最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

飲酒運転の社内ルールについてのアンケート

朝日新聞の
飲酒運転の社内ルールについてのアンケート」によると
 ・全国の主要企業100社対象
 ・有効回答89社

☆事故がなくても飲酒運転が発覚しただけで解雇が
 ・ありうる 42%
 ※飲酒反則切符で原則解雇が
  アサヒビール、キリンビール、サッポロビール、サントリー、
  イトーヨーカ堂、ミキハウス。
  ビール4社は福岡の事故前から明文化。

☆物損事故で解雇もある
 ・11社

☆人身事故で解雇もある
 ・21社

☆福岡の事故後、飲酒運転に対する処分基準を
 ・以前より厳しくした          5社
 ・検討を始めた            15社
 ・メールなどで改めて注意を呼びかけた 36社

★飲んだら乗らないと。

米外交政策などに関する4カ国での世論調査

カナダの調査機関EKOSの
 「米外交政策などに関する4カ国での世論調査」によると
 ・カナダ、英国、メキシコ、イスラエル4カ国、各1000人対象
 ・電話調査今年10月末実施

☆危険な人物(選択式)
 1位 ビンラディン氏
 2位 金正日氏
 3位 ブッシュ氏
 4位 イランのアフマディネジャド大統領
 5位 ヒズボラ指導者ナスララ師

☆同(英国)
 ・ビンラディン    87%
 ・ブッシュ      75%
 ・金正日       69%
 ・ナスララ      65%
 ・アフマディネジャド 62%

☆同(メキシコ)
 1位 ビンラディン
 2位 ブッシュ

☆同(イスラエル)
 アフマディネジャド 81%
 ブッシュ       9%

☆ブッシュの外交政策は世界を不安定にしている
 ・英国    69%
 ・カナダ   62%
 ・メキシコ  57%
 ・イスラエル 36%

☆米軍のイラク攻撃は正当化されない
 ・メキシコ  89%
 ・カナダ   73%
 ・英国    71%
 ・イスラエル 34%

☆米国は最終的にイラン、北朝鮮に軍事介入する
 ・メキシコ  68%
 ・イスラエル 60%
 ・カナダ   57%
 ※英では質問されなかった。

★ビンラディンは真相が全く不明です。
 悪いのは裏にいる国際財閥なのでしょう。

 ブッシュは7日の中間選挙で違反しても敗けそうで、
 民主党は米軍のイラン撤退をどう進めるか。

 金正日は中国による政権交代がほぼ決定。

辞書・辞典に関する調査

インターネットコムとJR東海エクスプレスリサーチの
 「辞書・辞典に関する調査」によると
 ・20~60代男女331人。
  男性61%女性39%、20代17%、30代42%、40代28%、50代10%、60代4%。

☆利用したことのある自動翻訳サービス(使用する206人)
 ・Excite 48%
 ・Yahoo  46%
 ・Google 14%

☆利用している辞書サイト(使用する206人)
 ・Yahoo    59%
 ・goo     40%
 ・Excite   28%

☆電子辞書を
 ・利用している 25%

☆電子辞書のメーカー(使用している83人)
 ・カシオ  55%
 ・シャープ 25%
 ・セイコー 15%
 ・ソニー  11%

★単に慣れているのが使いやすい。

自衛隊のイラク人道復興支援活動に関する特別世論調査

政府の
自衛隊のイラク人道復興支援活動に関する特別世論調査」によると
 ・全国20歳以上3000人、有効回収1811人
 ・調査18年9月21日~10月1日

☆陸上自衛隊のイラク人道復興支援活動の評価
 ・高く評価する   25.6%
 ・多少は評価する  45.9%
 ・あまり評価しない 17.4%
 ・評価しない     5.1%
 ・わからない     5.9%

☆評価する理由(高く評価するある程度評価する1295人・複数回答)
 ・イラク復興を助けるために役立った   67.9%
 ・無事に任務を終えて終了した      45.3%
 ・国際的な評価が高まった        27.6%
 ・日本の平和と安定を守るために役立った 25.1%

☆評価しない理由(あまり評価しない評価しない409人・複数回答)
 ・米国に従って派遣されたから            42.5%
 ・戦闘に巻き込まれる危険性があった         37.2%
 ・自衛隊海外派遣に反対               36.9%
 ・派遣で日本がテロに巻き込まれる可能性が高くなった 29.1%

☆役に立ったと思活動(複数回答)
 ・給水活動     68.4%
 ・医療支援     62.3%
 ・道路補修     56.3%
 ・学校等補修修繕  42.2%

★日本憲法の理想的な思想は、
 そう教えられ、強く共感もしたが、
 残念ながら砂上の楼閣だった。

 ほぼ全ての国が、地球や他国より、自国や権力者の利益優先で、
 外交は脅し、裏切り、裏工作、貸し借りに妥協が普通で、
 国際条約の破棄や違反も実は日常茶飯事。
 魑魅魍魎でダーティな闘争を続けている。
 理想の提言などもほとんどが見せかけで、裏がある。

 対米、中、北など、現実対応をしながら
 被爆体験も対外的にしっかり主張し、

 耐えながらも、良い方向へ。