最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

参院選に関する世論調査

読売新聞の
 「参院選に関する第6回継続世論調査(電話)」によると
 ・24日から26日

☆安倍内閣
 ・支持率  36.5%
 ・不支持率 51.8%

☆政党支持率
 ・自民 32.6%
 ・民主 25.6%

☆どの政党に投票するか
《比例》
 ・民主 28%
 ・自民 23%

《選挙区》
 ・民主 31%
 ・自民 27%
  ※自民党が終盤追い込み

☆年金記録漏れ問題に対する政府の対策
 ・評価する  38%
 ・評価しない 53%

☆この問題で民主党が有効策を打ち出していると思うか
 ・そうは思わない 64%
 ・そう思う    18%

朝日新聞の
 「参院選についての全国電話情勢調査」によると
 ・24、25日

☆自民
 ・伸びず、40議席を下回る可能性がある
  過半数維持の64議席は難しそう
 ・1人区29選挙区でリードか一歩リードは、群馬・山口など4区だけ
  野党に後れをとる選挙区は岡山など18
 ・2人区12選挙区は推薦の岐阜を含む10選挙区で当選をにらむ
 ・3人区5選挙区は1議席は確保しそう
 ・5人区の東京は現職がやや先行、新顔はいまひとつ
 ・比例区は14議席前後。
 ・合計で、最低だった89年36議席まで落ち込む可能性あり

☆民主
 ・60議席をうかがう
 ・1人区で岩手・三重など9県で優勢、5県で一歩リード
  推薦は秋田・沖縄で堅く、愛媛・宮崎も支持を広げる
 ・2人区は1議席は堅い
 ・3人区は千葉、愛知で2人当選を視野に
  神奈川1人有力、1人当落線上。
  埼玉は新顔有利で現職厳しい、大阪は安定
 ・5人区の東京は現職、新顔とも浸透
 ・比例区は21議席前後。
 ・合計で目標55議席を上回り、
  非改選と合わせて参院第1党に

☆公明
 ・改選12議席の確保が微妙
 ・5つの複数区で、大阪優勢、埼玉圏内
  東京競り合い、神奈川当落線上
 ・比例区は7議席前後

☆共産
 ・現状維持に懸命
  選挙区、比例区合わせ4議席前後、

☆社民
 ・現状維持に懸命
 ・比例区で2議席程

☆国民新党
 ・比例区で1議席。

☆新党日本
 ・比例区で追い上げている

☆無党派層
 ・有権者の5割近くを占め
  棄権も含めぎりぎりまで決めない

☆毎日新聞の
 「電話による参院選の全国世論調査」によると
 ・25、26両日

☆自民、民主両党のどちらに勝ってほしいか
 ・民主 45%
 ・自民 31%

☆どの党の候補に投票するか
《選挙区》
 ・民主 33%
 ・自民 26%

《比例》
 ・民主 36%
 ・自民 25%

☆政党支持率
 ・民主  24%
 ・自民  22%
 ・公明   6%
 ・共産   4%
 ・社民   3%
 ・国民新  1%
 ・新党日本 1%
 ・なし  34%

☆安倍内閣
 ・支持  31%
 ・不支持 53%

共同通信の
 「参院選の全国電話世論調査」によると
 ・25、26両日

☆比例代表で投票する政党や候補者
 ・民主 27.4%
 ・自民 21.5%

★あまりに情けない内閣なので、変えましょう。

知事の支持率

読売新聞の
 「知事の支持率」によると
 ・14~16日実施
 ・全国世論調査、電話方式
 ・知事選中の群馬除く

☆知事の支持率
1位 宮崎 東国原 90.7%
2位 大分 広瀬  78.0%
3位 福井 西川  72.4%
4位 新潟 泉田  70.5%
5位 滋賀 嘉田  69.4%

24位 東京 石原 57.1%

42位 千葉 堂本 42.1%
43位 秋田 寺田 40.5%
44位 大阪 太田 36.0%
45位 奈良 荒井 31.7%
最下位 広島 藤田 17.8%


朝日新聞の
 「全国の知事の支持率調査」によると
 ・22日知事選の群馬を除く、46都道府県の知事支持率

☆知事の支持率
平均        56%
1位 宮崎 東国原 92%
2位 福井 西川  73%
3位 大分 広瀬  71%
4位 徳島 飯泉  70%
5位 青森 三村  70%

6位 新潟 泉田  69%
7位 石川 谷本  69%
8位 滋賀 嘉田  68%
9位 熊本 潮谷  68%
10位 三重 野呂  67%
☆知事の不支持率
平均        19%
1位 広島 藤田  56% 県議会で辞職勧告決議案が可決
2位 長野 村井  36%
3位 秋田 寺田  32%
4位 東京 石原  32%
5位 大阪 太田  30%

※4期以上知事で支持率20位以内の石川の谷本氏のみ
 4期福岡麻生氏28位、静岡石川氏34位、茨城橋本氏37位。
 5期の高知橋本氏32位、

★権力は腐敗するに決まっている。
 4期以上の多選禁止は当然。

魅力ある自治体

ブランド総合研究所の
 「地域ブランド調査」によると
 ・インターネット調査
 ・全国10~60代の約3万人から回答
 ・全782市、東京23区、地域ブランド作りに熱心な195町村
 ・回答者1人が20自治体の魅力度、産品購入意欲など点数化

☆魅力ある自治体
1位 札幌市 2年連続
2位 京都市
3位 横浜市
4位 函館市
5位 小樽市

6位 神戸市
7位 鎌倉市
8位 富良野市
9位 金沢市
10位 軽井沢町

★イメージの良い、住んでみたい場所ばかりですね。

最もおしゃれな都市調査

Global Language Monitorによる
 「最もおしゃれな都市調査」によると
 ・ファッションディレクター、通信員、同誌モニターによる

☆最もおしゃれな都市
1位 NY 4年連続トップ
2位 ローマ
3位 パリ
4位 ロンドン
5位 ミラノ

6位 東京
7位 LA
8位 香港
9位 ラスベガス
10位 シンガポール

★基準不明、全員が全ての都市に詳しいかも疑問だが、
 NYは資金力が豊富。

団塊リタイア調査・夫婦の関係

博報堂の
 「団塊リタイア調査・夫婦の関係」によると
 ・首都圏及び関西圏の58~60歳、428名調査
 ・調査07年3月、インターネット調査

☆年を迎えて考えていること
《男性》
1位 夫婦仲良く暮らしたい        83.8%
2位 趣味をやりたい           72.4%
3位 仕事を続けたい           55.7%
4位 いままでやれなかったことをやりたい 48.8%
5位 仲間と楽しいことをやりたい     46.7%

《女性》
1位 夫婦仲良く暮らしたい        74.2%
2位 配偶者にも家事全般に協力してほしい 58.8%
3位 趣味をやりたい           57.1%
4位 仲間と楽しいことをやりたい     55.5%
5位 いままでやれなかったことをやりたい 46.7%

☆定年をきっかけに始めたい(始めた)習い事
《男性》
1位 料理教室
2位 語学
3位 園芸
4位 パソコン
5位 楽器教室

《女性》
1位 パソコン
2位 スポーツ教室・レッスン
3位 語学
4位 園芸
5位 書道、ボールペン字

☆定年退職に向けた、配偶者への配慮
《男性》
 ・今までより配偶者のことを考えるようになった 38.5%
 ・変わらない                 61.5%
《女性》
 ・今までより配偶者のことを考えるようになった 40.1%
 ・変わらない                 56.5%

☆定年退職に向けて、夫婦で話し合いをした
 ・男性 62.4%
 ・女性 48.6%

★始めたい事の男性1位料理と、女性1位パソコンは
 お互いが先生になれそうな...

日本のウェブドメインの最新ランキング

ネットレイティングスの
 「日本のウェブドメインの最新ランキング」によると
 ・07年6月、家庭のPCによるアクセス

☆総利用時間(単位:千分)
1 yahoo.co.jp   8,062,099
2 mixi.jp     1,176,223
3 rakuten.co.jp  1,086,082
4 youtube.com    726,277
5 fc2.com      485,239

6 2ch.net      479,995
7 goo.ne.jp     435,056
8 wikipedia.org   342,264
9 biglobe.ne.jp   332,440
10 infoseek.co.jp  326,770

☆ページビュー数
1 yahoo.co.jp
2 mixi.jp
3 rakuten.co.jp
4 google.co.jp
5 fc2.com

6 xmbs.jp
7 goo.ne.jp
8 infoseek.co.jp
9 biglobe.ne.jp
10 youtube.com

☆ユニークユーザー数
1 yahoo.co.jp
2 rakuten.co.jp
3 fc2.com
4 amazon.co.jp
5 goo.ne.jp

6 nifty.com
7 biglobe.ne.jp
8 wikipedia.org
9 google.co.jp
10 infoseek.co.jp

★利用時間でヤフーがだんとつ。

学生への面倒見がよいと感じる大学

河合塾のアンケート
 「偏差値はあまり意識しないが
  学生への面倒見がよいと感じる大学」によると
 ・高校の進路指導教員対象、回答586
 ・07年度アンケート

☆学生への面倒見がよい大学
1位 金沢工業大(石川)
   1年時に修学基礎が必修で、図書館の使い方や研究室の活動を教える。
   欠席・遅刻やアルバイト日程までパソコンに入力させ、
   自分の生活をチェックさせる。
   教員に自由に質問できる工学基礎教育センターの利用は、
   年1.5万件近い。

2位 名古屋商科大(愛知)
   授業は完全座席指定。欠席4回で試験を受けられない。
   全員に配るパソコンを使って就職指導も徹底、
   今春の就職率98.5%

3位 武蔵大(東京)
4位 聖学院大(埼玉)
5位 大同工業大(愛知)

★金沢工業大の評価の高さはだんとつ

日経の若者意識調査

日経リサーチの
 「若者意識調査」によると
 ・首都圏30キロ圏内に住む消費者モニター
  20代1207人、30代530人
 ・07年6月29日~7月4日調査

☆お酒を全く飲まない、ほどんど飲まない(月1回以下)人
・20代 34.4%
・30代 27.6%
※月2~3回のあまり飲まない派を入れると全体の56%

※自宅でビール(発泡酒・第3含)を飲まない人は
 20代の50.6%

☆飲まない理由
1位 酒が弱い      50.5%
2位 お金がもったいない 29.6%

★うーむ。

☆車の所有
・2000年 23.6%
・2007年 13.0%

☆車の所有欲
・2000年 48.2%
・2007年 25.3%

★GTRもロードスターも、オヤジ向け

☆休日の過ごし方
・ほとんど家にいる、家にいることが多い 43.1%(男47.1%、女39.1%)

☆1ヵ月に自由に使えるお金
・20代 6万4400円、2000年調査より4千円増

☆月々に自由に使えるお金の使い道
・貯蓄 36%

☆収入が増えたら貯蓄を増やす
・20代 46.9%

☆毎月の平均貯蓄額
・20代 5万6800円
・30代 5万9700円

☆毎日の生活を送る上で、将来に備えることを重視
・2007年 39.5%
・2000年 21.8%

★酒を飲まず、車を買わず、貯金して将来に備える若者。
 真に堅実で、賢い。環境にも良い。
 しかし、社会やビジネスは活性化しない。

 環境と平和、文化には情熱を燃やして欲しいが。

パリ、観光名所の入場者ランキング

世界一の観光都市フランス・パリの
 「観光名所の昨年入場者数ランキング」によると
 ・市内の主要な名所50カ所の

☆観光名所の昨年入場者数ランキング
1位 ノートルダム寺院 1365万人
2位 サクレクール聖堂 1050万人
3位 ルーブル美術館   834万人
4位 エッフェル塔    669万人

※それぞれ入場者数新記録

☆50カ所全体の入場者数
 6914万人、前年比11.3%増

★トップはルーブルでも、エッフェル塔でもなく。
 日本人は名所より買い物でしょうけど。

米の違法薬物調査

米保健福祉省物質乱用・精神衛生サービス局SAMHSAの
 「違法薬物調査」によると
 ・02~04年に、4万人以上を調査

☆過去1カ月間に違法薬物を使った
 ・フルタイム労働者             8.2%

 《ワースト職種》
 ・飲食サービス関連            17.4%
 ・建築関連                15.1%
 ・芸術・デザイン・スポーツ・メディア関連 12.4%

 《ベスト職種》
 ・警備関連 3.4%
 ・公務員  4.0%
 ・教育関連 4.1%

 《年代別》
 ・18~25歳 19.0%
 ・26~34歳 10.3%
 ・35~49歳  7.0%
 ・50~64歳  2.6%

 《性別》
 ・男性 9.7%
 ・女性 6.2%

 《学歴別》
 ・高卒未満 11.2%
 ・高卒    9.0%
 ・短大卒   8.7%
 ・大卒    5.7%

 《年収別》
 ・2万ドル未満  13.2%
 ・~5万ドル未満  9.1%
 ・~7.5万ドル未満 7.5%
 ・7.5万ドル以上  6.0%

★社会が格差を広げる構造に

IT競争力ランキング IT industry Competitiveness Index

英エコノミストの
 「IT競争力ランキング IT industry Competitiveness Index」
 によると
 ・世界64カ国対象
 ・ビジネス環境、ITインフラ、人的リソース、法的環境、
  研究開発環境、IT産業開発への支援の6カテゴリと25の指標

☆IT競争力を測定、100点を満点として点数を付けた。
 1位 米国
 2位 日本
 3位 韓国
 4位 英国
 5位 オーストラリア

 6位 台湾
 7位 スウェーデン
 8位 デンマーク
 9位 カナダ
10位 スイス

43位 ブラジル
46位 インド
49位 中国

★3位韓国、6位台湾と、東アジア上位

スパムの最多配信国ワースト12

ソフォスの
 「スパムの最多配信国ワースト12」によると
 ・ソフォスラボのリサーチャー受信した全スパムを分析
 ・2007年4~6月

☆2007年4~6月のスパム送信国ワースト12
 1位 アメリカ   19.6%
 2位 中国・香港   8.4%
 3位 韓国      6.5%
 4位 ポーランド   4.8%
 5位 ドイツ     4.2%

 6位 ブラジル    4.1%
 7位 フランス    3.3%
 8位 ロシア     3.1%
 9位 トルコ     2.9%
10位 イギリス、イタリア 2.8%

12位 インド     2.5%
20位 日本      1.3%

☆日本はモラルが高いのか、
 国内向けスパムが多いのか。