FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

レジャー白書、余暇市場

日本生産性本部の
 平成21年「レジャー白書」によると
 ・全国15歳以上3千人対象余暇活動実態調査結果等より

☆余暇活動参加人口
1.ドライブ   6740万人、高速料金値下の恩恵
2.国内旅行   6390万人
3.外食     6370万人、長年の首位から陥落
4.映画     5260万人
5.音楽鑑賞   5150万人

6.動物園、植物園、水族館、博物館 5040万人、9位から浮上
7.ビデオ鑑賞  5010万人
8.カラオケ   5000万人
9.宝クジ    4950万人
10.テレビゲーム 4720万人

13.ピクニック、ハイキング、野外散歩、3690万人、17位から浮上
※ サイクリング・サイクルスポーツ 950万人から1520万人に大幅増
※ ランニングも引き続き好調


☆余暇市場規模2010年
・69兆5520億円、4.3%減、1989年以来の70兆円割れ。

・スポーツ部門、2.4%減
  ランニングと自転車が好調、ゴルフ場売上減。フィットネスも会員減で縮小。

・趣味・創作部門、4.2%減
  映画などエンタティメント系レジャーは堅調。

・娯楽部門、3.4%減
  パチンコは6年連続減。ゲーム、ギャンブルも低下。外食既存店も落ち込み。

・観光・行楽部門、9.4%減
  新型インフルで遊園地・テーマパーク入場者が減。
  旅行の店頭販売、ホテル・旅館も縮小。

★ラン、チャリ、登山。みんな団塊高齢者か。

夏バテ

東京電力テポレの
 「夏バテに関するアンケ-ト」によると
 ・インターネットリサーチ
 ・2010年7月8~11日
 ・TEPORE会員5万9774人、男性59%、女性41%

☆毎年、夏バテをしますか
1.夏バテしない          28.0%
  60代38.9%、70代41.4%
2.毎年ではないが軽い夏バテをする 27.9%
  20代21.4%、30代24.5%、60代31.2%、70代31.8%
3.毎年軽い夏バテをする      25.7%
  20代35.2%、30代31.6%
4.よくわからない          7.7%
5.毎年ではないがひどい夏バテをする 7.0%
6.毎年ひどい夏バテをする      3.4%

★60代70代は若いころ、エアコン無し体験してるせいでしょうか。


☆夏バテの症状はどのような
1.体がだるくなる      79.5%
2.すぐに疲れる       50.7%
3.食欲がなくなる      39.3%
4.無気力になる       30.3%
5.よく眠れなくなる     24.8%

6.立ちくらみ・めまいがする 19.5%
7.熱っぽくなる       12.0%
8.目覚めが悪くなる     11.1%
9.胃もたれする       10.2%
10.イライラする       9.6%

☆夏バテになってしまう原因は何だと思いますか
1.湿度の高さ       57.3%
2.気温の高さ       55.6%
3.疲れの蓄積       30.1%
4.睡眠不足        25.1%
5.冷たい飲食物の摂り過ぎ 20.6%

6.自宅以外の冷房の効き過ぎ 15.1%
7.ストレスの蓄積     12.8%
8.運動不足         8.4%
9.不規則な生活       7.9%
10.水分不足        4.9%

★今年の猛暑は無理せず、エアコンをつけましょう。
 ドライ+扇風機でも効果大

冷凍庫の中身

ドゥハウスの
 「冷凍に関する調査」によると
 ・20~60代既婚女性248人
 ・2010年7月16~20日

☆あなたの冷凍庫に入っている食品
1.精肉        79.4%
2.アイスシャーベット 75.8%
3.ご飯        61.7%
4.氷枕        43.5%
5.パン        41.5%

6.魚(焼き魚)    39.9%
7.麺         39.5%
8.惣菜        36.3%
9.枝豆        33.5%
10.餃子        28.6%

11.ミックスベジタブル 25.8%
12.ほうれん草     20.6%
13.チャーハン/ピラフ 19.8%
14.シーフードミックス 19.4%
15.ブロッコリ     19.0%

★うちはご飯と惣菜、アイス位だけど。
 肉も冷凍するのね。

 スーパーの肉は解凍で、再び冷凍するのはダメなはずだけど。

結婚後のお互いの親とのつきあい

ゼクシィnetの
「どうする?結婚後のお互いの親とのつきあい」によると
 ・回答285人(男性16人、女性269人)
 ・2010年5月21日~6月22日

☆実家づきあいのうち行ったことのあるもの
・正月帰省
  新郎実家84.2%、新婦実家78.8%
・お盆帰省
  新郎実家60.1%、新婦実家47.9%

・母の日プレゼント
  新郎実家81.6%、新婦実家83.1%
・父の日プレゼント
  新郎実家75.6%、新婦実家74.6%

☆実家への帰省回数
・新郎実家 平均、年13.1回
・新婦実家 平均、年13.0回

☆帰省は誰と
・新郎実家 ひとり16% ふたりそろって84%
・新婦実家 ひとり51%、ふたりそろって49%

★月1回の実家。距離が近ければね。
 孫ができれば、爺婆は大歓迎だし。

上半期の書籍市場

オリコンの
 「2010年上期の書籍市場調査」によると
 ・09年12月28日~10年6月27日)
 ・全国1717書店の週間売上から推定

☆2010年上期の書籍市場調査
・売上部数 6億5414万部、1.5%増
・売上額  5762億円、1.9%減

☆部門別売上額
・書籍    3771億円、3.8%減、2億9923万部、0.2%減
  ムック      29.7%増の669億円
  趣味・生活・実用 31.3%増の821億円
  ガイド地図    44.1%増の170億円
  児童書      15.9%増の321億円

・文庫     657億円、0.1%減、1億0411万部、0.5%増

・コミック  1333億円、3.0%増、2億5080万部、4.1%増

★実用本は2ケタ増


☆出版社別売上
1.講談社   479億円、4.6%増
2.集英社   444億円、7.9%増
  コミックのシェア27.0%
3.小学館   296億円、1.8%増
4.角川    264億円、6.5%増
5.新潮社   180億円、8.9%減

6.学習研究社 133億円、12.3%増
7.スクウェアエニックス 187億円、0.9%減
8.宝島社   107億円、17.9%増
9.アスキー  151億円、18.9%増
10.昭文社   89億円、13.2%増

★大手出版社は好調。出版文化より、ますはビジネス

住民基本台帳に基づく全国の人口

総務省の
 「住民基本台帳に基づく全国の人口(3月31日現在)」によると

☆総人口
・1億2705万7860人、男性48.9%、女性51.1%、1万8323人減、3年ぶり減
  08、09年は企業の海外縮小の在外邦人帰国があり、総人口は微増

・死亡者数 114万6105人、過去最多
・出生者数 107万3081人、過去2番目に少ない
・自然減   7万3024人、過去最多

☆年齢別
・0~14歳の年少人口の割合  13.42%、過去最低
・65歳以上の老年人口    22.68%、過去最高

☆都道府県別
・人口増
  東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、沖縄、福岡、大阪、滋賀の9都府県

☆東京・名古屋・関西の3大都市圏の人口
・6417万1324人、過去最高

☆市部に住む人口の割合
・初めて9割超え

★人口減と都市集中

一級河川水質調査

国交省の
 「一級河川(直轄管理区間)水質調査」によると

☆平成21年の全国一級河川109水系、環境基準達成状況
※BOD値又はCOD値が環境基準を満足した調査地点の割合

・91%、2年連続で過去最高
  河川96%、湖沼38%

☆1級河川165の2009年水質状況ランキング
1.尻別川(北海道)、後志利別川(同)、鵡川(同)、沙流川(同)、
 姫川(新潟)、黒部川(富山)、宮川(三重)、川辺川(熊本)の8河川

☆ワースト、08年から同じ顔ぶれ
1.綾瀬川(埼玉、東京)
2.中川(埼玉、東京)
3.大和川(大阪、奈良)
4.猪名川(大阪、兵庫)
5.鶴見川(神奈川)

★大都市圏がワースト