最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

1カ月の食費調査

農林中央金庫の
 「1カ月の食費調査」によると
 ・首都圏に住む子どもを持つ30~50代の主婦500人対象、400人回答
 ・調査2~3月

に食生活の実態などを調べたところ、
☆1カ月の食費平均
・6万2260円(前回03年6万8840円)
 50代7万1270円、40代6万4290円、30代5万1190円

☆野菜を自宅で
・作っている 10.5%(前回03年7.3%)
※野菜を作っている家庭の食費 5万6790円。
 作っている野菜を市価換算額 月1790円

★人数と、肉食系中高校生の有無で、差がありましょうが。

ミセスが選ぶ参考になる料理研究家・有名人

サンケイリビングの
 「ミセスが選ぶ参考になる料理研究家・有名人」によると
 ・えるこみとシュフモのユーザー、全国主婦2032人、平均38歳、
  20代25.3%、30代35.5%、40代24.5%、50代9.8%、60以上4.9%
  専業主婦62.1%、パートアルバイト22.4%、フルタイム12.4%

☆ミセスが選ぶ参考になる料理研究家・有名人(複数回答)
1.栗原はるみ、15.7%、20代と30代1位
2.ケンタロウ、14.1%、20代同率1位
3.奥薗壽子、12.6%、40代1位

4.グッチ裕三  50代3位、30と40代4位、20代7位
5.こうちゃん(相田幸二) 20代3位、30代4位、40代と50以上7位

6.コウケンテツ(高賢哲) 30代4位、20代6位、40代と50以上7位
7.平野レミ   50代4位、40代6位、30代7位、20代8位
8.北斗晶 20代5位、30代7位
9.小林カツ代 40代5位、50以上7位、30代9位

★TVの露出度でしょうか。

モデルの所得ランキング

フォーブスの
 「モデルの所得ランキング」によると
 ・09年6月から10年6月まで1年の推定収入
  トップ3は前年と変わらず

☆モデルの所得ランキング
1.ジゼル・ブンチェン、ブラジル、2500万ドル、22.5億円
 12月に第一子ベンジャミンを出産したばかり
 ホープ・ランジェリーやドルチェ&ガッバーナの広告
 サンダルのイパネマやスキンケアSejaa Pure Skincareのプロデュースも

2.ハイジ・クラム、1600万ドル
3.ケイト・モス、900万ドル
4.アドリアーナ・リマ、750万ドル
5.Doutzen Kroes、600万ドル
6.Alessandra Ambrosioとナタリア・V、550万ドル
8.Daria Werbowy。450万ドル
9.ミランダ・カー、400万ドル
10.キャロリン・マーフィー、350万ドル

★コレクション等の日本人ファッションモデルでは
 Tao(岡本多緒)や、渡辺謙の娘の杏か。

 TV等で有名なのは山田優や、エビちゃん、押切もえだが。

女性が選ぶイイ女

ORICONの
 「女性が選ぶイイ女」によると
 ・2010年4月22~26日
 ・オリコンリサーチモニー全国10~40代1000名
 ・インターネット調査

☆女性が選ぶイイ女
1.天海祐希、2年連続
2.北川景子
3.篠原涼子
4.松嶋菜々子
5.松雪泰子

6.真矢みき
7.米倉涼子
8.黒木メイサ
9.仲間由紀恵
10.菅野美穂

★役柄が逞しい天海さん。実態もアネゴらしいが。
 20代は北川と黒木だけ

 管理人じいさんはメイサの怪しさに惹かれるのう。

35歳以上独身女性アンケート

女性誌MOREの
 「35歳以上独身女性アンケート」によると

☆今、おつきあいしている人はいますか
・はい 43%

☆現在、婚活はしていますか
・はい 10%

☆一生結婚できないかもと思うことはありますか
・よく思う   61%
・ときどき思う 29%

☆一生、独身でもいいと思いますか
・よくはないけれど仕方ない 55.1%

★合コンも一種の婚活でしょうけど、

 派遣や契約社員の男子には、合コンさえ、ハードルが高いしなあ。

 10年後も絶対安泰の企業なんてなくなったし。

 うーむ。

10年後も絶対に生き残っている会社

週刊現代の
 「10年後も絶対に生き残っている会社」によると
 ・企業・経済を熟知する8人の専門家が、
  有力549社を評価

☆10年後も絶対に生き残っている会社、8人中3票以上
《6票》
・建設機械 6.コマツ

《5票》
・電気機械 5.東芝
・ゲーム  5.任天堂
・繊維   5.東レ
・化粧家庭用品 5.花王、資生堂
・専門/アパレル 5.ファーストリテイリング(ユニクロ)

《4票》
・電気機械 4.パナソニック
・精密機械 4.キャノン
・電子部品 4.日本電産、村田製作所
・鉄鋼   4.新日本製鐵
・ガラス  4.旭硝子
・化粧家庭用品 4.ユニチャーム
・調味料  4.味の素、キッコーマン
・ビール/飲料 4.キリン、
・デベロッパー 4.三井不動産、三菱地所

《3票》
・自動車  3.スズキ トヨタ、ホンダ
・タイヤ  3.ブリヂストン
・工作機械 3.ロボット ファナック
・造船重機 3.川崎重工、三菱重工
・精密機械 3.HOYA

・電子部品 3.オムロン
・音楽芸能 3.吉本興行
・繊維   3.帝人
・化粧家庭用品 3.DHC、P&G
・菓子   3.江崎グリコ、カルビー、ロッテ

・製粉、麺 3.日清食品
・パン   3.山崎製パン
・調味料  3.キューピー
・ビール/飲料 3.アサヒビール、コカコーラ、サントリー
・専門/アパレル 3.しまむら

・石油   3.昭和シェル
・デベロッパー 3.森ビル
 
《オールゼロの業界》
 広告、住宅、マンション分譲、総合アパレル、紳士服、下着インアー
 セメント、SNS携帯コンテンツ、パチンコパチスロ、学習/情報
 
★現在の日本の代表企業を網羅。
 
 ソフトバンク、楽天、パソナ、リクルート等は消滅?

09年自殺者の年代別、動機別

警察庁の
 「09年自殺者の年代別、動機別」によると
 ・昨年自殺した3万2845人の年齢や動機

☆自殺者数
・3万2845人596人増

☆年代別自殺人数
・19歳以下、565人、7.5%減
・20代、3470人、0.9%増
・30代、4794人、1.2%減
・40代、5261人、5.9%増
・50代、6491人、2.0%増
・60代、5958人、3.9%増
・70代、3671人、0.7%減

☆年代別自殺率(人口10万人当たり自殺者数)
・30代 26.2、最悪
・20代 24.1、最悪
・40代 32.1、過去4番目

☆動機、遺書や生前の言動から原因・動機を特定できた2万4434人
    複数選択も含め52項目
・健康問題   1万5867人
  うつ病、6949人、7.1%増
・経済・生活問題  8377人、13.1%増
  生活苦1731人、34.3%増
  失業 1071人、65.3%増
・家庭問題    4117人
・勤務問題    2528人

☆職業別
・無職者      1万8722人、全体の57.0%、年金受給者や主婦含
・被雇用者・勤め人   9159人、27.9%
・自営業・家族従事者  3202人、9.7%
・学生・生徒等      945人、2.9%

☆性別は男性が2万3472人で、全体の71.5%

☆都道府県別の自殺率(人口10万人当たり自殺者数)
・山梨 41.9、青木ケ原樹海がある
・秋田 40.0
・青森 39.4
・岩手 38.2

※最低は神奈川の20.5


★人として生まれただけで奇跡なんだけど。

 驚異的に素晴らしい国、日本に生まれたので、なおさらです。


 「生きてるだけで、丸儲け」明石家さんま