最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

国語に関する世論調査

文化庁の
 「平成23年度・国語に関する世論調査」によると
 ・全国16歳以上男女、対象3474人、有効回収2069人
 ・平成24年2~3月、個別面接調査

☆携帯やメールなどの普及が影響を与えていると思うこと
 (選択肢から幾つでも選択)
・漢字を正確に書く力が衰えた             66.5%
・手紙やはがきは余り利用しないようになった      57.2%
・手で字を書くことが面倒臭く感じるようになった    42.0%
・口頭で言えば済むことでも,メールを使うようになった 29.5%

★管理人も漢字が時々書けない。


☆状況に応じて,周囲の人にどのような行動をとるか
1.食堂で空いた席を見付けて座るとき,隣の席の人に対して
 「ここ,いいですか」などと尋ねる 79.3%(平成10年75.5%)

2.混んだ電車を降りるとき,入口の方にいる人に対して
 「すみません,降ります」などと声を掛ける 72.0%(61.7%)

3.劇場や映画館などで,中央にある自分の席まで行こうとするとき,
 途中の席に座っている人に対して「前を失礼します」などと声を掛ける
 81.0%(73.7%)

★マナー向上。中国や韓国とは天地の差。


☆初めて会った人と話をすること、どのように感じるか
・得意である          7.5%
・どちらかと言えば得意である 35.4%
・どちらかと言えば苦手である 46.5%
・苦手である          9.0%

☆得意、どちらかといえば得意と回答した人
 初めて会った人と話をするときに,どのようなことを重視しているか
 (選択肢の中から幾つでも選択)
・相手の話をよく聞く           71.8%
・相手の目や表情を見て話す        60.8%
・相手に不快感を与えないようにする    60.5%
・気持ちが伝わるように話す        55.7%
・相手に気持ち良く話してもらうようにする 35.6%

☆苦手、どちらかと言えば苦手と回答した人
 初めて会った人と話をするときに,どのようなことが難しいと感じるか
 (選択肢の中から幾つでも選択)。
・相手に不快感を与えないようにする    43.9%
・気持ちが伝わるように話す        36.4%
・相手の目や表情を見て話す        26.7%
・相手に気持ち良く話してもらうようにする 23.2%
・相手の言葉を引き出すような質問をする  21.1%


☆言葉の意味
1.煮え湯を飲まされる
  信頼していた者から裏切られる(本来の意味)64.3%
   10代41.0%~60以上73.1%
  敵からひどい目に遭わされる        23.9%

2.うがった見方をする
  物事の本質を捉えた見方をする(本来の意味)26.4%
  疑って掛かるような見方をする       48.2%

3.にやける
  なよなよとしている(本来の意味)14.7%
  薄笑いを浮かべている      76.5%
   20代86.3%~60以上67.0%

4.失笑する
  こらえ切れず吹き出して笑う(本来の意味)27.7%
  笑いも出ないくらいあきれる       60.4%
   20代81.1%~60以上43.6%

5.割愛する
  不必要なものを切り捨てる       65.1%
  惜しいと思うものを手放す(本来の意味)17.6%

★うーむ。2~5は時代変化で意味が変わったと。


☆慣用句等の認識と使用、どちらの言い方を使う
1.本心でない上辺だけの巧みな言葉
  舌先三寸(本来の言い方)23.3%
  口先三寸        56.7%

2.何かを食べたくなる,転じて,あることをしてみようという気にな
  食指が動く(本来の言い方)38.4%
  食指をそそられる     31.4%

3.ひっきりなしに続くさま
  のべつまくなし(本来の言い方) 42.8%
   20代16.0%、30代23.9%、40代46.0%、50代57.6%
  のべつくまなし         32.1%
   ●20代41.7%、●30代40.5%、40代29.0%、50代28.0%

4.世間の人々の議論を引き起こすこと
  物議を醸す(本来の言い方)58.0%
  物議を呼ぶ        21.7%

5.快く承諾すること
  二つ返事(本来の言い方)42.9%
  一つ返事        46.4%
   ●50代49.6%、●60以上53.9%

★30代以下は大半が勘違い。TVアナウンサーのせいか?

米資産家ランキング

米経済誌フォーブスの
 「2012年版・米資産家ランキング」によると

☆2012年版・米資産家ランキング
1.ビル・ゲイツ(MS)、660億ドル(5.2兆円)、19年連続首位
2.ウォーレン・バフェット(投資家)、460億ドル
3.ラリー・エリソン(オラクル)、410億ドル
4.チャールズ・コッホ(コッホ産業)、310億ドル
4.デヴィッド・コッホ(コッホ産業)、310億ドル
6.クリスティ・ウォルトン家(ウォルマート)、279億ドル
7.ジム・ウォルトン(ウォルマート)、268億ドル
8.アリス・ウォルトン(ウォルマート)、263億ドル
9.ロブソン・ウォルトン(ウォルマート)、261億ドル
10.マイケル・ブルームバーグ(ブルームバーグオーナー、NY市長)、250億ドル

★ウォルマート恐るべし。現場は薄給・無保険のパートばかり。

11.ジェフ・ベゾス(アマゾン)、232億ドル
12.シェルドン・アデルソン(カジノ)、205億ドル
13.サージイ・ブリン(グーグル)、203億ドル
13.ラリー・ペイジ(グーグル)、203億ドル
15.ジョージ・ソロス(投資家)、190億ドル
16.フォレスト・マース・ジュニア(菓子のM&M's)、170億ドル
16.ジャクリーン・マーズ(菓子のM&M's)、170億ドル
16.ジョン・マーズ(菓子のM&M's)、170億ドル

23.フィル・ナイト(ナイキ)、131億ドル
28.ローレン・ポーウェル・ジョブス家(アップル)、110億ドル
36.マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック)、94億ドル、昨年14位

★フェイスブック凋落。日本ではまだ人気だが。

世界72都市の物価ランキング

スイスの銀行大手UBSの
 「世界72都市の物価ランキング」によると
 ・食料品や衣料品など112品の物価を指数化。

☆世界72都市の物価ランキング
1.オスロ(ノルウェー)
2.チューリヒ
3.東京
4.ジュネーブ
5.コペンハーゲン

6.ニューヨーク
7.ルクセンブルク
8.ストックホルム
9.カラカス
10.ロンドン

☆マクドナルドのビッグマックを購入するために必要な労働時間
・9分  東京
・10分 ニューヨーク、香港
・13分 チューリヒ
・29分 上海
・42分 イスタンブール
・84分 ナイロビ

☆平均賃金の高さ
1.チューリヒ 購買力も1位
2.ジュネーブ、
3.コペンハーゲン
8.東京

★ビッグマック、日本ので556kcal
 ポテトMが454kcal、プレミアローストコーヒーMが120kcal、
 計1130kcal。ポテトが鬼門ですね。

県庁所在地を知らない都道府県

gooの
 「県庁所在地を知らない都道府県」によると
 ・gooリサーチモニター、有効回答1038名、男性38.3%女性61.7%
  ~19歳10.2%20代15.5%、30代27.2%40代26.4%、50代10.8%60歳以上9.9%
 ・非公開型インターネットアンケート(選択回答式)
 ・2012年8月3~4日

☆県庁所在地を知らない都道府県
1.滋賀県、大津
2.島根県、松江
3.三重県、津
4.群馬県、前橋
5.山梨県、甲府

6.愛媛県、松山
7.香川県、高松
8.茨城県、水戸
9.栃木県、宇都宮
10.岩手県、盛岡

★県名と県庁所在地名が一緒ならねえ。

 甲府はぶどうとワインで有名だと思ったが、
 ランク上位は、存在感の薄い県・都市。
 まあ、少しおバカが露呈するだけで、生活に実害は無し。

女同士でいるのって疲れるのよねと思うこと

gooの
 「女同士でいるのって疲れるのよねと思うことランキング」によると
 ・gooリサーチモニター、有効回答1038名、男性38.3%女性61.7%
  ~19歳10.2%、20代15.5%、30代27.2%、40代26.4%、
  50代10.8%、60歳以上9.9%
 ・非公開型インターネットアンケート(選択回答式)
 ・2012年8月3~4日

☆女同士でいるのって疲れるのよねと思うこと
1.陰口を散々言っていたのに、その人に会ったら仲良く話している
2.集団での行動が「当たり前」で、単独行動すると浮いてしまう
3.相手を褒めないといけない空気を感じる
4.褒め言葉に実は妬みが含まれている
5.会う度に服装をチェックされる

6.「カワイイ」の言い合いばかりをしている
7.自分のオススメ商品を買うように強要される
8.上から目線のアドバイスをされる
9.さりげなく体型をチェックされる
10.彼氏の話ばかりされる

★関係が濃いのも、なんだか大変ですなあ。

 昔の村社会のよう。

ビジネス客のホテル満足度

米の出張業界誌ビジネス・トラベル・ニュースの
 「ビジネス客のホテル満足度調査」によると

☆ビジネス客のホテル満足度、6点満点
1.セントレジス、      5.21点、スターウッド・ホテル系列
2.リッツ・カールトン、   5.19点
3.ウォルドーフ・アストリア、5.16点、06年設立
4.マンダリン・オリエンタル、5.12点
5.フォーシーズンズホテル、 5.11点、前回1位

※付属施設や特別サービスを求め、高級ホテルに戻ってきている
 特別サービスで人気があるのは、セントレジスのバトラーサービスや
 ウォルドーフ・アストリアのパーソナルコンシェルジュなど。

★ごく僅差。

いじめに関するネットアンケート

ドワンゴとニワンゴの
 「いじめに関するネットアンケート」によると
 ・8月5~8日
 ・動画サービスniconico登録ユーザー対象、107万人回答

☆学校(幼稚園や保育園含)でいじめを受けた経験
・ある 57.2%
  1.埼玉59.9%、2.神奈川59.9%、3.京都58.9%
  45.香川49.7%、46.鳥取49.7%、47.熊本県49.8%
・ない 42.8%

☆いじめで、自殺を考えたこと
・ある 27.4%

☆いじめを受けた時期
           男性  女性
・幼稚園・保育園   3.3%   6.0%
・小学校      11.8%  40.9%
・中学       13.5%  21.8%
・高校       21.1%  13.2%
・専門学校・大学  23.1%   9.3%
・その他      27.3%   8.8%

☆いじめの内容
1.陰口・仲間はずれ        32.0%
2.誹謗中傷・脅しなどの言葉の暴力 19.3%
3.物を隠される・壊される     15.6%
4.殴る・蹴るなどの身体的な暴力  12.6%

★3.4は犯罪。我慢しないでアクションを。

☆いじめられていることを誰かに相談したか
・誰にも相談できなかった 54.3%
・家族に相談       26.5%
・先生に相談       10.0%
・友人に相談        6.9%

★耐えずに、本気で戦うか、シカトするか、相談するか、選択。

 大昔だが、ずっと生意気だった管理人は、
 中学時、トイレで番長と子分にやられたが、
 強く反抗したら、その後は無かった。

☆相談の結果
・解決して、いじめられることはなくなった 36.8%
・解決はしなかったが、いじめは軽くなった 24.4%
・解決せず、いじめは続いた        21.5%

☆いじめた経験
・ない                      57.3%
・いじめだと思っていなかったが、あとで振り返ってみると
 被害者はいじめだと感じていたと思う       26.7%
・ある                      15.9%

★深く考えず、いじめを追従するやつがいる。
 「人間として恥ずかしいことである」

☆いじめをやめたきっかけ
・いつの間にかやめた、または、あきた 38.0%
・自主的に反省してやめた       21.8%
・クラス替え・卒業          15.2%
・先生から注意を受けた         9.7%

自殺に関するレポート

世界保健機関WHOの
 「自殺に関するレポート」によると

☆世界の年間自殺者
・推定100万人

・戦争犠牲者と殺人の死者の合計より多い
・自殺を図った人数、その20倍

・15~19歳、自殺が死因の2番目
 年10万人以上

☆自殺率
・高いのは、リトアニアやロシアなど旧ソ連地域
・低いのは、中南米諸国
※アフリカや東南アジアの多くの国は、データ無し


・年齢では75歳以上高齢者の自殺率が最高
 決意が強く、致命的方法を用い、回復可能性が低い

☆自殺の男女比
・男性が女性の3倍多い
・自殺を図った人数は女性が3倍多い
※男性は決意が強く、致命的方法を用いる

★女性は未遂がほとんど。「私の苦しみを察して!」と


☆人口10万人当り自殺率、09年、105カ国
1.リトアニア  34.1人
2.韓国     31.0人
  10年が33.5人、OECDで7年連続1位。
  10年自殺者1万5566人、高齢者自殺率81.9人
3.ロシア    30.1人
4.ベラルーシ  27.4人
5.ガイアナ   26.4人
6.カザフスタン 25.6人
7.ハンガリー  24.6人
8.日本     24.4人
9.ラトビア   22.9人
10.スロベニア  21.9人

13.ベルギー   19.4人(05年)
14.フィンランド 19.3人
17.スイス    18.0人
20.フランス   16.3人(07年)
27.中国     13.9人(99年)
28.スウェーデン 12.7人(08年)
33.ドイツ    11.9人(06年)
33.ノルウェー  11.9人
39.ニュージーランド 11.7人(07年)

40.カナダ    10.3人
42.米国     11.0人(05年)
44.インド    10.5人
51.オーストラリア 8.2人(06年)
59.英国     6.9人
62.イタリア   6.3人(07年)
67.ブラジル   4.8人(08年)
90.ペルー    1.4人(07年)
97.エジプト   0.1人
97.ヨルダン   0.1人(08年)
101.グレナダ(08年)、ハイチ(03年)、ホンジュラス(78年)、
 アンティグアバーブーダ(95年)、セントクリストファーネビス(95年)
 0.0人

★日本は「他殺率」が、WHO加盟・人口100万人以上150カ国中、
  ジャマイカにつぐ世界2位の低さ

 中南米と中南アフリカ、ロシアは、他殺率が高く、
 コロンビアは年70人以上(10万人当)

全国母子世帯等調査

厚労省の「全国母子世帯等調査」によると
 ・昨年11月調査、郵送回答、ほぼ5年に1度、
 ・岩手宮城福島除く、全国母子家庭1648世帯、父子家庭561世帯

☆生活保護の受給率
・母子家庭 14.0%、(06年9.6%)
・父子家庭 8.0%

☆就業状況、働いている
・母子家庭 81%、4ポイント減
  パート47%(06年43%)、正社員39%(06年42%)
・父子家庭 91%、6ポイント減
  正社員67%(06年72%)

★生活保護も就業も無しが、5%いる。預金か親か。

 パート比率増は一般と同じ。
 国際化と竹中・小泉改革で。

☆10年の平均年収
・母子家庭 291万円、
 ※子どもがいる全家庭の平均年収の44%程
・父子家庭 455万円、同69%

★それほど低くも無いような

☆母子家庭、父親からの養育費
・一度も受け取ったことがない 6割

★EUに比べれば、未婚の親子家庭ははるかに少ない。
 今後増えるのは確実なのえ、子育てできる法整備を。

2030年原発割合などについて、パブリックコメント

政府の
 「2030年の電力に占める原発割合などについて
  国民の声を聞くパブリックコメント」の全体集計結果によると
 ・8万9124件の意見が寄せられた。
 ・7月2日から8月12日まで募集

☆2030年の原発割合(3択)
・ 0%   87%
・15%    1%、※経産省の予定
・20~25%  8%
・そのほか  4%

※意見を寄せる人は脱原発を求める人が多い

☆応募方法
・インターネット 5万9034件
・ファクス    2万0466件
・郵送        9624件

★今夏は電気が充分に足りちゃった。
 あとは液化ガスの輸入コスト値下げ交渉。

2030年原発比率、大企業の意見

ロイター通信の
 「2030年原発比率、大企業の意見」によると
 ・日本の大企業400社対象、268社回答
 ・8月6~21日調査

☆2030年原発比率
・ 0%    19%
・15%    39%、経産省の思惑
・20~25%  25%

※45%程(震災前に政府が目指していた) 6%
 26% (震災前の実績)        4%

☆原発比率が下がると
・経済成長が低下する可能性が高い 53%
・特に変わらない         30%

☆原発の再稼働にあたって
・厳しい安全基準を求める 85%

☆電気料金値上げが続いた時の対応(複数回答)
・経費削減       69%
・安い電力供給者を探す 36%
・生産の海外移転を検討 13%

★大企業と経産省は同胞?なので。

 原発の再稼動や新設より、
 液化ガスの輸入コストを下げる努力を。

世界に誇る日本の接客

日テレ系朝の情報番組「ZIP」の
 「世界に誇る日本の接客」によると
 ・外国人100人
 ・2012/09/03放送

☆日本の接客
・すごく良い 81%
・良い    17%
・普通     2%
・悪い     0%

☆コンビニで絶賛
・弁当を温めてくれる」
・袋詰めの際、冷たいものと温かいものを分ける

☆洋服店(ユニクロ)で絶賛
・サイズを持って来てくれる
・たたんで綺麗に包装してくれる
・袋を止めるシールの端が折られていて剥がしやすくなっている

☆飲食店(居酒屋)で絶賛
・ひざをついて接客するその姿勢
・注文から3分以内に届く最初のドリンク
・目の前で料理を振舞ってくれる
・料理を届ける際に新しい皿も届けてくれる
・店員を呼ぶボタンがあり、押すとすぐに店員がくる」

★外国で丁寧な接客は、超高級店のみ。

 日本は「おもてなし」の心。チップも不要だし。