最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

人気の新婚旅行先

アジアのホテル予約サイト、Agoda.comの
 「新婚旅行先の人気調査」によると
 ・20の都市、国、リゾート地からの選択式
 ・2014年1~2月オンライン調査、Agoda.comユーザー1.5万人超

☆新婚旅行先の人気
1.モルディブ    20.3%、日本人13.6%
2.ギリシャの島々  7.8%
3.パリ       7.6%
4.バリ島      7.1%
5.ハワイ      6.6%、日本人7.9%

6.イタリア     6.5%、日本人9.7%
7.カリブ海諸島   5.7%
8.タヒチ      5.6%、日本人7.4%
9.ニュージーランド 5.2%
10.イスタンブール  3.8%

※日本人3位はカンクン(メキシコ)8.5%

 ヨーロッパの人々は遠方の地を好み、89%がヨーロッパ圏外
 アジアの人々は近隣を好み、アジア圏以外は65%

 アジア人2位はパリ、ヨーロッパ人2位はバリ島、
 北アメリカ2位はギリシャ諸島

★モルディブはインド洋の環礁と島の国。々から成り、約200の島に40万人。
 海面上昇と珊瑚礁死滅で、国土消滅危機も。

米国で昨年、高額の寄付金を支払った資産家

米クロニクル・オブ・フィランソロフィーの
 「米国で昨年、高額の寄付金を支払った資産家」によると

☆米国で昨年、高額の寄付金を支払った資産家
1.マーク・ザッカーバーグ夫妻(フェイスブックCEO)9億9220万ドル
  フェイスブックの1800万株、1千億円相当をNPO助成の財団に寄付

2.ジョージ・ミッチェル、シェールガス採掘技術開発、昨年7月、94歳で死去
  環境保護事業の助成財団に7.5億ドル寄付

3.フィル・ナイト、ナイキ共同創業者
  がんの早期発見を目指す研究に5億ドル寄付

4.マイケル・ブルームバーグ、前ニューヨーク市長
  芸術や教育関連NPOなどに計4億5200万ドル寄付

5.ジョン&ローラ・アーノルド夫妻、崩壊したエンロンからうまく脱出
  独立後も天然ガスヘッジファンドで富豪になり、財団設立。
  2億9620万ドル寄付


※上位50人の合計、77億ドル、7850億円、4%増

 寄付先、1.大学、2.各種財団、3.医療機関、4.博物館

★寄付もスケールが大きい。

08~12年の市区町村別合計特殊出生率

厚労省の
 「08~12年の市区町村別合計特殊出生率」によると
 ・女性1人が生涯に産む子どもの推定人数

☆08~12年の市区町村別合計特殊出生率
・全国平均 1.38、前回(03~07年)より0.07アップ。
 7割の自治体で上昇。

《最高》
1.鹿児島県伊仙町 2.81(徳之島)
2.沖縄県久米島町 2.31
3.沖縄県宮古島市 2.27

※上位30位の多くが沖縄や鹿児島などの島
《最低》
1.京都市東山区 0.77
2.東京都豊島区 0.81
3.大阪府豊能町 0.82

※下位10位の半数が東京、下位30位も東京や大阪など大都市圏が多い。

★全国平均1.38は、急速な人口減に

報道の自由度ランキング・2014

国境なき記者団の
 「報道の自由度ランキング・2014」によると
 ・180の国・地域対象

☆報道の自由度ランキング・2014
1.フィンランド
2.オランダ
3.ノルウェー
4.ルクセンブルグ
5.アンドラ

6.リヒテンシュタイン
7.デンマーク
8.アイスランド
9.ニュージーランド
10.スウェーデン

14.ドイツ
15.スイス
18.カナダ
28.オーストラリア
33.英国
35.スペイン
39.フランス
46.米国、前年32位、国の情報収集活動
49.イタリー
50.台湾
57.韓国
59.日本、前年53位、原発事故と特定秘密保護法
61.香港

92.ブータン
96.イスラエル
140.インド
148.ロシア
150.シンガポール
154.トルコ

174.キューバ
175.中国
176.ソマリア
177.シリア
178.トルクメニスタン
179.北朝鮮
180.エリトリア

★日本59位とは失礼な。朝日毎日NHK等の暗躍か。

就学援助を受ける公立小中学生数、2012年度

文科省の
 「就学援助を受ける公立小中学生数、2012年度」によると
 ・学用品や学校給食などに公的補助

☆就学援助を受ける公立小中学生数、2012年度
・15.64%、過去最高

・生活保護世帯の「要保護児童生徒」       15万2947人、 1.54%
・それに準じて生活が苦しい「準要保護児童生徒」139万9076人、14.10%

※対象の子どもの割合が過去5年で増えたのは、
 東京、大阪を除く45道府県

★格差拡大。

 準要保護児童生徒の認定は各自治体の教育委員会

サッカー選手の年収

英ワールドサッカー誌の
 「サッカー選手の年収」によると

☆サッカー選手の年収
1.イブラヒモビッチ(パリサンジェルマン)、1460万ユーロ(20.4億円)
2.ロナルド(Rマドリード)        1440万ユーロ(20.2億円)
3.ファルカオ(パリサンジェルマン)    1410万ユーロ(19.7億円)
4.チアゴシウバ(パリサンジェルマン)   1210万ユーロ(17億円)
5.メッシ(バルセロナ)          1070万ユーロ(15億円)

★パリサンジェルマンが1位、3位、4位。

 パリサンジェルマンは11年にカタール投資庁の子会社が買収して後、
 毎シーズン、トップ選手複数を巨額の移籍金で獲得。

囲碁の棋士、賞金・対局料総額、2013年

日本棋院と関西棋院の
 「2013年、棋士の賞金・対局料総額」によると

☆2013年、囲碁の棋士、賞金・対局料総額
1.井山裕太、六冠 1億6461万円、史上最高、3年連続賞金王
2.張栩九段     3524万円
3.結城聡十段    3139万円
4.高尾紳路九段   3084万円
5.山下敬吾九段   3063万円

★さすがの六冠、賞金も独走。

将棋の棋士、獲得賞金・対局料、2013年

日本将棋連盟の
 「2013年・獲得賞金・対局料」によると

☆2013年・将棋の棋士、獲得賞金・対局料
1.渡辺明二冠    1億0255万円
2.羽生善治三冠    7281万円、昨年まで15年連続賞金王!
3.森内俊之竜王・名人  5503万円
4.郷田真隆九段    3453万円
5.丸山忠久九段    2912万円

※女流は里見、女王・女流王座・女流名人が3年連続1位(金額非公表)

★タイトル保持者のトップスリーが抜けています。

米、2013年人気犬種

米愛犬家団体アメリカンケンネルクラブの
 「2013年・人気犬種の上位10位」によると

☆米の人気犬種・2013年
1.ラブラドルレトリバー
2.ジャーマン・シェパード
3.ゴールデンレトリバー
4.Beagle
5.Bulldog

6.Yorkshire Terrier
7.Boxer
8.Poodle
9.Rottweiler
10.Dachshund

★アメリカでは大型犬が人気

二輪車国内販売台数、二輪車国内生産台数

日本自動車工業会の
 「2013年・二輪車国内販売台数」にると

☆2013年・二輪車国内販売台数
・46万台、4.1%増、2年ぶりプラス

・原付第一種(~50cc) 23.9万台、3.0%減
・原付第二種(~125cc) 10.1万台、11.8%増
・軽二輪車(~250cc)  5.5万台、22.4%増
・小型二輪車(250cc~) 6.5万台、7.5%増

★50cc未満は速度30kmhまで、
 125cc超は高速も走れ、
 250cc超は車検あり。


日本自動車工業会の
 「2013年・二輪車国内生産台数」によると

☆2013年・二輪車国内生産台数
・56万3169台、5.4%減、3年連続マイナス

・原付第一種(~50cc)  7万4800台、17.7%減
・原付第二種(~125cc)  2万7670台、30.1%減
・軽二輪車(~250cc)   8万8108台、4.2%減
・小型二輪車(250cc~) 37万2591台、0.1%減

☆同・メーカー別
1.ヤマハ  17万3918台、4.9%増
2.スズキ  17万3319台、16.0%増
3.ホンダ  14万1800台、29.8%減、前年首位
4.カワサキ 7万2651台、5.3%減

※ホンダの二輪車世界販売は、1679万台、8.7%増
  日中以外のアジア・大洋州  1296万台、10.7%増
  中国             135.1万台、5.0%増
  南米             165.7万台、0.2%増
  北米             27.8万台、5.5%増
  欧州・CIS・中近東・アフリカ  32.3万台、5.2%減

★バイクは南アジアで作り、南アジアで売る形に。

米自動車耐久品質調査(ブランド別)、11年型新車購入での不具合

米JDパワー・アンド・アソシエイツの
 「2014年版・米自動車耐久品質調査(ブランド別)」によると、
 ・11年型モデルを新車で購入したユーザー4.1万人以上対象
 ・最近1年間に不具合が起きた件数

☆100台当たりの不具合指摘件数
1.レクサス(トヨタ)  68件、3年連続首位
  カテゴリー別トップに、ES、GS、RX

2.メルセデス・ベンツ 104件
3.キャデラック(GM)107件
4.アキュラ(ホンダ) 109件
  カテギリー別トップに、RDX

5.ビュイック(GM) 112件

6.ホンダ       114件
  カテギリー別トップに
  フィット、エレメント、CR-V、クロスツアー

7.リンカーン(フォード)114件
8.トヨタ       114件
  カテゴリー別トップにカムリ、シェナ

9.ポルシェ      125件
10.インフィニティ(ニッサン) 128件

11.BMW       130件
12.スバル       131件

平均         133件

17.フォード      140件
18.ニッサン      142件
19.アウディ      151件

27.現代        169件
29.ランドローバー   179件
31.ミニ        185件

★依然としてレクサスだんとつで、日本車上位

米の自動車販売台数トップ20車種、2013年

オートデータの
 「米の自動車販売台数トップ20車種、2013年」によると

☆米の自動車販売台数トップ20車種、2013年
1.Ford F-Series P/U 763,402台 +18.3、37年連続トラック1位
2.Chevy Silverado-C/K P/U 480,414 +14.8
3.Toyota Camry 408,484 + 0.9、乗用車で12年連続首位。
   日本はハイブリッドのみ
4.Honda Accord 366,678 +15.3、日本はハイブリッドのみ
5.Ram P/U 355,673 +21.2

6.Honda Civic 336,180 + 5.7
7.Nissan Altima 320,723 + 5.9、日本は姉妹車ティアナ販売
8.Honda CR-V 303,904 + 7.9
9.Toyota Corolla 302,180 + 3.9
10.Ford Escape 295,993 +13.4

11.Ford Fusion 295,280 +22.4
12.Chevrolet Cruze 248,224 + 4.4
13.Hyundai Elantra 247,912 +22.7
14.Chevrolet Equinox 238,192 + 9.0
15.Ford Focus 234,570 - 4.6

16.Toyota Prius 234,228 - 1.0
17.Toyota RAV4 218,249 +27.0
18.Hyundai Sonata 203,648 -11.7
19.Chevrolet Malibu 200,594 - 4.9
20.GMC Sierra P/U 184,389 +17.3

★1,2,5位がトラック

☆2013年米国市場の累計販売台数
・1560万199台、7.6%増

・乗用車    778万0710台、4.9%増
・小型トラック 781万9489台、10.5%増

★トラック、日本車、独車で階層?