FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツは実践派か観戦派か。行っている運動・スポーツ

アサヒビール・ハピ研の
 「スポーツの秋、体を動かしていますか」によると
・全国20歳以上男女、有効回答数800人
  ・インターネット調査、2013年10月2日~8日

☆実践派、それとも観戦派
・実践が好き          13.6%
・観戦も実践も好き       21.0%
・観戦が好き          48.8%

・(運動を)ほとんどしていない 49.1%

☆運動をしない理由
1.忙しくて時間がない     35.5%
2.意志が弱く、長続きしない  30.7%
3.疲れ、楽しいと感じない   25.1%
4.運動音痴でスポーツできない 17.5%
5.汗をかく、暑いのが苦手   15.2%

☆現在、行っている運動・スポーツ(運動している377人、複数回答)
1.ウォーキング・散歩  64.7%(全体だと30.5%)
2.筋肉トレーニング   27.1%(同・12.8%)
3.サイクリング(自転車) 20.2%(同・9.5%)
4.ジョギング・マラソン 13.3%(同・6.3%)
5.体操(ラジオ体操ほか) 11.4%(同・5.4%)

6.登山・トレッキング  10.3%
7.水泳          9.8%
8.ゴルフ         8.5%
9.ヨガ・ピラティス    7.2%
10.ジョギングマシーン(スポーツジム) 6.4%

★ウォーキングか散歩をしているのが、全体の3割。

 健康維持にはウォ-キングやラジオ体操でOKだが、
 いわゆるスポーツは4人に1人位。どうなんでしょう。
スポンサーサイト

国際成人力調査、読解力、数的思考力、IT活用の問題解決能力

OECDの
 「国際成人力調査」によると
 ・先進24カ国・地域、16~65歳の無作為抽出された16.6万人参加
 ・11~12年に初実施
 ・知識の有無でなく、社会生活で求められる能力の習熟度
 ・ロシアはデータ未公開

☆総合
・日本が、3分野中の読解力と数的思考力でトップ、
 IT問題解決能力は10位だが、パソコン受験者平均はトップ。

 日本は成績上位と下位各5%の平均点の差が参加国最小で、
 下位割合が唯一、10%未満。

 フィンランドが全て2位


☆読解力
1.日本      296点
2.フィンランド  284
3.オランダ    280
4.オーストラリア 280
5.スウェーデン  279

※平均      273点

21.フランス    262
22.スペイン    252
23.イタリア    250

※読解力は1~5で評価され、日本のレベル1以下はわずか4.9%。
 レベル4と5の合計割合は、日本とフィンランドが5人に1人、
 スペインやイタリアは20人に1人未満。OECD平均15.5%。

 日本の25~34歳中卒者は、スペインやイタリアの同年代大卒者より、
 はるかに高い読解力を持っていた。

 読解力の高い人は低い人と比べ、賃金が60%高く、
 読解力の低い人ほど失業率が高く、レベル4~5の人が4%、レベル1以下は7%


☆数的思考力
1.日本     288点
2.フィンランド 282
3.ベルギー   280
4.ベルギー   280
5.オランダ   279

平均      269点

21.米国     253
22.イタリア   247
23.スペイン   246

※レベル1以下は、日本8.1%、フランス28%、イタリアとスペイン30%超。

☆IT活用の問題解決能力(パソコン受験者の平均点)
1.日本      294
2.フィンランド  289
3.オーストラリア 289
4.スウェーデン  288
5.ノルウェー   287

平均       283

17.米国      277
18.アイルランド  277
19.ポーランド   275

※4カ国はデータなし

※紙受験者含めたレベル3の者の割合(PC受験者のレベル2~3割合)
1.スウェーデン 8.8%(19国地域中、1位44%)
2.フィンランド 8.4%(2位42%)
3.日本     8.3%(10位35%)
4.オランダ   7.3%(3位42%)
5.カナダ    7.1%(7位37%)

18.韓国     3.6%(15位30%)
19.アイルランド 3.1%(18位25%)
20.スロバキア  2.9%(17位26%)

★日本がずば抜けていた。自信持ちましょう。
 素晴らしい日本、素晴らしい日本人。

耐震化対策済みの公共建築物の比率

会計検査院の
 「全国の公共建築物耐震化対策調査」によると
 ・岩手・宮城・福島を除く44都道府県
 ・15.6万棟を検査

☆耐震化対策済みの公共建築物の比率
・公立小中高校  84.3%
  3.0%は義務付けられた学校防災マニュアルを未作成
・医療施設    76.1%
・庁舎施設    68.8%
・警察施設    91.3%
・消防施設    60.0%
・1615市町村の避難所9万0262所、56.5%
  避難所運営マニュアル策定 37.2%の600市町村

※強度基準は震度6強に耐える。耐震化率の目標、9割

 文科省の今春調査では、福島の一部を除く全国公立小中学校の耐震化率88.9%。
 前年度より4.1ポイント向上。

★避難所や対策本部の予定建物は至急対策を

東日本大震災前に想定されていた津波の高さより低い堤防

会計検査院の
 「海岸堤防調査」によると
 ・16道府県、5500キロの海岸堤防(計画中含)対象

☆東日本大震災前に想定されていた津波の高さより低い堤防
・合計  1300km、総延長の24%
・北海道  363km
・石川   223km
・三重   194km
・新潟   171km

☆東日本大震災の際、水門が閉まらなかった茨城千葉の
 ゲート施設58カ所の原因調査
・整備不良                   18カ所
・県が市町村に閉鎖を委託していないなど連携不足 41カ所

★公共工事の利権になりそうだが、
 先に被災地復興推進と福島原発の処理を。

好きなママタレント

ミキハウスの
 「好きなママタレント」によると
 ・20~40代女性、有効回答1286人

☆好きなママタレント
1.小倉優子、29歳
  料理熱心、子育て法も文章も真っ当
2.北斗晶、46歳
  庶民派、仲良し家族
2.梨花、40歳
  プロデュースするMAISON DE REEFURが好調。おしゃれなブログ。
4.東尾理子
5.辻希美、藤本美貴

7.くわばたりえ
8.木下優樹菜
9.江角マキコ
10.松嶋尚美

※仲里依紗、西山茉希、スザンヌもこれから、ママタレントに。

★ゆうこりん、こりん星からワープし、立派な大人に

 バラエティ系タレントと違って、
 ママ感を出さない、安室奈美恵や黒木メイサ。

 安室奈美恵は口パクせず、MCはさまず歌って踊る!

電話や直接には話さないことを、メールやテキストに書くか

IPSOSの
 「電話や直接には話さないことを、メールやテキストに書くか」によると
 ・2013年8月6~20日
 ・25か国、16~64歳(米加のみ18~64歳)の1万8503人、

☆電話や直接には話さないことを、メールやテキストには書く
 Say Things in Text or Email
 They Would Not Say Voice-to-Voice or Person-to-Person

・平均      43%

1.中国      90%
2.韓国      80%
3.インドネシア  76%
4.インド     69%
5.サウジアラビア 67%

6.トルコ     58%
7.ブラジル    48%
8.日本      46%
9.南アフリカ   45%
10.アルゼンチン  42%

11.メキシコ    42%
12.ロシア     39%
13.カナダ     34%
14.オーストラリア 33%
15.フランス    33%
16.イギリス    32%
17.ポーランド   32%
18.ベルギー    31%
19.イタリア    31%
20.アメリカ    30%
21.ドイツ     25%
22.ハンガリー   24%
23.スペイン    24%
24.ノルウェー   22%
25.スウェーデン  22%

★アジア・中東・中南米と北米・欧州がはっきり分かれました。
 さて、

☆同・年代別、教育レベル別、収入別、性別
・35歳未満  54%
・35~49歳  41%
・50~64歳  26%

・高レベル教育卒  38%
・中レベル教育卒  50%
・低レベル教育卒  43%

・中低所得者   43%
・高所得者    46%

・女性    44%
・男性    42%

★年代差はあるが、学歴・所得・性別はあまり関連無しと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。