FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

大企業の経済見通し

毎日新聞の
 「経済見通し等調査」によると
 ・主要大企業124社対象アンケート

☆2016年の日本経済の懸念材料(三つまで可)
1.中国経済の先行き 74%
2.消費低迷 44%
3.米国経済の先行き 24%
4.政府成長戦略の停滞 18%
5.米国の利上げ 15%
6.東南アジア経済の先行き 15%
7.過度な円安進行 14%

☆今年の中国経済の見通し
・横ばい 52%
・悪くなる 42%
・良くなる 3%

★確実に悪くなるが、市場は大きい。
 ウイグルにISが乗り込み、大混乱も。

☆自社の中国事業の方向性
・現状維持 48%
・拡大 29%

☆今年の米国経済の見通し
・良くなる 81%

☆日銀の2%物価上昇目標
・実現を目指すべき 25%
・経済成長を重視し、目標実現にこだわるべきでない 52%

☆同・達成時期
・18年度以降 31%
・17年度 26%
・16年度後半まで 9%、日銀の目標

☆16年度に国内の設備投資を増やすか
・増やす 20%
・横ばい 27%
・減らす 10%

☆国内投資拡大で必要な政策(複数回答可)
・法人税など企業減税 66%
・国内市場縮小回避の少子高齢化・人口減対策 34%

★20代、30代の家計収支改善を。

☆16年春闘の対応(複数回答可)
・ベースアップやそれに類する賃金改善を検討する 8%
・賞与など一時金の増額を検討する 8%
・他社動向、政府の対応など見極めた上で決める 39%
・現時点で賃金体系変更予定はない 14%

★大企業の内部留保が増えるばかりで。

☆訪日外国人のさらなる増加で必要な政策(三つまで可)
・観光客の利便性を向上させる通信環境整備 35%
・国際便の拡充 35%
・海外広報の強化 35%
・宿泊施設の拡大 29%

☆昨年、採用活動解禁を4カ月繰り下げ8月とした経団連指針
・マイナスの影響があった 67%
・プラスの影響があった 1%

☆今年の採用活動を経団連が6月と決定したこと
・評価する 46%
・どちらとも言えない 44%

☆来年の採用活動
・4月解禁 41%
・6月解禁 15%
・8月解禁 0%
・解禁日をなくし、企業裁量に委ねる 7%

★経団連は長期ビジョンが無い。

国民年金保険料の納付率

厚労省の
 「国民年金保険料の納付率について」によると
 ・27年10月末現在

☆国民年金保険料の納付率
・平成27年度分(9月分まで)
  27年10月末 56.7%

・平成26年度分
  26年度末 63.1%
  27年10月末 65.4%

・平成25年度分
  25年年度末 60.9%
  26年年度末 67.2%
  27年10月末 68.8%

☆都道府県別納付状況、平成27年10月末現在、27年度分
1.新潟 69.5%
1.富山 69.5%
3.島根 69.0%

全国平均 56.7%

45.東京 53.2%
46.大阪 46.7%
47.沖縄 35.5%

★沖縄・大阪は別格

☆都道府県別、全額免除割合
1.沖縄 43.2%
2.高知 39.2%
3.鹿児島 39.1%

全国平均 29.5%

45.千葉 23.7%
46.埼玉 23.5%
47.東京 22.4%

★沖縄。

韓国、ソウル日本大使館前の慰安婦像に関する世論調査

韓国MBNテレビとリアルメーターの
 「ソウル日本大使館前の慰安婦像に関する世論調査」によると
 ・12月29日実施、成人535人対象

☆ソウル日本大使館前の慰安婦像の移転
・移転に反対 66.3%(与党支持層49.1%)
  20代86.8%、30代76.8%、40代68.8%、50代59.9%、60代45.1%
・移転に賛成 19.3%(  同  32.9%)

★でっちあげ反日教育の成果か。

 しかしサンプル数が少ないよう。


※リアルメーターの
 「慰安婦問題をめぐる日韓合意に関する調査」によると
 ・12月30日、全国成人508人対象

 ☆日韓合意は
     与党セヌリ党支持 野党共に民主党支持
 ・正しい 43.2% 78.1%     8.5%
 ・誤り  50.7%   16.0%    85.4%

  50代60代以上では肯定多数、40代以下は否定多数

 ★与野党支持層の大幅乖離。理性薄い国民性?


※リアルメーターの
 「朴槿恵大統領の支持率」によると
 ・日韓合意の12月28日から31日まで実施

 ☆朴槿恵大統領の支持率
 ・支持 42.5%、前週と変わらず
 ・不支持 53.0%、前週から1.3ポイント増

★ボールは韓国に渡したので、静観。

EUの外国人比率

EU統計局ユーロスタットの
 「人口に関する最新統計」によると
 ・12月18日発表

☆加盟28カ国の居住人口、2014年1月1日時点
・5億684万7612人。

・うち外国人6.7%
 EU加盟国出身者2.8%、非EU加盟国出身者(無国籍者含)3.9%

☆外国人の割合
1.ルクセンブルク 45.3%

・スペイン 10.1%
・ドイツ 8.7%
・イタリア 8.1%
・英国 7.9%
・フランス 6.3%

28.ポーランド 0.3%

★人口の約半分が外国人のルクセンブルグ
 独仏に挟まれ人口49万人。一都市のようだが。

☆EU加盟国に住む外国人で多い人種
1.ポーランド人、10カ国で外国人定住者トップ5入
2.ドイツ人
3.イタリア人、ルーマニア人

※非EU加盟国出身者ではウクライナ人、トルコ人、ロシア人が多い。

★日本の在留外国人は2%の257万人、うち中国が78.9万人、
 韓国朝鮮53.5万人、うち特別在留(在日・主に密入国)35.0万人。
 フィリピン23.6万人、ブラジル17.4万人、ベトナム12.8万人、
 台湾10.4万人、米国8.9万人、タイ5.3万人、ネパール4.9万人、
 ペルー4.8万人、インドネシア3.9万人、インド2.8万人、
 英国2.1万人。

 観光客増は歓迎。トラブルは中国人が主。
 韓国朝鮮系は高い犯罪率と反日メディア寄生に懸念。

小中高の学費、公立と私立

文科省の
 「2014年度学習費調査」によると
 ・各学年の平均額を足して試算
 ・授業料、PTA会費、制服、遠足代、給食費、
  学校外(家庭内学習費、各種塾月謝、図書費等)など

☆幼稚園から高校まで15年間、子ども1人に保護者が支払う学習費総額
・全て私立 1770万円、全公立の3.4倍
・全て公立 523万円
・小中公立、幼稚園と高校が私立 784万円
・小学校以外が私立 1041万円

☆14年度に、保護者が支払った平均額
・公立小 32.2万円(学校教育費 5.9万円)
・私立小 153.6万円(  同  88.6万円)

・公立中 48.2万円
・私立中 133.9万円

・公立高 41.0万円
・私立高 99.5万円

★親は大変です。

 学力は幼児期の生活環境と本人次第か。

ドイツの赤ちゃんの名前

独調査会社クヌート・ビーレフェルトの
 「2015年生まれのドイツの赤ちゃんの名前」によると
 ・ドイツ政府512カ所に登録した赤ちゃんの26%、18万3396人対象

☆女の子の名前
1.ミア、13年まで5年連続首位、14年2位の座を維持していたが、
2.エマ、前年首位
3.ハンナ
4.ソフィア
5.アンア
6.エミリア
7.リナ
8.マリー
9.レナ
10.ミラ

☆男の子の名前
1.ベン
2.ヨナス
3.レオン
4.エリアス
5.フィン、スターウォーズ最新作登場の役名と同じ
6.ノア
7.ポール
8.ルイス
9.ルーカス
10.ルカ

★ドイツぽくない名前ですね。

 独の偉大な政治家は、アンゲラ・ドロテア・メルケル

ネット販売の健康食品と危険ドラッグ

厚労省の
 「インターネット上で広告され販売された健康食品と
  危険ドラッグの分析結果」によると
 ・平成26年1月~3月に購入し、国立医薬品食品衛生研究所で分析

☆健康食品81製品
・60%の49製品から医薬品成分を検出

・強壮用健康食品50製品
  うち33製品から、シルデナフィル等12種の医薬品成分を検出

・痩身用健康食品31製品
  うち16製品から、シブトラミン等7種の医薬品成分を検出

☆危険ドラッグ52製品
・すべてから指定薬物又は麻薬を検出

・52製品から19種の指定薬物(うち1種は平成26年8月から麻薬指定)を検出
・3製品から指定薬物に指定されていた成分を3種検出。
 うち1製品に含有まれた1種は平成26年8月から麻薬規制。
・51製品から買上以降に指定薬物として指定された成分を16種検出

★ネット関連医薬品は危険大。
 健康食品も大半がインチキ。

デスクトップのOS比率

NetApplicationsの
 「12月1日発表NetMarketShare」によると、
 ・2015年11月、デスクトップのOS比率

☆デスクトップPCのOS状況
1.Windows7 56.11%
2.Windows8.0&8.1 14.03%(8.1が11.15%)
3.WindowsXP 10.59%
4.Windows10 9.00%、8月5.21%
5.MacOSX10.11&10.10 5.11%(10.11が2.66%)

※Microsoftは10月初め昨年7月末提供開始したWindows10が
 1.1億台超にインストールと発表
 最終目標は2~3年以内にWindows10が10億台超にインストール

 1月4日にWindows10のPCやタブレット数が2億台突破と発表。

★Windows7のままで、機能は十二分。

 XPも各種メディアが危険と騒ぎ立てたが、
 セキュリティソフトを入れてれば、ほぼ問題なし。

TV年間平均視聴率(関東地区)、2015年、ビデオリサーチ

ビデオリサーチの
 「2015年年間平均視聴率(関東地区)」によると
 ・対象14年12月29日~16年1月3日

☆ビデオリサーチによる2015年TV年間平均視聴率(関東地区)
《全日(午前6時~翌日午前0時)》
1.日本テレビ 8.6%
2.テレビ朝日 7.1%
※NHK 6.7%
3.フジテレビ 6.4%
4.TBS 5.9%
5.テレビ東京 3.1%

《ゴールデン(午後7~10時)》
1.日本テレビ 12.6%
2.テレビ朝日 11.0%
※NHK 10.4%
3.TBS 9.8%
4.フジテレビ 9.2%
5.テレビ東京 6.8%

《プライム(午後7~11時)》
1.日本テレビ 12.5%
2.テレビ朝日 11.2%
3.TBS 9.8%
4.フジテレビ 9.3%
※NHK 9.2%
5.テレビ東京 6.5%

※日本テレビが2年連続の3冠達成
 世界の果てまでイッテQ!が年間平均視聴率19.2%でバラエティ首位、
 2位もザ!鉄腕!DASH!の18.3%。

 フジテレビは04~10年に7年間連続3冠だったが、
 ゴールデンとプライムで民放4位に転落。

 キムヨナ引退までの浅田真央バッシングも酷かった。

 TBSは昨年60周年で「下町ロケット」が最終回22.3%
 「天皇の料理番」も最終回17.7%。


※ビデオリサーチの2015年年間高視聴率番組・関東地区は
1.NHK紅白歌合戦・後半(12月31日) 39.2%
2.同・前半(12月31日) 34.8%
3.箱根駅伝・復路(日テレ1月3日) 28.3%
4.同・往路(1月2日) 28.2%
5.テレビ小説・あさが来た(NHK12月4日) 27.2%
6.24時間・愛は地球を救う10(日テレ8月23日)26.7%
7.ニュース・気象情報(NHK5月30日) 26.3%
8.野球プレミア12日本韓国(TBS11月19日) 25.2%
9.テレビ小説・マッサン(NHK3月20日)25.0%
10.24時間・愛は地球を救う9(日テレ8月23日)24.5%

★日テレとNHKが上位独占

プロ野球日本人年俸ランキング(推定)、2016年

プロ野球の年俸ランキング、2016年契約年俸
 ・12月25日現在契約更改まとめ

☆2016年プロ野球日本人年俸ランキング(推定)
1.黒田博樹(広島投) 6.0億円
2.金子千尋(オリ投) 5.0億円
3.中村剛也(西武内) 4.1億円
4.松田宣浩(SB内) 4.0億円+出来高
4.内海哲也(巨人投) 4.0億円
4.鳥谷敬(阪神内) 4.0億円
4.和田毅(SB投) 4.0億円
8.五十嵐亮太(SB投) 3.5億円
8.中島裕之(オリ内) 3.5億円
10.内川聖一(SB外) 3.3億円

11.阿部慎之助(巨人内) 3.26億円
12.山口鉄也(巨人投) 3.2億円
13.村田修一(巨人内) 3.0億円
13.平野佳寿(オリ投) 3.0億円
15.糸井嘉男(オリ外) 2.8億円
16.柳田悠岐(SB外) 2.7億円
17.坂本勇人(巨人内) 2.5億円
18.中田翔(日ハム内) 2.45億円
19.岸孝之(西武投) 2.25億円
20.山田哲人(ヤ内) 2.2億円
20.涌井秀章(ロ投) 2.2億円
20.増井浩俊(日ハム投) 2.2億円

★日本プロスポーツの中では最高給の業界。

 世界トップ級ならMLB、サッカー、テニス、ゴルフ、
 CMを含め、もっと稼げる。

 昨季MLBメジャー年俸は平均381.9万ドル(4.6億円)

企業・ブランドから情報を受け取るサービスに関する調査

日経デジタルマーケティングとマクロミルの
「企業・ブランドから情報を受け取るサービスに関する調査」によると
 ・マクロミルモニターの全国20~40代スマホ利用者300人
  20代、30代、40代、各100人
 ・2015年10月9日インターネット調査

☆企業・ブランドから情報を受け取る手段として
 利用しているサービス(複数回答)
1.Eメール 91.3%
2.LINE 76.3%
3.Facebook 39.0%
4.Twitter 30.7%
5.google+ 15.7%
6.Instagram 13.3%

☆同・最も利用しているサービス
1.LINE 53.3%
  20~24歳70.3%、25~29歳74.6%、30~34歳59.3%
2.Eメール 37.0%、35~39歳65.9%
3.Facebook 4.7%
4.Twitter 3.7%

☆企業・ブランドのメールマガジンの登録数
・1~3社 36.6%
・4~6社 39.7%
・7~10社 13.7%
・10~20社 7.6%

☆LINE公式アカウントの登録数
・1~3社 50.0%
・4~6社 25.4%
・7~10社 13.1%
・10~20社 6.9%

☆メッセージの閲読状況
LINE メルマガ
・すべて読む 8.5% 5.3%
・ほとんど読む 20.0% 21.4%
・半分ほど読む 34.6% 39.7%
・ほとんど読まない 30.8% 29.0%

☆メールマガジン、LINEで最も読まれる内容
1.割り引きクーポン
2.セール情報
3.新商品、新サービス
4.プレゼント
5.イベント開催

★結局、得になる情報だけ見る。

独、新車を買う人の年齢

独デュースブルクエッセン大の
 「ドイツで新車を買う人の年齢調査」によると
 ・過去11カ月の個人の新車購入者対象

☆今年の新車購入者の平均年齢
・53歳 昨年52.1歳を上回り、過去最高
1995年46.1歳から上昇している
60歳以上が34.9%

※ドイツ人の平均年齢は44.3歳

☆ブランド別新車購入者年齢
1.スバル 57.4歳
2.レクサス 56.9歳
3.ホンダ 55.9歳


スズキ 48.8歳
ミニ 47.3歳
セアト(VWスペイン) 45.0歳

※スポーツ多目的車SUV購入者
 55.2歳と全体より高く、60歳以上が39.3%

★新車買うのが50代というのは健全のよう。