FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

OECD31カ国の医療費

経済協力開発機構OECDの
 「医療費調査、OECD Health Data 2010」によると
 ・加盟31か国

☆医療支出(健康費用)の国内総生産(GDP)比、2008年
※00年から08年までの期間で7.8%から9.0%に上昇
 医療技術の変化や、人口増加、高齢化などで。

1.米       16.0%、公費7.4%、私費8.5%
2.フランス    11.2%、8.7、2.5
3.スイス     10.7%、6.3、4.4
4.オーストリア  10.5%、8.1、2.4
5.ドイツ     10.5%、8.1、2.5

※平均       9.0%、6.5、2.4

19.英国      8.7%、7.2、1.5
22.日本      8.1%、6.6、1.5
26.ルクセンブルグ 7.2%、6.5、0.7

29.韓国      6.5%、3.6、2.9
30.トルコ     6.0%、4.1、1.9
31.メキシコ    5.9%、2.8、3.1

☆国民1人当たり医療費
1.米       7538ドル
2.ノルウェー   5003
3.スイス     4627
4.ルクセンブルグ 4210
5.カナダ     4079

※平均      3060ドル

16.日本      2729

29.チリ      999
30.メキシコ    852
31.トルコ     767

★米の私費8.5%、4031ドルが突出
 私費2位のスイスでも1891ドル、
 3位カナダ1216ドル、平均816ドル、日本496ドル

 米は医療コストそのものが高すぎる上、
 国民の17%4600万人が無保険。
 米では金持ちと大企業社員しか、病院に行けない。
 が、オバマの医療保険改革は可決したものの、
 保険料上昇懸念として、共和党全員と民主議員32人が反対した。


☆MRI台数(人口100万人当)
1.日本  43.1台
2.米   25.9台
3.ドイツ 21.8台

平均12.8台

☆CTスキャナー台数(人口100万人当)
1.日本      97.3台
2.オーストラリア 38.8台
3.韓国      36.8台

平均 23.9台

★最新機器設備は日本の病院が圧倒的に充実

世界の都市別生活費

マーサーの
 「2010年世界生活費調査」によると
 ・2010年3月、214都市調査
  住居、交通、食料、衣料、家庭用品、娯楽等200以上の価格調査
 ・ニューヨークの指数を100
 ・為替は2月の平均レート

☆生活費の高い都市
1.アンゴラのルアンダ
2.東京
3.チャドのンジャメナ
4.モスクワ
5.ジュネーブ
6.大阪
7.ガボンのリーブルヴィル
8.香港、チューリッヒ
10.コペンハーゲン

★アフリカの一部やモスクワが物価バブル

11.シンガポール、ノルウェーのオスロ
13.セーシェルのビクトリア
14.ソウル
15.ミラノ
16.北京
17.ロンドン、パリ
19.名古屋、テルアビブ

★北京がパリとロンドンより物価高。

21.サンパウロ
22.スイスのベルン
23.ニジェールのニアメ
24.シドニー
25.上海
26.ローマ
27.ニューヨーク
28.ウィーン
29.リオデジャネイロ
30.サンクトペテルブルグ

31.ヘルシンキ
32.セネガルのダカール
33.メルボルン
35.アムステルダム
45.キューバのハバナ
50.アブダビ

55.ブリスベーン、ロサンゼルス、ドバイ
66.コロンビアのボゴタ
70.ブラジルのブラジリア
75.バンクーバー
76.トロント
78.台北
85.ニューデリー
89.ムンバイ
94.ジャカルタ
98.モントリオール

111.ワシントン
121.ハノイ、バンコク
138.クアラルンプール
149.オークランド

151.ヨハネスブルグ
161.ブエノスアイレス
163.ウェリントン
166.メキシコシティ
171.ケープタウン
176.オマーンのマスカット
181.サウジアラビアのジッダ
186.リビアのトリポリ
190.バンガロール
196.ボスニアヘルツェゴビナのサラエボ

203.ボツワナのハボローネ
204.パラグアイのアスンシオン
205.ナミビアのウィントフック
208.エチオピアのアディスアベバ
211.ボリビアのラパス
212.パキスタンのイスラマバード、ニカラグアのマナグア
214.パキスタンのカラチ

★上下格差は約3倍

夏休みの旅行動向

JTBの
 「2010年夏休み(7月15日~8月31日)の旅行動向」によると
 ・全国200地点各6名、計1200名
 ・調査2010年6月2~14日、専属調査員の個別訪問調査
 ・7月15日から8月31日に1泊以上の旅をする15歳~79歳の男女

☆夏休みの国内旅行
・7412万人、4.0%増
・旅行費用 3万5300円 2.9%増
・旅行消費額 2兆6164億円、7.0%増

☆夏休みの海外旅行
・244万人、   8.4%増
・旅行費用   21万8700円、3.0%増
・旅行消費額  5336億円、11.7%増

※ハワイ、グアム・サイパン、韓国が人気。

 エミレーツ航空やエティハド航空など中東系航空会社の
 ドバイ、トルコ、欧州も関心を集めている。

★旅ビジネスがやや回復。

高校生の頃の自分に言いたいこと

gooの
 「高校生の頃の自分に言いたいこと」によると
 ・ネットアンケート(選択回答式)
 ・10年5月21~24日
 ・モニター、有効回答1152名、男性39%、女性61%

☆高校生の頃の自分に言いたいことランキング
1.将来の夢をきちんと考えて、進路を決めろ
2.友達はたくさん作っておけ
3.学校の授業をもっときちんと受けておけ
4.得意分野を何かひとつ作っておけ
5.友達とたくさん遊んでおけ

6.両親にもっと感謝しなさい
7.受験勉強意外にも、自分の好きな事を勉強しろ
8.もっとおしゃれに気をつかえ
9.制服デートは十分楽しんでおけ
10.文化祭や体育祭などの行事は思い切り楽しんでおけ

★なんでも前向きに、積極的にしておくけと。

台湾、日常生活において最も後悔していること

台湾yahooニュースサイトアンケートの
 「日常生活において最も後悔していること」によると
 ・総投票9264票
 ・2010/06/23~28

☆日常生活において最も後悔していること
1.若い時にもっと勉強しておけばよかった 14.4%、1331票
2.つい、かっとなって心にない事を言った 12.2%、1130票
3.若い時にもっと貯金をしなかった事    9.2%、856票
4.食べ過ぎた後体重を見るとき       8.7%、806票
5.好きな相手に告白しなかった事      7.9%、730票

6.進学就職の選択間違えた         7.5%、698票
7.そばにいる人を大切にしなかった事    7.5%、696票
8.教訓を忘れて、轍を踏んだ事       7.0%、649票
9.結婚した相手を間違えた         6.5%、601票
10.我を忘れて買い物をした事       5.6%、519票

★一番が勉強です。
 実際の仕事内容にもよるでしょうけどねえ。

世界で最も影響力のあるセレブ

米フォーブス誌の
 「世界で最も影響力のあるセレブ」によると
 ・過去1年の収入、ネットの検索回数、
  新聞やテレビ、専門誌などの報道回数

☆世界で最も影響力のあるセレブ
1.オプラ・ウィンフリー(テレビ司会者)3億1500万ドル(281億円)
  4度目の1位
2.ビヨンセ、8700万ドル(78億円)、渡辺直美も当分OK
3.ジェームズ・キャメロン(映画監督)2億1000万ドル(188億円)
4.レディー・ガガ(歌手)、6200万ドル(55億円)、昨年大ブレイク
5.タイガー・ウッズ、1億0500万ドル(94億円)
  6か月活動休止したものの。
6.ブリトニー・スピアーズ
7.U2
8.サンドラ・ブロック(女優)、5600万ドル(50億円)、昨年92位
9.ジョニー・デップ
10.マドンナ、5800万ドル(52億円)、昨年3位

※前年1位のアンジェリーナ・ジョリーは
 09年の映画公開が無く、18位に

★U2が7位!
 09年新アルバムの世界売上350万枚、ツアーも実施。
 ダブリンの高校生バンドからスタート。