FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月・車名別新車販売台数

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会の
 「10月・車名別新車販売台数」によると、

☆10月・車名別新車販売台数
1.アクア   2万4192台
2.N BOX 1万8203台
3.プリウス  1万8116台、 61.1%、9月まで16か月連続でトップ
4.ワゴンR  1万5946台、150.6%
5.ミラ    1万3837台、 69.5%

6.タント   1万2101台、111.5%
7.ノート   1万0007台、282.9%
8.フィット    9318台、 41.7%
9.ムーヴ     7405台、 74.3%
10.アルト     6711台、 88.9%

★遂にアクアがトップ。プリウスより安く、燃費はほぼ同等。
 5ナンバーサイズで、駐車等便利。

 フィットが大幅減。来夏モデルチェンジ予定だが。
 日産はノート好調の影で、マーチが半減の1959台。

 インプレッサが3倍の5200台、あの86が3152台!

 軽はホンダ好調で、N-ONEも売れそう。


※レスポンス・E燃費による10月時点集計の実燃費は
 アクア        24.3km(JC08モード35.4km)
 ミライース      23.4km(30.0km)
 アルトエコ      23.1km(30.2km)
 プリウス       21.7km(32.6km)
 旧型ワゴン R     20.8km(23.5km)
 ムーヴカスタム X   20.9km(27.0km)
 フィットハイブリッド 20.3km(26.0km)
 ノート        19.5km(25.2km)
 タントエグゼ X    17.8km(25.okm)
 N BOXG        16.6km(22.2km)

 現在のE燃費で、他の高燃費車種は
 旧プリウス      22.58km
 ミラ         22.49km

★普通のミラがすごい。

スポンサーサイト

反日デモによる中国との関係悪化に関する影響

帝国データバンクの
 「反日デモによる中国との関係悪化に関する影響調査」によると
 ・2012年10月19~31日調査
 ・全国2万2879社対象、有効回答1万0534社

☆反日デモをきっかけとした中国との関係悪化による、現在の自社への影響
・悪影響   29.6%
・影響はない 45.2%
・好影響    0.6%

☆悪影響とした業種
・製造          38.9%(1183社)
  輸送用機械・器具製造 61.2% (60社)
  機械製造       51.8% (228社)
・運輸・倉庫       38.2% (154社)

☆中国に対する今後(2~3年程)の事業(直接事業を行っている1687社)
・現状の事業規模を維持  54.5%(920社)
・事業の縮小、撤退を検討 15.5%(262社)
※悪影響         55.5%(936社)

★ほとんどは賄賂で解決するが、リスク覚悟で。

残業手当の支払い調査

連合総研の
 「残業手当の支払い調査」によると
 ・インターネット調査
 ・首都圏と関西圏の20~64歳民間企業労働者2000人

☆残業手当の支払い(残業手当が出る人)
・全額支払われている   46.9%、前年から8.9ポイント低下
・2~4割が不払い      5.3%
・4~6割が不払い      5.5%
・全く支払われていない   6.3%
・不明          29.0%

☆残業時間を申告していない不払い残業が
・ある      35.3%
・1カ月平均時間  21.3時間

☆申告しなかった理由
・働いた時間通り申告しづらい雰囲気 36.3%
・残業代に限度がある        24.2%

★諸事情はありましょうが、違法です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。