最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

世界中が為替や石油のギャンブラー

管理人の
 「世界中が為替や石油のギャンブラー」によると
 ・世界銀行、日銀等の2006年データから。一部は管理人推計
 ・為替とデリバティブ取引は国際決済銀行(BIS)07年4月調査

☆世界中が為替や石油のギャンブラー
 貧困や内戦に苦しんでいる人が世界中たくさんいる中で、
 金があまり、世界中の金持ちや組織・国が、
 毎日、為替や石油で多額のギャンブルをしている。

 外国為替取引が年に800兆ドル、8.8京!!!円、
 単位が億や兆でなく、京(けい)で10の16乗。

 まあ、不可思議10の64乗、無量大数10の68乗もあるにはあるが...

 デリバティブ(主に先物)取引が520兆ドル、
 NYの石油取引が500兆ドル。
 
 これまでの投資(投機?)の中心だった株の取引は、
 それと比べればわすか49兆ドル。
 世界の株式時価総額は48兆ドルで、ほぼ年に1回転になる。

 毎日、毎日、自己利益を狙った国や組織による
 多額のギャンブルが行われている。

 日本の株も、短期利益ばかり狙う外国資本が売買の過半を占め、
 株市場本来の目的、産業育成など引き飛んでしまった。

 米の資本家は長期投資をしないから、
 世銀による途上国への資金もインフラや教育には使われず、
 結局、途上国からむしり取るだけになっている。


 第一、世界中の66億人が1年間働いた結果のGDPが、
 48兆ドルだ。トヨタもMSもマックも任天堂含めて。
 汗水たらした年に48兆ドル、5千兆円。

 それに比して、
  為替ギャンブルが 17倍
  先物ギャンブルが 11倍
  石油ギャンブルが 10倍

 石油など、たった1日で、世界の年間生産量の2~3倍も取引されている。

 外国為替は、5年で3倍近くに、
 デリバティブは、5年で2倍に増えた。
 同じ人が何十回も何百回も売り買いするのだが、
 やはりおかしくないか。

 アメリカ政府が日本に押し付けてきた
 グローバル経済って、こういうことだ。

 自分の「金儲け」が最優先。
 日本人が長年守ってきたモラルはほとんど無い。
 というか、イラクやアフガンの戦争、
 911テロやアフリカ諸国の長年の内戦も、
 金儲けのために引き起こされた。

 そんな情けない世の中でなく、
 モラルの高い日本や北欧諸国が
 世界をリードしていくべきではないだろうか。

 彼らの常套手段である、賄賂、中傷、スキャンダルや
 暗殺まであるかもしれないが、
 アメリカや中国にも真っ当な人々はいるはずだ。



※以下は主に2006年1年間の世界合計
・GDP           48兆ドル
・貿易            12兆ドル(4年連続で2ケタ増、ジェトロ推計)
・直接投資          1.4兆ドル(ジェトロ推計)

・株式総額          49兆ドル
・債権総額          60兆ドル

・株取引           49兆ドル
・外国為替取引       800兆ドル
               1日3.2兆ドル(04年1.9、01年1.2)
・デリバティブ(先物)取引 520兆ドル
               1日1.2兆ドル(04年1.2、01年0.6)

・投機資金          3兆ドル

・日本のGDP        4.3兆ドル
・日本政府一般予算      0.8兆ドル

・NYの原油相場取引    500兆ドル
                1日2~3億バーレル
・世界の原油産出量     年298億バーレル、4.74兆リットル
                1日8200万バーレル

 ちなみに日本の宝くじは年に1.1兆円、
 わずか?100億ドル、0.01兆ドル。
 中央競馬が2.8兆円、260億ドル、0.03兆ドルだ。
 実に4ケタも違う。
 毎日通う人も少なくないパチンコが29兆円。