最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

定額給付金を何に使う

きかせてnetの
 「定額給付金を何に使う予定(複数回答)」によると
 ・09/04/30~05/1
 ・2万5425人

☆定額給付金を何に使う予定
・貯金           21.8%
・生活費 補填       26.7%
・決めてない。使っていない 19.8%
・外食           11.0%
・旅行、宿泊         9.3%

・洋服・ファッション     4.0%
・ローン返済         3.7%
・食品            3.7%
・冷蔵庫、洗濯機等生活家電  3.1%
・洗剤、トイペーパーなど日用品 2.4%

★自民・公明が思っているより、
 国民はリアルでシビア。

米大学生の就職したい企業・人気ランキング、The Most Desirable Employers」

ビジネスウィークの
 「米大学生の就職したい企業人気ランキング
  The Most Desirable Employers」によると
 ・全米の卒業を控えた大学生6万人対象
 ・昨年12月~今年4月に志望企業を集計
 ※野球のメジャーリーグが米4大プロスポーツで
  初の100位以内。17位!

☆米大学生の就職したい企業、The Most Desirable Employers
1位 グーグル
2位 ウォルト・ディズニー
3位 アップル
4位 国務省
5位 FBI

6位 アーンスト&ヤング監査法人
7位 PEACE CORPS(平和部隊)
8位 NASA
9位 プライスウォーターハウスクーパース監査法人
10位 ティーチ・フォー・アメリカ(教育NPO)

★理想と現実(金)が拮抗しています。

13位 マイクロソフト
15位 ナイキ
19位 JPモルガン

21位 ゴールドマンマンサックス
23位 コカコーラ
26位 BMW
29位 ソニー
29位 ボーイング

30位 GE
33位 ヒルトンホテル
34位 コーチ
35位 IBM

41位 スターバックス
42位 トヨタ
47位 アマゾン

68位 ホンダ

★夢と誇りのある社会貢献、
 環境が素晴らしそうな仕事、
 金儲け最優先の仕事。

 実際はどれも厳しいので、
 自分の性格や長所も含め、良く考えて...

新社会人の意識

マクロミルの
「2009年新社会人の意識調査」によると
 ・1986~87年生まれマクロミルモニタ、有効回答516(男女同数)
 ・09年5月12~13日

☆勤務企業に満足しているか
・満足         24.4%
・どちらかといえば満足 45.3%
・どちらともいえない  18.6%
・どちらかといえば満足  8.5%
・不満          3.1%

☆どのような点に満足しているか
 (満足・どちらかといえば満足と答えた人)
・職場の人間関係が良い   60.0%(男53.6、女66.5)
・職場の雰囲気が自分に合う 52.8%
・福利厚生は良い      35.3%
・勤務先の場所が良い    35.0%
・研修が充実        35.0%

・希望する仕事ができる   30.0%
・給与が良い        24.7%(男29.3、女20.1)
・会社の業績が安定     24.2%
・キャリア・スキルアップできる 24.2%
・残業が少ない       22.8%

★圧倒的に人間関係です。
 仕事内容より、先輩・上司の態度と言動

☆上司や先輩の飲み会に誘われたら
・参加したい       27.7%
・なるべく参加したい   54.1%
・なるべく参加したくない 14.3%
・参加したくない      3.9%

★コミュニケーション促進ということで


☆初任給の使い道(生活費以外、複数回答)
・両親へプレゼント     54.5%
・貯金           52.9%
・服やファッション     36.2%
・通勤のスーツ、カバン等  15.7%
・旅行・規制        12.4%

★プレゼントされた親は、涙がジワ~ッ

スポーツとのかかわり

C-newsの
 「スポーツとのかかわり・ライフスタイル調査」によると
 ・調査09年4月30日~5月1日
 ・15歳(中学生除)~69歳のインターネットユーザー1000名

☆取り組んでいるスポーツ
1位 ウオーキング
2位 ジョギング

☆今後取り組みたいスポーツ
1位 ウオーキング、3年連続トップ

★健康に良く、安全かつ、ローコストは
 やはり、ウォーキング!

☆テレビ観戦するスポーツ
1位 野球        76%
2位 サッカー      59%
3位 フィギュアスケート 43%
4位 駅伝、マラソン   34%
5位 ゴルフ       25%、前年8位

6位 バレーボール    24%
7位 F1等カーレース  21%
8位 総合格闘技     21%
9位 水泳        20%
10位 相撲        19%

☆生で観戦するスポーツ
1位 野球 79%
2位 サッカー 41%
3位 ラグビー  5%
4位 テニス   4%
5位 F1等カーレース 4%

★プロレス観戦が衰退...(ーー;)

裁判員制度に関する世論調査

産経新聞とFNNの
 「裁判員制度に関する世論調査」によると
 ・5月17日実施

☆裁判員に選ばれた場合
 ・参加したい                  16.2%
 ・あまり気が進まないが義務なので参加すると思う 37.2%
  (参加派合計 53.4%)
 ・参加したくない                45.8%
   (女性51.7%、男性39.5%)

※参加したくないの
  年代別は、最多が60以上、最少30代
  地域別は、最多が東北54.1%、最少が北関東40.9%

☆裁判員制度の導入
 ・日本の裁判は良くなると思う   27.7%
 ・日本の裁判は良くなると思わない 49.3%

☆気が進まないが参加と参加したくない人の理由(選択式)
・正しい判断をする自信がない   43.0%
・人を裁くことに抵抗がある    26.0%
・仕事などが忙しく時間が取れない 15.8%

・残酷な犯罪などを見聞きしたくない 6.1%
・逆恨みをされるのが怖い      4.7%

★問題点は多いがスタート。
 和と調和の日本人には苦手分野で、
 裁判官も神ではないし。

 やってみて、修正しましょう。

朝食アンケート

MYVOICEの
 「朝食アンケート」によると
 ・MyVoice登録メンバー、回答14,995名
 ・ウェブアンケート
 ・09年5月1~5日

☆普段、朝食に食べるもの(朝食を食べる人、複数回答)
1.パン       69.6%
2.ご飯、おにぎり  54.5%
3.コーヒー     37.7%
4.卵、卵料理    34.1%
5.ヨーグルト    32.2%

6.味噌汁      30.7%
7.果物       28.1%
8.牛乳       25.4%
9.ハム・ソーセージ 22.2%
10.納豆       21.3%

11.緑茶、紅茶    21.3%
12.サラダ      17.5%
13.のり       15.3%
14.野菜ジュ-ス   13.9%
15.魚        11.1%

16.シリアル     10.6%
23.バランス栄養食品  3.0%
24.ゼリー、プリン   2.5%
25.チョコレート等   1.4%
28.ポテトチップ等   0.6%

★ちゃんと食べれば健康に。
 ご飯なら、食の自給率も上がります。
 手間はかかりますけど。


☆朝食の時間
・5分以内 11.6%
・~10分  39.3%
・~15分  26.0%
・~20分  11.4%
・~30分  8.1%

★学校や仕事があればねえ。

飲酒と脳卒中の調査

厚労省の
 「飲酒と脳卒中の調査」によると
 ・93年に40~69歳の5県男性1.9万人を10年追跡
 ・飲酒と循環器疾患の関係を調査し、
  秘密を打ち明けられる人の有無などの人間関係も聞いた。

☆1人平均飲酒量と脳卒中の発症率
《頼れる人がいない》
・ビ-ル大びん1本(日本酒1合)未満 1.2倍
・2本未満              1.8倍
・3本未満              1.9倍

《頼れる人がいる人》
・2本未満まで 飲まない人平均の0.7~0.8倍
・2本以上   飲まない人平均の1.2倍

☆飲酒と心筋梗塞(こうそく)
・頼れる人の有無に関係なく、飲酒で発病の危険性が低かった。

★適量と休肝日。
 わかっちゃいるけどねえ...

英・飲酒習慣の調査

英・国民医療サービス(NHS)の
 「飲酒習慣の調査」によると

☆肉体的または精神的な害が及ぶ可能性がある
 「危険な飲酒」をしている
・男性 33%
・女性 16%

☆問題が起こりうる有害な飲酒をしている
・男性 6%
・女性 2%

☆アルコール原因で病院での治療が行われた数・2007年
・86万3300件、02年の69%増

☆飲酒が直接原因の死亡者数・2007年
・6541人、01年から19%増

★不謹慎かもしれないが、
 英国人がパブで飲む姿は、なかなか良い雰囲気で。

上司に思わず心の中で言ったことのある文句

gooランキングの
 「上司に思わず心の中で言ったことのある文句」によると
 ・gooモニター、有効回答1071名
 ・選択回答式インターネットアンケート
 ・09年4月21~24日

☆上司に思わず心の中で言ったことのある文句
1位 この前と言ってること違くない
2位 その情報、聞いてないし
3位 もっと早く言ってよ
4位 その情報、伝えたし
5位 ミスしたのは私ではなくあなたでは

6位 じゃあ代わりにやってよ
7位 話が長いなぁ
8位 ちゃんと仕事しようよ
9位 もっとわかりやすく説明してよ
10位 口だけはやめて

★全部思い当たりますなあ。
 しかし、上司も欠陥のある人間で、かつ忙しく...

現役大リーガー・トップ50

米スポーティングニューズ誌の
 「現役大リーガー・トップ50」によると
 ・殿堂入り選手や過去の最優秀選手MVPによる選考

☆現役大リーガー・トップ50
1位 アルバート・プホルス内野手
   大リーグ入り後8年連続で、3割・30本塁打・100打点
2位 アレックス・ロドリゲス内野手
3位 ヨハン・サンタナ投手、2度のサイヤング賞
4位 マニー・ラミレス外野手

8位 デレク・ジーター内野手
19位 ティム・リンスカム投手、昨季サイ・ヤング賞
20位 エバン・ロンゴリア内野手、昨季新人王
30位 イチロー外野手

★素晴らしいイチロー。
 2・3塁打が増えると、さらにうれしいが。

米の人口、人種別等

米国勢調査局の
 「人口統計」によると
 ・2008年7月1日時点調査

☆人口
・3億0406万人
・ホワイト 2億4264万人、79.8%
  うちヒスパニック 4694万人、15.4%
・ブラック   3906万人、12.8%
・アジア系   1355万人、4.5%
・ネイティブ(アフリカン、アラスカ)
        308万人、1.0%
・NHPI(ネイティブハワイアン&太平洋島人)
         56.2万人

☆マイノリティ合計
・34%、1億0460万人(00年国勢調査時31%)

☆ヒスパニック系
・4694万人、
  18歳未満の44%、5歳未満の47%
  平均年齢27.7歳、米国全体は36.8歳
・ヒスパニック系の人口最多州 カリフォルニア、1350万人
・ヒスパニック割合が最高の州、ニューメキシコ、45%

☆アフリカ系
・4110万人、1.3%増
・アフリカ系の人口最多州 ニューヨーク、350万人
・アフリカ系割合が最高の州、コロンビアDC(ワシントン)56%
  2位ミシシッピは38%
★アフリカ系が多いのは、
 南部でなく、ワシントンなんですね。


☆アジア系
・1550万人、2.7%増
・アジア系人口最多州 カリフォルニア、500万人超
・アジア系割合が最高の州 ハワイ、54%

☆ネイティブ(アメリカンインディアン&アラスカネイティブ)
・ネイティブ系人口最多州 カリフォルニア、73.9万人
・ネイティブ系割合が最高の州 アラスカ 18%

☆ネイティブハワイアン&他の太平洋島人
・人口最多州 カリフォルニア、28.2万人
・割合が最高の州 アラスカ 22%


☆マイノリティの多い州
・ハワイ     75%
・ニューメキシコ 58%
・カリフォルニア 58%
・テキサス    53%

★アメリカの人種問題。
 昔より格段に改善されましたが、
 上流層中心に根はまだまだ深い。

アスリートイメージ評価調査

博報堂DYメディアパートナーズの
 「アスリートイメージ評価調査」によると
 ・情熱的、存在感、人を惹きつける魅力、精神的な強さなど、
  29のイメージ項目
 ・3月19~22日。Web調査
 ・首都圏と京阪神圏の15~69歳男女600サンプル

☆アスリート・イメージ総合ランキング
1位 イチロー、29項目中13項目でトップ
2位 浅田真央
3位 石川遼
4位 松坂大輔
5位 松井秀喜

6位 朝原宣治
7位 ダルビッシュ有
8位 上村愛子
9位 宮本恒靖
10位 キムヨナ

★朝原さんは大人の魅力があります。
 CM起用もありそう。


☆存在感があるアスリート
1位 イチロー
2位 朝青龍
3位 松井秀喜、松坂大輔

☆パワフルなアスリート
1位 朝青龍
2位 ラミレス
3位 浜口京子

☆2009年期待のアスリート
1位 石川遼
2位 浅田真央
3位 イチロー
4位 錦織圭
5位 上村愛子

★遼君の他、水泳・体操・卓球にも期待の男子が。
 錦織君はケガの多さが心配。