最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬・部屋の温度調査

ウェザーニューズの
 「冬・部屋の温度調査」によると
 ・2012年1月23~29日
 ・2万3089人(男性39%、女性61%)

☆いつもいる部屋の温度は
・全国平均 18.85℃、0.54℃低下

1.北海道 20.73℃、約1℃低下、3年連続トップ
2.沖縄  20.64℃、昨年12月~今年1月の昼間気温が20℃前後
3.青森  20.20℃
4.秋田  20.04℃
5.三重  19.41℃

45.福井 18.06℃
46.福島 17.91℃
47.長野 17.50℃

★秋田以北と温暖な沖縄を除き、ほぼ18~19度

・男性  18.61℃
・女性  19.00℃

・20代未満 17.98℃
・50代   19.11℃
・60以上  18.31℃

※1月の平均気温が昨年より低く、
 東京で0.3℃、大阪1.7℃、盛岡で2.3℃低かった。

☆冬の部屋での服装
 “半袖+短パン”“半袖+長ズボン”“長袖+長ズボン”
 “長袖・長ズボン+上着”“長袖・長ズボン+厚手の上着”から選択
《長袖・長ズボン+厚手の上着》
1.山形  38.3%
2.熊本  34.4%
3.沖縄  33.6%
4.大分  33.1%
5.長野  32.4%
47.北海道 13.6%

《半袖+短パン》
1.沖縄  6.9%
2.長崎  6.1%
3.北海道 5.7%

★暖房、北海道とかはFF石油ファンヒーターが普通だけど、
 関東以南はエアコンがコスト安。濡れタオルや洗濯物で加湿して。
 新しいエアコン < 灯油ストーブ < 古いエアコン、らしい。
 でも、厚着、こたつ、スリッパ、猫、が省エネ!
スポンサーサイト

日本人の平均調査

アサツー ディ・ケイの
 「日本人の平均調査」によると
 ・47都道府県15~69歳男女1万0032人
 ・2011年10月5~11日、インターネット調査
 ・前回は06年11月実施

☆自分に適正な年収・年俸額
・649.2万円、06年695.9万円)

☆預貯金総額
・562.9万円、06年564.9万円)

☆へそくり
・108.3万円、06年83.1万円、3割増!

☆住宅購入の契約限度額
・1100.5万円、06年2099.2万円、ほぼ半減

☆車購の限度額
・143.8万円、06年211.1万円

☆両親からの遺産相続額
・1294.5万円、06年1722.2万円

☆外出時の服装の値段、理想と現実
        理想    現実
・男性スーツ 5万0379円 2万8773円
・女性スーツ 3万7640円 2万3956円
・男性靴   1万8748円   9827円
・女性靴   1万6950円   9394円
・男性腕時計 15万8362円 4万1647円、
・女性バッグ 5万6038円 2万5171円、

★お金の面は5年間で、厳しくなりました。

☆ピークを迎えた(迎える年齢)年齢
・流行に敏感      男性24.7才、女性24.3才
・肌のハリ       男性26.0才、女性25.8才
・モテた        男性26.7才、女性24.2才
・体力         男性28.5才、女性27.4才
・スタイル       男性28.0才、女性27.7才

・思考力の鋭さ     男性34.5才、女性32.8才
・感性の豊かさ     男性34.7才、女性33.8才
・自由にお金が使える  男性37.1才、女性35.0才
・お腹が出てきた    男性33.9才、女性33.8才
・仕事力        男性41.3才、女性35.8才

・白髪が気になり出した 男性40.1才、女性40.3才
・物忘れが気になりだした男性45.2才、女性44.5才
・老眼が気になりだした 男性45.9才、女性46.2才

・リタイアしたい年齢  男性61.4才、06年62.5才
            女性57.3才、06年59.6才

★肌は赤ちゃん時でしょうけど、身体はまあ20代後半。
 それ以降は個人差大。

 年金がほぼ破綻なので、なるべく元気に80位まで働きましょう。
 高倉健さんが2月16日で81才、石原慎太郎が6月で80才、
 黒柳徹子さん79才。


☆男性の初体験
・初恋   12.3才
・デート  17.5才
・キス   18.9才
・エッチ  20.4才
・結婚   27.9才
・家の購入 34.4才

☆自己評価(100点満点)
・父親らしさ
 20代66.1点、06年65.2点
 30代59.1点、06年62.7点
 40代58.8点、06年62.1点
 50代57.4点、06年60.3点
 60代63.9点、06年62.4点

☆日帰りで遊びに行く限界距離
・20代 69km
・30代 86km
・40代 85km
・50代 90km
・60代 91km

☆買い物の失敗で諦められる金額
・4084円、06年8256円、ほぼ半減

☆自分に値段をつけるとしたら」 
・1億2千万円、06年1億8千万、およそ2/3に

☆自分のルックス・容姿(自己評価100点満点)
・50点、06年52点(06年)

☆これまでの人生
・60点、06年62点

☆友達の平均人数
・15人(リアル友人4人)、06年10人

★何がどうあろうと、

 生きてるだけでまるもうけ。

単身者の貧困率

国立社会保障・人口問題研究所の
 「単身者の貧困率」によると
 ・厚労省2010年国民生活基礎調査から分析。
 ・1人当可処分所得が中央値の半分に満たない人の割合、
  10年は112万円未満。

☆相対的貧困率
《単身・20~64才》
・女性 32%
・男性 25%

《単身・65才以上》
・女性 47%
・男性 29%

※19歳以下の子どもがいる母子世帯 48%

★可処分所得は,収入から税金・社会保険・ローン返済を引いた残り。

 112万円なら、生活保護の方が多額。
 さらに住民税や国民年金、水道、公営住宅、医療費等、かなりが無料。
 なるべく働いてもらわないと。身体が動く方は東北復興へ。

東京都の小中高校生・歩数調査

東京都教育委員会の
 「広域歩数調査(小中高校生)」によると
 ・小学校62校9858人、中学62校5120人、高校11校1122人
 ・平成23年9~10月の任意の2週間

☆東京都の児童・生徒の1日平均歩数
・全体 1万0445歩

・小学生 1万1382歩
 小1 男 1万2733歩 女 1万0775歩
 小3 男 1万2804歩 女 1万0549歩
 小5 男 1万2347歩 女   9670歩

・中学生 9060歩
 中2 男 1万0539歩 女   8624歩

・高校生 8226歩
 高2 男   8346歩 女   7885歩

※全学年男女共、休日よりも平日の平均歩数が上回った。
 小学校から高校まで平日の活動は、校内が約35%、校外が約65%
 全学年共、休日の平均歩数の分布は、平日よりも幅が広い。
 小・中学生は、男女差が明確だが、高校生は男女差が顕著ではない。
 小・中学校では、各学年で2万歩超の児童・生徒がいる一方、
 分布のピークは平均値を下回っている。

 生活活動ガイドラインは1万5千歩

※成人の平均歩数は、男性7200 歩、女性6400歩(平成21年国民健康栄養調査)。
 高校生は、成人の生活・行動様式に近付いている。

★高校段階で、運動不足の大人なみに。

 若い日本人アスリートのが活躍するようになったが、
 社会の方向が、金融やITに向いている。


☆運動・スポーツの習い事(部活含)をしている回数
・小学生    週2回程
・中学・高校生 週4~5回程

☆運動・スポーツ以外の習い事(塾含)をしている回数
・小学生    週2回程
・中学・高校生 週2~3回程

※対策
 ・小学校期は、屋外遊びの増加や休日の過ごし方の改善が必要
 ・中学校・高校期では、運動・スポーツをしていない生徒への対策が必要
 ・体力・運動能力の向上には、発育・発達や性差を踏まえた対策が必要

★ハイレベルな運動部を除くと、徐々に関心が他のことに。

子どもの学習費調査

文科省の
 「平成22年度子どもの学習費調査」によると

☆学習費総額・平均
・幼稚園 公立  23万1920円(授業料7万3043円)
     私立  53万7518円(同・24万2986円)
・小学校 公立  30万4093円
     私立 146万5323円(同・42万9643円)
・中学校 公立  45万9511円
     私立 127万8690円(同・41万8476円)
・高校  公立  39万3464円
     私立  92万2716円(同・22万5385円)

※高校が無償化で、高校の公立24%減、私立6%減。
 中小幼は横ばい。

☆公私間の差
・幼稚園 2.3倍(私立が公立の)
・小学校 4.8倍
・中学  2.8倍
・高校  2.3倍

☆補助学習費
・公立 中3が最多
・私立 小6が最多。

☆幼稚園3歳から高3まで15年間
すべて公立 504万円、
すべて私立 1702万円と3.4倍

★日本は公立で大丈夫。

ショッピングセンター、11年売上

SC協会の
 「11年SC総売上(推計)」によると
 ・11年12月末現在3090SC中、1000SCを抽出、回収479SC。
 ・震災で休業の東北地区SCは除外。


・27兆4398億円と0.1%増。
 既存店では1.3%減と、5年連続マイナス

☆同・地域別
・中心地区 1.3%減
・周辺地区 2.6%減
・郊外地区 0.6%減。

・仙台   3.4%増
・東京区部 3.7%減。

☆平均売上
・SC平均 98.3億円

☆坪売上
・平均   204.5万円
・キー   174.1万円
・テナント 222.4万円

★仙台好調。

企業のWeb閲覧環境

日本アドバタイザーズ協会・Web広告研究会の
 「第4回企業内Web閲覧環境に関する調査」によると
 ・協会および研究会の加盟企業445社と官公庁104団体
  (省庁38、都道府県47、政令市19)対象、回収160社(官公庁22)
 ・2011年11月7日~12月1日、郵送調査、

☆最も多く利用されているウェブブラウザー
1.IE6.x以前  38.6%
2.IE8.x    24.2%
3.IE7.x    13.7%
4.IE9.x     5.9%

※会社規模が大きいほどIE6以前の比が高く、
 従業員5000人以上の企業では52%。

☆ウェブページの閲覧制限
・実施 62.7%

☆その制限内容
・ドメインで  34.6%
・キーワードで 33.3%
・SSLの制限   7.8%

☆閲覧禁止のウェブサービス
1.YouTube  26.8%(従業員5千人以上企業46%)
2.Facebook  14.4%(同・24%)
3.Twitter  11.8%(同・22%)

★ITやマーケティング関連の部署を除けば、
 3つとも不要か。

☆今後1年程度に予定・検討しているウェブ閲覧環境
1.Windows7に替える    52%
2.ブラウザーをIE9/IE8に  37%
3.ポリシー制定      21%

★IEは危険なのに。Windowsは今年、もう8。

スマホの通信費

サーベイリサーチセンターの
 「スマートフォン利用家庭の通信費に関する意識調査」によると
 ・2012年1月30~31日、インターネット調査
 ・スマートフォンを利用している18歳以上全国男女、524 名

☆家庭内のスマートフォン保有
・複数 35.5%
・1台  64.5%

☆1年前より、スマートフォンの台数が増えた家庭
・55.7%

☆スマートフォン利用で、通信費が増えた家庭
・67.1%

☆1 ヶ月あたりの増加金額(通信費が増加した293人)
平均 3300円

1.1000~1500円未満 14.3%
2.4500~5000円未満 11.9%
3.2000~2500円未満 13.3%
4.1500~2000円未満 11.6%
5.2500~3000円未満  8.9%

★スマホ、今年中に値下げが2回ありそう。

PCの2011年国内出荷

MM総研の
 「2011年・国内PC出荷実績」によると

☆2011年・国内PC出荷実績
・台数   1481万4千台、3%減
  個人向け3.6%増の772万7千台、法人向け9.2%減の708万7千台
・金額   1兆1676億円、14%減
・平均単価 7.9万円、1万円減

☆メーカー別シェア
1.NECレノボ  25.7%
2.富士通   18.4%
3.東芝    12.9%
4.日本HP    9.4%
5.デル     9.3%
6.ソニー    6.5%
7.アップル   4.9%

★海外での日本PCは東芝、ソニーが主力。

サッカークラブの2010~11年シーズン収入ランキング

監査法人デロイトの
 「サッカークラブの2010~11年シーズン収入ランキング
  Deloitte Football Money League 2012」によると

☆サッカークラブの2010~11年シーズン収入ランキング
1.レアル・マドリード(西)、4億7950万ユーロ(489億円)、
  7季連続トップ、9%増
3.バルセロナ(西)、4億5070万ユーロ
3.マンチェスター・ユナイテッド(英)、
4.バイエルン・ミュンヘン(独)、
5.アーセナル(英)、
6.チェルシー(英)、
7.ACミラン(伊)
※上位7クラブまで変動無し
8.インテル(伊)、長友
9.リバプール(英)
10.シャルケ04(独)、内田

★Jリーグ・2010年度
1.浦和   56億2500万円
2.鹿島   44億6600万円
3.名古屋  41億0300万円
4.F東京  36億7100万円
5.横浜FM 35億6500万円
平均    30億3000万円(前年33億円)
16.神戸   20億3500万円
17.湘南   12億8800万円
18.山形   12億2900万円

 J1で単年度赤字クラブが、4増の9チーム。
 収入トップの浦和が2億5900万円の赤字に転落。
 山形、横浜M、京都、神戸の4チームが債務超過。

 J2は平均営業収入が約3千万円増の9億2600万円、
 単年度赤字クラブは2減の8チーム。

★2010・MLBの球団別収入
1.New York Yankees, $427 million(今の相場で329億円)
2.Boston Red Sox, $272 million(209億円)
3.Chicago Cubs $258 million
4.Los Angeles Dodgers, $247 million
5.Philadelphia Phillies, $239 million
6.New York Mets, $233 million

30.Florida Marlins, $143 million(110億円)

★NBA 1.New York Knicks $244 million(189億円)
 NFL 1.Dallas Cowboys $233 million
 NHL 1.Toronto Maple Leafs $193 million

★日本プロ野球、2010年売上、※阪神とオリックスは非公表
1.ソフトバンク 247億、ドーム使用料48億!で、赤字
2.巨人     218億
3.中日     110億
4.日本ハム   103億
5.西武     100億
6.広島      98億
7.横浜      85億
8.楽天      82億
9.ロッテ     80億
10.ヤクルト   60億

※阪神とオリックスは球団が球場の全営業権保有
 球場営業収入を十分得られる契約 広島、楽天、西武、ロッテ、ソフトバンク
 球場営業権なし 巨人、ヤクルト、横浜、中日、日本ハム

★阪神は阪急に吸収されたが、タイガースの親会社格、
 阪神電鉄は売上788億円、経利145億、純利63億と超優良企業で、
 利益のほとんどをタイガースが稼いでいる模様。

人気の犬種、2012ランキング

アニコム損保の
 「人気犬種ランキング・2012」によると
 ・昨年、同社のどうぶつ健保に加入した0歳犬8万7268頭

☆人気の犬種ランキング
1.トイプードル 2万0916頭、24.0%、3年連続首位
2.チワワ、19.7%
3.ミニチュアダックスフント 9.8%
4.混血犬(体重10キロ未満)
5.柴犬

6.ポメラニアン
7.ヨークシャーテリア
8.ミニチュアシュナウザー
9.シーズー
10.フレンチブルドッグ-

※トップ10は前年と変わらず、
 大型犬トップは15位のゴールデンレトリーバー

★堅調なペットビジネス。
 フジTV「今日のワンコ」も貢献。

 コミック「動物のお医者さん」で、大型のシベリアンハスキーが
 ブームとなったが、数年で失速。
 でも、北大・獣医学部は、農水産系で東大理科二類に次ぐ高難度に。

存命する芸術家の長者番付

米ライフスタイル誌Complexの
 「存命する芸術家の長者番付、Richest Living Artists」によると
 ・作品売上などをもとにランキング

☆Richest Living Artists
1.Damien Hirst(英) 10億ドル
  ダイヤモンド8601個とプラチナ2kgの頭がい骨
  「For The Love Of God」は、
  07年5千万ドル(38億円)で落札。
2.Jeff Koons(米)  5億ドル
  高さ約3メートルの風船のステンレスオブジェが、、
  08年ロンドンのオークションで、2千万ドル(15億円)で落札。

3.Jasper Johns(米) 3億ドル
4.David Choe(米)  2億ドル
5.Andre Vicari(英) 1億4200万ドル

6.Takashi Murakami村上隆(日)1億ドル
  LOUIS VUITTONとのコラボがヒット
7.Anish Kapoor(印)  8500万ドル
8.Antony Gormley(英) 5000万ドル
9.Gerhard Richter(独) 4000万ドル
10.David Hockney(英) 4000万ドル

★芸術家育成は、超お金持ちがいてこそ。
 税金投入は、なかなか困難。

 鳩山兄弟は、超不適な政治家を止め、
 パトロンになれば、尊敬されるかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。