最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

世界保健統計2013、平均寿命、伝染病、飲水&トイレ設備




世界保健機関WHOの
 「世界保健統計、World Health Statistics 2013」によると

☆2011年の平均寿命
1.83歳、日本・サンマリノ・スイス。日本は20年以上首位を維持
4.82歳、仏・伊・豪・加・西など12カ国
16.81歳、独・韓など10カ国

190.50歳、ギニアビサウ・レソト・スワジランド・ソマリア
194.49歳、コンゴ民主共和国
195.47歳、シエラレオネ

※80歳以上が32カ国あり
  欧24、アジア3、中東2、米1.

※55歳以下が30カ国あり、全てアフリカ。

★欧州とアフリカの格差。
 日本は和食の野菜、海草、豆腐、魚なども貢献。

《世界》 11年70歳、90年64歳
《男性》  同 68歳  同 62歳
《女性》  同 72歳  同 67歳

★20年間で大幅に寿命が伸びた。
 
・リベリア   11年59歳 ← 90年40歳
・モルジブ     77歳  ←  58歳
・ルワンダ     60歳  ←  43歳
・マダガスカル   66歳  ←  52歳
・エチオピア    60歳  ←  46歳
・ニジェール    56歳  ←  40歳
・ネパール     68歳  ←  55歳
・ウガンダ     56歳  ←  43歳
・ブータン     67歳  ←  55歳



☆乳幼児死亡率、5歳までに死亡する確率、出生1000人に対する死亡数

・世界     11年 51人、00年 73人、90年 87人
・アフリカ     107人、  153人、  175人

・インド    11年 61人、00年 88人、90年148人
・中国        15人、   35人、   49人
・米国        8人、   9人、   11人
・日本        3人、   5人、   6人

・低所得国   11年 95人、00年133人、90年164人
・下位中所得国    62人、   88人、  110人
・上位中所得国    20人、  37人、   51人
・高所得国      6人、   8人、   12人

★改善されてきたアフリカだが、主に衛生問題で、
 5歳までに1割が死亡。平均寿命を低くしている。

 日本は以前から素晴らしく、
 TPPで、アメリカの医療&保険制度を導入する必要なんて、ゼロ



☆伝染病による死者数、2011年
1.マラリア 2382.6万人、うちアフリカ2016.8万人
2.結核    577.2万人
3.耳下腺炎  72.6万人、おたふくかぜ
4.コレラ   59.0万人
5.はしか   35.5万人


☆飲水設備のある人の割合
・世界     11年89%、00年83%、90年76%
・アフリカ     64%、  57%、  50%

・低所得国   11年67%、00年58%、90年53%
・下位中所得国   87%、  79%、  71%
・上位中所得国   93%、  85%、  76%
・高所得国     99%、  99%、  99%

☆トイレ設備がある人の割合
・世界     11年64%、00年56%、90年49%
・アフリカ     34%、  31%、  29%

・低所得国   11年47%、00年39%、90年30%
・下位中所得国   74%、  61%、  46%
・上位中所得国   89%、  83%、  76%
・高所得国     100%、  99%、  100%

★つまり、世界で7.7億人に水道が無く、25.2億人にトイレが無い。
 改善途中だが、まだ不衛生。

子育てと乳幼児に関する調査

パルシステム生協とネットエイジアの
 「子育てと乳幼児に関する調査」によると
 ・調査4月18~22日、インターネット
 ・小学生未満の子どもをもつ20~49歳の母親1000名

☆子育てを、自分自身や配偶者、その他(自分や配偶者の親や兄弟、
 ベビーシッターなど)が、それぞれどれくらい行なっているか
1.自分自身(母親) 77.6%
2.配偶者(父親)  14.4%
3.その他       3.1%

☆子育てで困ったり、心配になったりすること
1.しかり方       42.2%
2.子どもの生活リズム  33.9%
3.子どもの性格(おとなしいや乱暴など) 33.5%
4.子どものわがまま   32.2%
5.育児費用       29.8%

☆育児ストレスの解消に必要なこと
1.自分一人の時間    85.5%
2.夫の手伝い・サポート 69.8%
3.睡眠         64.5%
4.甘いもの       53.9%
5.美味しい料理     47.5%

6.買い物(ネット含まず)46.8%
7.夫の愛情       36.4%
8.ママ友        35.6%
9.TV/DVD      35.1%
10.お風呂        33.8%

※20代の母親は、カラオケ31.6%、ドライブ26.3%、
 SNSやブログ21.4%が、30~40代の母親よりも目立って高かった。

☆子どもに将来就いてほしい職業
《男の子》
1.公務員      30.8%
2.会社員      26.6%
3.薬剤師      19.0%
4.医師・歯科医師  16.0%
5.プロスポーツ選手 11.6%

《女の子》
1.公務員      19.8%
2.薬剤師      19.2%
3.会社員      18.2%
4.看護士      16.0%
5.保育士      11.2%

★親は安定志向。

糖尿病患者のがんリスク

日本糖尿病学会と日本癌学会の
 「糖尿病患者のがんリスク調査」によると

☆糖尿病の人のがんになるリスク、糖尿病でない人との比較
・がん全体 1.2倍

・肝臓がん 2.0倍
・膵臓がん 1.9倍
・大腸がん 1.4倍

※子宮内膜や膀胱がんのリスクも上昇傾向がみられた。
 乳がんや前立腺がんとの関連はみられなかった。

※糖尿病の推定患者数 900万人、予備軍含め2千万人超。
 高齢者増加や食生活の欧米化などで、年に数十万人増えている。

※糖尿病になると一部の臓器で、インスリンの働きが過剰になり、
 細胞の増殖が刺激される。また糖尿病は血糖値が高くなり、
 DNAがダメージを受けやすい。

※生活上の注意点
・健康的な食事(牛肉や豚肉を食べすぎず、野菜や果物を十分に)
・運動する
・禁煙、節酒
・体重のコントロール
・がん検診を受ける

★適度な運動で和食。

米、レストランの食事のカロリー

トロント大の「レストランの食事のカロリー等や調査」によると
 ・北米の着座形式レストランチェーン19店、朝・昼・夕の数百食

☆平均カロリー
・1128kcal、1日推奨量2000kcalの56%

☆塩分
・2269mg、1日摂取推奨量1500mgの151%

☆脂肪分
・1日の摂取推奨量の89%
・うち飽和脂肪 1日の摂取推奨量の83%

☆コレステロール
・1日の摂取推奨量の60%

★塩分が特に過多。薄味でうまいのは日本のごく一部位か。

☆ボストン周辺の独立系小型店や小規模チェーン、33店の食事のカロリー
 メキシコ料理、米国料理、中華料理、イタリア料理、日本料理、
 タイ料理、インド料理、ギリシャ料理、ベトナム料理のレストラン。

・全店平均カロリー 1327kcal
1.イタリア料理   1775kcal
2.米国料理     1494kcal
3.中華料理     1474kcal

8.日本料理     1027kcal
9.ベトナム料理    922kcal

★オリーブオイルは身体に良いのだけれど。

世界の主要ショッピングエリアの賃料、香港が首位

CBREグループの
「世界の主要ショッピングエリアの賃料ランキング、2013第1四半期」

☆年間平均賃料(1平方フィート当たり・USドル)
1.香港     4328ドル(1m2当3万6351ユーロ)
  1ドル100円換算だと、3.3m2(坪)当128万円/月

2.ニューヨーク 2970ドル
3.ロンドン   1053ドル
4.パリ     1050ドル
5.シドニー   1018ドル

6.東京      895ドル、3.3m2(坪)当26.5万円/月)
7.メルボルン   851ドル
8.チューリヒ   822ドル
9.ブリスベーン(豪) 739ドル
10.モスクワ   739ドル

★こんなに高い。
 詐欺的ビジネスじゃないと、家賃を払えなそう。

確定申告した人数、100億円以上は

国税庁の
 「2012年・申告所得税(所得の確定申告をした人)人員数」によると
 ・納税額と個人氏名の公表が行われなくなり、これが代わりとなる。

☆2012年・確定申告した人数
・2185.3万人、前年2315.0万人

・100億円超        4人(前年3人)
  東京2人、香川2人。秋元康氏?と

・50~100億円以下     13人(8人)
  東京4、愛知2、京都2、埼玉1、静岡1、兵庫1、香川1、山口1

・20~50億円以下     60人(45人)
・10~20億円以下     167人(143人)

・5~10億円以下     487人(426人)
・2~5億円以下     2709人(2477人)
・1~2億円以下     9310人(8741人)

・5千~1億円以下    3万9830人(前年3万8039人)
・3千~5千万円以下   8万9739人(8万8120)
・2千~3千万円以下  17万1864人(16万7947)
・1500~2千万円以下  22万7885人(22万3428)
・1200~1500万円以下 24万2575人(23万8910)
・1000~1200万円以下 27万3147人(27万107)

・500~1千万円以下  230.0万人
・300~500万円以下  316.9万人
・200~300万円以下  347.0万人
・100~200万円以下  566.2万人
・70~100万円以下   155.1万人
・70万円以下     464.3万人

☆申告所得1億円以上の人数
1.東京   16834人
2.神奈川   4820人
3.愛知    3991人
4.大阪    3510人
5.埼玉    2772人

6.兵庫    2432人
7.千葉    2220人
8.福岡    1517人

★脱税してる人はたくさんいるけれど。

勤労者の仕事と暮らしに関するアンケート

連合総研とインテージの
 「勤労者の仕事と暮らしに関するアンケート調査」によると
 ・4月1~6日、インターネット調査
 ・民間企業で働く首都圏と関西圏の20~64歳男女2千人

☆勤務先の業績は1年前と比べ
・かなり良くなった  2.4%
・やや良くなった  14.3% 良好小計16.7%
・変わらない    46.1%
・やや悪くなった  19.7%
・かなり悪くなった  8.8% 悪化小計28.5%
・わからない     8.9%

☆賃金が1年前と比べ
・かなり増えた    2.5%
・やや増えた    20.8% 増加小計23.3%
・変わらない    49.0%
・やや減った    16.4%
・かなり減った    9.9% 減少小計26.3%
・わからない     1.7%

☆1年後の自分の賃金
・増えると思う 18.9%
・変わらない  53.5%
・減ると思う  22.0%

☆失業の不安
・感じている  34.6%
・感じない   60.7%

☆過去1年間の世帯収支
・黒字   28.8%
・とんとん 33.6%
・赤字   30.4%
  40~60代前半、世帯年収400万円未満、非正社員の割合が高かった。

※勤労者自身は景気回復を実感できていない。
 失業不安も依然高い水準で、小企業勤務や非正社員に多いとした。

★株と円は上がり、
 輸出企業は利益増。輸入関連は厳しい。

 来春は消費税増がある。

米、2012年の命名ランキング

米社会保障庁の
 「2012年の命名ランキング」によると
 ・米は子どもが生まれると社会保障番号を取得する制度で、
  社会保障庁は両親が届け出た名前を毎年集計しランキング発表

☆2012年の米国命名ランキング
《男の子》
1.ジェイコブ、1999年以降連続首位
2.メイソン
3.イーサン
4.ノア
5.ウィリアム
6.リアム、初のトップ10入り
7.ジェイデン
8.マイケル
9.アレクサンダー
10.エイデン

《女の子》
1.ソフィア、連続首位
2.エマ
3.イザベラ
4.オリビア
5.エイバ
6.エミリー
7.アビゲイル
8.ミア
9.マディソン
10.エリザベス

※注目される名前
 女の子の「アリア」、10年942位、11年711位、12年413位
 米人気テレビ番組「ゲーム・オブ・スローンズ」の活発な少女

 男の子の「メイジャー」、12年483位
 テレビ番組「ホーム・バイ・ノボグラッツ」の登場人物
 かつ、米軍の階級で「少佐」を意味

★半分近くが聞きなれない名前。
 20年後にはそんな名前の有名人が増えるのかしらん。

お母さんにやさしい国ランキング、Mother's Index

セーブ・ザ・チルドレンの
 「お母さんにやさしい国ランキング、Mother's Index」によると
 ・176か国対象
 ・妊産婦死亡の生涯リスク、5歳未満児死亡率、公教育の在籍年数、
  国民1人当たりの所得、女性議員割合を総合的にポイント化。

☆お母さんにやさしい国ランキング、Mother's Index
1.フィンランド
2.スウェーデン
3.ノルウェー、
4.アイスランド
5.オランダ

6.デンマーク
7.スペイン
8.ベルギー
9.ドイツ
10.オーストラリア

16.フランス
23.英国
30.米国、妊産婦や子どもの死亡率が高く、女性議員が少ない。
31.日本、韓国
59.ロシア
68.中国
142.インド

167.コートジボワール
168.チャド
169.ナイジェリア
170.ガンビア
171.中央アフリカ

172.ニジェール
173.マリ
174.シエラレオネ
175.ソマリア
176.コンゴ民主共和国

※1位と最下位        コンゴ民主共和国 フィンランド
 子どもの5歳までの死亡率、   1000人中167人  2.9人
 妊娠または出産で命を落とす女性 30人に1人 1万2200人に1人
 生涯の教育期間          8.7年    16.9年

★上位が北欧中心のヨーロッパ。下位は貧しいサハリ以南アフリカばかり。

 格差を維持するアングロサクソン。

 評価項目の設定も難しい。

お母さんありがとう!と思うとき

gooの
 「お母さんありがとう!と思うとき」によると
 ・gooリサーチモニター、有効回答1101名
 ・調査2013年4月4~5日

☆お母さんありがとう!と思うときランキング
1.夜遅くに帰っても温かいご飯が用意されていたとき
2.看病してもらったとき
3.一人暮らしで自炊の大変さを知ったとき
4.帰省して自分の好物を作ってもらったとき
5.一人暮らしで食べ物が送られてきたとき

6.自分にも子どもができたとき
7.内緒で貯金してくれていたのを知ったとき
8.結婚したとき
9.「元気?」など、何気ない連絡をくれたとき
10.一人暮らしで掃除の大変さを知ったとき

★今週の日曜日が母の日。
 有名スイーツ、外食、花束、etc

父親の食生活、育食

農林中央金庫の
 「現代の父親の食生活、家族で育む食」によると
 ・首都圏在住、子供を持つ30~40代男性400人対象
 ・調査書記入方式

《お父さんと家族の食事》
☆料理を作る
・52.5%、7年前29.8%

☆子どものごはんやお弁当を作ったことがある
・38.0%、7年前28.0%

☆食事後の食器を運ぶ
・53.3%、7年前34.5%

☆食品の買い物をする
・70.8%、7年前53.5%

☆何もしない
・11.5%、7年前28.8%

★男子も食事作れるのが普通に。

☆家で食事の時に話していること
1.子どもの友だちのことや出来事 79.0%
2.家庭であったこと       71.3%
3.テレビ番組やタレントのこと  41.3%
4.仕事や職場のこと       39.5%

※子どもが小さいほど、家族内の話題が多く、
 大きくなると、テレビ番組やタレント、ニュース等一般的な話題と、
 子どもの勉強や受験のことが多くなる


《お父さんの食育》
☆食べ物や食事について子供に教えてきたこと
1.食べ物を粗末にしない       76.5%
2.好き嫌いをしない         73.5%、7年前600%
3.いただきます、ごちそうさまと言う 73.3%
4.食卓に肘をつかない        66.5%、 同 44.3%
5.口に食べ物を入れたまま話をしない 46.0%、 同 32.5%

☆食物や食事について、子どもに参加・実行させるようにしてきたこと
1.食事後の食器を運ぶ 67.8%、7年前58.3%
2.食卓の支度     49.0%
3.食事の準備     41.3%、 同 30.0%
4.食品の買い物    29.5%
5.食器を洗う     16.5%
※特にない      14.5%、 同 28.0%


《お父さんの食事事情》
☆朝ごはんを毎日家で食べる
・56.3%、7年前 49.3
・平均、週4.8 回

☆朝のメニュー
1.ごはん      66.9%、7年前55.7%
2.パン       65.4%、7年前69.3%、1位
3.卵料理      59.4%、7年前62.5%、2位
4.味噌汁      51.7%、7年前42.6%
5.コーヒー・紅茶  50.3%
6.ハム・ベーコン  45.4%
7.納豆       42.0%
8.牛乳・ヨーグルト 34.3%
9.魚        20.9%
10.果物       20.3%

☆お昼は
・家で弁当を作ってもらう     41.3%、7年前25.5%
・職場外の飲食店へ行く      42.3%
・弁当を買う           31.8%
・パン、おにぎり等ファストフード 29.0%
・社食を利用           27.5%

★弁当持参が大幅増

☆昼食の予算
・500~600 円未満 35.3%、最多
・平均 591円、7年前608円

☆夕ごはんを食べる相手(平日)
・一人 55.3%
・妻  54.8%
・子供 45.7%

★通勤時間と残業しだい。
 地方公務員は毎日5時半には家に帰れるが。

☆お父さんの夕ごはんのおかず
1.野菜などの炒め物  77.9%、7年前63.4%
2.サラダ       75.6%、 同 58.9%
3.味噌汁       71.6%  同 52.6%
4.シチュー・カレー  70.4%
5.焼き魚       68.6%
6.チキンなど揚げ物  62.8%
7.野菜・魚など煮物  59.0%
8.ギョウザ・シュウマイ 56.8%
9.なべ物       51.0%、 同 41.9%
※焼き肉・ステーキ  37.9%、7年前54.6%から大幅減

☆お父さんの好きな料理
1.カレー   110人
2.唐揚げ   67人
3.ギョウザ  66人
4.ハンバーグ 60人

☆お父さんの嫌いな食べ物
1.酢の物          20人
2.セロリ、トマト      15人
4.納豆           14人
5.しいたけ         13人
6.煮物、にんじん、ピーマン 10人

★好き嫌いがオコチャマ。小中男子とほぼ同じ!

☆お父さんがよく作る料理
1.カレー   67人、7年前16人3位
2.チャーハン 43人、 同 25人1位
3.パスタ   39人、 同 17人1位、
4.ラーメン  33人

★進化したが、お母さんとはまだ格段の差。

健康管理に関する意識・実態調査

GMOリサーチの
 「健康管理に関する意識・実態調査」によると
 ・自社モニター、20~60代の各年代男女、各100名、計1000名
 ・3月12~15日、インターネット調査

☆過去一年間の身体の不調(複数回答)
《女性》
1.肌が乾燥する  70.4%
2.肩や首筋がこる 48.6%
3.疲れやすい   36.0%
4.目の乾き、疲れ 33.0%
5.便秘      32.6%

《男性》
1.髪の毛が抜けやすい 36.4%
2.頭痛        32.8%
3.肩や首筋がこる   26.8%
4.花粉症       26.4%
5.疲れやすい     25.6%

★女性は肌、男性は頭髪が。

☆健康管理の意識
1.規則正しい食生活      31.3%
2.とくに何もしていない    29.8%
3.栄養バランスを考えた食生活 28.2%
4.糖分や塩分のとり過ぎに注意 28.1%

☆健康対策
1.とくに何もしていない  35.0%
2.野菜や果物の摂取    34.2%(女性43.2%)
3.サプリメント      24.4%(女性31.6%)
4.ジョギングなど運動   20.8%(男性26.0%)
5.化粧品やスキンケア商品 10.2%
6.健康食品        10.0%
7.食事制限         7.3%
8.ジムに通う        5.7%
9.マッサージ器       5.5%
10.医薬品         5.2%

★何もしなければ、年齢と共に衰えるが。