FC2ブログ

最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

15日現在高齢者人口推計値

総務省の
 「15日現在高齢者人口推計値」によると

☆65歳以上の高齢者
 ・2640万人
 ・昨年より83万人増
 ・総人口の20.7%
 ・男性1120万人、女性1520万人

☆75歳以上の高齢者
 ・1208万人
 ・昨年より54万人増
 ・総人口の9.5%。

☆他国の高齢者割合
 ・伊 19.5%
 ・独 18.6%
 ・仏 16.2%
 ・英 16.0%
 ・ロ 13.4%
 ・米 12.4%

★5人に1人が高齢者

米の人種などによる寿命調査

米ハーバード大の
「人種などによる寿命調査」によると
 ・01年のデータを基に分析、

☆米国人は平均寿命の異なる8グループに分けられる。
 1位  アジア系         85歳 1040万人
 2位  中西部農村部の白人    79歳
 最下位 都市部と南部農村部の黒人 71歳  750万人

 ※収入や医療環境での差とはいえない。

☆州別
 1位  ハワイ   80歳
 最下位 ワシントン 72歳

★ハワイが最長寿。
 日本の沖縄的なポジションなのでしょうか。

結婚披露宴に関するアンケート

くらしの友の
 「結婚披露宴に関するアンケート」によると
 ・7月調査
 ・関東地方の20-50代の男女400人
 ・インターネット上アンケート

☆披露宴に呼ばれて迷惑に感じる点(2つ)
 ・会場が遠い               38%
 ・招待客のスピーチが長い         27%
 ・梅雨など季節が悪い           19%
 ・ご祝儀を出さなくてはならない      16%
 ・連休中日やクリスマスの日などに呼ばれる 13%

☆一番の楽しみ
 ・新郎新婦が見られる 27%
 ・おいしい料理    19%
 ・雰囲気       18%
 ・旧友に会える    17%
 ・楽しみなどない   10%

★親しい友人と親だけで充分だと思いますが。

談合疑惑度ランキング

全国市民オンブズマン連絡会議の
 「2005年度入札調書の分析結果、
  自治体別談合疑惑度ランキング
」によると
 ・47都道府県
 ・05年度発注の予定1億円以上の工事(東京3億、神奈川1.5億)5525件
 ・落札率95%以上の工事を談合が行われた疑いが強いとした

☆落札率95%以上の工事割合(談合疑惑ランキング)
 1位 北海道 84.3%
 2位 鹿児島 76.3%。
 3位 熊本  73.8%
 4位 宮崎  72.9%

 平均     52.5%(昨年65.3%)

 44位 長崎 8.3%
 45位 長野 7.2%
 46位 京都 5.5%
 47位 宮城 0.9%

★宮城は談合をほぼ脱しているようです。
 やればちゃんと出来るんですね。


☆落札率、落札価格総合計÷予定価格総合計=当該自治体の落札率
《都道府県落札率順位(低率順)》
 1位 長野 74.8%
 2位 宮城 74.9%
 3位 富山 76.9%

 ※長野との落札率の差 0.1%(宮城)~21.0%(宮崎)
  各県が長野並の落札率になった場合の
  都道府県合計節約可能推計額 2397億円

《政令指定都市落札率順位(低率順)》
 1位 仙台市 86.0%
 2位 静岡市 86.2%
 3位 堺市  86.9%

 ※長野県との落札率の差 11.2%(仙台市)~21.9%(さいたま市)
  各市が長野県並の落札率になった場合の
  政令指定都市合計節約可能推計額 819億円

★北海道、鹿児島県、宮崎県、さいたま市、大阪市などは
 かなり余分な税金がゼネコンへまわっているようです。

小泉政権についての全国世論調査

毎日新聞の
 「小泉政権についての全国世論調査」によると
 ・面接方式
 ・今月1~3日

☆小泉政権を
 ・評価する  64%(男性62%、女性65%)
 ・評価しない 34%

☆小泉首相がやっって良かったと思うもの(七つの選択肢から)
 ・拉致被害者の一部帰国          51%
 ・郵政民営化               18%
 ・積極的な不良債権処理           9%
 ・イラク自衛隊派遣             4%
 ・在日米軍再編合意など日米同盟を強固にした 3%

☆間違っていたと思うもの(七つの選択肢から)
 ・医療、年金など社会保障制度改革     28%
 ・イラクに自衛隊派遣           18%
 ・毎年、靖国神社に参拝          17%
 ・郵政民営化               11%

★実績は拉致の一部解決、自民党旧体制の崩壊。
 そして、国民のアホサ露呈でしょうか。

 わかりやすいキャッチフレーズで、中身なしというのは
 タレント議員みたいなもんでしたね。

年金制度についての全国世論調査

毎日新聞の
 「年金制度についての全国世論調査」によると
 ・面接方式
 ・今月1~3日

☆年金は
 ・近い将来破たんすると思う 59%(40代77%、70以上37%)
 ・破たんするとは思わない  39%

☆年金制度を維持する方策
 ・給付水準をカットし、現役世代の負担は増やさない 40%
   20~30代47%、60代32%、70以上34%
 ・現役世代の負担を引き上げ、給付水準を維持する  27%
   20代24%、30代21%、70以上34%

☆公的年金にどの程度頼りたいか
 ・公的年金を中心に貯蓄や民間保険で補う 38%
 ・全面的に頼りたい           36%

☆消費税を社会保障目的税化して引き上げ、年金財源に回すこと
 ・反対 53%
 ・賛成 43%(男性50%女性37%、20代32%60代52%)

★役人がごまかし続けてきて、
 今も情報操作を続けている。天下りも継続中。

賃貸住宅におけるご近所づきあい実態調査

ネクストの
 「賃貸住宅におけるご近所づきあい実態調査」によると
 ・関東関西の都市圏で現在賃貸集合住宅
  (アパート、マンション)に住んでいる
  18~34歳の男女1032人(男性516人、女性516人)
  ひとり暮らし476人、子どもあり家庭220人、子どもなし家庭336人
 ・インターネット調査
 ・調査7月28~29日。

☆引っ越しの際、
 ・何らかの形でご近所にあいさつをした 約7割

☆近所づきあいはない
 ・一人暮らし   43.1%、
 ・子供がいる家庭  2.3%

☆子供がいる家庭のご近所づきあい
 ・顔を合わせたときあいさつする      57.3%
 ・立ち話をする              23.6%
 ・お互いの家を行き来する         12.3%
 ・近所づきあいの必要性を感じたことがない 40.5%
 ・近所づきあいはない            2.3%

★あいさつ程度ですねえ。

2006年の女性ベストドレッサー

米ピープル誌の
 「2006年の女性ベストドレッサー」に選ばれたことが分かった。
 ・同誌編集者とオンライン投票

2006年の女性ベストドレッサー
1位 ジェニファー・アニストン 54%
2位 ハル・ベリー
3位 ジェシカ・アルバ

☆最もトレンディーな男性
 ・ジャスティン・ティンバーレイク(歌手)

☆最もジャケットとジーンズが似合う男性
 ・デイビッド・ベッカム

☆最も単色の服装が似合う男性
 ・ジョージ・クルーニー

★アニストンはブラッド・ピットと結婚離婚した著名女優。

眼鏡が似合う有名人のアンケート調査

セイコーオプティカルプロダクツの
 「眼鏡が似合う有名人のアンケート調査」によると
 ・7月末~8月初旬
 ・インターネット
 ・眼鏡ユーザー1562人から回答

☆眼鏡が似合う有名人・男性部門
 1位 古田敦也監督 11.6%
 2位 ペ・ヨンジュン
 4位 藤森慎吾(オリラジ)
 7位 おぎやはぎ

☆眼鏡が似合う有名人・女性部門
 1位 高木美保
 3位 アンジェラ・アキ

★なぜか歯抜けのランキング公表
 高木さんは仕事用にたくさん勉強しているようです。


オリコンの
 「メガネが似合う有名人アンケート」によると
 ・06年7月7~11日、20~40代男女1000人

☆メガネが似合う有名人
 男性1位 藤森慎吾(オリラジ)
 2位 古田敦也
 3位 おぎやはぎ

 女性1位アンジェラアキ
 2位 光浦靖子
 3位 真鍋かおり

★メガドル(メガネっ娘アイドル)といわれる
 時東ぁみ、もうすぐ18才は視力1.5でダテメガネなんだそうな
 ドラえもんののび太君やハリー・ポッターのハリー君は
 どんなもんでしょうか。
 ジョンレノンに八嶋智人さんなんかも

平成17年中の救急業務の実施状況

消防庁の
 「平成17年中の救急業務の実施状況」によると

☆平成17年中の救急業務実施状況
 ・救急出場件数 528万0422件(1日平均14,460件)過去最多
 ・救急搬送人員 495万8121人 過去最多
 ・ヘリコプター出場件数 2486件
 ・ヘリコプター搬送人員 2145人

 ・現場到着までの所要時間全国平均 6.5分
 ・医療機関収容までの所要時間全国平均 31.1分

☆平成18年4月1日現在の救急業務実施体制
 ・救急隊数   4787隊
 ・救急隊員数  58510人
 ・救急自動車数 5758台

☆平成17年中の救助活動の概要
 ・救助出動件数 85716件、2.9%減
 ・交通事故     42.5%
 ・建物等による事故 23.8%
 ・火災        6.3%

☆平成18年4月1日現在の救助体制】
 ・救助隊数 1491隊
 ・救助隊員 23458人

★現場までは早いのに、病院までは平均30分強。
 車内での手当てや治療を、法律も含め、
 いかにレベルアップしていくか。

最も肩の強い外野手と肩の弱い外野手のアンケート

米スポーツ誌スポーツイラストレーテッドの
 「最も肩の強い外野手と肩の弱い外野手のアンケート」によると
 ・現役メジャー選手415人のアンケート

☆最も肩の強い外野手
 1位 イチロー 48%(5年連続ゴールドグラブ賞)
 2位 ウラジーミル・ゲレロ(エンゼルス)32%
 3位 ホセ・ギーエン(ナショナルズ)   8%

☆肩の弱い外野手
 1位 ジョニー・デーモン(ヤンキース)     37%
 2位 フアン・ピエール(カブス)        13%
 3位 ルイス・ゴンザレス(ダイヤモンドバックス)12%

★選手同士の投票で1位ですから
 イチローはやはりすごいですね。