FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

原発停止の電気料金値上げについて、ドイツ、フランス

原発停止の電気料金値上げについて、ドイツ、フランス

ドイツ公共テレビZDFの
 「電気料金値上げに関する世論調査」によると、
 ・10月26日公表

☆再生可能エネルギー普及促進で、電気料金の上乗せ賦課金が
 来年から47%引き上げられることについて、
・反対 77%
・賛成 21%

※標準世帯で、年に約70ユーロ(7200円)負担増とみられる


仏Tilder-LCI-0pinionWayの
 「原発停止による電気料金の値上がりについて」によると
 ・18歳以上フランス国民1007人対象
 ・9月12、13日実施

☆原発停止による電気料金の値上がりを受け入れるか
・受け入れない 78%
・受け入れる  21%
・無回答     1%

※11年3月福島事故直後の同じ調査では
 ・受け入れない72%、受け入れる27%

★生活費の長期値上がりは、どの国でもいや。
 国際価格が下がった液化ガスを、うまく組み込まないと。

民主党マニフェスト166項目の検証

民主党政策調査会の
 「09年衆院選の政権公約(マニフェスト)166項目の検証」によると
 ・166項目を、実現、一部実施、着手、未着手に4分類
 ・外交分野の17項目は数値化になじまないと、検証から外した。
   日米地位協定の改定、北東アジア地域の非核化など

☆政権公約(マニフェスト)166項目の検証
・実現 51項目
  高校授業料無償化、農業の戸別所得補償制度、国会議員の世襲禁止など

・一部実施 63項目
  月額2.6万円の子ども手当創設、高速道路無料化など

※子ども手当は満額支給が実現せず、名称も自公時代の児童手当に戻った

・着手 26項目
  実現のめどが立たない衆院比例80削減や最低保障年金の創設など

・未着手 26項目

★結局、増税を決めただけか?

議員、官僚、大企業、警察、教師、マスコミ等の信頼感調査

中央調査社の
「議員、官僚、大企業、警察、教師、マスコミ等の信頼感調査」によると
 ・全国20歳以上男女4000人対象、有効回収1272人
 ・層化三段無作為抽出法、調査員による個別面接聴取
 ・ほとんど信頼できない1点~たいへん信頼できる5点の段階評価
 ・2012年5月10~20日

☆国会議員、官僚、裁判官、マスコミ、銀行、大企業、医療機関、
 警察、自衛隊、教師の信頼感の平均評点
1.自衛隊   3.7(前回3.2)
2.医療機関  3.5
3.裁判官   3.3
4.銀行    3.2
5.教師    3.1
5.警察    3.1

7.マスコミ  2.6
8.官僚    2.2(信頼できない57%、前回53%)
9.国会議員  2.1(信頼できない63%、前回47%)

☆信頼されるよう努力してほしい機関・団体(3番目)
 「国民に信頼されるよう努力してほしい」機関・団体としては、
1.国会議員 86%(1番が69%)
2.官僚   55%(1番が9%)

★政治家のレベルダウンが甚しい。
 大量の世襲議員と利益誘導だけの後援会。

 霞ヶ関もあまりに露骨な自省利益優先。

 どうすれば良いのだ。古賀茂明氏、みんなの党...

新卒就職者の離職率

厚労省の
 「新規学卒就職者の在職期間別離職率」によると

☆卒業3年後の離職率(平成21年3月卒業者)
    就職者数  3年合計 1年目 2年目 3年目
・大学 42.9万人  28.8% 11.5%  8.5%  8.4%
・短大 14.9万人  39.3% 17.1% 11.4% 10.8%
・高校 17.5万人  35.7% 17.2% 10.1%  8.4%
・中学  1221人  64.2% 41.5% 13.3%  9.5%

☆就職1年目の離職率
     23年卒 22年卒 21年卒 20年卒 19年卒
・大学  14.3% 12.5% 11.5% 12.2% 13.0%
・短大  19.7% 18.0% 17.1% 18.0% 18.7%
・高校  20.8% 19.5% 17.2% 19.5% 21.6%

★3年で3~4割が離職。学生時とストレスの程度は大違い。
 諸状況は異なるが、転職先も厳しい。強く生きてね。

公共図書館の貸し出し状況

文部科学省の
 「社会教育調査(中間報告)、
  2010年度・全国公共図書館の貸し出し状況」によると
 ・一般の人が利用できる公共図書館3274施設
 ・調査は3年ごと、岩手・宮城・福島は調査対象外

☆図書館数
・3274施設、前回07年度から109増

☆本の貸出
・延べ貸し出し冊数  6億6360万冊、5.0%増、過去最高、
・国民1人あたり    5.4冊、前回4.9冊、過去最高、
・本を借りた延べ人数 1億8261万人、6.5%増、過去最高、

※高齢化で余暇を図書館で過ごす年配者が増えた。
 夜遅くまで開館する図書館が増えた
 1回当貸出冊数の上限緩和など。

☆児童用図書の貸し出し
・延べ貸出冊数 1億7354万冊(07年度1億3420万冊)
・小学生1人当  26.0冊(07年度18.8冊)
※集計方法変更で、単純比較できないが、74年度調査開始以来最多

★いつもながら、データまとめに時間かかりすぎ。

 小型タブレットと電子本の普及で、
 図書館と書店がどうなることやら。

レジャー白書・2013

生産性本部の
 「レジャー白書・2013」によると
 ・インターネット調査、2012年1月
 ・全国15~79歳男女3294人から推計

☆レジャーの体験人数
1.国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など) 5580万人
2.外食(日常的なもの除)        5370万人
3.ドライブ               5360万人、昨年まで2年連続1位
4.映画(TV除)            4160万人
5.音楽鑑賞               4110万人

6.ビデオ鑑賞(レンタル含)       3970万人
7.カラオケ               3910万人
8.宝くじ                3840万人、余暇kなあ?
9.動物園、植物園、水族館、博物館    3720万人
10.園芸、庭いじり            3380万人

11.TVゲーム(家庭で)         3340万人
12.トランプ、オセロ、カルタ、花札等   3090万人
13.音楽界、コンサート          2840万人
14.学習、調べもの            2720万人
15.体操(器具を使わないもの)      2710万人

16.バー、スナック、パブ、飲み屋     2640万人
17.ジョギング、マラソン         2590万人
19.帰省旅行               2380万人
20.ピクニック、ハイキング、野外散歩   2330万人

★年1回以上なので、判断が難しいが、


☆余暇関連産業市場
・市場規模64兆9410億円、4.5%減
  パチンコ・パチスロ(2.5%減の18兆8960億円)を除くと5.3%減
・スポーツ部門3.1%減
  アウトドでワンランク上への買い換えが進み、
  ランニグブーム継続、スポーツ自転車伸張、ゴルフ場さらに減、
・観光・行楽部門3.2%減
  大手の遊園地・テーマパーク堅調。水族館・プラネタリウムなど人気
  旅行は国内が落ち、海外横ばい
・趣味・創作部門、ミラーレス一眼カメラ好調
・娯楽部門、宝くじ好調、ゲームセンター減少

★パチンコが余暇はねえ。金が北朝鮮と警察に行くだけ。

自動車ブランド別の信頼度、Most reliable new cars、米コンシューマーリポート

米コンシューマー・リポートの
 「自動車ブランド別の信頼度ランキング、Most reliable new cars」によると、
 ・28ブランド対象
 ・80万人による10~12年モデル120万台の今年の報告から13年モデルを推測

☆自動車ブランド別の信頼度ランキング、Most reliable new cars
1.サイオン(トヨタの若者向け)
2.トヨタ
3.レクサス(トヨタ)
4.マツダ
5.スバル
6.ホンダ
7.アキュラ(ホンダ)
8.独アウディ、前回18位、欧車トップ
9.インフィニティ(日産)
10.韓・起亜

14.キャデラック(GE)、米車トップ

★日本車ばかりに

☆タイプ別・車種別の信頼度1位
《Family Sedan》 トヨタ・カムリハイブリッド
《Sporty Car》  フォード・ムスタング
《Affordable Family Sedan》 現代・ソナタ
《Small SUV》   トヨタ・RAV4
《Family Hauler》 トヨタ・シエナV6(ミニバン)
《Sports Sedan》 インフィニティ(日産)・G(スカイライン)
《Green Car》   プリウスC、全車種でトップ
《Small Car》   スバル・インプレッサ
《Pickup Truck》 シボレー・アバランシュ
《Family SUV》  トヨタ・ハイランダー

★米財界のいやがらせにも負けず、トヨタの信頼度は抜群、
 スバルも上昇中。

40歳以上に聞いた年の差婚したい30歳未満の男性有名人

ミヤネ屋11月2日放送の
 「40歳以上に聞いた年の差婚したい30歳未満の男性有名人」によると

☆40歳以上女性の、年の差婚したい30歳未満男性有名人
1.佐藤健
2.松本潤
3.松坂桃李
4.三浦春馬
5.小栗旬

6.石川遼
7.相葉雅紀
8.香川真司
9.岡田将生
10TAKAHIRO

★デートじゃなくて、結婚という質問がスゴイなあ。
 TV局も視聴者も恐るべし。

女として終わったなと思う瞬間

gooの
 「ふとしたときに自分が女として終わったなと思う瞬間」によると
 ・gooリサーチモニター1006名、男性53.4%、女性46.6%
  ~19歳10.5%、20代13.7%、30代26.6%、40代27.6%、
  50代11.7%、60歳以上9.9%
 ・2012年9月5~7日、非公開インターネットアンケート(選択回答式)

☆ふとしたときに自分が女として終わったなと思う瞬間
1.洋服をしばらく新調していない
2.下着のゴムが緩んでいる
3.かばんの中身がぐちゃぐちゃ
4.口元にヒゲが生えてきた
5.誰も見ていないから部屋は下着のみで過ごす

6.ウエストがキツいパンツはボタンをはずしてはいている
7.洗顔時間が短くなった(洗顔が雑に)
8.コンプレックスを気にしなくなった
9.アイロンをかけず、シワシワのまま服を着ている
10.靴下に穴が開いている

★年代や生活環境で、かなり異なるでしょうけれど、

ケータイ・SNSと男女の浮気に関する意識調査

ネオマーケティングの
 「ケータイ・SNSと男女の浮気に関する意識調査」によると
 ・関東1都3県の15~39歳男女600人

☆恋人の携帯電話をチェックしたことはありますか
YES 27.7%、男性19.3%、女性36.0%

 
☆いつもチェックする、もしくはチェックしたこと項目(複数回答)
 チェックしたことがある166人
1.メール履歴      89.2%
2.通話履歴       60.2%
3.アドレス帳      24.7%
4.チャット系アプリ履歴 22.3%

☆浮気だと思う彼氏・彼女の行為(複数回答)
1.異性とノリでキス       75.5%
2.それ以上(性的行動含)    66.2%
3.異性とノリで手をつなぐ    59.3%
4.異性と2人で遊びに行く     50.7%
5.異性と恋人同士のような会話  40.7%

6.異性のいる飲み会に行く     8.8%
7.携帯やチャット系アプリで連絡  8.8%

★キスの75.5%と性的の66.2%。???

2011年度通信利用状況

総務省の
 「2011年度通信利用状況(速報)」によると

☆契約数
・固定電話   3132万、 9.3%減
・ISDN   463万、 7.8%減
・IP電話   2848万、10.4%増
・携帯電話 1億2820万、 7.3%増
・PHS    456万、21.4%増

★携帯は日本の赤ちゃんまで含めた人口数と同等。
 固定電話+IP電話の計は、世帯数5300万を少し上回る。


☆通信回数と種別比率
・合計   1083.9億回、2.0%減
・固定電話  32.4%
・IP電話  11.2%
・携帯    54.6%、0.7%減の591.7億回、92年度調査開始以来初の減
・PHS    1.8%、55.5%増の19.5億回

☆通信時間と種別比率
・合計   39億8400万時間、3.4%減
・固定電話  27.4%
・IP電話  12.3%
・携帯    57.0%、1.8%減の22億7200万時間
・PHS    3.2%、25.6%増の1億2900万時間

★PHSのウイルコムが無料電話で急増

☆携帯の1契約1日当たり、通信回数と時間
・1.3回
・3分01秒(1回2分18秒)

☆PHSの1契約1日当たり、通信回数と時間
・1.3回
・5分07秒(1回3分58秒)

★長電話には無料通話は定着。