FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

07年国民健康栄養調査

厚労省の
 「07年国民健康栄養調査」によると
 ・1.8万人対象、血液検査4千人

☆糖尿病が疑われる成人
・糖尿病が強く疑われる人          890万人
  血糖状態のヘモグロビンA1c濃度6.1%以上
・糖尿病の可能性が否定できない人     1320万人
   同・5.6%~6.1%
・合計                  2210万人
  1年で340万人増、1997年からの10年で1.6倍

※95%以上が運動不足や食事など生活習慣による


☆運動習慣がある
 1回30分以上の運動を、週2日以上、1年以上継続している者
・男性 29.1%
  (70以上39.3%、60代36.3%、20代22.7%)
・女性 25.6%
  (60代40.0%、70以上28.4%、50代24.7%)

★高齢者、肥満者はぜひウォーキングを


☆朝食抜き
・男性 13.3%
  (30代30.2%、20代28.6%、40代17.9%)
・女性 10.1%
  (20代24.9%、30代16.3%、40代12.8%)

★ヨーグルトか、バナナ1本でも摂りましょう


☆眠るため、睡眠薬や精神安定剤を服用している
・男性  7%
・女性 12%

☆眠るため、飲酒をしている
・男性 16%
・女性  6%


☆習慣的に喫煙している
・男性 39.4%
  (30代55.6%、40代49.1%、20代47.5%)
・女性 11.0%
  (40代17.9%、30代17.2%、20代16.7%)

★男性はもっと少なそうですが。

2008年人口動態統計推計」

厚労省の
 「2008年人口動態統計推計」によると、

☆出生数
・2千人増の109.2万人、2年ぶり増

☆死亡数
・3.5万人増の114.3万人、戦後最多

☆自然減
・5.1万人=死亡数-出生数

☆合計特殊出生率(1人の女性が一生に産む子供)
・1.36に上昇見込み。前年1.34

☆婚姻件数
・1.1万件増の73.1万件、2年ぶり増

☆離婚
・4千件減の25.1万件、6年連続減。

★人口減が本格化へ。
 まっとうな少子化対策を進めましょう。

2008年末株価による時価総額ランキング

東証の
 「2008年末株価による時価総額ランキング」によると

☆株式時価総額ランキング・2008年末
1位 トヨタ 10兆0164億円、7年連続首位
  前年比 54.1%
2位 NTTドコモ 7兆9151億円
3位 三菱UFJ  6兆3511億円
4位 任天堂    4兆7813億円
5位 東京電力   4兆0586億円

6位 武田薬品   3兆7823億円
7位 キヤノン   3兆6945億円
8位 ホンダ    3兆4972億円
9位 JT     2兆9500億円
10位 KDDI   2兆8479億円


☆東証一部の株式時価総額・2008年末
・278兆9880億円、196兆6410億円減

☆日経平均株価(225種)終値
・8859円56銭、年間下落率42.1%は1949年の算出以来最大
 10月27日7162円、28日一時6千台

★外国投資機関がたくさん売ったが、
 世界の中で、一番堅調な企業は、結局は日本だった。

日米の08年自動車販売、GMクライスラーへの緊急融資世論調査

自動車団体の
 「08年国内新車総販売」によると

☆08年国内新車販売(軽含)
・5.1%減の508万2235台と4年連続減。
 ピークだった90年778万台の65%。


自販連の
 「2008年国内新車販売台数(軽除)」によると

☆2008年国内新車販売台数(軽除)
・321万2342台、6.5%減、5年連続減で74年以来34年ぶりの低水準
 ピークは90年の597万5089台

☆同・12月
・18万3549台、22.3%減で、12月として68年統計開始以来最低


全軽自協の
 「2008年国内軽自動車新車販売台数」によると

☆2008年国内新車販売台数(軽)
・186万9893台、2.6%減、2年連続減

☆同・12月
・12万2770台、6.7%減、2ヵ月連続減

★合計で年に508万台。
 自動車業界にとって厳しいが、品質的には問題無く10年使える。
 
 あとは、安いプラグインハイブリッド車の開発普及。

----------------------------------------------------------

米自動車業界の
 「2008年新車販売(速報)」によると

☆米の2008年新車販売
・18%減の1324万4018台。

・GM   298万1000台の22.9%減、12月31.4%減
・トヨタ  221万7662台と15.4%減。12月36.7%減
・フォード 191万5000台の20.2%減。12月31.7%減

★米ではハイブリッドも厳しくなった。

----------------------------------------------------------

CNNとオピニオン・リサーチの
 「米自動車3社への174億ドル緊急融資に関する世論調査」によると
 ・12月19~21日
 ・米の成人1013人対象、電話調査

☆ブッシュ政権の米自動車3社への174億ドル(1.6兆円)緊急融資
・賛成 63%
・反対 37%

☆さらなる追加支援は
・賛成 28%
・反対 70%

☆自動車大手への政府の救援
・米経済の再建に寄与しない 53%

☆大手自動車の首脳陣
・好ましくない 82%

☆自動車労組の指導者
・好ましくない 61%

★米の代表企業に多額の税金援助。
 市場原理主義経済の崩壊を象徴するようで、
 ノンビリした米市民も、さすがに反対者が多い。

2008年最も稼いだ映画スター

Quigley Publishingの
 「2008年最も稼いだ映画スター」によると
 ・全米の映画館主と映画バイヤーが投票

☆2008年最も稼いだ映画スター
1位 ウィル・スミス(アイ・アム・レジェンド、ハンコック)
2位 ロバート・ダウニーJr(アイアンマン、トロピック・ サンダー)
3位 クリスチャン・ベール(ダークナイト)
4位 シャイア・ラブーフ(インディ・ジョーンズ、イーグル・アイ)
5位 ハリソン・フォード(インディ・ジョーンズ)

6位 アダム・サンドラー(エージェント・ゾーハン、ベッドタイム・ストーリー)
7位 リース・ウィザースプーン (4つのクリスマス)
8位 ジョージ・クルーニー(かけひきは恋のはじまり、バーン・アフター・リーディング)
9位 アンジェリーナ・ジョリー(カンフー・パンダ、チェンジリング、ウォンテッド)
10位 ダニエル・クレイグ(007/慰めの報酬)

※前年1位ジョニー・デップは08年公開作品なし
 過去7回1位のトム・クルーズはランク外

★女優が難しい時代ですね。

☆未来の最も稼ぐ映画スターを予想する「明日のスター」
1位 アン・ハサウェイ、クリス・パイン