FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

2人目の出産・子育てに関するアンケート

はっぴーママ.comの
 「2人目の出産・子育てに関するアンケート」によると
 ・有効回答、はっぴーママcom会員、830人
 ・インターネット調査2011.10月12日~25日

☆子どもは何人が理想か
・1人         1%
・2人        32%
・3人        54%
・4人         6%
・5人以上       1%
・できるだけたくさん 6%

☆現在のお子さんの人数
・1人   59%
・2人   30%
・3人    5%
・4人以上  1%

☆2人目が欲しいか(お子さんが1人以下の方に)
・絶対欲しい   45%
・できれば欲しい 31%

☆2人目が欲しい理由
・自分自身きょうだいがいたから 71%
・社会性が身に付きそう     62%
・子どもに遊び相手ができるから 61%

★生涯出産数(合計特殊出生率)が、2を超えると人口増。
 現在1.39、70年代前半までは2超。

女性に聞いた、なりたい顔

オリコンの
 「女性に聞いた、なりたい顔」によると
 ・インターネット調査、2011年10月25~28日
 ・オリコンモニター全国10~40代女性各125名、計500名

☆女性がなりたい顔
1.綾瀬はるか(前回2位)
  10~40代の全世代でTOP3入り、SK-IIや南極大陸

2.北川景子(1位)
  謎解きはディナーの後で

3.宮崎あおい(3位)
  篤姫、神様のカルテ、ツレがうつになりまして

4.佐々木希(6位)
5.新垣結衣(4位)

6.柴咲コウ(5位)
7.黒木メイサ(9位)
8.沢尻エリカ(8位)
9.松嶋菜々子(7位)
10.吉瀬美智子(圏外)

★韓国女性のように、みな整形するか。

 日本も、多くの芸能人が、目を大きくする、
 二重まぶたに目頭目尻切開位はしている。

 美人に男は寄ってき、甘く、優遇してくれる。

 美人=幸せ、ではないし、
 顔より心というが、はたして。

 美容整形テーマの小説に、
  唯川恵「テティスの逆鱗」、百田尚樹「モンスター」等。

10年の一般刑法犯、再犯が43%

法務省の
 「2011年度版・犯罪白書」によると

☆10年の刑法犯認知件数
・227万1309件、8年連続減少

☆10年の一般刑法犯の検挙数(交通違反除く)
・32万2956人、窃盗が54%
・うち再犯者、13万7614人
・再犯率   42.7%、97年から上昇続き

☆受刑者中、再入所する人数
・全入所者の56.2%(1万5205人)
  1.3ポイント増、04年から連続増

☆一般刑法犯で検挙されうちの少年
・8万5846人、全体の27%

☆再非行少年率(20歳未満の再犯者割合)
・31.5%、98年から増加継続で75年調査開始以降最悪
  強盗61.9%、恐喝60.8%

☆04年1~3月に少年院を出所した当時18~19歳の男女644人追跡調査
・25歳までに39%が再犯で刑事処分、女子の再犯は5%(2人)
・再犯時期は20~21歳に集中。 

★重犯罪や再犯者の刑期は伸ばすべき。

 国際化で世界でも稀有な日本のモラルが、残念ながらレベルダウン。
 中には膨大な更正コストがムダな人物もいる。

 まずは児童虐待への警察の強制介入から。

 人を不幸にするアメリカビジネス(TPP)の拒否も。

夫の小遣い調査

ソフトブレーン・フィールドの
 「夫の小遣い調査」によると
 ・9月29日~10月5日、インターネット調査
 ・同社登録20~60代既婚女性811人

☆家計の管理
・妻 82%
・夫 14%

☆夫の小遣い制
YES 76%

☆夫の1カ月の小遣い
・3万円以下 54%
  20代81%、30代73%、40代53%、50以上32%
・4~5万円  32%
  20代13%、30代21%、40代34%、50以上43%
・6~7万円  7%
  20代0%、30代4%、40代3%、50以上12%

☆小遣いに含まれるもの(家庭比率)
・昼食・喫茶    7割、20代は5割
・雑誌・書籍    7割
・散髪       6割
・タバコ      4割
・交通費・ガソリン 3割
・携帯       1割

※小遣い額が多い程、含む費用が多い。

★別ネタだが、
 コンビニの「おでん麺」は安くておいしいので、
 牛丼とで、昼飯定番ローテーションに。

見たくないタレントランキング、笑えない芸人ランキング

週刊文春2011年11月17日号の
 「見たくないタレントランキング」
 「笑えない芸人ランキング」によると
 ・2千人の集計

☆見たくないタレントランキング・2011
1.和田アキ子
2.沢尻エリカ
3.みのもんた
4.楽しんご
5.芦田愛菜

6.マツコ・デラックス
7.ローラ
8.明石家さんま
9.出川哲朗
10.久本雅美

※芦田愛菜ちゃんの場合は、
 心配、痛々しい、周りの大人は学校に通わせろ等、同情票。

★ほぼ同意、
 安っぽいバラエティ番組と、ひな壇芸人は半減で良いかと。
 おバカなローラは来年消えるということで。


☆笑えない芸人ランキング・2011
1.楽しんご
2.狩野英考
3.ピース
4.はんにゃ
5.千原兄弟、出川哲朗

7.ロンドンブーツ1号2号
8.ダウンタウン
9.ジャルジャル
10.品川庄司

★芸が薄くなったのは、生活と視聴者の変化から。
 TVに続き、スマホで、さらにおバカ化。

 TV30分、携帯は子供機種に。

都道府県・幸福度ランキング

法政大大学院・坂本教授らの
 「都道府県・幸福度ランキング」によると
 ・47都道府県の平均寿命や出生率、犯罪発生件数など
  40の社会経済統計指標から「幸せ度」を発表。

☆都道府県・幸福度ランキング
1位 福井、未婚率が低く、出生率が高く、
  障害者雇用率が高く、犯罪が少ない、
  女性就業率日本一で世帯収入も多い。
2位 富山、自然に恵まれ、趣味に費やす時間が長い。
3位 石川、弱者向け政策が行き届いている。
上位県は共に人口250万人以下で、2次産業比率が高かった。

4鳥取、5佐賀&熊本、
7長野、8島根、9三重、10新潟、
11滋賀、12香川、13岐阜、14山梨&大分、
16山口&徳島、18広島、19山形&静岡
21愛知、22岩手&長崎、24岡山、25群馬、
26栃木、27福島&愛媛&宮崎、30茨城、
31奈良、32和歌山、33千葉&神奈川、35鹿児島
36宮城、37秋田、38東京、39福岡、40青森
41沖縄、42京都、43北海道、44埼玉、45兵庫、
46高知、47大阪
 最下位大阪は、生活保護受給者が多く、
 治安が悪く、寿命が短かく、保育所定員比率が低い。

★指標次第だけど、若者は東京に来たがる。
 大阪は東南アジア風ということで。

2010年・世界の炭素排出量(速報・二酸化炭素換算)

米エネルギー省の
 「2010年世界の炭素排出量(速報)」によると
 ・各国の化石燃料エネルギー備蓄、国連統計、BPデータから算出

☆2010年・世界の炭素排出量(速報・二酸化炭素換算)
・世界合計 335億トン。18.8億トン、5.9%の大幅増

1.中国  82.4億トン、7.8億トン、10.4%の増!
2.米国  54.9億トン、2.2億トン、4.1%増
3.インド 20.7億トン、1.8億トン、9.4%増
4.ロシア 16.9億トン、0.9億トン、5.8%増
5.日本  11.38億トン、0.7億トン、6.8%増

6.ドイツ 7.63億トン、4.0%増
7.イラン 5.75億トン、2.8%増
8.韓国  5.63億トン、9.2%増
9.カナダ 5.18億トン、2.2%増
10.英国  4.93億トン、3.8%増

以下、サウジ、インドネシア、メキシコ、ブラジル、イタリア


★中米印イラン韓は、京都議定書に縛られない。

 カナダは批准したが、後に離脱。水力発電比が高いけど。

 70億人の1人当たりで、年4.8トン! どんだけぇ!(古いけど)

人間開発指数HDI、187の国と地域

国連開発計画UNDPの
 「2011年版人間開発報告書・人間開発指数(HDI)」によると、
 ・187の国と地域対象、日本12位。
 ・生活の豊かさを示す平均寿命や就学年数、生活水準など総合評価

☆人間開発指数HDI、2011
1.Norway
2.Australia
3.Netherlands
4.United States、超格社会差の米
5.New Zealand

6.Canada
7.Ireland
8.Liechtenstein
9.Germany
10.Sweden

11.Switzerland
12.Japan
13.Hong Kong
14.Iceland
15.Korea

16.Denmark
17.Israel
18.Belgium
19.Austria
20.France

24.Italy
28.United Kingdom
30.UAE

66.Russia
84.Brazil
92.Turkey
101.China
134.India
141.Bhutan

183.Chad
184.Mozambique
185.Burundi
186.Niger
187.Congo (Democratic Republic of the)

※4位米国は、不平等度合いを加味した
 不平等調整済み人間開発指数IHDIで、23位。
 日本のIHDIは未算出

★ブータンの141位が残念。指標次第ではあるが。
【“人間開発指数HDI、187の国と地域”の続きを読む】

贈賄度ランキング

トランスペアレンシー・インターナショナルの
 「2011年版・贈賄度ランキング」によると
 ・主要経済国28カ国の企業の贈賄実態
 ・取引経験ある30カ国の企業幹部3016人のアンケート等

☆主要経済国28カ国の企業の贈賄実態(10点満点に近いほど清潔)
1.オランダ、スイス 8.8点
3.ベルギー     8.7点
4.日本、ドイツ   8.6点
6.オーストラリア、カナダ 8.5点
8.シンガポール、英 8.3点
10.米国       8.1点

24.UAE、アルゼンチン 7.3点
25.インドネシア   7.1点
26.メキシコ     7.0点
27.中国       6.5点
28.ロシア      6.1点

※贈賄ゼロの国は無し

☆同・産業別の贈賄度
1.農業、軽工業       7.1点
3.情報技術、民間の宇宙航空 7.0点
5.銀行&投資、林業     6.9点

15.採掘           6.3点
16.石油ガス、採掘      6.2点
17.ガス電気水道、不動産・財産管理・法律事務所、  6.1点
19.公共工事        5.1点

★悪徳業種は、どの国も同様。
 零細でがんばる?町工場や農業はクリーン

2011年・男女格差ランキング

世界経済フォーラムの
 「2011年・男女格差報告・男女格差ランキング」によると
 ・135カ国対象、日本98位は4ランクダウン。

☆男女格差、Gender Gap
1.Iceland
2.Norway
3.Finland
4.Sweden
5.Ireland
6.New Zealand
7.Denmark
8.Philippines、フィリピンです
9.Lesotho
10.Switzerland

11.Germany
16.United Kingdom
17.United States

43.Russia
48.France、仏、不倫に寛容
61.China
74.Italy
98.Japan、日本
107.Korea
113.India

131.Saudi Arabia
132.Mali
133.Pakistan
134.Chad
135.Yemen

※日本は女性議員が少なく、経済分野も乏しい
 上位は北欧諸国、

 6年間に85%の国が男女格差縮小
 健康で96%まで縮小、教育で93%まで縮小

 政治経済は依然ととして大差
 大臣や議員の女性比率は20%以下、
 選挙による国家元首も約20%。

 企業に女性役員登用の義務付けがある国 2割
 女性議員の最低比率が定められている国 3割

★上位はいつもの北欧諸国

 スポーツの強い日本女性

 日本の女性政治家は貧弱だが、男性政治家もかなり酷いので、
 3割以上義務付けが良いかと。

米フォーブス、世界で最も影響力のある人物・2011

米フォーブス誌の
 「世界で最も影響力のある人物・2011」によると

☆2011年・世界で最も影響力のある人物
1.米・オバマ大統領、2年ぶり首位返り咲き
2.ロシア・プーチン首相
3.中国・胡錦涛国家主席、2010年1位
4.独・メルケル首相
5.ビル・ゲイツ

6.Abdullah bin Abdul Aziz al Saud・サウジ国王
7.Pope Benedict XVI・ローマ教皇
8.Ben Bernanke・米FR議長
9.Mark Zuckerberg・フェイスブック
10.David Cameron・英首相

36.日銀・白川総裁
37.北朝鮮・金正日総書記
60.ソフトバンク・孫正義
62.野田首相

★日本の外交は「目立たず、波風立てず、穏便に」なので、
 影響力ほぼゼロ.米中韓朝露に舐められるばかり。

 国防も含め、米従属を脱し、自主独立意識を高めないと。

 日本以外の国は腹黒い。

中国富裕層の海外移住、海外資産

中国・胡潤研究院と中国銀行の
 「2011中国個人資産管理白書」によると
 ・中国18都市の1000万元以上の億万長者対象、980件回答
  保有資産平均6000万元、平均年齢42歳
 ・今年5~9月

☆海外永住権を持つか、手続き申請中
YES 14%

☆国外脱出を検討している
YES 46%

☆海外に資産を
・保有している 3割強
・計画中    3割弱

☆海外投資の目的
・子供の教育のため 5割
・海外移住するため 3割強

★最上層部さえ愛国心ゼロの危ない国、中国!!
 共産党員と官僚は上から下まで贈賄だらけ。

 次期主席の最右翼、習近平国家副主席も、
 弟ガ豪州居住、姉とその夫はカナダ籍、
 娘がハーバード留学中、前妻は英国居住、
 親戚の多くが海外で暮らしている。

 同じ副主席の曽慶紅は、息子が豪州に永住、26億円の豪邸に住んでいる