマンス指数(EPI)2016
1.フィンランド 90.68
2.アイスランド 90.51
3.スウェーデン 90.43
4.デンマーク 89.21
5.スロベニア 88.98

6.スペイン 88.91
7.ポルトガル 88.63
8.エストニア 88.59
9.マルタ 88.48
10.フランス 88.20

11.ニュージーランド 88.00
12.英国 87.38
13.オーストラリア 87.22
16.シンガポール 87.04

25.カナダ 85.06
26.米国 84.72
29.イタリー 84.48

30.ドイツ 84.26
32.ロシア 83.52
39.日本 80.59
46.ブラジル 78.90

60.台湾 74.88
63.マレーシア 74.23
67.メキシコ 73.59
80.韓国 70.61
86.ブータン 70.07
99.トルコ 67.68

109.中国 65.10
131.ベトナム 58.50
141.インド 53.58
149.ネパール 50.21

176.アフガニスタン 37.50
177.ニジェール 37.48
178.マダガスカル 37.10
179.エリトリア 36.73
180.ソマリア 27.66


☆警告
・危険な水で、 年124万人が死んでいる(世界死亡者の2%)
・汚れた空気で、年552万人が死んでいる(世界死亡者の10%)

・汚れた空気の中で、35億人超が暮らしている

・世界の国の23%が廃水浄化をしていない。

・魚は種の34%が危機にある。

★米中の実質支配層の意識が変わらないと難しいけれど。

2973都市の大気汚染状況、PM02.5、PM10

世界保健機関WHOの
 「世界主要都市の大気汚染状況」によると
 ・5月12日発表
 ・世界103カ国・地域の2973都市
 ・粒子状物質PM10とPM2.5の年間平均濃度
 ・WHOの許容限度は、PM2.5が年平均10μg/m3、PM10が年平均 20μg/m3

☆PM2.5の多い都市、少ない都市
1.イラン・ザボール 217g/m3年平均10μg/m3
2.インド・ガリアー 176
3.インド・アラハバッド 170
4.サウジ・リャド 156
5.サウジ・アルジュバイル 152

6.インド・パトナ 149
7.インド・ライプール 144
8.カメルーン・バメンダ 132
9.中国・ケイ台 128
10.中国・保定 126

56.北京 85μg/m3

・WHOの許容限度 10μg/m3

2969.米国Not in a City,Converse,WY 2.30
2970.スウェーデン・ノイア 2.27
2971.フィンランド・ムオニオ 2.21
2972.米国Wenden, AZ 2.00
2973.米国Sinclair,Carbon,WY 1.60

★(空気のきれいな)下位都市は都市じゃないような。


☆PM2.5の最悪30都市の国別・都市数
1.インド 14都市
2.中国 6都市
3.サウジアラビア 3都市
4.イラン 2都市
4.パキスタン 2都市
6.バングラデシュ 1都市
6.カメルーン 1都市
6.ウガンダ 1都市

☆PM10の多い都市、少ない都市
1.ナイジェリア・オニッシャ 594μg/m3
2.パキスタン・ペシャワール 540
3.イラン・ザボール 527
4.パキスタン・ラウルピンディ 448
5.ナイジェリア・カドナ 423
6.ナイジェリア・アバ 373
7.サウジアラビア・リャド 368
8.サウジアラビア・アルジャバリ 359
9.アフガニスタン・マザレシャリフ  334
9.インド・ガリアー 329
10.インド・アラヘバッド 317

・WHOの許容限度 20μg/m3

2969.フィンランド・ムオニオ 4
2969.米国・Not in a City,Converse,WY 4
2969.米国・Not in a City,Custer,SD 4
2969.米国・Wenden, AZ 4
2973.米国・Sinclair,Carbon,WY 3


☆PM2.5の最悪30都市の国別・都市数
1.インド 7都市
2.ナイジェリア 4都市
2.サウジアラビア 4都市
2.パキスタン 4都市
2.バーレーン 4都市
6.イラン 3都市
7.アフガニスタン 2都市
8.中国 1都市
8.クウェート 1都市

※中国は210都市で、
 PM2.5の10μg/m3以下は無し
 PM10の20μg/m3以下が台東16、花蓮18の2都市。

★人がいないと空気はきれい。

15年の国際観光収入、外国人観光客数

世界観光機関UNWTOの
 「世界観光統計、World Tourism Barometer」によると、

☆15年の国際観光収入
・世界合計  1兆2320億ドル、3.6%増

1.米国 1780億ドル(19.3兆円)
2.中国 1140億ドル(12.4兆円)
3.スペイン 570億ドル( 6.2兆円)
4.フランス 460億ドル( 5.0兆円)

※国際観光による輸出総額 1兆4000億ドル

☆15年の国際観光支出
1.中国 2920億ドル(31.7兆円)、25%増
2.米国 1200億ドル(13.0兆円)、9%増
3.ドイツ 760億ドル、
・イギリス 630億ドル、8%増
・フランス 380億ドル

☆国際観光客数
・世界合計 11億8400万人、4.4%増

1.中国   1億2800万人、10%増
2.米国    7300万人、 8%増

★観光ビジネスも中国が牽引してきたが、経済の縮小が決定的。
 世界各地の観光スポットが静かになる。

米、肥満率、糖尿病、喫煙率

米疾病対策センターCDCの
 「2015年健康調査」によると
 ・18歳以上米国人、10万人以上

☆肥満率、2015年、米成人20才以上
・30.4%、過去最高、前年29.9%
  統計開始1997年は19.4%

※別の2012年の9千人超調査では、20歳以上の34.9%が肥満

★日本ではBMI25以上で肥満だが、
 米国の肥満はBMI30以上。

☆人種別・性別の肥満率
・黒人女性 45.0%
・ヒスパニック系女性 32.6%
・白人女性 27.2%

・黒人男性 35.1%
・ヒスパニック男性 32.0%
・白人男性 30.2%

★男性は人種差が少ない


☆年齢別・肥満率
・40~59歳 34.6%
・20~39歳 26.5%
・60歳以上 30.1%

☆糖尿病、18才以上
・9.5%、1997年5.1%、2014年9.1%

☆医療保険を持たない人
・9.1%、2014年11.5%

★内容不十分だが、オバマの成果

☆喫煙者率、18才以上
・15.1%、1997年24.7%

★米政府目標は2020年までに12%まで引き下げ。
 電子タバコが若者に急拡大。

図書館の利用

アサヒビール・ハピ研の
 「図書館、公共施設を利用していますか?」によると
 ・全国20歳以上男女、有効回答2583人
 ・インターネット調査、2016年5月11~17日

☆どの位の頻度で図書館を利用している
・週1回以上 17.4%
  (20~50代14~19%、60代以上20%超)
・月2~3回 38.5%
・半年に数回程 11.3%
・年に1回程 12.4%
・何年も利用していない 37.8%

★ネット調査になじまないが、昼寝にくるサラリーマンと高齢者、
 お勉強に来る中高生も大量にいる。


☆図書館を利用しない理由(複数回答、何年も利用していない950人)
1.書店やネットで間に合っている 29.5%
2.返却が面倒くさい 26.7%
3.(忙しく)時間がなくて行けない 25.7%
4.本をあまり読まない(読書が好きでない) 25.5%
5.生活圏内に図書館がない 25.2%

☆図書館で借りたり、読んだりする本(複数回答)
1.小説・エッセイ 57.7%
2.趣味・実用書 52.7%
3.旅・紀行 34.0%
4.生活・健康 28.4%
5.雑誌(月刊、週刊誌など) 24.5%

6.ノンフィクション 23.9%
7.歴史・地理 14.6%
8.ビジネス・経済 13.7%
9.エンターテイメント・カルチャー
(ファッション、音楽、映画、舞台など) 13.6%
10.絵本・児童書 13.0%

★新刊ベストセラーの人気が圧倒的に高い。

 発売半年とかの図書館閲覧制限をしないと、
 書店が厳しい。


☆関心のある書籍ジャンル
《男性》
1.歴史・地理 21.9%、女性7.8%
2.ビジネス・経済 20.3%、女性7.7%
3.コンピューター・IT 12.1%、女性4.5%
4.政治・社会 10.9%、女性3.3%

《女性》
1.生活・健康 38.4%、男性17.7%
2.絵本・児童書 18.7%、男性 6.8%

☆本以外で、図書館の機能として望むこと(複数回答)
1.カフェ・喫茶 41.5%
2.フリーWi-Fi・PC使用スペース 32.1%
3.映画上映・DVD・CD視聴スペース 22.9%
4.個室スペース(勉強部屋) 20.8%
5.24時間営業 17.5%

6.コンビニ・売店 14.8%
7.書店(本の販売スペース) 10.6%
8.地域の観光案内スペース 9.8%
9.託児・子どもの遊戯スペース 9.6%
10.会議・談話(おしゃべり)スペース 8.6%

★蔦屋の図書館のような。蔦屋社員も投票?

 蔦屋の代官山・二子玉は好きだが、図書館は別が良い。

 Wi-Fi・PC使用・映画・個室とかは有料のネットカフェへ。


☆図書館以外の公共施設でよく利用するのは(複数回答)
1.植物園・公園 26.0%
2.美術館・博物館 19.9%
3.プール 13.0%
4.公会堂・ホール(音楽・演劇など) 11.8%
5.動物園 11.6%

6.公民館(カルチャースクールなど) 9.8%
7.体育館 7.6%
8.スポーツジム 5.8%
9.市民交流センター 5.6%
10.児童館 4.5%

★広くて安全な公園を増やしましょう。

乗用車の種類、利用頻度

価格.comの
 「自動車についてのアンケート」によると
 ・価格コム登録ユーザー、有効4581人、平均年齢50歳前後
 ・ネット調査、16年4月21~27日

☆世帯で保有する乗用車台数
・1台 50.8%(近畿58.0%、関東57.8%)
・2台 27.0%(沖縄50.0%、四国44.1%)
・3台 7.9%
・4台 3.2%

※関東、近畿など大都市圏は少なく、未保有も10%超。

☆乗用車の利用頻度
・毎日 54.1%
・週3~4回 16.1%
・週1~2回 23.9%
・月1~2回 4.5%(関東7.2%)

★月数回ならレンタカーやタクシーが合理的

☆乗用車の主用途
1.買い物 78.0%
2.ドライブ・旅行 57.2%
3.通勤・通学 44.3%
4.家族の送り迎え 33.5%
5.仕事(自営業等) 13.6%


☆所有している乗用車の種類
1.コンパクトカー 20.8%(12年24.8%)
  沖縄27.8%
2.軽自動車 20.2%
  沖縄33.3%、北海道16.9%
3.ミニバン 18.6%(12年24.2%)
  北海道22.4%
4.セダン 16.1%
5.ワゴン 10.2%
  北海道17.5%
6.SUV 8.7%
  沖縄16.7%
7.スポーツ 3.7%

☆所有しているエンジンタイプ
・ガソリン 83.2%
・ハイブリッド 13.1%、12年5.4%
・ディーゼル 3.2%

☆乗用車の年間維持費
・30万円未満 49.0%
・~40万円 23.0%
・~50万円 11.7%
・~60万円 5.2%

※軽平均21.5万円、コンパクト平均24.2万円

☆乗用車の買い換え予定
1.予定なし 53.1%

☆次回購入したい乗用車のタイプ
1.コンパクトカー 18.6%
2.軽自動車 16.0%
3.セダン 15.9%
4.SUV 15.6%
5.ミニバン 14.5%
6.ワゴン 11.9%
7.スポーツ 6.7%

☆乗用車選びで重視するポイント(複数回答)
1.価格 71.2%
2.デザイン(外装) 58.5%
3.車種 56.9%
4.燃費 53.7%
5.走行性能 52.9%
6.メーカー 48.4%
7.安全性能 46.4%
8.乗り心地 39.6%
9.デザイン(内装) 39.5%
10.維持費 36.0%

★ヤクザさん達も黒ベンツから
 黒のヴェルファイア&アルファードに変わった。

NHK受信料、世帯支払率

NHKの
 「平成27年度末受信料の世帯支払率(推計)」によると

☆NHK受信料・世帯支払率・都道府県別
・全国平均 76.6%、過去最高、前年75.6%

1.秋田 97.6%
2.島根 94.5%
3.新潟 93.6%
4.鳥取 92.8%
5.山形 92.4%
6.岩手 92.0%
7.富山 91.3%
8.青森 90.8%

43.京都 70.3%
44.北海道 66.9%
45.東京 65.5%
46.大阪 60.6%
47.沖縄 48.4%

★上位には自民党が強そうな県が
 沖縄はさすがに。

著作物使用料分配額が多かった楽曲

日本音楽著作権協会の
 「著作物使用料分配額多かった楽曲の2016年JASRAC賞」によると

☆2015年度・著作物使用料分配額・国内楽曲順
1.R.Y.U.S.E.I 三代目JSB、STY/STY・Maozon
2.恋するフォーチュンクッキー AKB48、秋元康、昨年1位
3.糸 中島みゆき、結婚式の定番に。
4.ルパン三世のテーマ’78 大野雄二
5.ハナミズキ 一青窈/マシコタツロウ
6.ひまわりの約束 秦基博/秦基博/テレビ朝日ミュージック)
7.O.R.I.O.N. 三代目JSB、STY/STY・Maozon
8.東京ブキウギ 鈴木勝/服部良一
9.翼をください 山上路夫/村井邦彦
10.僕たちは戦わない AKB48、秋元康

★東京ブキウギがカバーで流行ってたんだ!
 翼をくださいもたくさんカバー。

☆外国作品分配額1位
1.LET IT GO from the DISNEY film “FROZEN”、2年連続首位

☆2016年度の使用料徴収額
・1116億7000万円、0.7%減

・コンサート市場が過去最高規模
・社交ダンス以外のダンス教室の徴収開始
・オーディオディスクは微減
・映像ソフトは前年並
・パチンコ機器での利用減少や
・パッケージ型ゲーム不調(スマホゲームへ移行)
・インタラクティブ配信急伸

★グーグルやアマゾンの音楽配信からもちゃんと取ってくれ。

モバイル機器、SNSの利用

ジャストシステムの
 「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査・4月度」によると
 ・15~69歳男女1100人、10代男女各50人、他の年代男女各100人
 ・インターネット調査、2016年4月26日~5月3日

☆私用のインターネックアクセス機器
1.ノートPC 61.6%
2.スマホ 60.6%
3.デスクトップPC 40.6%
4.タブレット 21.7%
5.通常の携帯 16.9%

☆利用中のOS
1.Windous7 46.7%
2.Windous10 33.6%
3.Windous8.1 15.0%
4.WindousVist 7.9%
5.Windous8 7.3%
6.WindousXP 6.1%
7.MacOSX Yosemite 4.2%

☆Windows上で使用しているWebブラウザ
1.InternetExplorer11 35.3%
2.Google Chrome 33.0%
3.Mozilla Firefox 19.7%
4.InternetExplorer10 12.0%
5.わからない 11.2%

6.Microsoft Edge 9.9%
7.InternetExplorer7 8.2%
8.InternetExplorer8 5.9%
9.InternetExplorer9 5.1%
10.Safari 4.8%

☆MacOS上で使用しているWebブラウザ
1.Safari 82.2%
2.Google Chrome 47.9%
3.Mozilla Firefox 43.8%
4.Opera 21.9%

☆タブレット
・利用している 24.2%
・購入予定 5.5%

☆電子書籍
・利用している 19.0%
・利用予定 4.0%

☆利用しているサービス
1.ユーチューブ 72.9%
  10代女性86%男性78%、20代女性79%男性76%

2.LINE 48.8%
  10代女性90%男性66%、20代女性69%男性55%

3.ツイッター 37.7%
  10代女性72%、20代女性61%、10代男性54%

4.フェイスブック 36.0%
  40代男性47%、20代女性47%、30代男性46%
  利用していたが今は利用していない 10代女性28%男性18%

5.ニコニコ動画 29.7%
6.グーグルプラス 16.1%
7.インスタグラム 15.2%
  20代女性37%、10代女性30%、30代女性25%、30代男性21%
8.ミクシイ 10.6%

★ユーチューブは広い世代に、LINEとツイッターは若い世代に、
 フェイスブックは20~40代に、インスタグラムは10~30代女性に。


☆最も利用する携帯電話のタイプ(プライベート)
スマホ    通常携帯
全体 63.1% 32.6%

10代 90.0%
20代 80.5%
30代 70.5%
40代 61.0%
50代 49.5%
60代 40.5%

☆PCの平均利用時間(プライベート)
 平日 休日
・10代  100.0分   108.7分
・20代  142.2分   146.2分
・30代  122.3分   129.6分
・40代  140.2分   141.0分
・50代  131.5分   145.8分
・60代  162.2分   161.1分

★高齢者ほど長い。女性10~30代は男性の6~8割。

☆スマホの平均利用時間(プライベート)
 平日 休日
・10代  167.7分   173.0分
・20代  143.7分   148.0分
・30代  120.0分   121.7分
・40代   97.4分    91.7分
・50代   96.4分    99.1分
・60代   86.3分    81.1分

★高齢者ほど少ない。女性10~30代は男性の3~1割増し。

成人年齢引き下げ、少年法適用引き下げ

読売新聞の
 「18、19歳対象全国世論調査」によると
 ・3月下旬~5月上旬、郵送式
 ・18、19才と20才以上の各2千人

☆成人年齢を20歳から18歳に引き下げること
・反対 64%
・賛成 35%

※同じ質問の20歳以上は反対54%、賛成45%

☆反対する理由(複数回答)
《18、19歳》
・18歳に引き下げても大人の自覚を持つと思えない 64%
・経済的に自立していない人が多い 63%

※20歳以上も比率同じ

☆少年法適用を18才に引き下げること
・賛成 78%

※20才以上は賛成86%

☆20才から認められていることで、
 18才から認めてもよいと考えること(複数回答)
・飲酒  32%、成人23%
・親の同意がない結婚  22%、成人27%

・どれも認めるべきでない 41%、成人45%

★18、19才が実にまっとうな答え。

英のEU加盟、継続か離脱か

英商工会議所の
 「6月23日国民投票が行われるEU加盟継続の是非」によると
 ・会員企業2231社対象
 ・4月5~14日調査

☆英国の欧州連合(EU)加盟について
・継続 54.1%、前回2月は59.5%
・離脱 37.0%、  同  31.1%

・未定 8.2%
・投票しない 0.6%

※輸出企業は EU残留59.5%、離脱32.8%
 非輸出企業は   同 42.8%、  46.4%

 従業員250人以上大企業 残留67.7%、離脱28.6%
 従業員10人未満企業   同 47.5%、  42.1%

※88.9%が今後、意見を変えるつもりはないと回答。

・世論調査会社ICMの4月下旬オンライン調査では、
 離脱が前週より2ポイント増の46%、残留が1ポイント増の44%。

 ORB電話調査は、離脱43%、残留51%

 ユーガブのオンライン調査は、
 離脱3ポイント増の42%、残留1ポイント増の41%

 欧州委員会はもちろん、国際通貨基金IMF、経済協力開発機構OECD、
 米政府等が英の離脱に反対。

★賛否拮抗。離脱派は投票率が高そう。

韓国の耐震化率

韓国国民安全処の
 「建築物の耐震化率」によると
 ・耐震基準はM5.7

☆耐震化率、昨年末時点
・公共建造物 42.4%

・児童遊戯施設 13.9%
・学校 22.8%
・防波堤など漁港施設 25.2%
・電気通信設備 35.5%
・石油パイプライン(5施設) 0%


※ソウル地下鉄1~4号線 20%が地震に無防備

 原発と関連施設、火力・水力発電所等は100%だが、
 品質安全基準テストを偽造した部品が納品された。

・20年までに耐震率49.9%まで上げる計画

・2階未満建物は、耐震対象外
・05年以前建築の3~5階建ては、耐震対象外
・建造物の4割がブロックやレンガを積み上げた組積造建築

・11年の専門家試算で、震度6.5の地震が発生した場合の被害
 日本の100倍、死亡7000人以上、負傷10万人以上

・韓国の専門家は5年以内にM5の地震が発生する可能性は高いが、
 それ以上の地震が起きる可能性は極めて低いと見ている。

★地震より北朝鮮か。