最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自治体が国や電力会社からもらった原発マネー

毎日新聞調査の
 「原発関連で、国や電力会社が自治体に払った原発マネー」によると
 ・経産省資源エネルギー庁の資料、自治体への取材などから
 ・未公表の自治体も多く、実際はさらに巨額

☆自治体に払われた原発マネー、66年以降
・計 2兆5253億円

・電源3法交付金    9152億8300万円
・道県の核燃料税   6749億6820万円
・原発に伴う市町村税 8920億1299万円
・電力会社の寄付    530億3814万円

★原発建設費は1機が3~4千億円で、
 延べ建設費は、約21兆円!

 それが、ゼネコンやGE、東芝、日立とその下請けに。
 一部は税金に、一部は電通やマスコミ、御用学者、CMのタレントへ。


☆財政力指数=財源の独自収入割合
・全国平均 0.55(09年度決算)、町村は0.1台も多い。

1.茨城県東海村 1.687、人口3万7405人、原発マネー非公開
2.福島県大熊村 1.50、人口1万1405人、 延べ1013億円
3.佐賀県玄海町、1.494、人口6550人、  非公開
4.新潟県刈羽村、1.49、人口4892人、  延べ957億円
5.宮城県女川町、1.41、人口1万0232人、

・原発立地21市町村中、11自治体が1.0を超え、他も1に近い

※交付金は、135万kw級で、着工から運転開始まで7年で465億円、
 毎年7億円近くが入り、運転開始後は4分の1に減り、
 その代わり固定資産税が、初年度35億円程。
 こちらは資産の減価償却で、年々減額し、
 5年後半減、16年度以降は当初の5%相当になる。

 国や電力業界にとっては、端金だが、
 (電力業界は年売上16.3兆円(21年)、18.3兆円(20年)と巨大ビジネス)
 小さな町村には莫大な額で、環境が一変する。

 しかし、地元の関連事業は、
 大手ゼネコンの孫請けと、交付金のハコモノ建築だけ。
 若者は高給与の下請け勤務にと、囲い込まれ、
 原発反対者は減少していく。


★電源3法交付金は、ほぼ原発用だが、
 経産省等の、原発のコスト計算には含まれない。
 廃炉コストや、燃料棒等の超長期管理コストも含まれない。

 原発は元々、アメリカの強要に、中曽根・正力が応じ、
 自民・官僚・産業界が加わったもの。

 昔は「鉄腕アトム」があり、イメージも悪くなかったし。
 アメリカに逆らうと、殺されるか、潰された。今も?


 とはいえ、当面はガス発電で、原発停止を補填しつつ、
 原発用の資金と埋蔵金を、自然エネルギー発電の高効率化研究に。

 インチキ臭プンプンの孫氏は排除して。
スポンサーサイト

セブンイレブン,海外11カ国の義捐金

セブン&アイホールディングスの
 「東日本大震災義援金・3回目の寄贈ご案内」によると
 ・6月13日発表
 ・世界11カ国と国内

☆1~3回の延べ義捐金
・合計    41億円
・国内    36億9382万円
・海外11カ国  4億2551万円

☆各国のセブンイレブン募金合計、 1店当たり額
1.台湾        3億0368万円、 6万3892円
2.アメリカ・カナダ   6534万円、  9846円
3.タイ         1600万円、  2684円
4.香港         1188万円、 1万2518円
5.シンガポール     1127万円、 2万0491円

6.マレーシア       528万円、  4275円
7.ハワイ         418万円、 7万7407円
8.メキシコ        387万円、  3120円
9.インドネシア      293万円、10万8519円
10.韓国          74万円、   217円

★台湾、ハワイ、インドネシアの皆さん、特にありがとう。

 いただいた上で、なんですが、
 韓国への政治的配慮や援助は、もう一切無しで良さそう。

☆届け先、1~3回延べ金額
・宮城県 12億9539万3396円
・岩手県 10億4421万1543円
・福島県 10億4421万1543円
・茨城県   8000万円
・千葉県   8000万円
・青森県   6000万円
・栃木県   6000万円
・長野県栄村 3000万円

★各家庭まで早く届くと良いですが。

世界の栄養不良人口

国連食糧農業機関FAOの
 「世界の栄養不良人口」によると
 ・5%以下の経済先進国は統計から除外
 ・ソマリアも統計がなく除外
 ・健康的な生活や軽度の身体運動を維持する
  食事エネルギー量の最低限レベルを継続的に下回っている状態

☆栄養不良の人口
・世界 8億4750万人、世界人口の約13%、

1.コンゴ民主共和国(旧ザイール)、69%、4190万人
2.エリトリア  64%、300万人
3.ブルンジ   62%、470万人
4.ハイチ    57%、550万人
5.コモロ    46%、 40万人

6.ザンビア   43%、520万人
7.アンゴラ   41%、710万人
8.エチオピア  41%、3160万人
9.中央アフリカ 40%、170万人
10.モザンビ-ク 38%、810万人

※上位10カ国中、アフリカが9カ国を占めた。

★上位は独裁国家や内戦中の国がほとんど。
 経済大国は、資源や利権確保が主で、
 援助や紛争仲介は形だけ。

 国連も本気の援助は、構造上出来ない。


11.チャド    37%、380万人
12.シェラレオネ 35%、180万人
13.ルワンダ   34%、310万人
14.タンザニア  34%、1370万人
15.リベリア   33%、120万人

16.北朝鮮    33%、780万人
17.東チモール  31%、 30万人
18.ケニヤ    31%、1120万人
19.イエメン   31%、670万人
20.タジキスタン 30%、200万人


25.バングラディシュ 27%、4170万人
28.パキスタン  26%、4340万人
37.スーダン   22%、880万人
40.インド    21%、2億3770万人
55.タイ     15%、1080万人
60.フィリピン  15%、1320万人
65.インドネシア 13%、2990万人
72.ベトナム   11%、960万人
74.中国     10%、1億3040万人
89.ブラジル    6%、1210万人


※栄養不良人口が多いのは
1.インド、2億3770万人、人口の21%
2.中国、 1億3040万人、人口の10%

★民主主義と人権の実現は前途多難だが、

 世界でも稀有な高モラルの国、日本が力を出そう。

平成22年度・食料自給率

農水省の
 「平成22年度・食料自給率」によると

☆カロリーベースの自給率(世界で日韓のみ採用)
・39%、1ポイント低下

★肉や卵は輸入飼料なので、ほぼ除外
 野菜は低カロリーなのでほとんど寄与せず。

 国内農業は、健康安全美味こだわり志向で、
 野菜と肉の生産は順調なのに、おかしなデータ。


☆生産額ベースの自給率
・69%、1ポイント低下


☆品目別・自給率(重量ベース)
・米   97%(主食用100%)
・小麦   9%
・大豆   6%
・野菜  81%
・きのこ類 86%
・果実  38%

・牛肉  42%、(輸入飼料率分を除くと11%)
・豚肉  53%、(同・6%)
・鶏肉  68%、(同・7%)

・鶏卵  96%、(同・10%)

・牛乳・乳製品 67%、(同・28%)

・魚介類 54%
・海藻類 70%

・砂糖類 26%
・油脂類 13%

★輸入飼料を奨励したのは、農水省とアメリカ

 怪しいカロリー自給率だが、
 輸入飼料分相当を、別途明記しはじめ、少し改善。


☆米の1人当年間消費量
・59.5kg、1kg増
  コンビニの弁当&おにぎりが好調、震災発生後の買いだめも。

★宮沢賢治「1日4合と味噌と少しの野菜~」の時代には戻らない。

 農水省と農協の革命はいつ?

焼酎メーカー売上ランキング

帝国データバンクの
 「10年・焼酎メーカー売上ランキング」によると
 ・焼酎売上比50%以上の全国企業対象に調査

☆メーカー別売上
・上位50社合計 2981億円、2.5%減

1.三和酒類(いいちこ、大分県宇佐市)522.6億円、4.9%減
  調査開始以来8年連続1位だが、6年連続減

2.霧島酒造(黒霧島、宮崎県都城市)、472.6億円、10.4%増
  調査開始以来8年連続2ケタ増、8年で3.8倍に。

3.薩摩酒造(さつま白波、鹿児島県枕崎市)、205億円、9.7%減
  4年連続減

4.雲海酒造(いいとも、雲海、宮崎市)、192.5億円、10.1%減
5.二階堂酒造(大分むぎ焼酎二階堂、吉四六、大分県日出町)
  7.7%減の180億円、7.7%減

※宝ホールディングス、1905億2500万円中、焼酎762億1400万円(40.0%)
  実質1位、純、タカラ缶チューハイや、松竹梅

 オエノンホールディングス、837億0700万円中、焼酎412億9200万円(49.3%)
  合同酒精、福徳長酒類、富久娘酒造、秋田県醗酵工業、
  山信商事などのグループ。ハチブドウ酒や電気ブランも。

☆県別売上高
1.鹿児島(23社)、977億円、4.8%減
2.宮崎(6社)、  794億円、3.4%増、昨年3位
3.大分(4社)、  757億円、5.3%減、昨年2位
  いいちこ減少が影響

★ハイボールが増え、
 飲み屋でも、焼酎の種類が減りました。

世界主要国のビール生産量

キリン食生活文化研究所の
 「2010年世界主要国のビール生産量」によると
 ・169カ国対象
 ・1974年分から統計開始

☆世界の総生産量
・1億8562万kl、 東京ドーム150杯分
 2.2%増、26年連続過去最高更新

☆国別生産量
1.中国、    4483万kl、6.3%増、9年連続トップ
2.アメリカ、  2282
3.ブラジル、  1260、18.0%増
4.ロシア、   1024、6.2%減
5.ドイツ     957、

6.メキシコ    799、
7.日本、     585、発泡酒・第3含
8.イギリス    450、
9.ポーランド   399、
10.スペイン   334、

※伸びが大きいのは
・ブラジル   18.0%増
・ベトナム   15.2%増
・ナイジェリア 10.0%増
・フィリピン   7.5%増
・中国      6.3%増

★暑い日はやはり、ビール!

軽自動車の普及率

全国軽自動車協会連合会の
全国軽自動車協会連合会の
 「平成23年3月末現在の世帯当たり軽四輪車普及台数」によると
 ・住民基本台帳世帯数と国交省の自動車保有車両数から算出
 ・震災被災で、未集計の22市町村のみ前年データ。

☆軽自動車の世帯当たり普及台数
・100世帯に50.6台、昨年の49.9台を抜き、初の5割超。

☆同・都道府県別
1.鳥取 98台
2.佐賀 98台
3.島根 98台
4.長野 96台
5.山形 96台
6.長野 96台

43.千葉 37台
44.埼玉 36台
45.大阪 26台
46.神奈川 20台
47.東京 11台

★地方では文字通り、一家に一台
 
 来月には燃費30km/L(JC08モード、10.15モード32km/L)の
 ダイハツ・イースが80万円で発売。

 マツダのスカイアクィブとこれとで、ハイブリッド並に。 「平成23年3月末現在の世帯当たり軽四輪車普及台数」によると
 ・住民基本台帳世帯数と国交省の自動車保有車両数から算出
 ・震災被災で、未集計の22市町村のみ前年データ。

☆軽自動車の世帯当たり普及台数
・100世帯に50.6台、昨年の49.9台を抜き、初の5割超。

☆同・都道府県別
1.鳥取 98台
2.佐賀 98台
3.島根 98台
4.長野 96台
5.山形 96台
6.長野 96台

43.千葉 37台
44.埼玉 36台
45.大阪 26台
46.神奈川 20台
47.東京 11台

★地方では文字通り、一家に一台
 
 来月には燃費30km/L(JC08モード、10.15モード32km/L)の
 ダイハツ・イースが80万円で発売。

 マツダのスカイアクィブとこれとで、ハイブリッド並に。

人気スポーツに関する全国意識調査

中央調査社の
 「人気スポーツに関する全国意識調査・19回」によると
 ・7月7~18日
 ・全国20歳以上男女4000人に個別面接、回答1269人

★回答率3割で、面接調査というのが??

☆最も好きなスポーツ選手
1.イチロー、19.5%、7年連続1位
2.石川遼、 17.1%、女性1位
3.長友佑都、 4.0%
4.白鵬    3.3%、前年10位、見事な人格!
5.長嶋茂雄  3.2%

6.浅田真央、前年2位
  韓国贔屓の電通が潰し、電通は韓国から表彰された。
7.王貞治
8.魁皇、お疲れ様でした。
9.松井秀喜
10.沢穂希

11.田中将大
12.クルム伊達、宮里藍
14.ダルビッシュ、長谷部、本田圭佑

★イチロー、奇跡の200本到達はあるか。

 ピート・ローズは、37歳198安打、38歳208安打、40歳185安打
 サム・ライスが、 38歳202安打、39歳199安打、40歳207安打


☆好きなプロスポーツ
1.野球   45.1%
2.サッカー 26.9%
3.ゴルフ  19.9%
4.大相撲  15.1%、昨年2位
5.ボクシング 7.7%

☆好きなプロ野球チーム
1.巨人、  21.4%、7.3ポイント下げ、調査開始以来19年連続1位
2.阪神   12.6%
3.日本ハム  5.8%
4.ソフトバンク 5.2%
5.中日    5.0%

☆好きなJリーグ1部チーム
1.ガンバ大阪    6.1%
2.鹿島アントラーズ 5.3%、昨年1位
3.浦和レッズ    4.9%
4.名古屋グランパス 4.3%
5.横浜マリノス   2.6%

☆好きな現役力士
1.白鵬、 34.1%、4年連続1位
2.魁皇  23.1%
3.高見盛、 9.1%

★ビジネス用資料なので、ほぼTVイメージの一般論。

F1ドライバーランキング

伊有力紙ガゼッタ・デロ・スポルトの
 「F1ドライバーランキング」によると
 ・ポイントと別に、車の性能差も考慮した査定

☆F1ドライバーランキング、11戦時点ポイント
10点 セバスチャン・ベッテル(レッドブル)、234

9点 ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、146
   フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、145

★アロンソは、9.5でも?

8点 ジェンソン・バトン(マクラーレン)、134

7点 ニコ・ロズベルグ(メルセデス)、48

6.5点 小林可夢偉(ザウバー)、27
   エイドリアン・スーティル(フォースインディア)、18

6点 セバスチャン・ブエミ(トロロッソ)、12
   ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ)、10
   ポール・ディ・レスタ(フォースインディア)、8
   セルジオ・ペレス(ザウバー)、8

5.5点 マーク・ウェバー(レッドブル)、149
   ビタリー・ペトロフ(ロータスルノー)、32
   パストール・マルドナード(ウィリアムズ)

5点 フェリペ・マッサ(フェラーリ)、70
   ニック・ハイドフェルド(ロータスルノー)、34
   ミハエル・シューマッハ(メルセデス)、32、Wチャンプ7回も過去に
   ルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)、4
   ティモ・グロック(ヴァージン)
   ヘイキ・コバライネン(ロータス)
   ヤルノ・トゥルーリ(ロータス)
   ダニエル・リチャルド(ヒスパニア)
   ビタントニオ・リウッツィ(ヒスパニア)

4点 ジェローム・ダンブロシオ(ヴァージン)
   カルン・チャンドック(ロータス控え)
   ナレイン・カーティケヤン(ヒスパニア控え)

★可夢偉が7番目!
 以前、ポイントは6位までだったが、今は10位まで。
 でも、これまでの琢磨、虎、右京、阿久里、中島より上か。

 スーティル、ブエミとは、ほぼ毎レース接戦。

 同僚のペレス、可夢偉と予選はタメだけど、6点は高すぎのような。

 5.5点以下は、新人にシートを奪われる可能性が。

国別・会社員休日数

Mercerの
 「会社従業員が年間に取得する休暇日数の
  各国・地域別ランキング」によると
 ・09年に取得した、有給休暇最低日数と有給公休日の日数の合計
 ・週5日働く勤務歴10年の従業員対象
 ・39カ国・地域対象

☆年間・休暇日数
1.41日、ブラジル、リトアニア
3.40日、フィンランド、フランス、ロシア
6.38日、オーストリア、マルタ
8.37日、ギリシャ、
9.36日、英国、日本、ポーランド、スウェーデン、スペイン

14.35日、ノルウェー、ルクセンブルク、ポルトガル、スロバキア、キプロス
19.34日、デンマーク、韓国


36.26日、香港
37.25日、シンガポール、米国
39.21日、中国

※米国は有休15日と公休10日で、
 休暇取得を義務付ける連邦法がない
 有休が米より少ないのは、インドと中国だけ。

★日本も少なくは無い。残業は多いけど。

米、自動車盗難件数・車種別

全米保険犯罪協会(NICB)の
 「米国内で昨年報告された自動車盗難の被害件数」によると

☆米国内で昨年報告された自動車盗難の被害件数・車種別
1.ホンダの94年型アコード、アコードは3年連続首位
  昨年盗まれたアコード5.2万台中、90年代モデルが4.4万台
  00年以降モデルは5700台。

※古い車は部品価値が高く、中古のアコードやシビックの部品は、
 車をそのまま売るより、はるかに高く売れる。

2.ホンダの95年型シビック
3.トヨタの91年型カムリ
4.GMの99年型シボレー・シルバラード
5.フォードの97年型F―150(トラック)
6.クライスラーの04年型ダッジ・ラム(トラック)

※自動車盗難は7.2%減(中間発表)で、確定すれば67年以来最少。
 電子チップ埋め込むキーといった防犯技術普及による。

★アコードはカムリと共に、米でのベストセラーだけど、
 17年も前の車。カムリは20年前の車。
 その部品が高値取引なんですね。

 日本のエコカー減税よりもエコ。

 トヨタのランクルなら、高くて、世界中で売りやすそうだが。

鉄道、国別1人当たり年間利用距離

スイス公共交通情報サービス
(Swiss Public Transport Information Service)の
 「各国の国民1人当たりの鉄道利用距離(年間)」によると
 ・国際鉄道連合(International Union of Railways)のデータから

☆国民1人当たりの年間鉄道利用距離
1.スイス   2258キロ
2.日本    1910キロ
3.デンマーク 1322キロ、
4.フランス  1320キロ

☆1人当たり年間乗車回数
1.日本    69回
2.スイス   50回
3.デンマーク 35回

★日本は電車の通勤通学者がたくさんいるし、
 膨大な人数の鉄ちゃんも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。