最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界男女格差指数、142カ国

世界経済フォーラムの
 「2014年版グローバル・ジェンダー・ギャップ指数
  (世界男女格差指数)」によると
 ・142カ国対象
 ・健康、教育、経済、政治における男女間の格差を指標で順位付

☆2014年版ジェンダー・ギャップ指数
1.アイスランド、6年連続首位
2.フィンランド
3.ノルウェー
4.スウェーデン
※上位4カ国は変わらず。

5.デンマーク、前年8位
6.ニカラグア、前年10位
7.ルワンダ!!!!
8.アイルランド
9.フィリピン、前年5位
10.ベルギー

12.ドイツ
13.ニュージーランド
16.フランス、前年45位、閣僚の半分が女性に
17.ブルンジ!!!!
18.南アフリカ、
20.アメリカ合衆国、前年23位
24.オーストラリア
26.イギリス、前年18位

42.モンゴル
59.シンガポール
71.ブラジル
75.ロシア
87.中国
104.日本、前年105位。女性の労働参加率や管理職が少なく、経済102位、
  政治も議員が少なく129位。教育は93位で、識字率と中等教育は1位だが、
  大学以上への進学が105位。
113.クウェート、中東&北アフリカでトップ
114.インド
117.韓国

※49カ国で男性より女性が労働に多く参加
 9年前に比べ、女性議員が26%多く、女性閣僚も50%も多くなった。

 男女格差が広がったのは6ケ国。
 スリランカ、マリ、クロアチア、マケドニア、ヨルダン、チュニジア。

★日本は、女性閣僚2人辞任、結局、低レベルだった。
 女性大卒率は高いはずだが...
スポンサーサイト

44カ国調査、資本主義、子供の将来、人生成功のポイント、etc

米ピュー・リサーチセンターの
 「44カ国調査」によると
 ・3月~6月、電話および直接インタビュー
 ・44か国の成人、4万8643人

☆資本主義を支持
平均 63%

1.ベトナム 95%
・韓国 78%
・中国 76%
・インド 72%
・米国 70%
・フランス 60%
・日本 47%
・スペイン 45%
・メキシコ 44%

★現実的な中国。将来、民主国家になれるか?

☆自分の国の子供達が大人になる時、親たちよりも経済的に
       悪くなる  良くなる
・先進国    66%   28%
・新興諸国   25%   50%
・発展途上国  39%    51%

・アジア 24%   58%
・アフリカ 27%   51%
・中南米 37%   50%
・中東 41%   35%
・アメリカ 65%   30%
・ヨーロッパ 65%   25%

☆人生で前進するのに、非常に重要な比率
1.良い教養・教育を持つ  60%
  米62%、独61%、印60%、英53%、日27%、中27%

2.熱心に働く 50%
  米73%、英60%、独49%、日42%、印38%、中18%

3.真っ当な人達とのつきあい 37%
4.幸運にめぐまれる 33%
5.裕福な家族に属す 20%
6.男に生まれる 17%
7.わいろを贈る 5%


☆人生の成功は自分ではコントロール出来ない力で決定される
      そう思わない   そう思う
・韓国 23% 74%
・独 31% 67%
・日本 44% 51%
・仏 50% 50%
・英 55% 43%
・米 57% 40%

・トルコ 20% 75%
・ベトナム 24% 73%
・中国 33% 58%
・インド 27% 56%
・ロシア 41% 50%
・ブラジル 53% 45%

・バングラディシュ 23% 74%
・ケニヤ 30% 62%
・ウガンダ 43% 52%

★米英の自立心?は強い

MLB、来季の先発投手ランキング

米CBSスポーツの
 「来季の先発投手ランキング、
  Top starting pitchers for 2015」によると

☆来季の先発投手ランキング
1. Clayton Kershaw, Dodgers
  今季21勝3敗、防御率1.77、奪三振239、投球回198回1/3
  昨年16勝9敗、防御率1.83、奪三振232、投球回236回

2. Felix Hernandez, Mariners
  今季15勝6敗、防御率2.14、奪三振248、投球回236回
  昨年12勝10敗、防御率3.04、奪三振216、投球回204回1/3

3. Chris Sale, White Sox
4. David Price, Tigers
5. Max Scherzer, Tigers

6. Corey Kluber, Indians
7. Johnny Cueto, Reds
8. Stephen Strasburg, Nationals
9. Yu ダルビッシュ, Rangers
10. Madison Bumgarner, SP, Giants

11. Adam Wainwright, Cardinals
12. Jon Lester, Athletics
13. Zack Greinke, Dodgers
14. Cole Hamels, Phillies
15. Matt Harvey, Mets

16. Julio Teheran, Braves
17. Jordan Zimmermann, Nationals
18. Jeff Samardzija, Athletics
19. Jake Arrieta, Cubs
20. Alex Wood, Braves

21. Carlos Carrasco, Indians
22. James Shields, Royals
23. Sonny Gray, Athletics
24. Cliff Lee, Phillies
25. Tyson Ross, Padres

26. Jacob deGrom, Mets
27. Alex Cobb, Rays
28. Hisashi 岩隈, Mariners
29. Phil Hughes, Twins
30. Hyun-Jin Ryu,柳賢振, Dodgers、韓国の英雄

※田中将大は右ひじの経過を見る必要があるとして圏外

★30球団なので、30位までがエース格で、岩隈も。
 31~60位が先発2番手相当で、ここまで高給取り。
 先発投手は、30チーム合計150人の枠。

 黒田、和田、松坂と6人が揃えば、
 シーズン中、ほぼ毎日、日本人投手の試合が見られるし、
 金子か前田も加われば...

米コンシューマー・リポートの新車品質調査

【“米コンシューマー・リポートの新車品質調査”の続きを読む】

米、有給と消化率

米旅行協会の
 「有給休暇に関する調査リポート」によると
 ・労働省統計などからまとめた

☆米国人が昨年取得した有給休暇
・消化した有給休暇 16日、過去40年間で最少
・付与された有給休暇 20.9日

※1976~2000年の平均消化日数20.3日

※昨年消化されなかった有給休暇計1億6900万日、
 労働者の損失524億ドル(5.6兆円)

※富裕層ほど付与される休暇のほか、残る休暇も多かった。

※有給休暇をあまり取らない人は全消化する人に比べ、
 昇給やボーナス額が低く、仕事のストレスも高かった。

★日本は平成25年で平均付与日数18.3日、平均消化日数8.6日。
 消化率47%!

 エクスペディアジャパンの24カ国・13年分調査では、
 日本が有給消化率でワースト1

スマートフォンとフィーチャーフォン

J.D.パワー・アジアパシフィックの
 「日本携帯電話サービス顧客満足度調査・利用実態編」によると
 ・7月インターネット調査
 ・携帯電話個人ユーザー対象、有効回答数3万1200人

☆スマートフォンを利用するユーザー
・52%、過半数に達した。

☆メーカー別シェア
1.アップル 46%、11年調査19%

☆次も同じメーカーのスマートフォンをぜひ選びたい」と回答したユーザー
1.アップル 73%
2.ソニー 43%
3.サムスン 27%

☆買い換える際、スマートフォンを選びたい
・スマートフォンユーザー 91%
・フィーチャーフォンユーザー 40%(10代65%、60代35%)

★高齢者のフィーチャーフォンユーザーは、
 ほとんどがフィーチャーフォン継続。高料金とLINE不使用で。

米、ネット上のセクハラ

米ピュー・リサーチ・センターの
 「Online Harassment」によると
 ・ネット利用者2849人対象

☆ネット上で嫌がらせを受けたこと
・ある 40%、18~29歳65%
・ない 60%

☆ネット上で他人に対する嫌がらせを目撃したこと
・ある 73%

☆ネット上で悪口を言われた
・ある 27%

☆ネット上でストーカー行為をされたこと
・ある 18%、18~24歳女性26%

☆ネット上で性的嫌がらせを受けたこと
・ある 19%、18~24歳女性25%

☆被害に遭った場所
1.ソーシャルメディア 65%
2.ウェブサイトのコメント欄 22%
3.オンラインゲーム 16%
3.電子メール 16%
5.討論サイト 10%
6.出会いサイト、アプリ 6%

★ネットは便利だが、暴走する人がいるので、
 外国旅行する時と同じような警戒感が必要。

韓国飲食店・料理別月売上

韓国外食産業研究院の
 「韓国の4.6万の飲食店対象アンケート」によると

☆料理別・平均月売上高
1.日本料理店   1223万ウォン(124万円)
2.ベトナムやタイ、インドなどのその他外国料理 1063万ウォン(108万円)
3.西洋レストラン 1017万ウォン(103万円)
4.中華料理店    817万ウォン(83万円)
5.韓国料理店    794万ウォン(81万円)
  平均月利益も225万ウォン(23万円)で、最下位

※韓国料理店は全国の飲食店の半数近くを占め、
 競争が激しいことなどが原因とした。

★日本料理は高級店か繁盛店。
 本当は日本が好き?

結婚費用と結婚生活の期間」

エモリー大(ジョージア州アトランタ)経済学部の
 「結婚費用と結婚生活の期間」によると
 ・結婚経験ある米国人3151人対象

☆婚約指輪を除いた結婚費用と離婚割合
・~1000ドル 53%少ない
・~5000ドル 18%少ない
・~1万ドル 基準
・~2万ドル 29%多い
・2万ドル~ 46%多い

※結婚費用が少ないほど、離婚率は低い

 ブライダル業界が広めてきたのは、幸せな結婚生活のため、ぜいたくな式を
 挙げなければならないというイメージだが、ほとんど根拠がなかった。


☆結婚式出席者数と離婚率割合
・カップルのみ 基準
・~10人 35%少ない
・~50人 56%少ない
・~100人 69%少ない
・~200人 84%少ない
・200人~ 92%少ない

※結婚式の出席者が多いカップルほど離婚率が低い

※ブライダル情報ウェブサイト「ザ・ノット」の昨年米国で結婚式を挙げた
 1.3万人調査によると、式費用平均2万9858ドルと史上最高。

 2014年結婚産業は500億ドル(5.3兆円)超。

※陣内智則&藤原紀香の結婚式が約5億円
 郷ひろみ&二谷友里恵が3.5億円
 松平健&大地真央2.5億円

★ブライダル業界は高額豪華結婚式を宣伝するが、
 実際は両家親族のみのジミ婚が主流に。

韓国の大学生

韓国大学新聞の
 「創刊26周年・2014全国大学生意識調査」によると
 ・韓国人大学生対象

☆韓国社会で、最も解決すべき問題
・腐敗問題 26.7%
・貧富の差 25.2%
・政治の安定 18.4%
・経済の発展 9.1%
・教育改革 8.7%

☆もっとも信用できない人物層
・政治家 85.3%
・メディア関係者 7.2%
・軍人 2.0%
・企業家 1.9%

★歴代大統領が退任後、必ず収賄で有罪になる国

☆もっとも信頼できる人物層
・大学生 15.9%
・市民団体 13.5%
・農民 10.4%
・教師 10.0%

☆もっとも尊敬する韓国人
1.パン・ギムン国連事務総長 14.4%
2.キム・ヨナ 12.5%
3.李舜臣 7.8%、秀吉軍と戦った水軍将軍
4.ユ・ジェソック、コメディアン 6.3%
5.ソンソックフィ、JTBC言論部門社長 4.9%

☆もっとも尊敬する外国人
1.スティーブ・ジョブズ、17.5%、5年連続1位
2.オバマ米国大統領 12.0%
3.ビル・ゲイツ 10.9%
4.フランシスコ教皇 6.3%、訪韓したばかり
5.オプラ・ウインフリー  4.8%

★結局、アメリカが好き

☆好きな歌手
1.IU 6.4%
2.BIGBANG 5.5%
3.パク・ヒョシン 3.3%
4.JYJ 2.9%
5.ソン・シギョン 2.7%

※少女時代が前年まで連覇。

☆好きなスポーツ選手
1.キム・ヨナ 44.3%、3年連続1位
2.リュ・ヒョンジン(MLBドジャース、連続14勝)
3.パク・テファン(水泳)

☆好きな俳優・タレント
1.チェ・ミンシク 11.6%
2.カン・ドンウォン
3.ソン・ガンホ
4.ハ・ジョンウ 3.7%、12年13年首位
5.ハン・ジミン 3.4%、女優トップ

☆好きな映画監督
1.ポン・ジュノ 39.7%
2.パク・チャヌク
3.キム・ハンミン
4.チャン・ジン
4.キム・キドク

☆好きな作家
1.イ・ウェス 11.7%、7年連続1位
2.コン・ジヨン 5.9%
3.シン・ギョンスク 5.3%
4.朴景利
5.尹東柱
5.ハサンウク

☆好きな政治家
1.ムン・ジェイン新政治民主連合議員 14.0%
2.アン・チョルス新政治民主連合前代表 11.8%
3.パク・ウォンスン、ソウル市長 7.6%
4.ノ・ムヒョン前大統領 6.4%
5.パク・クネ大統領 4.5%
  11年1位、12年と13年は2位

★パク・クネ大統領は単なるヒステリーオバサンと判明。

☆好きな経済人
1.イ・ゴンヒ三星会長 37.6%、調査開始以来連続首位
2.故鄭周永現代会長 6.0%
3.アン・チョルス 3.1%、セキュリティソフト会社創業者、政治家2位
4.イ・ブジン、ホテル新羅代表取締役 2.2%
5.パク・ヨンマン、斗山会長 2.0%

★次期大統領はアン・チョルス氏か、ムン・ジェイン氏か

学校のいじめ件数

文科省の
 「問題行動調査」によると

☆全国の学校が2013年度に把握したいじめ件数
・18万5860件で、約1.2万件減少

・小学校11万8805件で1.2%増、過去最多
・中学校5万5248件で13.2%減。
・高校1万1039件で32.2%減

☆いじめの内容(複数回答)
1.からかい、悪口や脅し文句 64.4%
2.遊ぶふりをした軽い暴力 23.3%
3.仲間外れや集団無視 20.2%

※パソコンや携帯での中傷嫌がらせ 4.7%8787件、約千件増。

☆同・学年
1.中1 2万7425件
2.小3 2万0902件

☆同・都道府県別
・最多 京都府、2万8118件(千人当たり99.8件)
・最少 鳥取、   157件(同2.4件)

※学校に報告のあった自殺者は240人で、前年度195人を上回り、
 いじめと判明しているのは9人、うち7人が中学生。

★社会問題化し、把握率が上昇。まだ氷山の一角かもしれず。
 教育委員会の改革も必要。

偽物に関するトラブル相談数

国民生活センターの
 「2013年度、偽物に関するトラブル相談数」によると
 ・偽ブランド品や海賊版DVDなど

☆偽物に関するトラブル相談、2013年度
・4360件、過去最多、8割強が通販。
 04年度1150件、10年度1846件、11年度2446件、

※商品別では、バッグや靴、財布などの被服品類が70%、
 パソコンソフトやスポーツ用品など教養娯楽品19%。

★気をつけましょう。
 通販は、店の評価コメントををじっくり読んでから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。