FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

新成人に関する調査

マクロミルの
 「2008年、新成人に関する調査」によると
 ・2008年成人式参加対象のモニタ会員男女
 ・有効回答516、男性258、女性258
 ・08年12月20~21日

☆20歳になって嬉しいこと
1位 お酒が飲める          52%
2位 選挙で投票できる        34%
3位 一人前の大人として見てもらえる 29%

☆理想の大人
・父親       40.8%、最多
・母親       34.6%
・教師や教授    29.2%
・俳優、芸能人   13.5%
・職場の先輩や上司 10.4%
・祖父母       8.5%
・友人        8.1%
・学校の先輩     8.1%

★父母の1、2位は喜ばしい。
 視野や行動範囲の狭さだったら困るけど。

☆将来の夢が
・ある 62.6%。
・ない 25.2%

☆自分の未来
・明るいと思う      12.0%
・どちたかといえば明るい 31.2%
・どちたかといえば暗い  14.1%
・暗いと思う        4.3%

☆日本の未来
・明るいと思う       1.2%
・どちたかといえば明るい  7.9%
・どちたかといえば暗い  35.5%
・暗いと思う       13.8%

★大人は、良い社会に向けて工夫行動しましょう。

----------------------------------------------------------

オーネットの
 「新成人の生活・恋愛・結婚・社会参加意識調査」によると
 ・2008年未婚の新成人、全国800人、うち85.9%が学生
 ・会員

☆自分の性格
・人にペースを崩されたくない 90.9%
・人に気を遣う        86.1%
・人前に出るとあがりやすい  76.5%
・親密な付き合いは苦手    51.8%
・滅入りやすい        73.9%
・自殺を考えたことがある   39.4%

☆両親について
・自分に対してやさしくてあたたかいほう 83.8%
・信頼している             81.0%
・尊敬している             70.9%
・親のようなおとなになりたい      45.1%
・親のような夫婦になりたい       30.6%
・親をみて結婚はいいなと思う      29.6%

☆格差
・あっても良い 36.0%

☆目下の不安
・今後の進路 61.6%

☆卒業後の仕事
・したい仕事につけるよう努力をしている 39.9%
・求める仕事が見つかるまであきらめない 18.1%

☆仕事に燃えている人は
・すてき 49.0%(05年77.9%)

☆年功制よりも能力主義が
・良い 24.3%(05年65.2%)

★健全ですねえ。

キネ旬、07年作品ベスト・テンと個人賞

キネマ旬報の
 「07年公開の作品ベスト・テンと個人賞」によると

☆日本映画・07年ベストテン
1位 それでもボクはやってない
2位 天然コケッコー
3位 しゃべれども しゃべれども
4位 サッド ヴァケイション
5位 河童のクゥと夏休み

6位 サイドカーに犬
7位 松ケ根乱射事件
8位 魂萌え!
9位 夕凪の街 桜の国
10位 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

☆外国映画・07年ベストテン
1位 長江哀歌
2位 善き人のためのソナタ
3位 今宵、フィッツジェラルド劇場で
4位 クィーン
5位 バベル

6位 やわらかい手
7位 ドリームガールズ
8位 ボルベール〈帰郷〉
9位 ゾディアック
10位 パンズ・ラビリンス

☆文化映画
1位 ひめゆり

☆監督賞   周防正行「それでもボクはやってない」
☆脚本賞   周防正行「同」
☆主演女優賞 竹内結子「サイドカーに犬」など
☆同男優賞  加瀬亮「それでもボクはやってない」など
☆助演女優賞 永作博美「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」
☆同男優賞  三浦友和「転々」など
☆新人女優賞 蓮佛美沙子「転校生 さよなら あなた」など
☆同男優賞  林遣都「バッテリー」
☆外国映画監督賞 ジャ・ジャンクー「長江哀歌」


☆皆さんは何本か映画館でご覧になりましたか。

 キネ旬的?な映画は、東京以外は上映が少なく、
 ビデオになりますが、
 アニメや話題の映画はシネコンが各地にできて
 ずっと見やすくなりましたね。

2007年ワーストドレッサー10人」

ファッション評論家ブラックウェル氏の
 「2007年ワーストドレッサー10人」によると
 ・今年で48回目。

☆2007年ワーストドレッサー10人
1位 ビクトリア・ベッカム
   スキニーミニのモンスター
2位 エイミー・ワインハウス(英歌手)
   上は蜂の巣の爆発、下はべとつく水玉模様、
   50年代ドライブインレストランのウェートレス
3位 メアリー・ケイト・オルセン(タレント)
   ハリケーンでボロボロになった楊子
4位 ファーギー(歌手)、クチュールの混乱
5位 ケリー・クラークソン、爆弾を腹部露出する

6位 エバ・グリーン、ネオンの悪夢から抜け出せない
7位 アブリル・ラビーン、ゴシックメイクアップの狂気
8位 ジェシカ・シンプソングローバルファッションの呪い
9位 リンジー・ローハン、ファッション狂乱
10位 アリソン・アングリム、40年代気象年鑑のエディターのよう
※昨年トップのブリトニー・スピアーズは選外

☆ベスト・ドレッサー(順不同)
・ニコール・キッドマン(女優)
・ケイト・ブランシェット(女優オーストラリア)
・リース・ウィザースプーン(女優)
・ジヤマイマ・カーン(英上流階級)
・アンジェリーナ・ジョリー(女優)
・ビヨンセ(歌手)
・ヘレン・ミレン
 (英女優、06年アカデミー主演女優賞、父はロシア貴族)
・ケイティ・ホームズ(女優、トムクルーズと生活)
・キャサリン・ヘーゲル(女優)
・ケイト・ミドルトン(ウィリアム王子の恋人)

★日本では、
 おバカキャラ、スザンヌのセンスが良いと思いますが。

 一般的にはYOU、梨花、篠原涼子、松雪泰子、
 深津絵里、木村カエラさん達の評価が高いようです。

環境の世論調査、毎日新聞

毎日新聞の
 「全国世論調査」によると

☆温室効果ガス排出削減義務を守るため、
 自分の生活レベルを下げることができるか
・できる  49%
・できない 41%

☆電気、ガス、ガソリンなどに課税する環境税の導入
・賛成 47%
・反対 42%

☆日本がなすべきこと
・風力発電や太陽光発電に補助金を出す 41%
・経済成長を犠牲にしても、排出を抑制 14%

☆原発の増設
・賛成 39%
・反対 50%

☆温暖化問題に
・関心がある 89%
 20代83%、30代90%、40代90%、50代95%、60代88%、70以上85%

★日本人は素晴らしい。
 TV局や電通、御手洗経団連会長とは大違い。

地球環境の世論調査、朝日新聞

朝日新聞の
 ・昨年11月17、18日
 「暮らしと地球環境の全国世論調査(面接)」によると

☆京都議定書による日本の削減目標
・必ず達成すべきだ 78%

☆温暖化防止の政府のこれまでの取り組み
・熱心ではなかった 80%
・熱心       12%

☆環境税の導入
・賛成 48%
・反対 41%

★新聞で温暖化関連記事はあるが、
 多国籍企業など原因へのつっこみが無い。
 社会部記事だと、長期変動には触れないし。

 TVでは取り扱いそのものが極小。