FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

12年のエネルギー源、発電の構成比

21世紀のための自然エネルギー政策ネットワーク(REN21)の
「Renewables 2014」によると
 ・本部パリ

☆2012年の世界最終エネルギー消費
・化石燃料 78.4%
・原子力発電 2.6%

・伝統バイオ(薪炭) 9.0%
・水力発電 3.8%
・風力・太陽光・バイオ・地熱の発電 1.2%
・バイオ・地熱・太陽光の発熱 4.2%
・バイオ燃料 0.8%

★薪や炭がこんなにたくさん

☆2012年の世界発電の構成比
・化石燃料、原子力 77.9%
・水力 16.4%
・風力、太陽光 3.6%
・その他 2.2%

※再生可能エネルギーは、計22.1%。水力除くとまだ少量。

☆再生可能エネルギー設備容量(発電量ではない)
1.水力 1000GW、40GW増
2.風力 318GW、35GW増
3.太陽光 139GW、39GW増
4.バイオ 88GW、5GW増
5.地熱 12GW、0.5GW増
6.太陽光集約 3.4GW、0.9GW増

※バイオ発電量 405TWh、55TWh増

・太陽光発熱 326GWm、44GWm増

・エタノール製造 87.2billionlitres、4.6billionlitres増
・バイオディーゼル製造 26.3billionlitres、2.7billionlitres増

☆水力発電設備容量
1.中国 260GW、28.7増
2.ブラジル 86GW、1.5増
3.米国 78GW、0.2増
4.カナダ 76GW、0.6増
5.ロシア 47GW、0.7増
6.インド 44GW、0.8増

☆太陽光発電設備・13年末(発電量ではない)
1.ドイツ 35.9GW、3.3増
2.中国 19.9GW、11.8増
3.イタリー 17.6GW、1.5増
4.日本 13.6GW、6.9増
5.米国 12.1GW、4.8増

6.スペイン 5.6GW、0.2増
7.フランス 4.6GW、0.6増
8.英国 3.3GW、1.5増
9.オーストラリア 3.3GW、0.8増
10.ベルギー 3.0GW、0.2増

※太陽光発電が急増、過去5年間は年50%以上増加。
 設備価格も大幅に下がった。

 他に集光型太陽熱発電の3.5GW(うちスペイン2.3GW)がある。


☆風力発電設備・13年末時点(発電量ではない)
1.中国 91.4GW、16.1増
2.米国 61.1GW、1.1増
3.ドイツ 34.7GW、3.0増
4.スペイン 23.0GW、0.2増
5.インド 20.2GW、1.7増

6.英国 10.5GW、1.9増
7.イタリー 8.6GW、0.4増
8.フランス 8.3GW、0.6増
9.カナダ 7.8GW、1.6増
10.デンマーク 4.8GW、0.6増

☆バイオ発電設備
・米国 15.8GW
・中国 6.2GW
・ドイツ 8.1GW
・イタリー 4.0GW
・インド 4.4GW

☆バイオ燃料生産
世界     116.6bl、7.7増
1.米国 55.4bl、1.2増
2.ブラジル 28.4bl、4.1増
3.ドイツ 3.9bl、0.2増
4.フランス 3.0bl、0.1増
5.アルゼンチン 2.7bl、0.3減


☆電力供給、人口カバー率(2011年)
・世界 77.0%

・アフリカ 43.0%
・ 同・サブサハラ 31.8%
・中東 91.0%
・中南米 95.0%
・北米 99.0%
・アジア発展途上国 83.0%

★まだ、12.6億人が電気無し生活。

☆伝統バイオ(薪炭)で調理している人の比率(2011年)
・世界 38.1%、26.4億人

・アフリカ 67%、7.0億人
・インド 66%、8.2億人
・中国 33%、4.5億人
・バングラディシュ 88%、1.4億人
・インドネシア 42%、1.0億人
・パキスタン 63%、1.1億人

★毎日キャンプのような生活。

 化石燃料発電設備の省エネ化、高効率化が求められる。

日本の人口、1月1日時点住民基本台帳から

総務省の
 「1月1日時点住民基本台帳の人口」によると

☆日本人の人口
・1億2643万4964人、24万3684人減、5年連続減。

※9割近い町村で人口が減り、東京都は0.53%増、

☆13年の死亡、出生、自然減
・死亡 126万7838人、過去最多
・出生 103万0388人、955人増
・自然減 23万7450人、7年連続減、過去最多

☆年齢層別人口割合
・65歳以上 24.98%、過去最多
・15~64歳(生産年齢人口) 61.98%
・14歳以下 13.04%

☆東京名古屋関西の3大都市圏の日本人割合
・50.93%、過去最高
 名古屋圏と関西圏は微減、東京圏(首都圏)が0.24%増の3500万人超

☆人口減少率が高い自治体
・都道府県 秋田1.23%減、青森1.02%減、山形0.96%減。
  秋田は0~14歳人口10.79%が全国最少。65歳以上人口割合31.15%は全国最多。
・市 北海道夕張市4.02%減
・町村 宮城県女川町6.64%減、奈良県野迫川村6.26%減。

☆世帯当たり人員数
・最多 福井2.84人、山形2.83人。

☆3カ月を超えて日本に滞在する外国人を合わせた総人口
・1億2843万8348人

※調査期日を年度末移動の影響を避けるため3月末から1月に変更、
 増減は昨年1月対比

★まだ微減だが。

日銀、生活意識に関するアンケート調査

日本銀行の
 「生活意識に関するアンケート調査」
 ・6月調査、3か月ごと実施
 ・5月9日~6月5日、質問票によるアンケート郵送調査法
 ・層化二段無作為抽出の全国20歳以上4000人、有効回答2275人

☆1年前と比べた景気
「景気がよくなった」から「悪くなった」を引いた指数
・-10.0
  3か月前-6.4から3.6ポイント悪化
  1年前 -4.8から5.2ポイント悪化

☆1年後の景気
・-15.3
  3か月前-16.5から1.2ポイント良化
  1年前 7.5から 21.8ポイント悪化

☆1年後の物価(消費税引き上げの影響を除いたベース)
・上がる 80.6%

☆現在の物価が1年前と比べ
・上がった 71.3%、2.0ポイント上昇

☆物価上昇率の平均
・4.1%

☆現在の暮らし向き
・ゆとりがなくなってきた 43.7%、3月38.1%
・どちらといえない  52.3%、3月57.1%
・ゆとりが出てきた   3.9%、3月 4.6%

☆現在の収入、1年前と比べて
・減った 39.2%、3月38.4%
・変わらない 51.4%、3月52.8%
・増えた 9.2%、3月 8.6%

☆1年後の収入
・減る 35.8%、3月38.0%
・変わらない 55.5%、3月53.1%
・増える 8.3%、3月 8.6%

★公務員、議員、大企業社員は増収。

 15年10月に消費税10%

新入社員・働くことの意識調査

日本生産性本部と日本経済青年協議会の
 「新入社員対象・働くことの意識調査」によると
 ・昭和44年度より毎年実施、46回目
 ・3月10日~4月25日、新社会人研修村
 (国立オリンピック記念青少年総合センター)参加企業新入社員の
  47社2203人

☆人並み以上に働きたいか
・人並みに働けば十分 52.5%、3.44ポイント増
  これまでの最高の91年、92年に並んだ
・人並み以上に働きたい 40.1%、2.6ポイント減

☆残業についてどう思うか
・手当がもらえるからやってもよい 69.4%、6.4ポイント増、過去最高
・手当に関わらず仕事だからやる  24%、5ポイント減

☆どのポストまで昇進したいか
・社長 14%
・重役 17%
・部長 15%

・課長 6%
・係長 2%
・主任・班長 10%

・専門職 9.9%、過去最低

・役職に付きたくない 4%
・どうでも良い 13%

☆この会社でずっと働きたいか
・定年まで勤めたい 28.8%、過去最高、昨年30.8%、一昨年度34.3%
・状況次第で変わる 34.5%

☆デートか残業か
・残業 81.3%
・デート 18.3%、昨年15.7%

☆第一志望の会社
・入れた 55.0%、年52.0%、一昨年60.9%

☆会社を選ぶとき、もっとも重視した要因
1.自分の能力、個性が活かせる 31.4%
2.仕事がおもしろい 21.5%
3.福利厚生が充実 10.2%
4.技術が覚えられる 8.9%

★将来が不確かなのがわかっているような。

13年度の税収、消費税・所得税・法人税

財務省の
 「2013年度の一般会計決算概要」によると

☆税収
・46兆9529億円、12年度比3兆0215億円増、4年連続増
 新規国債発行額を3.5兆円上回った。

☆消費税
・10兆8300億円、見通しを1800億円上回り、過去最大。

☆所得税
・15兆5300億円、見通しより7500億円増

☆法人税
・10兆4900億円、見通しより4300億円増

★消費税率を上げなくても足りた
 財務省のいつもの手口

女性の育児休業取得率

厚労省の
 「2013年度・雇用均等基本調査(速報版)」によると、

☆女性の育児休業取得率
・76.3%、7.3ポイント減、2年連続低下

※従業員30人以上企業 91.1%、微増だったが、
  同 30人未満企業 58.6%、14.8ポイント減

☆男性の育休取得率
・2.03%、0.14ポイント増、過去2番目の高水準

※政府の成長戦略目標、20年に13%と大差

★少子化対策が不足

役員報酬1億円以上を受け取った役員

東京商工リサーチの
 「役員報酬1億円以上を受け取った役員」によると、
 ・今年3月期決算

☆6月27日11時現在、有価証券報告書で個別開示された企業数、人数
・個別開示した企業 150社、273人
・人数が多かったのは、三菱電機18人、三井物産8人、
 野村ホールディングスとトヨタ自動車が各7人
 大和証券グループ本社6人、日産自動車5人。

☆報酬額上位
1.キョウデン・橋本浩最高顧問 12億9200万円(退職金12億6800万円)
  長崎屋・SHOP99・昭和KDE・大江戸温泉物語等
2.カシオ計算機・樫尾和雄氏 12億3300万円(退11億3800万円)
3.カシオ計算機・樫尾幸雄 10億8300万円(退9億9200万円)
4.武田薬品・フランクモリッヒ取締役 10億1600万円(退2600万円)
5.日産・ゴーン社長 9億9500万円、700万円増

6.ミスミグループ・三枝匡取締役 9億円(退5億5200万円)
7.フジッコ・山岸八郎取締役 8億4700万円(退8億3200万円)
8.武田薬品・山田忠孝取締役 8億3800万円(退3000万円)
9.ユニバーサルエンターテイメント・岡田和生取締役 8億1000万円
10.日本調剤・三津原博取締役 6億7700万円(退5800万円)

★退職金を除くと、ゴーンさんとパチンコの岡田さんが上位。

中学校教員の国際調査

経済協力開発機構OECDの
 「中学校教員の国際調査」によると
 ・2013年実施、国際教員指導環境調査TALIS、
  先進34カ国・地域が参加。日本は初参加で、
  全国から抽出した国公私立中192校の教員3484人と校長が回答

☆中学校教員の週勤務時間
・53.9時間、最長、34か国地域平均38.3時間の1.4倍

☆その内訳
・授業 17.7時間、平均19.3時間の92%
・部活など課外指導 7.7時間、平均2.1時間の3.7倍
・一般事務 5.5時間、平均2.9時間の1.9倍

★文部省が書類を減らし、部活の監督顧問はOB高齢者に。

売春や麻薬取引の経済規模

EUで、GDP(国内総生産)に加えることになった
 「売春や麻薬取引の経済規模」によると
 ・一部合法の売春を統計に加えているオランダなどとの不公平をなくす
 ・今年9月から均一化

☆オランダの売春や麻薬取引の経済規模
・年25億ユーロ、GDPの0.4%
  パン消費量をやや下回り、チーズ消費額をやや上回る

☆英国、国家統計局ONSの推計
・GDPの0.7%
 売春が最大90億ドル(約9200億円)、違法麻薬74億ドル、
 その他の基準変更も実施すればGDPの規模が4~5%増えると推定
 売春婦6万人、大麻使用者220万人と見積もった

※フランスは違法な麻薬取引や売春は必ずしも双方の合意に基づいていない
 として、GDPの算出項目に含めないと表明。

☆EU統計局ユーロスタットによると、
・EU全体 2.4%
・4~5%、フィンランド、スウェーデン
・3~4%、英国、オランダ、オーストリア
・2~3%、独、仏、デンマーク、ベルギー
・1~2% イタリー、スペイン、ポルトガル、チェコ、他
・0~1%、ポーランド、ハンガリー、ルーマニア、他

☆ドイツ、労働の未来研究所IZAによる地下経済規模推計、GDP比
・OECD加盟39カ国 2010年で平均18.3%

・トルコ 29%
・韓国 25%
・ハンガリー 23%

・日本 11%

★日本のヤクザは、覚せい剤だけでなく、脱法ハーブも。
 振り込め詐欺(おれおれ詐欺)は、ますます手口が進化中。

 悪どさでは、アングロサクソン多国籍企業や中韓も同程度か。

W杯出場32か国監督の推定年俸ランキング

英デーリー・メール紙の
 「ブラジルW杯出場32か国監督の推定年俸ランキング」によると
 ・ポンド表記を、1ポンド171円換算

☆ブラジルW杯出場32か国監督の推定年俸
1.ロシア、ファビオ・カペッロ67歳 11.4億円
2.イングランド、ロイ・ホジソン66歳 6.0億円
3.イタリア、チェザーレ・プランデッリ56歳 4.4億円
4.ブラジル、ルイスフェリペ・スコラリ 4.0億円
5.スイス、オットマー・ヒッツフェルト 3.8億円

6.ドイツ、ヨアヒム・レーウ 3.7億円
7.スペイン、ビセンテ・デルボスケ 3.5億円
8.オランダ、ルイス・ファンハール 2.8億円
9.日本、アルベルト・ザッケローニ61歳 2.8億円
10.米国、ユルゲン・クリスマン 2.6億円

30.クロアチア、ニコ・コバチ 2800万円
31.ガーナ、クウェシ・アッピア 2600万円
32.メキシコ、ミゲル・エレラ 2100万円

※32人の平均年俸 2.1億円

★日本の新監督アギレ、2.8億円報道

 ザッケローニも従来言われていた2億ではなく、2.8億。
 4年で11億円。上位進出なら問題無しだが...

 本田・香川・岡崎が絶不調。
 好調なら、決勝トーナメントに行けたかも。

 長友以外はレギュラー総とっかえですな。

 特にCBとGKはアンダー世代に変わらないと...
 CBに岩波拓也、西野貴治、植田直通
 GKは波多野豪?

 アーセナル宮市の足は、治るか
 バルセロナユースの久保は、このまま伸びるか

情報とプライバシー意識調査

米EMCの
 「EMC Privacy Index・情報とプライバシー意識調査」によると
 ・世界15カ国・地域、各千人、軽1.5万人調査
 ・昨年8月実施

☆オンライン利便性向上で、プライバシーが犠牲になっても良い
1.インド 48%、no40%
2.メキシコ 43%、no39%
3.ロシア 38%、no44%
4.日本 33%、no35%
5.中東 32%、no49%

平均 27%、no51%

10.米国 21%、no56%
11.英国 18%、no55%

12.カナダ 14%、no61%
13.豪/NZ 15%、no59%
14.フランス 15%、no63%
15.ドイツ 12%、no71%

★質問の仕方にもよるが、
 プライバシーが犠牲になっても良いは、信じられん。

☆テロリストや犯罪からの保護のため、
 プライバシーを犠牲にしても良い
・平均 54%

☆1年前より現在の方がプライバシーが低下している
1.ブラジル 71%
2.米国 70%
・平均 59%
・日本 50%

☆今後5年間でプライバシーは低下する
・平均 81%
・日本 90%

☆メールアカウントをハッキングされたことがある
・平均 25%

☆SNSやメール、スマホなどのパスワードを定期的に変更している
1.インド 59%
・平均 38%
15.日本 23%

☆スマホにパスワードをかけている
・平均 61%
14.ロシア 51%
15.日本 36%

☆SNSのプライバシー設定をカスタマイズしている
1.ブラジル 81%
・平均 67%
15.日本 50%

★日本はいまだに平和ボケ。
 世界は危険だらけで、ネットは国際社会。

PCソフトの不正コピー率

BSAの
 「グローバルソフトウェア調査2013」によると
 ・世界110以上の国と地域対象
 ・182種のデータと、
  IDCの2.2万人調査、IT管理者20カ国2020人調査から

☆世界のPCソフトの不正コピー率、不正ソフトウェア総額
・43%、2011年調査42%から増加
・627億ドル(6.6兆円)

☆国別の不正コピー率、上位国(6億ドル以上で)
1.ベネズエラ 88%、10.3億ドル
2.インドネシア 84%、14.6億ドル
3.ベトナム 81%、 6.2億ドル
4.中国 74%、87.7億ドル
5.タイ 71%、 8.7億ドル

※他にジンバブエ91%、グリジア・モルドバ90%、リビア89%、
 バングラディシュ・イエメン87%
 イラク・アリメニア・ベラルーシ・アゼルバイジャン86%、
 パキスタン・アルジェリア85%、等

※イタリー 47%、17.5億ドル
 フランス 36%、26.9億ドル
 ドイツ 24%、21.6億ドル
 英国 24%、20.2億ドル

 日本 19%、13.5億ドル(1400億円)
 米国 18%、97.4億ドル


☆国別の不正総額、上位国
1.米国 97.4億ドル、18%
2.中国 87.7億ドル、74%
3.インド 29.1億ドル、60%
4.ブラジル 28.5億ドル、50%
5.フランス 26.9億ドル、36%


☆地域別の不正コピー率、不正ソフトウェア総額
・アジア・太平洋 62%、210億ドル
・中央・東ヨーロッパ 61%、 53億ドル
・中南米 59%、 84億ドル
・中東・アフリカ 59%、 43億ドル
・西ヨーロッパ 29%、128億ドル
・北米 19%、109億ドル


☆正規ソフトウェアの使用を明文化した社内規程を整備している企業割合
・世界(IT管理者回答集計) 35%
・世界(一般従業員回答集計) 26%

・日本 37%

★経済先進国じゃないと、高価すぎて買えない。