最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

人間が最も嫌がる音の調査

英ソルフォード大コックス教授の
 「人間が最も嫌がる音の調査」によると
 ・サイトで34種の音を聞かせて選択
 ・一年間オンライン調査
 ・110万以上の投票

☆人間が最も嫌がる音
 1位 他人の嘔吐
 2位 マイクのハウリング音
 3位 赤ちゃんの泣き声
 4位 こすれ音
 5位 電車で線路のきしむ音

 6位 ヘタな人のバイオリン
 7位 ブーブークッション
 8位 ホームドラマの言い合い
 9位 Mains hum ?
10位 タスマニアデビル(猫科の肉食性有袋類)の声

 16位 黒板をひっかくつめの音
 20位 歯医者のドリルの音

★いやあ、全部ゴメンナサイです。
 でも、英国人はブラックジョークみたいなのが
 好きですね

バレンタイン調査、父と娘、手作りチョコ

森永製菓の
 「父と娘のバレンタイン意識調査」によると
 ・娘さんを持つ30代から60代の男性412名と、
  10代から20代の未婚女性620名
 ・インターネット調査による
 ・06年12月5~6日

☆父親は
 ・娘からのバレンタインチョコがほしい 72.6%
 ・娘からの手作りチョコがほしい    45.9%

 ・妻からのバレンタインチョコがほしい 60.4%

☆お父さんは手作りチョコが欲しい
 ・練習でも良いので娘から手作りチョコが欲しい    88.1%
 ・妻からの指示で娘が持ってきた手作りチョコでも良い 80.8%
 ・残った余り物の手作りチョコでも良い        73.3%

☆娘さんは、本命の誰にあげたいか
 ・お父さん      57.9%

☆お父さんにどうしても手作りチョコが欲しいと頼まれたら
  手作りチョコを贈る 77.9%

☆お父さんへチョコを贈る理由
 ・日頃の感謝がしたいから 53.5%
 ・喜ばせたいから     46.8%

☆お父さんから娘さんへのホワイトデーのお返し
 ・娘さんのチョコの平均金額   827円
 ・お父さんのお返しの平均金額 3752円

 ※娘さんが本命に贈るチョコの平均金額 1532円

☆チョコをあげたい理想の父親
 1位 所ジョージ
 2位 関根勤、明石家さんま
 4位 木村拓哉
 5位 木梨憲武

★お父さんは自分の娘が大好きです

----------------------------------------------------------

森永製菓の
 「バレンタインデーのアンケート調査」によると
 ・10代から40代の女性、
 ・6182人、10代10%、20代23%、30代31%、40代36%
 ・インターネット
 ・06年4月14~17日

☆バレンタインデーにチョコレートを贈った
 ・75%

☆手作りチョコレートを贈った(贈った人のうち)
 ・10代 67.4%
 ・20代 42.8%
 ・30代 37.7%
 ・40代 15.3%

☆手作りチョコを贈る相手
 ・10代    9割が同性の友達
 ・20代~40代 ほとんどの人が本命

☆手作りチョコレートを作って満足した点
 ・おいしくできた      73%
 ・喜んでくれるものができた 44.7%

★味というより、気持ちでしょうけど

世界の雇用情勢2007年版

ILOの
 「世界の雇用情勢2007年版
  Global Employment Trends Brief 2007」によると

☆2006年に世界全体の失業者数
 ・1億9520万人、失業率6.3%
 ・うち若者(15~24歳)比率 44%、8630万人

※過去10年間に世界の生産性は26%伸びたのに
 就業者数は16.6%増

☆地域別失業率
 ・中東・北アフリカ  12.2%
 ・サハラ以南アフリカ  9.8%
 ※これら地域では8割が1日2ドル未満で暮らしている

 ・南アジア       5.2%
 ・東アジア       3.6%

☆産業別就業構造
 ・サービス 40%、初のトップ
 ・農業   38.7%
 ・工業   21.3%

 ※96年は農業43.1%、サービス35.5%
 ※サハラ以南アフリカも、農業が63%に低下、サービス28.2%


☆男女間の就業格差
 ・男性の就業 74.0%、96年75.7%
 ・女性の就業 48.9%、96年49.6%

☆1日1人当たり2ドル相当額未満で暮らす働く貧困層
 ・13.7億人

★アフリカの構造不況を何とかしないと

フリーターのアルバイト実態調査2006

インテリジェンスの
 「フリーターのアルバイト実態調査2006」によると

☆アルバイトを決めた理由
 ・勤務地       42.2%
 ・自分に向いていそう 29.7%
 ・1日の勤務時間    29.2%
 ・勤務時間帯     29.2%
 ・仕事のイメージ   21.8%

☆フリーターを選択した理由
 ・時間が自由になるから        34.9%
 ・就職できずやむを得ず        29.5%
 ・やりたい仕事に就くための準備や勉強 26.3%
 ・やりたいことがわからなかった    24.4%
 ・他にやりたいことがある       20.5%

☆将来やりたいこと
 ・自分に合った会社に就職    46.8%
 ・フリーとして活躍できる専門職 23.7%
 ・独立して会社や店を経営    21.9%
 ・今はわからない、探している  14.6%
 ・特にない            8.7%

★なんとなくズルズルじゃなくて、
 明確なものがあればいいけどなあ。

学校給食費の未納問題

文部科学省の
 「学校給食費・全国調査」によると
 ・昨年11~12月
 ・給食を実施している全国国公私立小中学校3万1921校対象
 ・05年度給食費の徴収状況

☆平成17年度の給食費未納
 ・9万8993人
 ・22.3億円、全体の0.5%
 ・43%の学校で未納発生

 ※16年度以前や18年度にも未納があり、
  実際の未納額はこの数倍に膨れあがるとみられる

☆未納率・県別
 ・沖縄県 3.8%
 ・北海道 1.4%
 ・宮城県 1.1%

 ※最低は、富山と京都の0.1%

★金持ちで未納の父兄は差し押さえを

埼玉のいじめ実態調査

埼玉県教育局の
「いじめ実態調査速報」によると
 ・県内公立小中高各8校の小4、6年、中2、高2の5577人対象

☆いじめられた経験がある
 ・全体 39.3%
 ・小4 50.5%
 ・小6 43.3%
 ・中2 38.2%
 ・高2 34.1%

※あると回答したうち、10.9%が今もいじめにあっていると答えた。

※文部科学省の05年度集計で、埼玉県の発生率は1%未満だった。

★文部科学省の組織が形骸化
 教育再生会議もどうなのでしょう

教育再生会議についての全国世論調査

毎日新聞の
 「教育再生会議についての全国世論調査」によると

☆教育再生会議の、授業時間10%増のゆとり教育見直し
 ・賛成  71%
 ・反対  19%

☆社会奉仕
 ・賛成 69%
 ・反対 21%

★授業の量向上と、社会奉仕は賛成。

 学校問題よりも、
 未熟な親をどうやって大人にしていくかが、
 一番の問題だから、そこを議論しないと。

税や社会保険料の国民負担率

財務省の
 「07年度の国民所得に対して
  税や社会保険料が占める率(国民負担率)」によると

☆税や社会保険料の国民負担率
 ・39.7%、過去最高
  06年度の実績見込みよりも0.5ポイント高い

★公共サービスのレベルは高いといえず、
 政財界のモラル低下ばかり目立つが。

中国のGDP

中国国家統計局の
 「2006年国内総生産(GDP)速報値」によると

☆中国の2006年GDP
 ・20兆9407億元、325兆円
 ・実質伸び率 10.7%、前年は10.4%、4年連続2ケタ成長

 ・輸出   9691億ドル、27.2%増
 ・輸入   7916億ドル、20.0%増
 ・貿易黒字 1775億ドル、過去最高

★中国政府の数値は正確性に乏しいのですが、
 それでも貿易黒字の20兆円はすさまじいですね

マカオのカジノ売上

マカオ統計局の
 「昨年のカジノ売上・速報値」によると

☆昨年のカジノ売り上げ
 ・69.5億ドル、8400億円、22%増

 ※カジノの資本開放から4年
  米ラスベガスの65億ドルを超え世界一に
  07年は80億ドルの可能性も

  マカオカジノの客の93%は中国大陸の客

  昨年、広東省東莞市の町長が、公金13億円を負けた

  マカオカジノに進出している外資系5社の投資は200億ドル
  ベガス資本のサンズはテーブル数世界最大規模で、
  05年マカオの収益はサンズ全体の70%以上。

★金と欲望の恐ろしい勢い

年金暮らしになっても続けたいことアンケート

JTBの
 「年金暮らしになっても続けたいことアンケート」によると

☆定年(年金暮らし)になっても、これだけはしたい、続けたいことは
 ・旅行、レジャー    51%
 ・趣味、娯楽      24%
 ・スポーツ、健康づくり  8%
 ・仕事          7%
 ・外食、食べ歩き     5%
 ・学習          2%
 ・ロングステイ      2%
 ・社会福祉活動      1%

 ※女性は旅行の割合が高く、男性は仕事とスポーツ・健康づくりの割合が高い

☆定年になった後の旅行、行くとしたら誰と一緒
 ・パートナー   71%
 ・家族全員     9%
 ・友人       9%
 ・ひとり      5%
 ・子ども      3%
 ・趣味の仲間    2%
 ・その他の家族   1%

☆定年になった後の旅行の行き先
《国内》
 ・北海道 33%
 ・九州  16%
 ・東北  12%
 ・沖縄  12%
 ・近畿   6%

《海外》
 ・ヨーロッパ    44%
 ・オーストラリア
  ニュージーランド 15%
 ・ハワイ      14%
 ・アジア      10%
 ・アメリカ・カナダ  7%

★20年以上前ですが、国鉄?のフルムーンのCMで、
 高峰三枝子と上原謙による群馬・法師温泉のシーンが
 思い出されます。

男性介護者への調査

立命館大と日本生協連医療部会の
 「男性介護者への調査」によると
 ・17都府県に住む30~90代の男性介護者
 ・500人対象、295人から回答
 ・70代92人、60代82人、80代50人。平均年齢は69.3歳

☆介護を受けているのは
 ・妻   172人
 ・親   109人
 ・子ども 7人

 ※2人暮らしがは6割の172人

☆家事で困っていること
 ・炊事     43%
 ・裁縫     40%
 ・掃除     24%
 ・家の管理   21%
 ・買い物    19%
 ・困っていない 20%

☆介護に困っていること
 ・入浴介助   34%
 ・排泄介助   33%
 ・困っていない 24%

☆近所との関係
 ・あいさつ程度 33%
 ・ほとんどない  8%
 ・介護後、付き合いがなくなった 7%

★高齢男性は家事が不得手の人が多いから
 一人だと余計に大変そう。