最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 環境ランキング Environmental Performance Index

ダボス会議の
「2008 環境ランキング Environmental Performance Index」によると
 ・米エール大などが調査
 ・飲料水、室内の空気汚染、温室効果ガス排出など25指標。
 ・世界149カ国。採点変更があり、昨年トップはニュージーランド。

☆2008 環境ランキング Environmental Performance Index
1位 スイス
2位 スウェーデン
3位 ノルウェー
4位 フィンランド
5位 コスタリカ

6位 オーストリア
7位 ニュージランド
8位 ラトビア
9位 コロンビア
10位 仏

12位 カナダ
13位 独
14位 英

21位 日本
24位 伊
28位 ロシア

35位 ブラジル
39位 米
40位 台湾
46位 オーストラリア
47位 メキシコ
51位 韓国

97位 南アフリカ
104位 ミャンマー
105位 中国
112位 アラブ首長国連邦
120位 インド
124位 パキスタン
129位 スーダン
135位 イラク

147位 シェラレオネ
148位 アンゴラ
149位 ニジェール。

★日本の環境技術は世界一。
 国民もまずまず頑張っているが、
 自民や経団連が足を引っ張る。
スポンサーサイト

年中行事に関する調査

MDBネットサーベイの
 「年中行事に関する調査」によると
 ・全国20才以上男女対象ネットリサーチ
 ・有効回答506
 ・2007年1~12月の各種行事実施状況
 ・調査08年1月11~15日

☆2007年実施率、上位5行事
・正月に雑煮を食べた      86.6%(50代94.1%)
・クリスマスケーキを食べた   74.3%(40代83.8%)
・正月に初詣に行った      61.7%(30代 68.6%)
・お花見をした         59.7%(60以上73.6%)
・土用の丑の日にうなぎを食べた 57.7%(60以上71.7%)

★花見の飲み会はしませんでしたね。
 桜はたくさん見たけど。

海外旅行に関する調査

読売新聞とgooリサーチの
 「海外旅行に関する調査」によると
 ・12月中旬実施
 ・20歳以上男女1084人

☆今年、海外旅行に行くとしたらどこに(複数回答)
1位 ハワイ、グアム、サイパン 36%
2位 欧州           32%
3位 オーストラリア      27%
4位 韓国・香港・台湾     20%
5位 北米           14%

☆北京五輪を見にゆきたいと思うか
・いいえ 84%
・はい  16%

☆1人1回当たり旅行予算
・10~20万円未満 39%
・20~40万円   29%
・5~10万円    22%
・40~60万円    6%

★海外旅行が安くなり、
 国内は温泉、海外はリゾートと
 どちらも癒し中心に

主婦の習い事アンケート

サンケイリビングの
 「主婦の習い事アンケート」によると
 ・調査2007年9月27日~10月1日
 ・えるこみWEBアンケート
 ・全国既婚女性1247人

☆習い事を
・している      35.1%

・子供が未就学児   15.0%
・ 〃 小学校低学年 31.4%
・ 〃 小学校高学年 36.3%
・ 〃 中学生    47.2%
・ 〃 高校生    47.1%
・ 〃 大学生社会人 52.0%

☆通っている習いごとのジャンル
・スポーツ      25.0%
・ヨガ・エクササイズ 24.3%
・語学        12.3%
・音楽関連      11.6%
・料理        11.4%
・手芸、工芸     11.4%

☆1回あたり費用
・500円未満     8.0%
・500~1000円未満  15.1%
・1000~2000円未満 21.3%
・2000~3000円未満 18.8%
・3000~4000円未満 12.4%
・4000~5000円未満  8.6%
・5000円~1万円未満13.5%
・1万円以上     2.4%

★月1万円位のスポーツジム通いが多いようです。

プロレスのレスリングオブザーバー・アワード2007

米プロレスWrestling Observer Newsletter の
  「Wrestling Observer Awards 2007
  プロレスのレスリングオブザーバー・アワード2007」によると
  ・ジャーナリスト、プロモーターなどプロレス関係者の投票

☆年間最優秀選手
 Lou Thesz/Ric Flair Award (Wrestler of the Year)
1位 ジョン・シナ
   過去にフレア8回、小橋4回、三沢3回受賞
2位 ブライアン・ダニエルソン
3位 棚橋弘至
4位 ショーン・マイケルズ
5位 森嶋猛

6位 ミスティコ
7位 三沢光春
8位 シベルネティコ
9位 カート・アングル
10位 エッジ

☆最も目立った選手
 Most Outstanding Wrestler
1. ブライアン・ダニエルソン、2年連続
2. ショーン・マイケルズ
3. 棚橋弘至
4. 丸藤正道
5. ナイジェル・マッギネス
6. サモア・ジョー
7. KENTA
8. 森嶋猛
9. エッジ
10. ジョン・シナ

☆総合格闘技最優秀選手、MMA MVP
1位 ランディ・クートア
2位 クイントン・ジャクソン
3位 チャック・リデル

☆最優秀抗争、Feud of the Year
1. アンダーテイカー vs バチスタ
2. ブライアン・ダニエルソン Vs 森嶋猛
3. ブリスコ兄弟 Vs スティーン&エル・ジェネリコ

☆年間最高試合、Worked Match of the year
1. 森嶋猛 vs ダニエルソン(8/25)
2. KENTA&石森太二 vs 丸藤正道&飯伏幸太(7/15)
3. ブライアン・ダニエルソン Vs ナイジェル・マッギネス (6/9)
4. ジョン・シナ Vs ショーン・マイケルズ (4/23)
5. ジョン・シナ Vs ウマガ (1/2)

☆最優秀タッグ、Tag Team of the year
1. ブリスコ兄弟
2. Chris Sabin & Alex Shelly
3. Kevin Steen & El Generico
4. Giant bernard & Travis Tomko
5. Matt & Jeff Hardy

9. KENTA&石森太二
10. 鈴木鼓太郎&マルビン

☆最優秀技術レスラー、best Technical Wrestler
1. ブライアン・ダニエルソン、3年連続
  過去にライガー4回、藤波3回受賞
2. ナイジェル・マッギネス
3. 永田裕志
4. フィット・フィンレイ
5. KENTA
7. 丸藤正道

☆最屈強レスラー
 Brusier Brody Best Brawler Award
1. 森嶋猛
2. ウマガ
3. サモアジョー
4. フィット・フィンレイ
5. Necro Butcher
6. 真壁刀義

☆過大評価、Most Overrated
1. カリ
2. ミスターケネディ
3. HHH
4. ボビー・ラシュレイ
5. バチスタ

☆過小評価、Most Underrated
1. シェルトン・ベンジャミン、3年連続
2. ジャミー・ノーブル
3. ポール・ロンドン
4. アレックス・シェリー
5. ウイリアム・リーガル
8. 潮崎豪

★KENTAと森嶋は、さらに活躍を期待。
 あのブリスコ兄弟がノア次期シリーズに再来日

世界の空港の効率性ランキング

米フォーブスの
 「世界の空港の効率性ランキング
  The World's Most-Delayed Airports」によると
 ・フライト情報検索システムFlightStatsの2007年データから
 ・2006年乗客1000万人以上の空港

☆出発が定刻15分以内の割合
1位 大阪国際(伊丹)空港、97%、到着便92%
2位 東京国際(羽田)空港、93%
※日本はトップ10に6空港がランクインと、
 仕事がキッチリしている。

☆到着が定刻15分以内の割合
1位 金浦国際空港(韓国ソウル)、95%
2位 済州国際空港(韓国)、94%

☆出発が遅れる空港、定刻15分以内発の割合
1位 ブラジリア国際空港、27%
2位 北京首都国際空港、33%
3位 グアルリョス国際空港(サンパウロ)41%
4位 コンゴニャス国際空港(サンパウロ)43%
5位 カイロ国際空港、47%
6位 シャルル・ドゴール空港(パリ)50%、欧州最下位

☆到着が遅れる空港、定刻15分以内着の割合
1位 チャトラパティー・シヴァージー国際空港(インド・ムンバイ)44%
2位 インディラ・ガンジー国際空港、45%
3位 コンゴニャス国際空港(サンパウロ)、54%
4位 ラガーディア国際空港(ニューヨーク)58%
5位 ニューアーク国際空港(米)、58%

★日本人の時間の正確さは素晴らしいレベル。

2007年倒産集計

帝国データバンクの
 「2007年倒産集計」によると
 ・2007年(平成19年) 1月1日~12月31日

☆倒産件数
・1万959件、17.2%増

☆負債総額
・5兆4917億2800万円、4.2%増

☆業種別
・7業種すべて増
・建設業    2939件
・小売業    2078件、29.1%増
・サービス業  1923件、23.3%増
・運輸・通信業  365件、20.5%増

☆態様別
・破産    9912件、17.8%増、構成比90.4%
・民事再生法  670件、17.3%増、構成比 6.1%
・特別清算   368件、 2.5%増、構成比 3.4%

☆地域別
・9地域すべてで増
・関東  3807件
・近畿  2978件、26.2%増
・中部  1154件

・北陸   372件、38.3%増
・九州   851件、23.0%増

★大企業本社がある東京とトヨタの中部だけ好況。
 あとの地域は厳しい。

女と男のバレンタイン意識調査

森永製菓の
 「女と男のバレンタイン意識調査」によると
 ・全国20・30代の女性412人、男性206人
 ・インターネットアンケート

☆バレンタインで自分にチョコを買った経験が(女性)
・ある 69.7%

☆彼や家族にあげたチョコを自分でも
・食べた 89.6%

☆貰えるのなら男性からチョコを貰ってみたいと
・思う 90.8%

☆女性に頼まれればチョコを(男性)
・あげる 91.3%

☆逆チョコをもらってみたい芸能人
1位 福山雅治
2位 小栗旬
3位 小池徹平、木村拓哉
5位 オダギリジョー
6位 岡田准一

☆男性が選ぶ「逆チョコをあげたい芸能人」
1位 長澤まさみ
2位 新垣結衣
3位 上戸彩
4位 菅野美穂、蛯原友里
6位 柴咲コウ、仲間由紀恵、眞鍋かをり

★メーカーの仕掛けが定着した成功例

07年新車販売ランキング

自動車業界団体の
 「07年新車販売ランキング」によると

☆07年新車販売ランキング
1位 ワゴンR 22万6825台
2位 ムーヴ  21万0424台
3位 カローラ 14万7069台(複数車種)
4位 ヴィッツ 12万1377台
5位 フィット 11万0217台

6位 タント  10万0217台
7位 ミラ    9万0500台
8位 ライフ   8万7132台
9位 パッソ   8万0015台
10位 セレナ   7万7544台

※12月の軽を除くトップはフィット1万8719台で、2位カローラの約2倍
 日産12月GT―Rは目標の4倍793台で、3カ月待ち

★日本の道路環境では、軽で機能容積共に充分。
 あとは服と同じく個人の趣味。

 燃費が良いのは軽のCVTかアニュアル、小型ハイブリッド。
 もちろん、徒歩・チャリ・電車がベター。
 大型のハイブリッド車は詭弁のような存在。

大リーガーの2007年平均年俸

AP通信の
 「大リーガーの2007年平均年俸」によると
 ・昨年8月末時点で登録されていた選手対象

☆大リーガーの2007年平均年俸
・282万ドル、3億円 4.6%増、史上最高

☆球団別2007年平均年俸
1位 ヤンキース 747万ドル、8億円
2位 レッドソックス、546万ドル

最低 デヴィルレイズ 90.6万ドル、9600万円

※トップはアレックス・ロドリゲスの10年2.75億ドル、300億円
 2007年最低保証年俸、38万ドル


★日本のプロ野球平均年俸は
 06年4月現在外国人除3751万円、巨人で5483万円。
 昨年1軍選手で、中日1億0548万円。最下位楽天が3374万円。

 幸せはお金ではなく、達成感や信頼感だろうけど、
 給料8倍なら行くかな。
 マーケットが大きいと、お金も大きい。


 しかし、
 こういうスポーツと芸能のアメリカンドリームは
 大手金融資本幹部が
 下層非白人の不満のガス抜きに利用している。

 オバマ氏が当選し、
 アメリカをみんな(人民)のための国に
 少しでも変えられると良いが。

グローバリゼーション指数

スイス連邦工科大の経済研究所KOFの
 「グローバリゼーション指数」によると
 ・経済、社会、政治3分野24項目のグローバル度合いを指数化
 ・122カ国対象

☆グローバリゼーション指数
1位 ベルギー、2年連続
2位 オーストリア
3位 スウェーデン
4位 スイス
5位 デンマーク

6位 オランダ
7位 イギリス
8位 チェコ
9位 フランス
10位 フィンランド

51位 日本(前年40位)

最下位 ブルンジ、ミャンマー、ルワンダ


☆同・経済面、貿易と直接投資が外国に開かれている程度
1位 シンガポール
2位 ルクセンブルク
3位 ベルギー
4位 マルタ

☆同・社会面、情報や知識がどれほど行き渡っているか
1位 スイス
2位 オーストリア
3位 シンガポール
4位 ベルギー

☆政治面、外国との協力度
1位 フランス
2位 アメリカ
3位 ロシア
4位 イギリスの順

★51位は低いけれど、
 あくまで米欧資本に都合の良い基準なので、
 日本は世界に対し、平和と環境をリードしよう。


※米外交誌フォーリンポリシーとATカーニーの
 「2007年グローバリゼーション指数(07年10月)」によると
 ・世界GDPの97%、人口88%を占める72カ国対象
 ・集計可能な05年統計値
 ・経済・情報・政治・人材の交流

☆2007年グローバリゼーション指数
1位 シンガポール、3年連続
2位 香港
3位 オランダ
4位 スイス
5位 アイルランド
6位 デンマーク

※トップ10中7か国が人口800万人以下の小国

★ベルギーやシンガポールなどとは違い、
 日本には大きな内需がある。

 技術とモラルもまだ充分高い

 アメリカや中国など特定国の意向を過剰意識する必要はない。

 世界全体や人類をみすえ、他国の模範をめざしましょう。

07年ビール出荷量(発泡酒、第3のビール含)」

ビール主要5社の
 「07年ビール出荷量(発泡酒、第3のビール含)」によると、

☆5社の総出荷量
・4億9608万ケース(大瓶20本換算)
  0.3%減、92年統計開始以来最低

☆会社別
1位 アサヒ 1億8824万ケース、0.1%増、シェア37.9%
2位 キリン 1億8730万ケース、0.05%増、シェア37.8%
3位 サッポロ 6190万ケース、3.6%減、シェア12.5%
4位 サントリー5444万ケース、5.4%増、シェア11.0%

★ビールを飲まなくなりましたね。
 暖かいビールは...変だしなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。