FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

世界で最も住みやすい都市ランキング

英エコノミストの
 「世界で最も住みやすい都市ランキング2011」によると
 ・世界140都市対象、治安や医療、文化環境、教育、インフラなど
  30項目を基に、住みやすさを数値化。

☆ベスト10
1.バンクーバー(カナダ)98.0、5年連続1位
 冬季オリンピックとパラリンピックで、インフラや文化環境を上昇
 住人は、雨ばかり、不動産や物価が高いと。

2.メルボルン(オーストラリア) 97.5
3.ウィーン(オーストリア)97.4
4.トロント(カナダ)97.2
5.カルガリー(カナダ)96.6

6.ヘルシンキ(フィンランド96.2)
7.シドニー(オーストラリア)96.1
8.パース(オーストラリア)95.9
9.アデレード(オーストラリア)95.9
10.オークランド(ニュージーランド)95.7

★移住するなら?カナダかオーストラリア

12.大阪、ジュネーブ
16.パリ
18.東京
31.香港
44.ロサンゼルス
53.ロンドン
56.ニューヨーク
72.北京
92.ヨハネスブルグ、サハリ以南アフリカで最上位

☆地域別・平均ポイント
・西欧        92.0
・北米        91.3
・世界平均      76.0
・東欧        72.1
・アジア&豪     71.8
・中南米       69.4
・中東&北アフリカ  64.1
・サハラ以南アフリカ 51.1

★サハラ以南アフリカの、解決しない貧困


☆ワースト10
140.ハラレ(ジンバブエ)37.5
 治安25,医療20.8,文化環境53,教育66.7,インフラ35.7

139.ダッカ(バングラデシュ)38.7
 治安50,医療29.2,文化環境43.3,教育41.7,インフラ26.8

138.ポートモレスビー(パプアニューギニア)38.9
 治安30,医療37.5,文化環境44.2,教育50,インフラ39.3

137.ラゴス(ナイジェリア)39.0
136.アルジェ(アルジェリア)39.4
135.カラチ(パキスタン)40.9
134.ドゥアラ(カメルーン)44.0
133.テヘラン(イラン)45.8
132.ダカール(セネガル)48.3
131.コロンボ(スリランカ)48.5

★国家格差も縮まらず。

国勢調査・人口速報

総務省の
 「平成22年国勢調査・人口速報集計」によると
 ・2010年10月1日現在
 ・日本常住の外国人含(外交官と軍人、その家族は除く)

☆10月1日現在の我が国の人口
・1億2805万6千人
 ※外人が増えたので、総人口が減少しなかった。

☆人口密度
・343人/km2、世界平均 51人の6.7倍

※人口1千万以上の国の人口密度
 1.バングラデシュ1142人、2.韓国487人、3.オランダ401人
 8.日本343人

☆都道府県の人口
・9都府県で人口増
・38道府県で人口減

1.東京    1316.2万人
2.神奈川   905.0万人
3.大阪    886.3万人
4.愛知    740.8万人
5.埼玉    719.5万人
6.千葉    621.7万人
7.兵庫    558.9万人
8.北海道   550.7万人
9.福岡    507.3万人
10.静岡    376.5万人

45.高知    76.5万人
46.島根    71.6万人
47.鳥取    58.8万人

☆都道府県の人口密度
全国平均 343人/km2
1.東京  6017人/km2
2.大阪  4670人
3.神奈川 3746人

45.秋田  93人
46.岩手  87人
47.北海道 70人

★東京は北海道の86倍。北海道に惹かれるはずです。

 保育園や幼稚園、公共施設の設定基準が、
 全国共通なのは無理ですね。
 地方分権を。


☆区市の人口
1.東京区部 894.9万人、5.4%増
2.横浜市  369.0万人
3.大阪市  266.6万人
4.名古屋市 226.4万人
5.札幌市  191.4万人
6.神戸市  154.5万人
7.京都市  147.4万人
8.福岡市  146.4万人、4.5%増
9.川崎市  142.6万人、7.4%増
10.さいたま市 122.3万人
11.広島市  117.4万人
12.仙台市  104.6万人

※市町村数
 787市、 36市増
 941町村、525町村減


☆世帯規模(1世帯当たり人員)
・2.46人、平成17年2.58人

1.山形   3.01人
2.福井   2.93人
3.佐賀   2.88人

45.大阪  2.31人
46.北海道 2.27人
47.東京  2.06人

★地方でも大家族は少なくなった。

有名人のマラソン記録ランキング

有名人の
 「マラソン記録ランキング」
 ・15年3月まで
 ※天候にかなり左右される
  たいていスタートロス時間含む

☆有名人のマラソン記録
※がんばれゆうすけ 14東京マラソン    2時間26分47秒、ランニングコーチで吉本所属
1.猫ひろし     15東京マラソン     2時間27分52秒
※宇野けんたろう  11大阪マラソン    2時間37分05秒、有名じゃないが芸能人
2.高石ともや    79別府毎日マラソン  2時間45分27秒
※西谷綾子     14東京マラソン    3時間03分03秒、有名じゃないがモデル
3.そのまんま東  04国際青島太平洋   3時間06分58秒
4.間寛平     98ラスベガスマラソン 3時間08分42秒
※鶴見辰吾    15横浜マラソン    3時間12分58秒(距離不足で非公認)
5.長谷川理恵   03ホノルルマラソン  3時間15分36秒

※大櫛エリカ    11ゴールドコースト  3時間23分01秒、有名じゃないがモデル
6.伊達公子    04ロンドンマラソン(初)3時間27分40秒
7.村上春樹    91ニューヨークシティ 3時間31分26秒
8.ノッチ     10東京マラソン(初) 3時間34分42秒
※爆笑問題田中元夫人 07東京マラソン   3時間34分48秒
9.郷ひろみ    85ホノルルマラソン  3時間38分37秒
10.大蔵(ケツメイシ)07ホノルルマラソン 3時間42分39秒

11.鈴木宗男   94那覇マラソン    3時間44分40秒
12.上岡龍太郎  95ゴールドコースト  3時間48分24秒
13.安田美沙子  11湘南マラソン    3時間49分10秒
14.魔裟斗    09東京マラソン(初) 3時間51分14秒
15.玉袋筋太郎  09東京マラソン    3時間59分32秒

★みんなすご~い。

 ヴァージンの会長も、昨年のロンドンで仮装して、5時間02分24秒

 現役のボクサー兄弟は、東京で5時間超。
 伊達さんの3時間半に比べると、どうもね。

日中韓米4カ国・高校生の生活調査

日本青少年研究所などの
 「4カ国・高校生の生活調査」によると
 ・10年6~11月
 ・日本1113人、米1011人、中1176人、韓3933人

《健康》
☆週に5日以上運動した者
・日本33.3%、米国26.0%、中国17.8%、韓国10.8%

☆女子、自分は太っている、少し太っている
・日本71.1%、肥満度BMIの平均値は 20.0
・韓国57.0%、   同      20.4
・中国39.2%、   同      20.2
・米国28.8%、   同      22.6

★標準とされるBMIは、18.5~25.0
 BMI20.0の日本女子高校生の7割強が
 デブ意識なのは、異常事態


☆男子・自分は太っている、少し太っている
・韓国30.6%、肥満度BMIの平均値は 21.5
・日本29.5%、   同      20.8
・中国18.7%、   同      20.7
・米国17.6%、   同      23.0

★米でも高校生時代はデブが少ない。


☆自分の体型に満足している
・米国80.8%、中国58.3%、韓国27.4%、日本26.6%

☆ダイエットの経験
・女子、韓国67.1%、中国48.0%、日本46.2%、米国33.1%
・男子、韓国35.0%、中国32.4%、米国21.5%、日本10.1%

☆喫煙経験者
・中国30.0%、米国24.2%、韓国22.2%、日本7.2%

☆ストレスを感じたことがよくある
・韓国48.5%、米国43.2%、日本32.6%、中国15.6%

☆自分の健康に関心が強い
・米国54.6%、韓国42.5%、中国35.1%、日本17.7%

☆親が私の健康に関心が強い
・中国60.1%、韓国56.4%、米国55.2%、日本30.8%


《自意識》
☆自分は価値のある人間だと思う
・米国57.2%、中国42.2%、韓国20.2%、日本7.5%

☆自分を肯定的に評価するほう
・米国41.2%、中国38.0%、韓国18.9%、日本6.2%

☆自分に満足している
・米国41.6%、中国21.9%、韓国14.9%、日本3.9%

☆自分が優秀だと思う
・米国58.3%、中国25.7%、韓国10.3%、日本4.3%

☆自分の優秀さを親が評価している
・米国91.3%、中国76.6%、韓国64.4%、日本32.6%

★日本の数値が極度に低い。

 若い人の指導は、自信を持たせつつね。

昨年の警察が摘発した校内暴力事件

警察庁がまとめた
 「昨年の全国の警察が摘発した校内暴力事件」は

☆摘発した校内暴力事件
・1211件、87件増

・教師に対する事件  688件、56.8%
・生徒間の事件    376件、31.0%
・学校施設を壊すなど 147件、12.1%

☆摘発・補導した小・中・高校生
・1434人、75人増

※ともに中学生が全体の9割超

★氷山の一角。
 教室で落ち着かない児童・生徒

 もちろん、良い子もたくさん。

国民生活時間調査

NHK放送文化研究所の
 「国民生活時間調査」によると
 ・昨年10月調査
 ・全国10歳以上7200人に質問用紙を配り、4905人回答

☆午後9時~9時半に仕事をしている男性、減少
・20代 10%、05年20%
・30代 14%、05年20%

☆平日に家事をする男性、増加
・20代 32%、05年23%
・30代 40%。05年32%

☆平日、娯楽としてネットを利用する人、増加
・20代 32%、05年22%
・30代 33%、05年18%

☆睡眠時間は減少
・平日  7時間14分、8分減
・土曜日 7時間37分、10分減
・日曜日 7時間59分、15分減

★7時間半は、90分の睡眠サイクルに合致して、安眠。 【“国民生活時間調査”の続きを読む】

米コンシューマー・リポーツの11年車のメーカー番付

米コンシューマー・リポーツ4月号の
 「2011年自動車メーカー番付」によると
 ・主要13社対象
 ・路上パフォーマンス、信頼性、燃費など

☆2011年型新車ベストメーカー
1.ホンダ(アキュラ含)  74点、5年連続首位
 Most are reliable and well-rounded performers.
 Hondas usually handle well but suffer from road noise.
 Highs: Ride, handling, powertrains, controls, crash-test results.
 Lows: Road noise.

★驚異的な5年連続トップ。
 特にこだわりがなく、機能と価格のバランスで選ぶなら
 ホンダのフィットが世界一。乗り心地も改善されている。

2.スバル         73点
 Most are dependable all-wheel-drive vehicles
 that have simple controls.
 Fuel economy is not a typical strength.
 Highs: Ride, handling, controls, crash-test results.
 Lows: Engine noise, fuel economy.

3.トヨタ(レクサス含)  71点
 Reliability remains top notch.
 Most are comfortable and quiet but usually not so sporty.
 Toyota leads in hybrid technology.
 Highs: Quietness, fuel economy, ride, powertrains, acceleration.
 Lows: Lack of agility, rear visibility in some, fit and finish in newer models.

4.ボルボ         68点
5.フォード(リンカーン含)67点

6.現代(韓、起亜含)   66点
7.マツダ         65点
8.日産(インフィニティ含)65点
9.フォルクスワーゲン(アウディ含)63点
10.メルセデス       57点

11.BMW         57点
12.ゼネラル・モーターズ  56点
13.クライスラー(ダッジ・ジープ含)43点

※BMWやベンツ等は、快適性や乗り心地は高評価だが、
 信頼性が低かった。

☆ベストカー
 The best overall value, regardless of category
・Honda Fit、ホンダのフィット

☆タイプ別ベストカー、ワーストカー
 best and worst vehicles for the money in each category:

* Best Value Small Car: Honda Fit
* Worst Value Small Car: Chevrolet Aveo5 1LT

* Best Value Family Car: Toyota Prius Four
* Worst Value Family Car: Chevrolet Impala LT (3.5)

* Best Value Upscale Sedan: Acura TSX (4-cyl.)
* Worst Value Upscale Sedan: Buick Lucerne (V8)

* Best Value Luxury Sedan: Hyundai Genesis 4.6
* Worst Value Luxury Sedan: BMW 750Li
★現代がトップで、BMがケツ!

* Best Value Sporty Car: Mini Cooper (base)
* Worst Value Sporty Car: Porsche 911 Carrera S
★ポルシェ911カレラが!

* Best Value Wagons/Minivans: Mazda5 Grand Touring
* Worst Value Wagons/Minivans: Kia Sedona EX

* Best Value Small SUVs: Toyota RAV4 (base, 4-cyl.)
* Worst Value Small SUVs: Jeep Liberty Sport

* Best Value Midsize SUVs: Hyundai Santa Fe GLS (4-cyl.)
* Worst Value Midsize SUVs: Jeep Wrangler Unlimited Sahara

★for the money のベスト&ワーストだけど、
 それにしても、BMやポルシェがケツねえ。

アメリカの2010年新車販売・車種別ランキング

「アメリカの2010年新車販売・車種別ランキング」によると
 best selling cars in the USA in 2010

☆アメリカの2010年新車販売・車種別ランキング
1.Ford F-Series     52万8349台 28%増、フルサイズピックアップ(トラック)
2.Chevrolet Silverado  37万0135台 17%増、フルサイズピックアップ
3.Toyota Camry     32万7804台 -8%
4.Honda Accord     28万2530台 -2%
5.Toyota Corolla    26万6082台 -10%

6.Honda Civic      26万0218台 0%
7.Nissan Altima     22万9263台 13%増
8.Ford Fusion      21万9219台 21%増、中型セダン
9.Honda CR-V      20万3714台 6%増
10. Dodge Ram P/U    19万9652台 13%増、フルサイズピックアップ

★アメリカの生活は走行距離も長く、
 カムリ・アコードの中型セダンが最適。
 セカンドカーにカローラ、シビック。

 ピックアップは実用面の他、大金持ちも憧れる牧場生活イメージで。


18.Toyota Prius     14万0928台 1%増
★日本では1位の31万5669台

26 Honda Odyssey 108,182 9%
28 Mazda3(アクセラ)106,353 10%
29 Toyota Tacoma 106,198 -4%

31 Honda Pilot  102,323 23%
33 Nissan Versa(ティーダ)  99,705 21%
34 Nissan Rogue  99,515 29%
35 Toyota Sienna 98,337 18%
37 Lexus RX    95,790 3%
39 Nissan Sentra 94,065 14%

40 Toyota Tundra 93,309 18%
41 Subaru Outback 93,148 68%
42 Toyota Highlander 92,121 12%
43 Subaru Forester 85,080 9%

63 Honda Fit   54,354 -19%
★日本ではワゴンRとタントに次ぐ4位の18万5439台

64 Nissan Murano 53,999 3%

★トヨタバッシングがあったが、普通の人は日本車。
 マッチョ好きはピックアップ米車が優位。
 燃費は大分改善されつつあります。