FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

放射性廃棄物、東京ドーム2個分

資源エネルギー庁の
 「エネルギー白書・放射性廃棄物の処理処分」によると

☆放射性廃棄物の処理処分
《低レベル放射性廃棄物》
・2008年3月末現在
・全国の原子力発電所内貯蔵施設に、
 200リットルドラム缶換算で、60万本分貯蔵

・青森県六ヶ所村の日本原燃に
 2009年11月末現在、21.3万本を埋設処理

《長半減期低発熱放射性廃棄物》
・2008年3月末現在、
 日本原子力研究開発機構と日本原燃に
 200リットルドラム缶換算、14.5万本を保管

《ウラン廃棄物》
・2008年3月末現在、
 民間ウラン燃料加工業者等に、4.7万本
 日本原燃に、4500本、
 日本原子力研究開発機構に 5.0万本が保管

★以上、小計でドラム缶、106万本分!
 縦に10本、横500本、奥行き212本で積むと、容積287万m3
 124万m3の東京ドーム2個以上!になる。

 貯蔵所が国会議事堂の地下とか、
 東京のお台場にあったら、めちゃ脅威ですね。


《高レベル放射性廃棄物・ガラス固化体》
 ・2010年1月末現在
  青森県六ヶ所村と茨城県東海村に、1664本貯蔵

 ※発生量見込み、
  09年12月末までの原発燃料で、2万3100本相当。

 ※ガラス固化体は、5mm厚のステンレスボトルの中に、
  ガラスと高濃度放射能廃液を混ぜ、固めた150リットルを入れ、
  高さ134cm、直径43cm、重さ490kg。

  1本で2300wを発熱し、放射能量はウラン鉱石の2万倍。
  数万年後に、ウラン鉱石レベルまで減衰する。


★原発の建屋上部に、使用済み核燃料を大量冷却保管していることも、
 福島の事故までは、一般に知られていなかった。

 発生直後の核燃料の溶融と、
 再臨界(チェルノブイリ類似)の可能性は、
 関係者も米も皆知っており、米は80km圏外へ避難命令、
 他諸国も追従し、ヨード剤配布等をした。

 日本は溶融を正直に話した安全保安院の中村審議官をすぐ更迭し、
 経産省の西山氏を据えた。

 パニックを抑えたのは事実だけれど...

エネルギー白書・09年度電力供給

資源エネルギー庁の
 「エネルギー白書・09年度電力供給」によると

☆発電電力量の構成・2009年度末
          発電電力  発電設備容量
1.天然ガス(火力) 29.4%  25.5%、6161万kW
2.原子力      29.2%  20.2%、4885万kW
3.石炭(火力)   24.7%  15.7%、3795万kW
4.水力        8.1%  19.2%、4638万kW
5.石油等(火力)   7.6%  19.1%、4617万kW
6.その他自然     1.1%   0.2%
  (太陽光、太陽熱、バイオマス、風力、地熱等)

★火力発電も主力は石油ではなく、ガスと石炭。
 環境対応とコストとで。

4月、原子力発電所・稼働率

電気事業連合会の
 「4月、原子力発電所・稼働率」は

☆4月、原子力発電所・稼働率
・54基中17基
・50.9%。通常は6~7割

※福島・浜岡に加え、九電の玄海2、3号機、
 北電泊原発3号機、関電大飯原発1号機も営業運転に移れない。

 運転中17基も順次検査に入り、最遅は柏崎刈羽原発3号機の来年3月。

★政府は、原発から自然エネルギー転換への
 スケジュール戦略を発表しないと。

 来春の全原発停止は難しい。

ドイツの2010年、再生可能エネルギー発電

ドイツ環境省の
 「2010年、再生可能エネルギー発電」によると

☆2010年、ドイツの再生可能エネルギー発電
・1017億kwh、総発電量の16.8%、(09年16.3%)
・バイオマス  335億kwh、10.6%増
・風力発電   365億kwh、 5.4%減
・水力     197億kwh、 3.1%増
・太陽光発電  120億kwh、81.8%増

☆総発電量に占める再生可能エネルギーの割合
・90年    3.1%
・00年    6.4%
・02年    7.8%
・04年    9.2%
・06年   11.6%
・08年   15.1%
・10年   16.8%(2010年目標を速く達成)
・20年目標 30%以上

※再生可能エネルギー発電で、
 年1.2億トンのCO2が削減され、
 昨年より3万人多い37万人の雇用につながったとした。

※再生可能エネルギーの
 暖房用給湯など含む総エネルギー量は2754億kwh相当
・バイオマス 1964億kwh、10.2%増
・風力発電   365億kwh、 5.4%減
・水力     197億kwh、 3.1%増
・太陽光発電  120億kwh、81.8%増
・地熱     56億kwh、14.3%増
・太陽熱    52億kwh、10.6%増

★メルケルは原発に戻しかけた政策を、
 福島を機に、再び、脱原発へ

新社会人の5月病調査

メディアインタラクティブの
 「新社会人の5月病調査」によると
 ・20代で4月に入社した新社会人男女272人
 ・インターネット調査、5月11~18日

☆心境や体調の変化
1.疲れがたまってきた       47.1%
2.まだ緊張している        40.1%
3.社会人としての自覚がでてきた  31.6%
4.業務についていけるか不安    30.5%
5.働ける喜びを感じている     27.9%

6.仕事が楽しくなってきた     26.1%
7.早く慣れようと焦る気持ちがある 22.8%
8.やる気がでてきた        21.7%
9.ダルさが続く          13.6%
10.人間関係で悩みが多い      10.7%
11.仕事を辞めたいと思う      9.9%

★学生とは当然、大違い。

☆5月病の自覚
・感じる           7.7%
・どちらかといえば感じる  21.0%
・どちらともいえない    21.7%
・どちらかといえば感じない 19.9%
・感じない         29.8%

☆ゴールデンウイークの過ごし方(複数回答)
1.自宅でゆっくり 58.8%
2.旅行      24.3%
3.里帰り     22.8%
4.その他     16.9%
5.仕事の勉強   14.3%
6.普通に出勤   11.4%
7.休日出勤     6.6%

★社会は厳しい。強く生きましょう。

東京都内主要19ホテル客室稼働率

日経の
 「東京都内主要19ホテル客室稼働率」

☆東京都内主要19ホテル客室稼働率
・4月 40.5%
・3月 49.8%

※データのある1991年以降、2カ月連続最低更新

 5月はやや戻りつつある

★いまだ外人不在、ホテルも半分以上空き。

10年度主要旅行会社・取扱高

観光庁の
 「10年度主要旅行会社・取扱高」によると

☆10年度主要旅行会社・取扱高
・合計    5兆9303億7289万円、102.9%

・海外旅行  2兆2013億4762万円、112.1%
・外国人旅行   641億7245万円、119.0%
・国内旅行  3兆6648億5283万円、 97.9%

☆業者別・取扱高
1.JTBグループ  1兆1244億円、4.4%増
2.近畿日本       3872億5212万円、 1.9%増
3.日本旅行       3762億5159万円、 8.3%増
4.阪急交通       3483億3555万円、 1.3%減
5.HIS        3200億7528万円、 4.3%増
6.楽天トラベル     2535億2698万円、17.0%増

☆うち、国内旅行
1.JTB       7092億0253万円、 0.4%減
2.楽天トラベル    2379億4871万円、15.6%増
3.日本旅行      2348億9427万円、 1.3%減
4.近畿日本ツーリスト 2346億7501万円、 6.4%増
5.ANA       1790億7045万円、 1.8%減

★楽天躍進、旅予約はネットが普通に。

 楽天トラベルは04年に「旅の窓口」を吸収し、
 ホテル・旅館の手数料を6%から7~9%に値上げした。

☆うち、海外旅行
1.JTBグループ   3846億3811万円、 3.7%増
2.HIS       3033億8057万円、15.4%増
3.阪急交通      2228億2048万円、 2.2%増
4.近畿日本      1436億8118万円、17.2%増
5.日本旅行      1319億6075万円、28.5%増

★海外旅行はHISがJTBを急追。

米フォーブスのセレブランキング

米フォーブス誌の
 「セレブランキング(有名人番付)」によると
 ・5月1日まで過去1年の税引き前所得と、メディア露出、SCN影響力など

1.レディー・ガガ、収入9千万ドル、73億円
  フェイスブック3200万人、ツイッターフォロワー1千万人
2.オプラ・ウィンフリー、2.9億ドル、司会者
3.ジャスティン・ビーバー、収入5300万ドル、17歳
4.U2、収入1億9500万ドル
5.エルトン・ジョン(1億ドル)

6.タイガー・ウッズ
7.テイラー・スウィフト、カントリー歌手
8.ボン・ジョビ
9.サイモン・コーウェル、英音楽プロデューサー
10.レブロン・ジェームス、NBA

★ネット活用が芸能界にも大影響。

 3位ジャスティン・ビーバーは、YouTube投稿をきっかけにデビュー。
 今月、日本公演実施