最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

避難所・避難者の規模、東北と神戸

「避難所・避難者の規模、東北と神戸」

☆避難所・避難者の規模、東北と神戸
       東北(確認済のみ) 神戸
・避難者数   44万人      31.6万人
・避難所数   2200カ所     1100カ所
・範囲     500km       100km

・死者不明者  2.7万人以上    6400人

★範囲が広いため、避難所の状況確認と、
 支援物資の搬入に時間がかかっている。

 トイレ環境、暖房、野菜、下着、ガソリン、情報が不足。

 自宅避難者までには物資が渡らず

 原発問題も支援の障害。

 神戸では、すぐ隣の大阪の被害が少なく、
 近くから支援できた。


 仙台空港と仙台塩釜港が使えるようになりました。

企業等、多数が義援金

「企業等、多数が義援金を発表」(一部です)

☆12日、義援金、支援物
パナソニック3億円とラジオ懐中電灯乾電池、キャノン3億円、
日本郵政3億円、みずほ・三菱東京UFJ・三井住友・野村・大和が各1億円。
稲川会が物資100トン直接搬入、

☆13日、義援金、支援物資
東芝5億円、ソニー3億円とラジオ、
トヨタ3億円と物資・サービス、JT3億円と飲料水、

☆14日、義援金、支援物資
ファーストリテイリング柳井氏10億円、会社3億円と衣料7億円分、社員1億円。
富士フィルム3億円と物資4.7億円分、
ゴールドマンサックス5億円、
ホンダ3億円と発電機、ブリチストン2億円と自転車・寝具、
伊藤忠・住友商事・三菱商事・丸紅が各4億円、
サントリー3億円と水3万本、キリン3億円と飲料食品、任天堂3億円、
楽天3億円、セガサミー2億円、田辺三菱製薬1億円と医薬品、
シャープ1億円、富士通1億円、JRA1億円、小林製薬1億円と衛生用品、
YKK1億円、バンダイナムコ1億円、オートバックス1億円と充電器、
資生堂1億円と水のいらないシャンプーなど4万点、
電通1億円、麻生グループ1億円、
伊東ハムがソーセージ4.8万本・ミートパイ6万パック・うどん1万食
EXILEが義援金と飲料水5万本。

☆15日、義援金、支援物資
セコムがマスク消毒剤等10億円分、
AKB48が5億円、カゴメ3億円、青山商事3億円、
マクドナルド1億円、米マクドナルド200万ドル、
日清食品カップ麺100万食と調理車7台、
日本ハム1億円と17万食、カゴメ3億円、
森永が栄養食品180万個、明治1億円と食品13万個
博報堂1億円、カプコン1億円等。
米ウォルマート500万ドル相当、チヨダがスニーカー2.3万足、


☆16日義援金、支援物資
パチンコのマルハン5億円、
ジャパネットたかた5億円と充電電池1万セット、
ワールド保温性の高い下着等5万枚、
H&M衣服10万枚、グンゼ2億円相当衣料品、
セイコー・エプソン・オリンパス・ニコン各1億円、
高島屋1億円、エイベックス1億円、スタバ1億円
グリコ菓子11.5万個・食品4.7万個・ミルク4800缶、

☆17日義援金、支援物資
アディダス防寒着など5億円分、
米コーチ4億円、アローズ5千万円と防寒機能製品など、
オンワード1億円と毛布など10万点、JTB1億円、
ダルビッシュ氏5000万円

★以下、後に追加分

☆18日義援金、支援物資
ヤマダ電機4.5億円と物資3千万円分、
イチロー氏1億円、久米宏氏2億円、
松井秀喜氏5千万円、
ロッテ日韓各1億円、

☆19日、義援金、支援物資
吉野家が牛丼毎日3千食

☆20日義援金、支援物資
サムスンが金と物資で計6.2億円分

☆21日、義援金、支援物資
すき家牛丼を延1.6万食

☆23日義援金、支援物資
台湾の長栄集団・張栄発総裁10億円
台湾の鴻海精密工業・郭台銘董事長も個人と会社で2億台湾ドル(5.5億円)
グッチやプーマのPPR200万ユーロ(2.3億円)、プーマジャパン衣や靴1.7万点

☆25日義援金、支援物資
米コカコーラ、日本社の6億円と飲料720万本に加え、総額3100万ドル(25億円)拠出発表
楽天10億円以上を提供する用意?
松坂100万ドル(8千万円)

☆26日義援金、支援物資
宇多田ヒカル100万ドル(8千万円)と献血
ニトリ寝具3万セット(3億円分)

☆日にち不明
SMAP、各自別で、計4億円強

☆28日義援金、支援物資
ニトリ会長5億円等12億円追加、延18億円分
ルイヴィトン5億円

☆29日、義援金、支援物資
石川遼2億円目標、今期賞金全額とバーディ数×10万円

☆3月1日、義援金、支援物資
三木谷氏10億円以上(入社式で表明)

☆3日、義援金、支援物資
ソフトバンク孫社長100億円とソフトバンク役員報酬約1億円を引退するまで、
企業分10億円。

★ありがとう! 出来たら2千億円位、赤十字一括振込みにして。

☆6日、義援金、支援物資
セブン&アイ伊藤名誉会長10億円、鈴木会長1億円、
企業5億円、店頭募金12億円の計28億円

☆7日、義援金、支援物資
小林幸子氏が米10トンとまんじゅう1.2万個
ヤマト宅配便1個10円寄付、料金変更せず、年130億円相当、連結純利益の約4割。

★ありがとう。ゆうパックや佐川、日通もね。



★政府の税金大量投入が、もちろん大前提ですが、

 大企業はぜひ内部留保分の大幅拠出を。


 大金持ちの池田大作氏は?
 学会の総資産10兆円?に課税するだけでも。

 孫氏は?、資産8千億円?

 三木谷・宮内・南部各氏は?

 鳩山家は?、糸山英太郎氏は?

 森ビルは?

 パチンコ各社は?

 米ウォルマート家は?

 中田英氏は?

 紳助氏は?

 電通やマスコミ、
 富豪の著名スポーツ選手、著名芸能人は、
 募金活動の前に、
 自らの拠出を先にしたほうが、
 節税と好感度アップになりますよね。

★募金は日本赤十字か、各県に直接
 △上記以外のネット募金、TV募金、日本ユニセフ、街頭は、ロスの可能性があり。

福島原発、チェルノブイリ、放射能等

「福島原発、チェルノブイリ、放射能等」

☆福島第一原子力発電所(全て沸騰水型軽水炉BWR、東電)
・1号機 46.0万kw 燃料二酸化ウラン 71年営業運転開始
・2号機 78.4万kw 燃料二酸化ウラン 74年
・3号機 78.4万kw 燃料MOX (プルサーマル) 76年
・4号機 78.4万kw 燃料二酸化ウラン 78年
・5号機 78.4万kw 燃料二酸化ウラン 営業運転開始78年

☆福島第二原子力発電所(全て沸騰水型軽水炉BWR 、東電)
・1号機 110.0万kw 燃料二酸化ウラン 82年営業運転開始
・2号機 110.0万kw 燃料二酸化ウラン 84年
・3号機 110.0万kw 燃料二酸化ウラン 85年
・4号機 110.0万kw 燃料二酸化ウラン 87年

※9機の合計出力 759.6万kw、全停止中
 第一は多分、全廃に。

☆柏崎刈羽原子力発電所
(1~5沸騰水型軽水炉BWR 、6,7 改良型沸騰水型軽水炉 ABWR、東電 )
・1号機 110万kW 85年営業運転開始、東芝
・2号機 110万kW 90年、東芝
・3号機 110万kW 93年、東芝
・4号機 110万kW 94年、日立
・5号機 110万kW 90年、日立
・6号機 135.6万kW、96年、東芝/日立/GE
・7号機 135.6万kW 97年、東芝/日立/GE

※7基の合計出力 821.2万kwは世界一
 現在2~5号機の合計出力440万kwが停止中。

 07年中越沖地震で、全炉緊急停止、3号機横の変圧器が火災。
 柏崎市が使用停止命令し、
 09年12月7号機が再開、10年1月6号機再開、10年8月1号機再開、
 11年2月5号機再開


★原発の内情は、実際に設計や現場管理をなさり、
 その後被爆作業員の支援や、原発反対を訴えた
 平井憲夫さんの文章が、有名で具体的です。
 (初めての方は必読!)
 http://www.iam-t.jp/HIRAI/index.html#about

-----------------------------------------------------------

●国際エネルギー機関(IEA)の発表によると、
「日本は原発停止不足分を補う、十分な石油火力発電能力があり、
日本の石油火力発電は09年稼働率30%、
ガス火力発電所の稼働率は現在55%。
原発の不足分を、石油の火力発電で代替すると、
日本の石油需要が、日量20万バレル増える可能性が。」

-----------------------------------------------------------

火力発電の修理復旧と、休止機の復活、稼働率アップで、
真夏も対応可能でした。確認不足ですみません。

《供給電力の試算》
1.東京電力の総発電出力 《合計》6266.3万kw
  水力   1852.0万kw
  火力    3683.1万kW
  原子力   1730.8万kW
  風力・地熱   0.4万kW

2.地震で停止《合計》1357.8万kw
  原子力   910.0万kw、福島第1第2
  火力    715.0万kw

3.復旧可能 《合計》617.3万kw
  鹿島 火力  320.0万
  大井 火力   35.0万
  東扇島 火力 100.0万

  横須賀(休止中)、火力6機210万kw、ガス2機17.3万、計227.3万kw
  東新潟(休止中)、港1号機35万kw

※早期復旧予定、205万kw
  大井2号機35万、東扇島1号機100万
  横須賀7、8号機計70万kw

※破損が激しいのが広野、常陸那珂

※柏崎刈羽原子力、7機821.2万kw中、停止2~4号機計330万kW

4.復旧後の総発電出力
 1の6266.3万kw ー 2の1357.8万kw + 3の617.3万kw
 = ●5525.8万kw

※今の東電の供給 ●3300万kw(他電力会社支援含)は、
 稼働率、60%

5.夏のピーク需要

 今回発表の夏ピーク時の想定は6000万kw。
 しかし、猛暑だった昨夏の東電発表では

 最多.7月30日(木)14~15時、●5450万kw、東京最高気温33.2度
 2番 .7月16日(木)14~15時、 5411万kw、   〃  34.2度

 www.tepco.co.jp/forecast/html/maxsummer.pdf

 通常は夏の各日ピーク時で、●4500~5000万kw
 節約すれば、稼働率80%の ●4500万kwで、充分そう。

★よって、火力発電所の復旧と休止機の再稼働、
 火力発電所の稼働率アップで、夏も十分対応できます。

-----------------------------------------------------------

★放射能の単位
 ベクレル(Bq) = 放射能の量
          1ベクレル=1秒に1つの原子核が崩壊し、
                放射線を放つ、放射能の量
 グレイ(Gy)  = 放射線の強さ
          1グレイ=放射線1ジュールを物質1kgで吸収する吸収線量
          1グレイ=100ラド(旧単位)
 シーベルト(Sv)= 生体に与える影響も加味した放射線の強さ
          1Gy/h = 0.8 ~1.0 Sv/h
 カウントパーミニッツ(cpm)=放射線測定機に1分間に入る放射線数
                アバウトなシーベルト。120cpm=1μSv

※モニタリングポストの数値は、
 放射線量(空気中の放射性物質からの放射線の量)の表示です

-----------------------------------------------------------

★放射線量(空気中の放射性物質からの放射線)のリアルタイム表示
・避難退去地区にかかっている南相馬市の市長さんによると、
 同市の放射線量は2~3マイクロシーベルトアワー

・仙台の東北大・田村先生の放射線リアルタイムデータ
 https://spreadsheets.google.com/pub?hl=ja&hl=ja&key=0AqCNir5ySiBLdGc5eW8wcDUyRG9scHBvUTVaV0V4Znc&output=html

・茨城県の複数の放射線リアルタイムデータ
 http://www.houshasen-pref-ibaraki.jp/present/result01.html
 1μGy/h(マイクログレイ・アワー)=0.8~1μSv/h(マイクロシーベルト・アワー)

・東京・日野市、石川さんの放射線リアルタイムデータ
 http://park18.wakwak.com/~weather/geiger_index.html
 ここはCPMで、大雑把ですが、その1%がマイクロシーベルトアワー。


・福島原発では、瞬間的に、40万マイクロシーベルトアワー
 (400ミリシーベルトアワー)を記録。
 1時間当たったら、急性障害です。

・北茨城市で、瞬間的に、5576マイクロシーベルトアワー
 (5.6ミリシーベルトアワー)を記録。

・枝野長官の言うように、20キロ圏外は充分に安全な数値です。



★原発関係者による怪しい数値と思われるかもしれませんが、
・タバコ喫煙、1本が200マイクロシーベルト(??、諸説あり)

・東京ニューヨークの飛行機往復、190マイクロシーベルト

・胸部レントゲン、1回7000マイクロシーベルト(7ミリシーベルト)

・自然からの受容量、
 世界平均、年2400マイクロシーベルト(2.4ミリシーベルト)
 日本平均、年1000マイクロシーベルト(1ミリシーベルト)

・原発作業者などの年間許容線量
 年5万マイクロシーベルト(50ミリシーベルト)

★ヒトの体内にも元々、カリウム40という放射性物質が含まれ、
 およそ6000-7000Bq(ベクテル)の放射能があります。

-----------------------------------------------------------

★チェルノブイリ、スリーマイル

チェルノブイリは、格納容器もなく、
大爆発炎上、放射性物質10トンを放出(広島の400倍)、
1万km2(100km四方)が、セシウム137の555KBg/m2汚染。
その後、30km2以内の住民は強制移住。
遠方の国まで放射能飛散。

事故直後の健康への影響は、半減期8日の放射性ヨウ素が主、
その後は、半減期30年のストロンチウム90とセシウム137の土壌汚染。


2番目のスリーマイル事故が
汚染地区の半径10マイル(16キロ)
周辺住民の被曝、10~1000マイクロシーベルト。
(アワーでなく、累計です)

★今も、チェルノブイリのようにはならないと思っています。

安全・保安院、敵前逃亡

「安全・保安院、敵前逃亡」

★経産省の原子力安全・保安院は質問に答え
 福島第1原発に通常7人いる保安検査官の全員が、
 15日午前、50キロ離れた郡山市に避難、
 その後福島県庁まで避難し、現場に1人もいないと回答。

 その後、22日に2名のみ復帰。


★複数の政府関係者によると、14日、東電は、
 全員退去を枝野官房長官と海江田経産相に申し入れ。
 両氏は認めず、首相に報告。首相も拒否。


★日本人も色々です。

 現場で必死の作業を続ける
 自衛隊、消防、警察、原発作業員、東電関連会社社員、
 少しだけ残った東電社員達をどう思っているのだろう。

 津波初日に行方不明と報道された、冷却担当の東電社員2名は、
 翌日、郡山の飲み屋で目撃情報あり。(未検証)


★原子力安全・保安院は、幹部全員が、
 現場作業した方達に1日土下座の上、即廃院を。
 退職金・年金全額を被災地へ。



 東電幹部も同様か。
 東電役員の平均年収7500万円(未検証)

 著名なスポーツライター玉木氏によると、
 東電の広報誌は、ギャラ500万円(通常の10倍?)で、
 原発反対以外なら何でもOKで、さすがに断ったとか。