FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

マスターカードの2008年度世界ビジネス都市度ランキング

マスターカード・ワールドワイドの
 「2008年度世界ビジネス都市度ランキング」によると
 ・75都市を7部門
  法律・政治上の枠組み、経済安定性、ビジネスのしやすさ、
  金融、ビジネスセンター度、知的財産・情報、住みやすさを
  43指標、74準指標で評価

☆世界ビジネス都市度ランキング
1位 ロンドン
 強靭で安定した経済・好調な金融市場・優れた法律・政治上の枠組で上位
 住みやすさが今一。
2位 ニューヨーク
3位 東京
 知的財産情報・住みやすさで上位
4位 シンガポール、
 ビジネスのし易さ・経済安定性・法律政治上の枠組・住みやすさで上位
5位 シカゴ

6位 香港
7位 パリ
8位 フランクフルト
9位 ソウル
10位 アムステルダム
 高い生活水準・しっかりとした法律・政治上の枠組みが上位

11位 マドリード(昨年16位、急上昇)
 安定したGDP・為替レート・好調な債券市場・高い生活水準
12位 シドニー
13位 トロント

15位 チューリッヒ
17位 ロサンゼルス(10位)

19位 大阪(10位)
20位 ミラノ
21位 ボストン
22位 台北
24位 上海(32位、急上昇)
30位 ブリュッセル
36位 ワシントン
39位 デュッセルドルフ

42位 バンコック
44位 ドバイ
47位 ローマ
51位 モスクワ(38位)
53位 サンチャゴ(チリ、南米トップ)

56位 サンパウロ(48位)
57位 北京(46位)
60位 深セン(49位)
61位 ニューデリー
62位 ボコダ(コロンビア)
 安定した経済・生活の質向上
64位 イスタンブール
65位 リオデジャネイロ
67位 サントペテルスブルグ(旧レニングラード)
72位 成都
73位 重慶

★東京の評価が高い。
 他では閉鎖性や英語がネックだが。
 ミシュランが効いたかな。

 マスターカードの世界ビジネス都市度ランキングでした。

マーサーの2008年生活環境調査・生活レベル都市ランキング

マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティングの
 「2008年世界生活環境調査・生活レベルランキング」によると
 ・世界215都市対象
 ・政治社会、経済、社会文化、健康衛生、学校&教育、
  公共サービス&交通、レクリエーション、消費財、住宅、自然

☆2008年世界生活環境調査
1位 チューリッヒ
2位 ウィーン、ジュネーブ
4位 バンクーバー
5位 オークランド

6位 デュッセルドルフ
7位 ミュンヘン、フランクフルト
9位 ベルン
10位 シドニー

11位 コペンハーゲン
12位 ウェリントン
13位 アムステルダム
14位 ブリュッセル
15位 トロント
16位 ベルリン
17位 ルクセンブルグ、メルボルン
19位 オタワ

22位 モントリオール
25位 ダブリン
28位 ホノルル
29位 サンフランシスコ
32位 パリ、シンガポール

35位 東京
37位 ボストン
42位 バルセロナ
43位 マドリッド
44位 シカゴ、ワシントン、リスボン、大阪
49位 ニューヨーク
54位 名古屋
55位 ローマ

70位 香港
71位 プラハ
74位 ブダペスト
75位 クアラルンプール

80位 ケープタウン、(モーリシャス)
83位 ドバイ
84位 台北
86位 ソウル
87位 アブダビ
94位 ヨハネスブルク
98位 上海

109位 バンコク
116位、北京
140位 バンガロール(インド)
142位 ムンバイ(インド)
145位 ニューデリー

211位 チャドのヌジャメナ
212位 スーダンのハルツーム
213位 コンゴのブラザビル
214位 中央アフリカのバンギ
215位 バグダッド、2年連続最下位

★サハラ以南アフリカの厳しさは
 大半が欧米財閥の意思によるもの。


☆同・身辺の安全ランキング
 ・政情の安定、犯罪、法秩序、対外関係

1位 ルクセンブルグ
2位 ベルン、ジュネーブ、ヘルシンキ、チューリッヒ
6位 ウィーン
7位 オスロ、ストックホルム
9位 シンガポール
10位 オークランド、ウェリントン

12位 コペンハーゲン、デュッセルドルフ、フランクフルト、
   ミュンヘン、ニュールンベルグ
17位 ダブリン
18位 勝山、大牟田、筑波、四日市 ?

22位 カルガリー、モントリオール、オタワ、トロント、バンクーバー

33位 アブダビ
35位 神戸、名古屋、大阪、東京、横浜

43位 香港
47位 ドバイ

53位 シカゴ、ヒューストン、サンフランシスコ
69位 ロンドン

196位 モスクワ

213位 パキスタンのカラチ
214位 コンゴ民主共和国のキンシャサ
215位 バグダッド

★上位はヨーロッパ.
 アキバも危なくなってしまったし...

 マーサーの
 世界生活環境調査・生活レベルランキングでした。

父の日・お父さんの魅力とは

アサヒビール、毎週アンケートの
 父の日で、「お父さんの魅力とは」によると
 ・全国20歳以上男女、有効回答1490人
 ・インターネット調査、2008年5月28日~6月03日

☆父の日に何かプレゼントを贈る予定があるか
・何かプレゼントを贈る予定        42.6%
  20~30代は50%超、60代以上14.3%
・一緒に食事に出掛ける(ご馳走を作る)予定 11.0%
  20代6.8%、40代10.4%、60以上18.8%

☆どんなプレゼントを贈る(贈る予定の人)
1 お酒類  35.5%
2 衣服類  32.6%
3 甘いもの 12.1%
4 ファッション小物(ネクタイ、ベルト、ハンカチなど)
      11.5%
5 財布・バッグ類  6.8%

★軽くね。

☆お父さんの魅力、良い点
1 真面目         31.3%
2 イザという時に頼りになる 25.6%
3 家族想いで優しい    23.9%
4 仕事をバリバリしている 18.7%
5 頑固          16.6%

6 頭が良い・知識が豊富  14.2%
7 家族から尊敬される   12.6%
8 ユーモアがある      9.5%
9 寡黙である        9.2%
10 よく家事を手伝う    9.1%
10 包容力がある      9.1%

☆お父さんの嫌なところ、直してほしいところ
1 頑固で言い出したら譲らない 31.2%
2 考えが古い         18.0%
3 喫煙            10.7%
4 飲酒(飲むとだらしない)   10.3%
5 真面目すぎる         9.7%

6 何しろ厳しい・恐い(すぐ怒る) 9.6%
7 すぐに説教する(説教が長い)  8.5%
8 寡黙・あまり話さない     7.9%
9 目の前でオナラをする     7.5%
10 家事を一切手伝わない    7.4%
10 趣味や遊びがない      7.4%

★今のパパはたいてい優しそうだけど、
 ここでのイメージはかなり古いタイプでした。

父の日アンケート

トリンプの
 「父の日アンケート」によると
 ・同社ホームページで実施

☆父の日に贈り物を
・する     55.0%
・ときどきする 30.4%

☆父の日に下着を贈りたくなるお父さん
1位 石田純一(07年7位)
2位 所ジョージ(07年1位)
3位 岩城滉一
4位 木村拓哉
5位 田村正和

6位 水谷豊
7位 舘ひろし
8位 郷ひろみ
9位 明石家さんま、関根勤


☆下着姿でうろうろしていてもOKなお父さん
1位 所ジョージ
2位 西田敏行
3位 木村拓哉
4位 明石家さんま
5位 ビートたけし

6位 郷ひろみ
7位 高田純次
8位 関根勤さん

9位 石田純一
10位 岩城滉一、志村けん

★下着OKはキャラと体型?

 日本水連名誉会長の古橋氏(長年の老害?)は
 記録ラッシュのスピード社水着に対し、
 「我々のころはフンドシで泳いだもので、
  あまり関係ないんじゃないの」とおっしゃったそうです。


 まあ、プレゼントも気持ち第一で。

米CDCの若者のリスク行動調査

米疾病対策センターCDCの
 「2007・若者のリスク行動全国調査
  2007 national Youth Risk Behavior Survey」によると
 ・全米の9~12年生(日本の中3~高3相当)、14041人
 ・2007年調査、1991年から隔年実施

※米の若者の死の原因
・自動車事故   30%
・故意でない損傷 15%
・殺人      15%
・自殺      12%


《交通》
☆飲酒運転の車に乗ったことが(過去1カ月)
・ある 29.1%

☆飲酒運転したことが(過去1カ月)
・ある 10.5%

☆誰かの車に乗った時、シートベルトを
・一度も、又はめったにしない 11.1%

☆自転車に乗った時(過去1年)、ヘルメットを
・めったに、又は決してかぶらない 85.1%


《暴力》
☆学校に武器(銃、ナイフなど)を持っていったことが(過去1カ月)
・ある 18.0%

☆学校に銃を持っていったことが(過去1カ月)
・ある 5.2%

☆武器で脅かされたり、傷つけられたことが(過去1年)
・ある 7.8%

☆学校、または学校の途中が危険で、休んだことが
・ある 5.5%

☆素手のケンカをしたことが(過去1年)
・ある 35.5%

☆それで医師・看護婦に治療されたことが(過去1年)
・ある 4.2%

☆ボーイフレンドかガールフレンドに暴力を受けたことが(過去1年)
・ある 9.9%

☆望まない時に、性行為を強制されたことが
・ある 7.8%、女性11.3%、男性4.5%

☆学校で盗難や何か壊されたことが(過去1年)
・ある 27.1%

★銃の5.2%は、かなり危ない。


《自殺》
☆自殺を考えたことが
・ある 11.3%、ラテン系12.8%と、白人8.8%、黒人7.1%

☆自殺を試みたことが(過去1年)
・ある 6.9%


《喫煙》
☆タバコを吸ったことがこれまでに
・ある 50.3%

☆タバコを吸ったことが(過去1ヶ月)
・ある 20.0%

☆ほぼ毎日喫煙
・している 12.4%、白人15.4%、ラテン系8.0%、黒人6.2%


《飲酒》
☆飲酒したことがこれまでに
・ある 75.0%

☆飲酒したことが(過去1ヶ月)
・ある 44.7%

☆過去1ヶ月で、アルコールを5杯以上、数時間飲んだことが
・ある 26.0%、白人29.8%、ラテン系26.8%、黒人12.5%


《ドラッグ》
☆マリファナを使ったことが、これまで
・ある 38.1%、男性41.6%、女性34.5%

☆マリファナを使ったことが(過去1カ月)
・ある 19.7%、男性22.4%、女性17.0%

☆コカインを使ったことが、これまで
・ある 7.2%、ラテン系10.9%、白人7.4%、黒人1.8%

☆コカインを使ったことが(過去1カ月)
・ある 3.3%

☆ヘロインを使ったことが
・ある 2.3%

☆覚醒剤やスピード(メトアンフェタミン)を使ったことが
・ある 4.4%

☆LSDなど幻覚剤を使ったことが
・ある 7.8%

☆シンナーやエアスプレーを吸ったことが
・ある 13.3%

☆処方箋なしでステロイドを使ったことが
・ある 3.9%

★マリファナが主流ですね。

 日本に多い覚醒剤系は絶対×、体を壊し、後遺症も深刻。


《性》
☆性経験がある
・47.8%、男性49.8%、女性45.9%
 黒人66%、白人44%、ラテン系52%


《遊び》
☆平日にテレビを1日3時間以上見る
 35.4%
 黒人63%、ラテン系43%、白人27%

☆平日に、遊びでパソコンやビデオ、ゲームを1日3時間以上した
 24.9%


《肥満》
☆肥満(BMIが30以上)
 13.0%、男性16.3%、女性9.6%

☆過体重(BMIが25以上・日本では肥満)
 15.8%
 黒人19.0%、ヒスパニック系18.1%、白人14.3%

☆減量のために、運動した(過去1カ月)
・60.9%、女性67.0%、男性55.0%

☆減量のために、食事を減らしたり、
 カロリーや脂肪の少ない食物をとった(過去1カ月)
・40.6%、女性53.2%、男性28.3%

☆減量のため、24時間以上食事しなかったことがある
・11.8%、女性16.3%、男性7.3%


★アメリカの大人は
 BMIで25以上が74.1%、肥満の30以上が39.2%。

 高校生のときは、肥満者がまだ少なく、努力もしている。
 大人になると、自分に甘くなる人が増えてしまうのか。


《睡眠》
☆平日に8時間以上寝る
・31.1%

★まだ成長期なので、受験前年以外は
 たっぷり寝ましょう。

 米CDCの2007・若者のリスク行動調査
 細かく調べています。

フランスへの観光客数

フランス観光庁の
 「2007年にフランスを訪れた観光客」によると

☆2007年にフランス(人口6千万人)を訪れた観光客
・8190万人、4%増、過去最高、世界一
 うち1400万人が乗り継ぎ客、
 6800万人が最終か主目的地フランスとした。
 06年7800万人、05年7600万人、04年7500万人

・ヨーロッパ46%で、英から1480万人
・日本から  70万人

※世界2位はスペイン(人口4千万人)で、5920万人
 過去データでは、米、伊、中が続く

※夏のバカンスで、リビエラ~コートダジュール~コスタデルなど
 地中海沿岸への通過者が多い。

☆フランスの観光客の多い場所
1位 ノートル・ダム大聖堂
2位 サクレ・クール寺院
3位 ルーブル美術館
4位 エッフェル塔
5位 ポンピドゥー・センター

※日本は平成19年外国人入国者(再入国者除)が772万人。
 うち観光(税関での入国目的)513万人で、フランスの6%
1.韓国     189万人
2.台湾     122万人
3.香港     39万人(中国系37万人)
4.米      33万人
5.中国     33万人

6.オーストラリア 12万人
7.シンガポール 11万人
8.タイ     11万人
9.英      10万人
10.カナダ    9万人

11.仏      6万人
12.マレーシア  5万人
13.独      4万人

★そういえば、欧州のホテル経営者1.5万人アンケートで
 日本人観光客の評判はだんとつの1位でしたね。
 世界のベスト観光客
 日本人65%、アメリカ人21%、スイス人18%、スウェーデン人11%、ドイツ人10%

 ワースト観光客は
 フランス人29%、インド人19%、中国人18%、ロシア人16%、イギリス人13%。

アジア・太平洋13カ国・地域の女性の社会進出度

マスターカードの
 「アジア・太平洋13カ国・地域における
  女性の社会進出の度合い」によると、
 ・雇用、学歴、管理職の割合、収入の4分野を分析
  男女が完全に平等な状態を100とした

☆アジア・太平洋13カ国・地域における女性の社会進出度
1位 フィリピン 86.82
2位 香港    77.37
3位 マレーシア 76.89

11位 ニュージーランド 67.66
12位 韓国    60.58
13位 日本    49.83、3年連続最下位

★ずっと大差で最下位とは
 子育て支援がまだ不足。

日本人の宗教観

読売新聞の
 「年間連続調査・日本人」の「宗教観」によると
 ・調査08年5月17~18日
 ・全国有権者3000人(250地点、層化二段無作為抽出法)
 ・個別訪問面接聴取法、

☆何かの宗教を
・信じている  26%
・信じていない 72%

☆宗派などを特定しない幅広い意識としての宗教心
・日本人は宗教心が薄いと思う 45%
・薄いとは思わない      49%

☆先祖を敬う気持ちを
・持っている 94%

☆自然の中に人間の力を超えた何かを感じることが
・ある 56%

☆死んだ人の魂
・生まれ変わる  30%
・別の世界に行く 24%
・消滅する    18%


★信仰は自由。中国など弾圧する国もあるけれど...

 宗教は欧米など多くの国で、
 道徳教育と権力の維持拡大に利用されてきた。

 宗教者は一部を除いて、腐敗している。
 権力者の常ではあるが、道徳の仮面を被りながらの
 権力・利権争いを続けている。

 元々モラルの高い日本人が、
 宗教を葬式や行事中心としているのは
 平和で合理的。
 自然を畏怖し、感謝する心もあって、
 素晴らしい。

日本人の国家感

同じく、読売新聞の「年間連続調査・日本人」
 1月調査の「国家感」によると

☆日本国民であることを誇りに思いますか
・非常に誇りに思う  54.8%
・少しは誇りに思う  37.9
・誇りには思わない  5.6

☆日本の国や国民について、誇りに思うこと
・歴史、伝統、文化  71.6%
・国土や自然     43.4
・社会の安定・治安  28.4
・国民性       28.0
・教育・科学技術水準 19.3

・経済的繁栄     18.9
・憲法        16.8
・天皇制       12.0

☆日本人は、他国民に比べ、すぐれた素質を持っていると思いますか
・そう思う    69.6%
・そうは思わない 24.6

☆生まれ変わるとしたら、また日本人に生まれたいと思いますか
・そう思う    84.7%
・そうは思わない 10.3

☆現在の日本は、どのような国だと感じていますか
・平和国家       59.7%
・経済大国       35.9
・文化国家       27.2
・民主的な国      25.2
・閉鎖的な国      10.1

・福祉国家       9.6
・外国から信頼される国 8.4
・自主・独立の国    4.2
・軍事大国        2.0

☆日ごろから、たいへん関心のあるものは
・家庭内のこと  47.4%
・地域社会のこと 44.5
・日本のこと   39.5
・仕事のこと   38.3
・自分個人のこと 28.9
・世界のこと   24.9


☆国民の1人として、ぜひとも国の役に立ちたいと思いますか、
・そう思う    73.3
・そうは思わない 20.3

☆国の役に立つというのは、具体的にはどのようなことですか
・将来を担う子供たちを育てる        48.2
・平和と安全を守ることに貢献する      44.3
・働いて税金を納める            34.2
・災害復旧などのボランティア活動に参加する 25.6
・経済の発展に貢献する           22.4

・芸術、文化、スポーツなどで業績を上げる  12.0
・国際貢献をして日本の評判を高める     10.3
・国や地方の公務員として働く        4.0
・議員や首長として働く           1.5

★読売なので、右志向なのかもしれないが、
 素晴らしい結果。

 まあ、堕落した日本の政治家や官僚も、
 初めの志は高かったかもしれません。


☆国に、どのような役割をとくに期待していますか
・平和と安全を守る     76.6%
・福祉を充実させる     51.7
・経済を発展させる     35.3
・治安を維持する      34.6
・教育を充実させる     25.4

・人権を守る        22.6
・国際社会のために貢献する 8.2
・経済活動のルールを作る  6.7

☆年金や福祉などの社会保障は、政府が手厚く行うべきで、
 そのために税金などの国民の負担が増えても構わないと思いますか
・そう思う    44.8%
・そうは思わない 47.1


☆これからの日本は、どのような国であってほしいと思いますか
・福祉の充実に力を入れる国      57.3%
・自然や地球環境を大切にする国    45.6
・平和の大切さを世界にアピールする国 41.5
・経済的な豊かさを追求する国     38.9
・安全保障に力を入れる国       20.0

・科学技術の振興に力を入れる国    14.3
・国際社会で政治力を発揮する国    13.3
・民主政治のモデルとなる国      11.5
・文化振興に力を入れる国       10.4

★本音の度合いはわかりませんが、日本人はやはり立派です。

エコロジーに関する意識調査

アイシェアの
 「エコロジーに関する意識調査」によると
 ・インターネット調査、5月中旬
 ・10~80代男女、586人

☆買い物をする際にマイバッグを
・持って行く 46.9%
  女性60.3%、男性34.5%
  20代50.5%、40代48.1%、30代45.2%

☆コンビニで、缶コーヒー1本など少量の買い物をしたときに
・レジ袋をもらわない 90.8%

★徐々にエコ意識が浸透。

四川大地震の発生後アンケート調査

中国青年報や捜狐などの
 「四川大地震の発生後アンケート調査」によると
 ・インターネット調査、4309人

☆生活態度の変化を感じた
YES 88%

☆知人や友人を大事にするようになった
YES 78%

☆勉強や仕事に励み、大切な命を生かそう
YES 82%

☆どうせ短い人生ならば、もっと楽に生きよう
YES 29%

★賄賂とウソが蔓延する拝金主義の中国。
 良い方向に変化してほしいが...

政府系投資ファンドSWFの資産

ビジネス・タイムズの
 「政府系投資ファンドSWFの資産規模」によると

☆政府系投資ファンドSWFの総資産
合計 30兆米ドル
1位 アラブ首長国連邦UAEのアブダビ投資庁ADIA 8750億米ドル
2位 ノルウェー政府年金基金・グローバルGPFG  3800億米ドル
3位 シンガポール政府投資公社GIC       3300億米ドル
4位 サウジアラビアのバリアスファンズ     2890億米ドル
5位 クウェート投資庁             2500億米ドル

※国際通貨基金IMFによると、世界の金融市場規模は190兆米ドル

★行き過ぎた市場経済が、石油や食料の異常高騰を招き、
 貧しい国々が危機的状態に。

 食への大規模な投機に、規制が必要なのは明白。