FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

12年末時点の医師数

厚労省の
 「12年末時点の医師数」によると

☆医師数・2012年末時点
・30万3268人、2.8%増、初の30万人超。

☆女性医師数
・5万9641人、全体の19.7%、1954年調査開始以来最高
 前回10年末調査から0.8ポイント増、人数6.7%増、
 男性医師の1.9%増より多い。

 医学部入学者に占める女性割合は90年代後半から3割超。

☆診療科別・医師数(病院や診療所で働く医師29万人)
・内科     21.2%、6万1177人、
・整形外科    7.1%、2万0480人
・小児科     5.7%、1万6340人
・外科      5.6%、1万6083人
・精神科     5.1%、1万4733人

・消化器内科   4.5%、1万3080人
・眼科      4.4%、1万2835人
・循環器内科   4.0%、1万1541人
・産婦人科    3.8%、1万0868人、微増!医師不足
・耳鼻咽喉科   3.1%、  9087人


☆人口10万人当たりの医師数(医療施設従事者)
・全国平均 226.5人、7.5人増

《大都市・特別区》
1.京都市  395.8人
2.熊本市  394.4人
3.岡山市  365.5人
4.福岡市  351.9人

5.東京区部 346.1人
6.大阪市  318.1人
7.北九州市 317.2人
8.仙台市  312.8人
9.札幌市  306.7人
10.神戸市  291.6人

《中核都市》
1.久留米市 542.6人
2.前橋市  414.0人
3.長崎市  402.7人
4.和歌山市 395.7人
5.盛岡市  389.8人

6.鹿児島市 367.4人
7.岐阜市  365.9人
8.金沢市  364.4人
9.秋田市  348.8人
10.旭川市  348.7人


《都道府県》
1.京都 296.7人
2.徳島 296.3人
3.東京 295.7人
4.高知 284.0人
5.福岡 283.0人

45.千葉 172.7人
46.茨木 167.0人
47.埼玉 148.2人

※医師数は今後も増える見通しだが、地域偏在は変わらず、
 自治体と協力し、解消を進めたいとした。

★小都市や町村などは極端に少ないが、
 厚労省が地域偏在解消に本気と思えない。

 救急を除き、収入に地域ハンデーを付ければ良いのに。


☆歯科医師数
・10万2551人、1.0%増、人口10万人当80.4人

☆薬剤師数
・28万0052人、1.3%増、人口10万人当219.6人
・女性が61.0%
・薬局に54.6%、病院診療所に18.8%、薬品企業勤務が16.1%

★薬剤師ってこんなに必要か。
 薬価が高いから、調剤薬局は儲け過ぎ。
 薬局勤務は楽で、そこそこ高給。

ブラック疑い企業の立ち入り調査

厚労省の
 「ブラック疑い企業の立ち入り調査」によると
 ・無料電話相談やハローワークなどで、過重労働の
  深刻で詳細な情報が寄せられた5111事業所対象

☆労働基準関係法令の違反
・82%、4189企業・事業所で違反

☆多い法令違反
1.違法な時間外労働 43.8%、2241事業所
  うち過労死認定基準の一つ、月100時間超が730事業所

2.賃金不払いの残業 23.9%
3.労働条件明示せず 19.4%

☆違反業種
1.製造業       1222事業所
2.小売・卸売など商業  821事業所
3.運輸交通業      491事業所

※違反企業に是正勧告し、改善が見られない場合は
 労働基準法違反容疑などで送検、社名を公表する。

★ワタミと渡邉美樹氏は、結局、どうなのでしょう。

グーグルの2013年・検索回数ランキング、世界、日本

グーグルの
 「2013年・検索回数ランキング」によると

☆2013年・検索回数ランキング
1.ネルソン・マンデラ元南ア大統領
2.米俳優ポール・ウォーカー、映画ワイルド・スピードシリーズ主演
 先月交通事故で死去
3.iPhone5S
4.カナダ人俳優コリー・モンテース、7月に薬物過剰摂取で死亡
  米人気ミュージカルドラマのグリー出演
5.ダンス動画のハーレム・シェイク(Harlem Shake)

6.ボストンマラソン
7.ロイヤルベイビー
8.サムスン・ギャラクシーS4
9.プレステ4
10.北朝鮮

★世界は事件の検索が多い。


☆日本のグーグル検索回数ランキング
1.Yahoo
2.Youtube
3.Facebook
4.楽天
5.Amazon

6.天気予報
7.パズドラ
8.Twitter
9.Gmail
10.ヤフオク

★日本は定番の検索が多い。

米TIME誌の2013・映画ベスト10&ワースト10

米TIME誌の
 「2013・映画ベスト10&ワースト10」によると

☆映画ベスト10
1.ゼロ・グラビティ
  アカデミー作品賞の最有力候補、サンドラ・ブロック
2.La Grande Bellezza(原題)
3.アメリカン・ハッスル
4.Her(原題)
5.グランド・マスター

6.ワイルド・スピード EURO MISSION
7.アナと雪の女王
8.殺人という行為(未)
9.12 Years a Slave(原題)
10.ホビット・竜に奪われた王国

☆映画ワースト10
1.Grown Ups 2(原題)
  アダルトボーイズ青春白書の続編
2.Salinger(原題)
3.The Host(原題)
4.アフター・アース
5.ゴースト・エージェント/R.I.P.D.

6.オンリー・ゴッド
7.グリフィン家のウエディングノート
8.悪の法則
9.オズ・はじまりの戦い
10.ハングオーバー!!! 最後の反省会

★ゼロ・グラビティは批評家の評価も高い

2013年・最も興行収入を稼いだ俳優

米フォーブスの
 「2013年・最も興行収入を稼いだ俳優」によると

☆最も興行収入を稼いだ俳優
1.ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロックという著名プロレスラー)
  2013年、ワイルド・スピードなど4本の映画に出演、
  世界興行収入合計13億ドル(1339億円)

2.ロバート・ダウニー・ジュニア、1200億円、
  今年最高興行収入の映画アイアンマン3の主演

3.スティーブ・カレル、964億円、怪盗グルーのミニオン危機一発、他
4.ヴィン・ディーゼル、887億円、ワイルドスピード
5.サンドラ・ブロック、862億円、ゼログラビティ

6.ポール・ウォーカー、789億円、ワイルドスピード
7.ビリー・クリスタル、743億円
8.ジョン・グッドマン、743億円
9.クリス・ヘムズワース、701億円
10.ジェニファー・ローレンス、700億円

★プロレスでスーパースターだったザ・ロック様
 映画界でもビッグな存在に。

日本国内の2013年映画興行収入ランキング

日本国内の
 「2013年映画興行収入ランキング」によると

☆日本国内の2013年映画興行収入ランキング
1.116.1億円、風立ちぬ
2. 89.5億円、モンスターズ・ユニバーシティ
3. 68.5億円、ONE PIECE FILM Z
4. 59.3億円、レ・ミゼラブル
5. 42.0億円、テッド
  命が宿ったテディベアのテッドと、大人になりきれない男との友情

6. 39.8億円、ドラえもん のび太のひみつ道具博物館
7. 36.3億円、名探偵コナン 絶海の探偵
9. 33.1億円、真夏の方程式
  福山雅治のガリレオシリーズ
8. 32.5億円、謎解きはディナーのあとで
  2011年本屋大賞1位の小説、櫻井翔&北川景子
10.31.7億円、ポケットモンスターベストウイッシュ
       神速のゲノセクトミュウツー覚醒

※11位に31.5億円の「そして父になる」

★アニメ充実だが、宮崎監督引退!

夫がキレる妻の一言

NTTドコモ・みんなの声の
 「夫がキレる妻の一言ランキング」によると
 ・2013年10月29日~11月11日、31710票

☆夫がキレる妻の一言
1.別の人と結婚すればよかった
2.もっと稼いできて
3.ホントに使えないんだから
4.あなたの親って非常識ね
5.男のくせに

6.仕事だけしてればよくていいよね
7.休日うちにいられるとジャマ
8.私疲れてるの
9.だから私が言った通りじゃない
10.あのコレクション捨てたから

★まあ、気持ちはそうでしょうけれど、

 男は表面だけでも立てておくと、
 たいていうまく行くのですが...