FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット利用、PCからスマホへ

ジャストシステムの
 「インターネットに関する利用動向調査」によると
 ・Fastask登録の15~69歳男女、5歳毎性別各50名、計1100人対象
 ・2014年9月29日~10月2日

☆プライベートで利用するインターネット接続機器(複数回答)
・ノートPC 61.9%
・スマートフォン 51.5%
・デスクトップPC 42.5%
・通常の携帯 23.4%
・タブレット 19.7%

☆PCのネット利用時間
  PC スマホ
・15~19歳 88.2分 116.2分
  ※PCは13年9月調査143.9分の3分の2以下。
   10代のネット利用はPCからスマホへ

・20~24歳 143.8分 126.0分
・35~39歳 166.4分 74.3分
・40~44歳 130.0分 78.8分
・45~49歳 147.1分 59.0分

★高齢者の場合は、ネットはPC、携帯は通話とメールか。

高1のネット利用

総務省の
 「インターネット・リテラシーに関する実態調査調査」によると
 ・調査は3回目。6~7月
 ・16都道府県の高校高専の1年生3500人対象

☆所有するインターネット接続機器(複数回答)
・スマホ 88.1%、昨年84.2%、2年前6割弱
・パソコン 52.2%、2年前7割強
・タブレット 16.5%
・携帯電話・PHS 1割強

☆インターネットに接続する際、最もよく利用する機器
1.スマートフォン 75%、昨年48%
2.ノートPC 7%、昨年13%
3.携帯PHS 6%、昨年25%
4.デスクトップPC 4%、昨年7%
5.タブレット、携帯ゲーム機、固定ゲーム機、各2%

★若者のネット利用はPCからスマホに移行

☆1日当たりの平均ネット利用時間
《スマホ》
・平日 1時間以上2時間未満 29.1%、最多
3時間以上計 34.1%
・休日 2時間以上3時間未満 23.2%、最多
3時間以上計 50.3%
※6時間以上 15.7%

☆インターネット・リテラシーテスト正答率
・PCをよく利用する青少年 73%
・スマホをよく利用する青少年 68%
・スマホのみ所有の青少年 64%

※出題はネットのコミュニケーション能力、
 違法・有害コンテンツへの対処、
 プライバシー保護やセキュリティ対策等

☆交流サイトに関する調査
・一度も会ったことがない、ネット上だけの友人がいる 半数弱

★PCはビジネス専門になりそう。

好きなスポーツ

アサヒビール・ハピ研の
 「最近、スポーツしていますか」によると
 ・全国20歳以上男女1195人
 ・インターネット調査、2014年10月1~7日

☆好きなスポーツ観戦(複数回答)、スポーツ観戦が好きな男性496人
1.プロ野球 72.2%
2.サッカー男子 50.2%
3.マラソン・駅伝 30.0%
4.メジャーリーグ 29.0%
5.大相撲 25.8%

6.サッカー女子 21.6%
7.海外サッカー 21.4%
8.ボクシング 20.0%
9.ゴルフ 19.8%
10.バレーボール 19.0%
10.F1などカーレース 19.0%
10.プロレス・格闘技 19.0%

☆好きなスポーツ観戦(複数回答)、スポーツ観戦が好きな女性429人
1.プロ野球 51.3%
2.サッカー男子 45.7%
3.スケート 42.9%
4.バレーボール 35.4%
5.テニス 29.1%

6.水泳 28.2%
7.マラソン・駅伝 27.7%
8.サッカー女子 21.9%
9.体操 21.0%
10.大相撲 13.5%

☆運動をしない理由(複数回答)、運動をほとんどしない519人
1.忙しく運動する時間がない 37.6%
2.意志が弱く、長続きしない 37.4%
3.疲れるだけで楽しいと感じない 24.7%
4.運動音痴のためスポーツできない 19.3%
5.日々動いており、する必要を感じない 13.3%

☆現在、行っているスポーツ・運動(複数回答)、運動している574人
1.ウォーキング・散歩 68.8%
2.筋肉トレーニング(自宅・スポーツジムでの腕立て、腹筋など)26.1%
3.サイクリング(自転車) 18.5%
4.ジョギング・マラソン 13.8%
5.体操(ラジオ体操ほか) 9.8%
6.ヨガ・ピラティス 8.0%
7.ゴルフ 7.7%
8.登山・トレッキング 7.5%
8.水泳 7.5%
10.ジョギングマシーン(スポーツジム)5.7%

★軽いウォーキング・散歩を除くと、スポーツしてるのは少数派。

プロスポーツクラブのブランド価値

米フォーブス誌の
 「世界で最も価値のあるスポーツブランド2014」によると
 ・野球、サッカーなど世界のプロスポーツクラブ、
  スポーツメーカー、イベントなど、4カテゴリーのトップ10を選出

☆2014年、プロスポーツクラブのブランドバリュー
1.ニューヨーク・ヤンキース 5億2100万ドル(562億円)、17%増
2.レアル・マドリード 4億8400万ドル(522億円)
3.バルセロナ 4億3800万ドル(473億円)
4.NFLダラス・カウボーイズ 4億0400万ドル(475億円)
5.マンチェスター・ユナイテッド 3億9900万ドル(430億円)

6.NFLニューイングランド・ペイトリオッツ 3億5100万ドル(379億円)
7.バイエルン・ミュンヘン 2億8700万ドル(309億円)
8.ロサンゼルス・ドジャース 2億7900万ドル(301億円)
9.ボストン・レッドソックス 2億6000万ドル(280億円)
10.NBAロサンゼルス・レイカーズ 2億5400万ドル(274億円)

※トップ10はサッカー4、野球3、アメフト2、バスケ1クラブ。

★ヤンキースは来年、マー君がジーター人気をカバー出来るか?

 サッカーは90年代、セリエAが世界最高峰だったけどなあ。

働きたい都市・国

ボストン・コンサルティング・グループとトータルジョブズ・ドット・コムの
 「働きたい都市・国」によると
 ・世界189カ国20万人以上の就業者・失業者・自営業者・学生対象

☆働きたい都市
1.ロンドン 16%
2.ニューヨーク
3.パリ
4.シドニー
5.マドリード
6.バルセロナ
7.ベルリン
8.トロント
9.シンガポール
10.ローマ

※ロンドンとニューヨークでは外国生まれが
 各300万人以上働いている。

 トップ40都市に米国は7都市入ったが、
 英国はロンドンのみ。


☆働きたい国
1.米国 42%
2.英国 37%
3.カナダ 35%
4.ドイツ
5.オーストラリア
6.フランス

☆海外で働く意志(求職者)
・ある 64%、英国44%

※エンジニアなど技術職が高率。

★日本は安全清潔なのだが、働くには日本語がの壁が。

米、正社員による報酬と福利厚生での会社満足度

米Glassdoorの
 「米国正社員による報酬と福利厚生での会社満足度、
  Top 25 Companies for Compensation & Benefits」によると
 ・米国の社員が過去12ヵ月にGlassdoor上で共有したフィードバックを集計

☆米国正社員による報酬と福利厚生での会社満足度
1.Google 5点満点中4.4点
  ・この企業を友人に勧める93%
  ・CEOへの支持96%%
  ・平均年収、ソフトウェア開発者12万5390ドル、同シニア15万9076ドル。
    プロダクトマネージャー14万6361ドル、マーケティングマネージャー12万5318ドル。
  ・食事(3食給付)、女性男性両方対象産休など、福利厚生が高評価。

2.Costoco Wholesale 4.4点
3.Facebook 4.3点
  平均報酬はソフトウェア開発者12万2833ドル、シニアレベル15万4713ドル。
  施設内ヘルスケアなどが高評価。
4.Adobe 4.2点
5.Epic Systems 4.2点

6.Intuit 4.2点
7.USAA 4.2点
8.Chevron 4.1点
9.Salesforce.com 4.1点
10.Monsanto Company 4.1点

18.Microsoft 4.0点
23.Procter & Gamblet 4.0点
24.Union Pacific 3.9点
25.eBay 3.9点

※Twitter、Apple、Amazonは上位25位に入っていない。

★上位にIT企業が並ぶのは、高粗利益のゆえか。

空き家率

総務省統計局の
 「2013年時点における住宅・土地統計調査・速報集計」によると
 ・5年毎調査
 ・21万単位区・計350万住宅世帯対象、調査員が調査票配布・後日回収

☆全国住宅数(2013年10月1日時点)
・6063万1000戸、5年で5.3%・304.5万戸増

☆空き家
・819万6000戸、5年で8.3%・62.8万戸増

☆総住宅数に占める割合(空き家率)
・13.5%、今調査開始以来最高、5年前13.1%

 3大都市圏12.3%、それ以外14.9%

※今件の「空き家」は、居住世帯が無い住宅のうち、
 建築中や一時現在者のみの住宅を除いたもので、
 賃貸用・売却用・二次的住宅・その他が含まれる。

 空き家のうち、56.2%が第三者が居住可能な住宅

 別荘等の二次的住宅数は41万戸で、これを除く空き家率は12.8%

☆都道府県別の二次的住宅を除く空き家率
1.山梨 17.2%、全空き家率も最多の22.0%
2.愛媛 16.9%
3.高知 16.8%
4.徳島 16.6%
5.香川 16.6%

平均 12.8%

43.埼玉 10.6%
44.神奈川 10.6%
45.山形 10.1%
46.沖縄 9.8%
47.宮城  9.1%、全空き家率も最少の9.4%

★第三者が居住可能な住宅、461万戸。1千万人は住める。
 被災地の仮設住宅住まいは続いているが、難しいか。

2013年度・申告法人状況、黒字29.1%

国税庁の
 「2013年度・申告法人の状況」によると

☆法人税申告件数
・227万1千件

☆申告所得金額の総額
・53兆2780億円、17.9%増、4年連続増

☆申告税額の総額
・10兆9403億円、9.3%増、4年連続増

☆黒字法人割合
・29.1%、1.7ポイント増

☆大企業などに多い連結法人
・1425法人が申告
・黒字割合、57.5%、7.5ポイント増、過去最高

★アベノミクスで大企業好調。

都道府県の魅力度、市区町村の魅力度

ブランド総合研究所の
 「地域ブランド調査2014」によると
 ・7月1~22日、インターネット調査
 ・20~60代の3万1433人回答(回答者1人が20地域について回答)
 ・47都道府県と全国1000市区町村(全790市,東京23区,187町村)

☆都道府県の魅力度
1.北海道 62.7点
2.京都 50.1
3.沖縄 43.0
4.東京 41.5
5.神奈川 30.6
6.奈良 29.3
7.福岡 26.4
8.大阪 26.3
9.長野 25.6
10.長崎 23.0

※9位まで前年と変わらず

43.佐賀 9.1
44.徳島 9.1
45.福井 8.9
46.群馬 8.8
47.茨城 6.5

★茨城といえば、納豆に水戸黄門。地味か。

☆市区町村の魅力度
1.函館 51.3点、昨年2位
2.札幌 49.1、昨年1位
3.京都 48.0
4.小樽 45.2
5.横浜 43.4
6.富良野 42.0
7.神戸 40.9
8.鎌倉 37.0
9.金沢 36.5
10.屋久島 34.7

※上位は有名観光地

11.石垣
12.別府
13.日光
14.那覇
15.軽井沢

※製糸場の富岡市が746位から196位へ上昇

★来年は出雲が上昇か。

野生脊椎動物の個体数減少

世界自然保護基金WWFの
 「世界に生息する野生の脊椎動物の個体数の減少」によると
 ・1970~2010年の40年間

☆野生脊椎動物の40年間の生息数減少
合計 52%減
・淡水域 76%減
・海域 39%減
・陸域     39%減

※2年前の報告書で70~08年に28%減少したとしていた。

※地域別では中南米地域の減少が顕著、アジア太平洋地域が続いた。

★脊椎動物は哺乳類・鳥・両生類・爬虫類・魚等。
 無脊椎は昆虫・貝・カニ・イカ・線虫等。

公立病院の2013年度・運営状況

総務省の
 「公立病院の2013年度・運営状況調査」によると
 ・地方自治体や地方独立行政法人運営の公立892病院

☆2013年度に経常収支が黒字
・46%、414病院、08年度は30%

※原因は、医師不足に伴う人件費高騰、
 救急や小児医療等、不採算部門維持義務

★医薬品業界と美容整形が儲け過ぎなので、
 収益のバランスを法律で。

胸キュン、壁ドン

カルチュア・コンビニエンス・クラブの
 「恋愛に関するアンケート調査」によると
 ・Tカードを利用している20~30代男女400名
 ・9月12~16日、インターネット調査

☆(女性に)男性のどのような行動やシチュエーションに"胸キュン"しますか
1.後ろからギュッとされる 54.1%
2.危ない時にさっと手を引いてくれる 49.8%
3.頭をポンポンされる 49.3%

※30代女性は、手をつながれたが2位の45.4%
 20代女性は、近くに寄ったときいいにおいがした40.4%も多かった

☆(男性に)女性のどのような行動やシチュエーションに"胸キュン"しますか
1.笑顔 41.0%、20代は50.0%
2.目が合うと笑ってくれる 33.3%、30代は36.4%で1位
3.近くに寄ったときにいいにおいがした 26.7%

☆(女性に)男性に"胸キュン"させるためにとったことのある行動は
1.笑顔 42.0%
2.目が合った時に笑う 32.7%
3.服の裾を少しひっぱる 29.8%

※30代女性は男性のために意識的に行動を起こすことが少ない

☆(男性に)女性に"胸キュン"させるためにとったことのある行動
1.笑顔 29.2%
2.頭をポンポンする 26.7%
3.手をつなぐ 22.6%

※男性は胸キュン行動を意識的に取る人が少ないが、
 30代男性は、ドアをおさえるや高いところのものを取るなど、
 紳士的な行動を取っている

☆「壁ドン」をしたこと、されたこと
・ある 16.5%

☆(壁ドン経験者に)壁ドン相手とのその後の関係は
・短期間付き合った、長期間付き合ったが、合計3割
・何もなかったも3割

★壁ドンはなあ。TVCM程簡単じゃない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。