最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族への感謝に関する意識調査

アサヒビールの
 「家族への感謝に関する意識調査」によると
 ・10月26日~11月1日、インターネット調査
 ・全国20歳以上男女2624人(男性1296人、女性1328人)

☆家族に感謝の気持ちを
・十分伝えている     26.9%
・あまり伝えられていない 55.5%
・伝えられていない    17.6%

☆伝えられていない理由
・気恥ずかしい         58.9%
・言わなくても分かる      16.6%
・一緒じゃないので、機会がない  8.0%

★世代差もありますが、日本男子は照れ屋さん。

 米では、毎日愛してると言わないと、離婚要因だとか。


☆感謝の気持ちを伝えたい相手
・夫または妻   65.1%
・実母      48.4%(20代69.5%)
・実父      29.0%
・息子・娘    23.6%
・実の兄弟姉妹  13.0%

☆夫婦の会話は多いと思うか
・そう思う           24.4%
・どちらかといえばそう思う   37.4%
・どちらかといえばそう思わない 23.3%
・そう思わない         10.5%

☆夫婦仲は円満か
・そう思う           32.3%
・どちらかといえばそう思う   43.9%
・どちらかといえばそう思わない 12.7%
・そう思わない          5.7%

☆生まれ変わっても今の夫・妻と結婚したいか
・そう思う           23.4%
・どちらかといえばそう思う   35.4%
・どちらかといえばそう思わない 20.2%
・そう思わない         11.5%

★約6割が、再び相方と


☆家族仲は円満か
・そう思う           31.6%
・どちらかといえばそう思う   41.7%
・どちらかといえばそう思わない 11.2%
・そう思わない          4.1%

☆感謝の気持ちを伝えるのにふさわしい場所
・家族との食事・晩酌      37.9%
・二人でいる時         34.9%
・誕生日            29.3%
・いい夫婦の日など公的な記念日 29.1%
・結婚記念日など相手との記念日 22.0%

★「ありがとう」が、日々の習慣になれば。
スポンサーサイト

いい夫婦の日に関するアンケート

明治安田生命の
 「いい夫婦の日に関するアンケート」によると
 ・全国20~59歳既婚男女、1160人
 ・2011年10月14~17日、インターネット調査

☆夫婦関係は円満か
・円満 85.0%
  妻が年上90.5%、夫が年上83.0%
  夫がイク(育児)メン90.9%、イクメンじゃない71.0%

☆夫婦円満の秘訣
1.会話         80.3%
2.感謝の気持ち     72.5%(女性79.3%)
3.相手を尊重・信頼   64.3%(女性73.3%)
4.家事に協力      59.7%
5.育児に協力      48.9%

6.相手をほめる     41.2%(女性47.9%)
7.干渉しすぎない    40.0%(女性48.6%)
8.スキンシップを大切に 35.6%
9.不倫・浮気をしない  35.4%
10.自分から誤る・妥協する 34.3%

★干渉せずに、たくさん会話。
 女性は得意だけどねえ。


☆相手から言われたい一言
《夫》
1.ありがとう 44.7%
2.ご苦労様   8.2%
3.愛してる   5.9%

《妻》
1.ありがとう  50.1%
2.頑張ってるね  4.5%
3.愛してる    3.2%
3.好き      3.2%

★ありがとうがだんとつ1位。
 皆様、心がけましょう。


☆平日の会話時間平均
平均     97分
・0分     2.2%
・1~30分  31.7%
・~1時間  27.8%
・~2時間  20.4%
・~3時間   9.8%
・3時間超   8.1%

★たっぷり話してます。
 昭和と様変わり。

☆相手への不満
《夫》
1.整理整頓ができない
2.朝寝坊
3.料理の手抜き

《妻》
1.整理整頓ができない
2.気が利かない
3.イビキがひどい

★整理整頓は、親のしつけで。
 きっかけは子供部屋への親出入り禁止から?


☆結婚前と現在の、相手に求めるものは
《夫》結婚前 1.優しさ、2.愛情
   現在  1.優しさ、2.愛情

《妻》結婚前 1.優しさ、2.愛情
   現在  1.健康(結婚前7位)、2.経済力(同4位)

☆夫婦のへそくり平均額(持っていない人含む)
・81万1748円、2割以上増
・妻 114万7846円、3割増、過去最高
・夫  45万2884円、1割強増、過去最高

☆夫婦のおこづかい月平均額
・2万8651円、294円減
・夫 3万4404円、571円増
・妻 2万3263円、739円減

☆平日のランチ代平均
・夫
  500円台30.1%、0円15.0%、1000~1500円未満10.7%
・妻
  1000~1500円未満43.4%、1500円以上14.2%、500円台11.7%

★妻が高すぎ。怪しいデータ?


☆夫婦の年間プレゼント回数
・0回 27.5%、5.5ポンイント増、過去最高
・1回 29.2%
・2回 27.5%

☆プレゼント1回あたりの平均金額
・1万0919円、201円減
・夫から妻へ 1万1334円、1021円減
・妻から夫へ 1万0557円、625円増

☆理想の有名人夫婦
1.三浦友和・山口百恵、6年連続1位、男性1位、女性1位、30~40代1位
2.佐々木健介・北斗晶(昨年10位)、女性1位、20~30代1位
3.木梨憲武・安田成美(2位)
4.桑田佳祐・原由子(4位)、40~50代2位
5.名倉潤・渡辺満里奈(7位)、20代2位

6.鈴木おさむ・大島美幸(-)、女性4位、20代4位
7.江口洋介・森高千里50人(3位)
7.唐沢寿明・山口智子50人(6位)
9.山下達郎・竹内まりや38人(11位)
10.中村雅俊・五十嵐淳子36人(12位)、男性7位

★鈴木おさむ氏は優しく、円満そう。

父子入浴、パパフロ

資生堂パパフロ応援委員会の
 「浴育に関する意識調査」によると
 ・2011年8月、インターネット調査
 ・20~55歳までの小学生以下の子どものいる男女900名、
  18~29歳の男女600名
 ・尾木直樹監修

☆父子入浴を実施、
・父親全体            85.3%
・イクメンと自己認識している父親 91.7%
・イクメンと認識していない父親  79.9%

☆父子入浴の頻度
・週2回以上   69.4%
・うち毎日入浴 14.1%

☆父子入浴する理由
・子どもとコミュニケーションやスキンシップ 76.6%

☆父子入浴で子どもが喜ぶのは
1.おもちゃで遊んであげる
2.会話をする
3.一緒に湯ぶねにつかる
4.体を洗ってあげる
5.シャンプーしてあげる

☆父子入浴と夫婦仲
・父子入浴をしている父親  夫婦仲がいい72.5%
・父子入浴をしていない父親 夫婦仲がいい54.6%

※父子入浴時間が長いほど、良好な関係を築けている

☆幼少期に
・パパフロしていた女性    父親好き 71.9%
・パパフロしていなかった女性 父親好き 48.7%

☆幼少期のパパフロと、現在の父親観
・父子入浴をしていた女性
  現在、父親が好き 71.9%、父親を尊敬している 71.9%
・父子入浴をしていなかった女性
  現在、父親が好き 48.7%、父親を尊敬している 39.7%

☆父親に仕事の相談をする
・父親との入浴が、9~15歳まで 44.2%
・父親との入浴が、8歳以下まで 27.9%

☆幼少期の父親との入浴の思い出
1.おしゃべり 83.5%

☆将来、子どもができたら一緒に入浴したい
・パパフロして男性      73.1%
・パパフロしていなかった男性 63.3%

★パパフロ。パパも楽しいが、
 女の子は、年齢が微妙でねえ。

教育費

日本政策金融公庫の
 「教育費負担の実態調査」によると
 ・平成23年2~3月に国の教育ローンを利用した2万1368世帯対象
  有効回答5200世帯(勤務者世帯)、
  世帯年収平均566.9万円、前年の5.6万円減
 ・平成23年7月、郵送、無記名回答

☆子供1人当たりの入学費用
・高校         51.7万円
・高専・専修・各種学校 87.5万円
・短大         70.9万円
・大学         97.5万円
  私立理系103.5万円、私立文系98.6万円、国公立84.6万円

※入学しなかった学校(私立大等)への納付金 13.6万円

☆子供1人当たりの1年間の在学費用
・高校          94.5万円
・高専・専修・各種学校 148.6万円
・短大         140.8万円
・大学         152.4万円
  私立理系179.5万円、知立文系148.5万円、国公立116.2万円

☆高校入学から大学卒業までの費用
・子供1人当 1042.3万円
  前年1059.8万円から17.5万円減

・高専・専修・各種 719.9万円
・私立短大     699.9万円
・国公立大     884.5万円
・私立文系     1027.7万円
・私立理系     1156.8万円

☆在学費用の年収に対する割合
・平均 37.7%
  前年37.6%から、0.1ポイント増

・200~400万円世帯 57.5%
・400~600万円世帯 37.7%
・600~800万円世帯 30.0%
・800万円以上世帯  25.7%

☆自宅外通学者への仕送り額
・年間平均 102.1万円(月8.5万円)

☆自宅外通学を始めるための費用(アパートの敷金や家財道具購など)
・平均 47.6万円
  入学費用と自宅外通学を始める費用の合計 139.3万円

☆教育費の不足分への対応
・教育費以外の支出を削っている(節約) 62.2%
・奨学金を受けている          56.5%
・本人がアルバイト           38.0%
・預貯金や保険など取り崩し       25.0%
・残業やパート労働を増やした      18.5%

☆節約している支出
・旅行・レジャー費 61.6%
・外食費      49.3%
・食費(外食)   47.9%
・保護者のこづかい 43.4%
・衣類購入     41.9%

★普通は、教育費と家のローンで、かつかつです。

米国の大学で学ぶ外国人留学生

米国・国際教育研究所の
 「米国の大学で学ぶ外国人留学生」によると

☆米国の大学で学ぶ外国人留学生
・72.3万人、過去最高、00学年度から32%増

1.中国、 15.8万人
2.インド 10.4万人
3.韓国   7.3万人

☆外国人留学生に人気のの大学
1.南カリフォルニア大・ロサンゼルス校
2.イリノイ大学アーバナ・シャンぺーン校
3.ニューヨーク大学

※米国務省による、米国人学生の外国留学
・27万0604人、全体の1%
  過去10年で倍以上、90年は6万人
  行き先は英、伊、西、仏、中が多い。

★中国の場合は、富裕層が子息に投資し、
 留学と現地就職で、市民権を獲得させ、
 その後に一族移住するのが狙い。

 日本の米留学者は半減。
 これまで大半が、米国流の非情ビジネスの信奉者となった

七五三に関するアンケート

アイリサーチの
 「七五三に関するアンケート」によると
 ・全国20~49歳女性、500人
 ・2011年11月9~10日

☆七五三のお祝いをする予定、又はしたことがあるか
・ある     92.2%
・ない      7.8%

☆七五三のお祝いは何をする予定、または何をした(複数回答)
・七五三参り        82.9%
・着物を着せた       81.8%
・家族(親族)で集合写真  66.4%
・家族で食事        57.3%
・千歳あめを購入      42.3%

・初化粧          24.7%
・その他           3.5%

☆七五三のお祝いの予算、または使った金額は
・1万円未満  9.8%
・1万円台  11.7%
・2万円台  10.8%
・3万円台  21.7%
・4万円台   8.9%
・5万円台  18.9%
・6万円台   5.2%
・7万円台   3.7%
・それ以上  9.3%

★ジジとババもうれしい。伝統行事の継続。

おばさんの境界線、おじさんの境界線

フジTV系ココ調の
 「おばさんとお姉さんのボーダーライン(11/17)」
 「おじさんとおにいさんのボーダーライン(11/9)」によると

☆おばさんとお姉さんの境界線
・肌色ストッキング(業種や社風によるが、社会人は普通)
・スカート丈
・難しい言葉を使う。いかんせん、なきにしもあらず等。
 (おバカに聞いたので)
・ゆったり服

・サイフにク-ポン券満載
・バックにのど飴、
・絵文字が携帯内蔵文字のみ
・身振り手振りが多い
・うんしょ、よいしょとか言う
・一回言った話をもう一回言う

★「だからどうした」でしょうけれど、確かに。


☆おじさんは
・服をズボンインしてる           76%
・ワイシャツの胸元から下着のシャツが見える 59%
・携帯を腰に下げる、首からかける      67%
・バッグを肩から掛けている(斜めがけなら若者)
・ファスナーの多い機能リュック(オシャレなデザインは若者)
・微妙に長い靴下              72%
・食べる時。ネクタイを胸ポケットに入れる  46%
・おしぼりで顔を拭く            84%
・おやじギャグを連発            60%
・女性店員にちょっかいをだす        58%

※若い女性がおじさんと感じる年齢、41.8歳

★チョイ悪オヤジ(古!)は確かに当てはまらない。
 若く思われたいおじさんは、即修正。

初任給、大卒と高卒

厚労省の
 「2011年の賃金構造基本統計調査」によると
 ・常用労働者10人以上の6万2004事業所対象、回答1万3534事業所
 ・新卒者の6月分の賃金

☆大卒の初任給
・20万2千円、2.3%増、20万円超は初
・男性 20万5000円、2.3%増
・女性 19万7900円、2.3%増。

・主要産業で
  最高 広告など学術研究・専門・技術サービスの24万0900円
  最低 宿泊業・飲食サービス業の19万0900円

☆高卒の初任給
・15万6500円、0.8%減、7年ぶりの減
・男性 15万9400円、0.8%減
・女性 15万1800円、0.9%減

・主要産業別
  最高 建設業の16万7900円
  最低 医療・福祉の14万6200円


※高卒者は小企業就職割合が高く、初任給回復が遅れたとした

★TPPで、非正規雇用がさらに増えるか。

ビジネス環境ランキング

世界銀行の
 「ビジネス環境ランキング・2012年」によると
 ・183カ国・地域
 ・事業の行いやすさを10項目評価
  起業、建設許可、電力確保、不動産登記、融資、
  投資家保護、納税、国際貿易、契約履行、破産申請

※上位5カ国・地域は昨年と同じ
☆ビジネス環境ランキング
1.シンガポール、6年連続世界1位
 起業1位、国際貿易1位、投資家保護2位、破産申請2位、建設許可3位
2.香港
3.ニュージーランド
4.米国
5.デンマーク
6.ノルウェー
7.英国
8.韓国、昨年15位
9.アイスランド
10.アイルランド

20.日本、前年と同じ
  破産申請のしやすさ1位、起業のしやすさ107位、納税のしやすさ120位

★世銀は米国の支配下。世銀総裁は米大統領が、米国人から指名。
 この指標もアメリカンビジネス用。

 日本の長所である、治安の良さ、高質なインフラ、
 高い内需、モラルの高い労働者(英語力は別だけど)等は評価外。

印象に残る来日外国人プロレスラー

ニッカンスポーツの
 「印象に残る来日外国人プロレスラーは」によると
 ・読者投票、計4188票
 ・11月19日集計発表

☆印象に残る来日外国人プロレスラー
1.スタン・ハンセン      806票
2.ブルーザー・ブロディ    420票
3.アブドーラ・ザ・ブッチャー 335票
4.ザ・デストロイヤー     280票
5.ミル・マスカラス      265票

6.ハルク・ホーガン      217票
7.アンドレ・ザ・ジャイアント 169票
8.タイガー・ジェット・シン  152票
9.テリー・ファンク      147票
10.ロード・ウォリアーズ    121票

★「強い」ではなく、「印象に残る」なのが今時です。
 スポ-ツ紙読者の40~60代には、懐かしい顔ぶれが。

 全日のタッグリーグで、ブリティッュブルドックスや
 マレンコ兄弟、カンナム等のいた頃は、面白かったなあ。

 ウィーーーー!

第6回B-1グランプリ

兵庫県姫路市の
 「第6回B-1グランプリ」の来場者人気投票によると
 ・11月12、13日、来場者51.5万人(主催者発表)と過去最多
 ・参加29道府県から63団体過去最多、関西初開催

☆Bー1グランプリ、トップ10
1.ひるぜん焼そば(岡山県真庭市)
 昨年2位、ソースの代わりにみそだれを使う

2.津山ホルモンうどん(岡山県津山市)
3.八戸せんべい汁(青森県八戸市)
4.なみえ焼そば(福島県浪江町)
5.今治焼豚玉子飯(愛媛県今治市)

6.石巻焼きそば(宮城県石巻市)
7.勝浦タンタンメン(千葉県勝浦市)
8.十和田バラ焼き(青森県十和田市)
9.日生カキオコ(岡山県備前市)
10.あかし玉子焼(兵庫県明石市)

★上位に岡山と東北。おめでとう!

 会場は別にして、遠方から食べに行く場合は、
 期待しすぎないようにね。
 あくまで「男子中高生向けのB」ですから。

 さっぱり上品系もあるといいけど、B級じゃなくなるしな。

出張旅費調査

産労総研の
 「2011年度国内・海外出張旅費調査」によると
 ・上場企業3千社と同社会員企業対象、回答101社
 ・調査2011年9月

☆日帰り出張(国内)
・日当の支給状況
  支給する 86.1%、
  支給基準、距離時間地域で区分56.3%、一律同額42.5%

☆一律同額の場合の平均支給額
・社長   3775円
・取締役  2907円
・部長   2365円
・課長   2204円
・一般社員 1923円

★外食代の補助?


☆宿泊出張(国内)の日当、宿泊料
・日当の支給状況
  支給する 89.1%
  支給基準、距離時間地域で区分33.3%、一律同額64.4%

☆一律同額の平均支給額
・社長   5016円
・取締役  3792円
・部長   2979円
・課長   2748円
・一般社員 2429円

☆宿泊料
・定額払い57.4%、実費支給36.6%
・地域区分あり56.4%、全地域一律37.6%

☆全地域一律の場合の平均支給額
・社長  1万3573円
・取締役 1万1528円
・部長    9900円
・課長    9605円
・一般社員  8759円


☆海外出張の支度料
・支給する73.3%

・平均支給額
 (北米)平取締役8万5732円、課長6万1265円、一般社員5万4080円
 (中国)平取締役7万5244円、課長5万5245円、一般社員4万9265円

☆海外出張の滞在費(日当、宿泊料等)
・通貨 円建て43.6%、ドル建て30.7%

・日当の平均支給額
 (北米・ドル建て)役員61ドル、一般社員46ドル
 (北米・円建て) 役員7204円、一般社員4709円
 (中国・ドル建て)役員59ドル、一般社員44ドル
 (中国・円建て) 役員6779円、一般社員4306円

☆海外宿泊料の平均支給額
 (北米・ドル建て)役員120ドル、 一般社員97ドル
 (北米・円建て) 役員1万7719円、一般社員1万3222円、
 (中国・ドル建て)役員107ドル、 一般社員83ドル
 (中国・円建て) 役員1万6252円、一般社員1万1910円。


☆グリーン車、スーパーシート等の利用許可
・在来特急のグリーン車利用
  役員(平取締役)に認める36.6%、課長に認める5.0%
・新幹線のグリーン車利用
  役員(平取締役)に認める34.7%、部長に認める5.0%

・航空機のスーパーシート等の利用
  役員(平取締役)に認める18.8%

☆航空機の利用クラス基準等
・役員(平取締役) ビジネスクラス40.6%
・部長       エコノミークラス66.3%
・一般社員     エコノミークラス75.2%


☆航空券等のディスカウントチケット
・利用している  41.6%
・利用していない 48.5%

★利用してない??


☆出張旅費の削減策(複数回答)
《国内出張》
・回数券の利用           34.7%
・テレビ会議やウエブツールで代替  33.7%
・出張回数・人数の削減       29.7%

《海外出張》
・ディスカウントチケットや旅行パック利用 32.7%
・会社による一括管理(予約・手配等)   31.7%
・出張回数・人数の制限          20.8%

★業種や社風にもよるが、
 出張旅費・手当は、社員のちょっぴりお小遣いにも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。