最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

中高生の政治への興味・関心

読売中高生新聞の
 「中高生に政治への興味・関心を問うアンケート」によると
 ・今年6月末から7月末実施
 ・同社の教育ネットワーク、中学受験サポート会員校など
  61校中高校の生徒2万1807人回答

☆18歳になったら投票に行くか
・必ず行く 30%、男子32%、女子27%
・なるべく行く 50%、男子47%、女子53%
・多分行かない 15%
・行かない 4%

※来夏参院選で選挙権を持つ高校3年生も80%が行くと回答

★男女共8割が行く。良かった。9割にならないかな。


☆日本の政治課題で興味・関心あるテーマ(50項目から最大5つ選択)
1.東京五輪、パラリンピック 男子1位、女子2位
2.いじめ・不登校 女子1位、男子5位、中22%、高16%
3.年金 男女共4位
4.憲法改正 男子3位、女子5位
5.集団的自衛権 男子2位

6.大学入試改革
7.消費税など税制改革
8.東日本大震災からの復興
9.女性の社会進出 女子3位
10.地球温暖化対策

★女子は身近な事に関心高く、周囲の人の感情に濃密な反応。
 いわゆる虫の目が強く、鳥の目が欠落。
 男子は鳥の目はあるものの、周囲の感情に超鈍感が普通。

 女性政治家も視野が広いのは稲田朋美とかごく少数。
 彼女が首相になれば、サッチャー級に。

国語に関する世論調査

文化庁と中央調査社の
 「平成26年度、国語に関する世論調査」によると
 ・平成27年1~2月、個別面接調査
 ・全国16歳以上男女対象3493人、有効1942人(55.6%)

☆小学生ぐらいまでに家庭で言葉使いで注意されたか
・注意された 56.1%
・注意されなかった 43.5%

☆誰に注意された
・母親 61.6%
・父親 27.4%
・祖母 6.0%
・祖父 2.6%

☆子供の言葉遣いに与える影響が大きい人やもの
 (選択式、いくつでも選択可)
1.TV 81.4%
2.母親 72.3%
3.父親 67.8%
4.友達 63.4%
5.ゲーム 47.5%

6.マンガ 45.0%
7.インターネット 39.2%
8.兄弟姉妹 37.7%
9.教員、保育士 34.2%
10.祖父母 29.8%


☆言い方の使用頻度
・わたしはそう思いますを「わたし的にはそう思います」と言う
 ある 19.9%
 ない 79.9%

・素晴らしい(良い、おいしい、かっこいい)という意味で「やばい」と言う
 ある 26.9%
  (10代91.5%、20代79.1%、30代53.9%、40代32.8%、
   50代18.2%、60代11.4%、70代5.1%)
 ない 72.7%
  (10代8.5%、20代20.9%、30代46.1%、40代67.2%、
   50代81.8%、60代87.9%、70代93.8%)

★年齢差が明確な言葉のNo1、「やばい」

・いいか悪いかの判断がつかないときに「微妙」と言う
 ある 66.2%
 ない 33.4%

・面倒くさいことや不快感・嫌悪感を表すのに「うざい」と言う
 ある 20.0%、10代78.0%、20代50.7%
 ない 79.6%


☆慣用句等の意味・使い方。どちらの意味
1.おもむろに
 ・ゆっくりと(正解) 44.5%
 ・不意に 40.8%
  (10~40代は6,7割、50代半分、60代2割、70以上7%)

2.枯れ木も山のにぎわい
 ・つまらないものでも無いよりまし(正解) 37.6%
 ・人が集まればにぎやかになる   47.2%

3.小春日和
 ・初冬の頃の穏やかで暖かな天気(正解) 51.7%
 ・春先の頃の穏やかで暖かな天気  41.7%
   (10代66.1%、20代54.5%)

4.天に唾する
 ・人に害を与えようとして、自分に返ってくる行為をする(正解)63.5% 
 ・上位の存在を冒し汚すような行為をする 22.0%

☆慣用句、どちらの言い方
1.企業が学生を早い時期に採用することを
 ・青田買い(正解) 47.4%
 ・青田狩り 31.9%、10代42.4%

2.夢中になって見境がなくなることを
 ・熱にうなされる   27.1%
 ・熱にうかされる(正解) 57.2%

3.いよいよ,ますますを
 ・いやがおうにも   42.2%
  (10代47.5%、20代59.0%、30代44.9%」、40代43.6%)
 ・いやがうえにも(正解) 34.9%

4.心配や不安を感じ,表情に出すことを
 ・眉をひそめる(正解)  44.5%
 ・眉をしかめる   44.5%

★若いほど本を読む率が低いので、こんなものか。

世界大学評価ランキング

英大学評価機関クアクアレリ・シモンズの
 「世界大学評価ランキング」によると
 ・学術界や教職員の評価、学部ごとの論文被引用数、
  スタッフと学生数の比率、国際的評判など

☆QS世界大学ランキング
1.マサチューセッツ工科大
2.ハーバード
3.ケンブリッジ
4.スタンフォード
5.カリフォルニア工科大
5.オックスフォード
7.ユニバーシティカレッジロンドン、前年5位
8.インペリアルカレッジ・ロンドン、2位
9.チューリッヒ工科大、12位
10.シカゴ大

※例年は英米の大学がトップテンを独占

12.シンガポール国立大
13.南洋理工大学(シンガポール)、39位
14.スイス連邦工科大学ローザンヌ校
25.清華大学
36.ソウル大、31位
38.京都大
39.東京大

★日本は英語がなあ。

米国人の科学に関する基礎知識調査

米ピュー・リサーチ・センターの
 「科学に関する米国人の基礎知識調査」によると
 ・米成人3200人対象、選択式12問

☆12問中の正解数
・中間値 7.9問
・8~9問正解 27%
・10~11問正解 26%
・全問正解 6%

・18~24歳  8.0問
・30~49歳  8.2問
・65歳以上   7.6問

・男性 8.6問
・女性 7.3問

・白人 8.4問
・ヒスパニック 7.1問
・黒人 5.9問

☆10問以上正解者の比率
・大学院修了者 57%
・高校卒業以下 18%

・女性 24%
・男性 43%

☆地球内部構造で最高温度部分が核
・正解 86%

☆ウランが原発や核兵器に必要
・正解 82%

☆天文学と占星術の違いを理解
・正解 76%

☆ポリオワクチンの開発者
・正解 ジョナス・ソーク 74%
※他の選択肢、放射線のキューリー、アインシュタイン、ニュートン

☆音波で音量と高さを決定しているのは振幅の大きさ
・正解 35%

☆水の沸点は標高が高いと下がる
・正解 34%

★人種比、男女比が大きい。前者は家庭環境、後者は体質。

サンケイとFNN合同世論調査、安保関連法案、消費税10%時の軽減

産経新聞社とFNNの
 「合同世論調査」によると
 ・9月12、13日実施、電話調査
 ・無作為抽出された満20歳以上全国男女1000人

☆日本の安全と平和を維持するため、安全保障関連法案の成立は必要か
・必要 52.7%、前回58.0%
  公明支持50.0%、前回68.6%
・必要ない   38.7%、前回33.1%

☆今国会での安保関連法案成立
・反対 59.9%
・賛成 32.4%

☆中国は抗日戦争勝利70周年軍事パレードで、大陸弾道ミサイルはじめ、
 軍事力増強を内外に示しました。中国が日本の安全保障にとって脅威だと
・思う 78.9%
・思わない 16.9%

★話し合いで何ともならない危険な国、中国が相手。

 憲法前文「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して~」が
 成り立たない。
 日本は公正も信義も無い国、中・朝韓・米・ロに囲まれている。


☆最も支持する政党
1.自民 36.6%、前回8月は35.8%
2.民主 9.4%、同10.8%
3.共産 5.4%、同 5.1%
4.公明 4.0%、同 5.1%
5.維新 3.8%、同 6.0%
6.社民 1.2%、同 2.1%
※無し 36.8%、同32.8%

★民主が依然として稚拙。
 戦争法案、徴兵制、憲法違反とか国民をバカにしすぎ。
 議論は自衛隊の具体的な行動内容で行わないと。
 自民女性議員への暴行までして。

 憲法の文章では自衛隊そのものが憲法違反。
 自衛隊の存在と役割を憲法に明記すべき。


☆消費税率10%引上時の財務省案について
 (マイナンバーカード利用、後で食品2%分還元、上限4千円)
・反対 72.5% 自民支持層63.9%、公明支持層62.5%
        60代以上男性77.4%、女性74.7%
・賛成 19.1%

☆消費税10%引上時、軽減税率導入などの負担軽減措置
・必要 72.0%

★工作好きな財務省が、反応調査したもよう。

女性差別の法や仕事、173国地域

世界銀行の
「女性、ビジネス、法に関する最新報告」によると
 ・2年毎
 ・173カ国・地域対象調査
 ・それぞれの国の法律で女性が特定の職の維持を阻止されているか、
  女性がクレジット(信用、融資)への平等のアクセスを得ているか、
  女性が生活ないし就労できるところで制約に直面しているかどうかなど。

☆法律がジェンダーブラインド(性で差別しない)になっている18カ国
 アルメニア、カナダ、ドミニカ共和国、エストニア、ハンガリー、コソボ、
 マルタ、メキシコ、ナミビア、オランダ、ニュージーランド、ペルー、
 プエルトリコ、セルビア、スロバキア共和国、南アフリカ、スペイン、台湾。
 富裕国も開発途上国もある

☆女性を法的に差別する何らかの形態が存在している国
・155カ国

☆既婚女性が夫の許可なしに就労できない18カ国
 バーレーン、ボリビア、カメルーン、チャド、コンゴ、ガボン、ギニア、
 イラン、ヨルダン、クウェート、モーリタニア、ニジェール、カタール、
 スーダン、シリア、アラブ首長国連邦、パレスチナ自治区、イエメン。

※ロシアは456の職業で女性排除。トラック運転手、貨物列車の車掌、
 甲板員、高い場所でアンテナを設置する者など。

 フランスは、25kg(5歳児平均体重)超を持ち上げなければならない仕事に
 女性が従事するのを禁止し、郵便や運送会社で働くことができない。

※女性を保護する意図があるものも少なくないが、
 女性視点でみることが必要とした。

★女性も個人差が大きいので、自由度を高く。

高齢者率、高齢者が暮らしやすい国

英ヘルプエイジ・インターナショナルの
 「世界年齢指標、グローバルエイジウォッチインデックス・
  2015年版」によると
 ・96カ国地域の高齢者の収入や医療などのデータから算出

☆高齢者(60才以上)の率、人数
・2015年 12.3%、 9.01億人
・2030年 16.5%、14.02億人
・2050年 21.5%、20.92億人

☆高齢者が暮らしやすい国・2015年版
1.スイス
2.ノルウェー
3.スウェーデン
4.ドイツ
5.カナダ

6.オランダ
7.アイスランド
8.日本
  医療トップ。社会保障・年金・累進課税など好評価
9.米国
10.英国

16.フランス
34.タイ
52.中国
60.韓国

92.パキスタン
93.ガザ西岸
94.モザンビーク
95.マラウィ
96.アフガニスタン

★米は高額医療費でも9位?

 日本は年金が破綻懸念。

 最下位のアフガニスタンは日本とサッカーW杯予選試合で、
 格差があるのに、どん引きでなく、攻めの姿勢を見せてくれた。

5大がん(胃、大腸、肝臓、肺、乳房)の5年生存率

国立がん研究センターの
 「5大がん(胃、大腸、肝臓、肺、乳房)の5年生存率調査」によると
 ・宮崎除く全国46都道府県177がん診療拠点病院で07年に
  がん診断された患者延べ17万人を5年間追跡。

☆5年生存率
・全がん 46.3%

・胃 71.2%
・大腸 72.1%
・肝臓 35.9%
・肺 39.4%
・乳房(女性) 92.2%

★乳房、大腸、胃が危ない。

ランチパック、ランキング

山崎パンの
 「ランチパック、2014年出荷数」によると

☆ランチパック、2014年出荷数
1.ピーナッツ
2.たまご
3.ツナマヨネーズ(オニオン入り)

※トップ3は不動で、全体の40%を占める。

※山崎パン全体では
1.薄皮つぶあんぱん
2.ランチパック・ピーナッツ
3.まるごとソーセージ
4.コッペパン・ジャム&マーガリン、
5.ランチパック・たまご
とお馴染みのパンが。

※マイナビ14年2月女性400名調査「好きなランチパック」では
1.ピーナッツ 24.5%
2.たまご 23.8%
3.ツナマヨネーズ 16.2%
4.苺ジャム&マーガリン 3.5%
5.3種のチョコ 3.0%

※84年4月誕生時は、ピーナッツ、小倉、ヨーグルト、青りんご(ジャム)の4種。
 06年からブランディングで品質向上やテレビCMなど力を入れ、05年売上140億円から、
 12年以降は年400億円前後をキープ。

★ランチパックの量はダイエット女子の昼飯に最適?

世界グルメ都市ランキング、The Greatest Place to Eat on Earth

米サブール誌の
 「世界グルメ都市ランキング、The Greatest Place to Eat on Earth」
  によると

☆世界ベストフードシティー
1.東京
  幅広い値段であらゆる種類のおいしい料理を楽しむことができる
  フランス料理やイタリア料理の質も高い。

☆ベジタリアン部門
1.ベルリン

☆カクテル部門
1.ロサンゼルス

☆グルメ旅行部門
1.アイルランド沿岸部、子羊やムール貝の産地として有名

☆誰もが愛するグルメトレンド賞、
・中東

☆次のグレートフードシティー賞
・サンティアゴ(チリ)

★日本は観光資源がたっぷり
 あとは宿泊施設と英語。

不倫サイトのアシュレイ・マディソン、実は

米不倫サイト「アシュレイ・マディソン」を
 ハッキングした集団の漏洩情報によると

☆不倫サイトのアシュレイ・マディソン
・会員の95%は男性
・女性会員はサクラばかり

※カナダで情報流出を苦に2人が自殺

 世界で3800万人会員を集めるサイト
 一昨年日本版が開設され会員180万人とされた。
 今年8月にハッキングされた

★結局はヤクザ系美人局に利用された模様。残念!?

40代シングルの休日

SUUMOの
 「40代シングル調査」によると」
 ・2015年3月27~29日、インターネット調査
 ・首都圏居住、年収250万円以上、40代、有効回答300名(男女同数)

☆休日はどんなことをして過ごすことが多いですか(複数回答)
1.とにかく家でゆっくりする 56.0%
2.平日にできない家の掃除や家事をする 52.0%
3.家でテレビ・録画番組などを見る 45.7%
4.買い物(服など)をする 37.3%
5.とにかくたくさん寝る 34.7%

6.読書や映画などを楽しむ 32.3%
7.友人と会う 28.3%
8.旅行に出かける 25.7%
9.食事やお酒を楽しむ(家で) 18.7%
10.特に目的なくひとりで街に出かける 17.0%

★ゆっくりすると寝るの合計が91%に