最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界経済フォーラムの世界競争力指標GCI

世界経済フォーラムの
 「世界競争力指標(GCI)」によると
 ・今年から新指標で評価、前年順位も修正
 ・125カ国・地域

☆06~07年、世界経済競争力ランキング
1. スイス(前年4位)
2. フィンランド
3. スウェーデン
4. デンマーク
5. シンガポール

6. アメリカ(1位)
7. 日本(10位)
  ※技術革新と保健衛生で1位、
   マクロ経済91位、財政赤字114位
8. ドイツ
9. オランダ
10. イギリス

11. 香港
12. ノルウェー
13. 台湾
14. アイスランド
15. イスラエル

 24. 韓国
 42. イタリア
 43. インド
 54. 中国(前年48位)
 62. ロシア
 66. ブラジル
 77. ベトナム

★世界の工場、中国が54位
スポンサーサイト

F1ファンの意識調査

FIAの
 「F1ファンの意識調査」によると
 ・9万1,000人以上がオンライン投票

☆好きなドライバー
 1位 ミハエル・シューマッハ 28%
 2位 ライコネン       17%
 3位 バトン          8%
 4位 アロンソ
 5位 クルサード

 6位 モントーヤ
 7位 ビルヌーブ
 8位 ウェバー
 9位 佐藤琢磨
10位 バリチェッロ

11位 フィジケーラ
12位 クリエン
13位 モンテイロ
14位 ロズベルグ
15位 スピード
16位 トゥルーリ

☆タイヤの新レギュレーションに満足している
 YES 66%

☆新予選方式について満足している
 YES 73%

☆F1は重要な技術革新のモデル
 YES 91%

☆技術的な面がF1で最もエキサイティングな要素だ
 YES 28%

★引退が決まっても帝王人気はさすが。
 アロンソはそんなものですかねえ。

居酒屋チェーンの飲酒運転アンケート

読売新聞の
 「居酒屋チェーンの飲酒運転アンケート」によると
 ・首都圏、九州、大阪に本社のある大手居酒屋チェーン22社
 ・大きな企業から無作為で24社選出、22社回答。
 ・今月19~22日

☆運転する客に酒類を提供しないための取り組みが十分か
 ・不十分、改善が必要        9社
 ・不十分、現状維持でやむを得ない  5社

☆運転する客に酒を提供しないための対策
 ・ある  18社
 ・ない   4社
  ※ないは、全て郊外型の店舗がないチェーン

☆福岡の死亡事故以降、飲酒運転防止で新たに導入した対策
 ・講じた  8社
 ・検討中 10社

☆その内容
 ・入店時に運転者を確認した上でソフトドリンクを無料提供
 ・飲酒運転をしないよう店内アナウンス
 ・飲酒運転をしないとの誓約書を書かせる
 ・飲酒運転禁止を呼び掛けるポスター掲示

★運転する人には、無理に進めないよう、
 大分、意識が改善されてきました。

地方公共工事の設計積算団体の天下り調査

毎日新聞の
 「地方公共工事の設計積算団体の天下り調査」によると
 ・41道府県が出資した
  地方の公共工事の設計積算業務を行う財団・社団法人41。

☆現職幹部かOBが理事長
 ・39団体の理事長を務め、

☆天下り
 ・38団体、計209人の道府県職員が天下り
 ・静岡県総合管理公社     16人、全職員の23%
 ・三重県建設技術センター   15人
 ・栃木県建設総合技術センター 14人
 ・福井県建設技術公社     12人
 ・富山県建設技術センター   12人

☆出向者
 ・37道府県、計452人
 ・兵庫県まちづくりセンター  42人、全職員の37%
 ・愛知県都市整備協会     36人
 ・沖縄県建設技術センター   34人
 ・栃木県建設総合技術センター 32人
 ・福岡県建設技術情報センター 32人

★業界全体の談合癒着体質を脱皮しなくては

介護給付費実態調査

厚労省の
 「介護給付費実態調査」によると

☆05年度介護保険サービス利用者
 ・439.8万人、6.3%増、過去最多

☆高齢者1人当たりの介護サービス利用額
 ・15万7800円、ほぼ横ばい

☆年間を通して介護保険を利用している人は
 ・231.9万人

☆要介護4の30万人中、程度が悪化した人
 ・10.2%、8ポイント改善

★制度の大幅改善は必要だが、
 まずは前進

新司法試験の合格者

法務省の
新司法試験の合格者」によると
 ・04年開設の法科大学院1期生中の
  法学既修者向け2年コース修了者が受験

☆合格者
 ・1009人。受験者2091人の48%
 ・平均年齢28.9歳。最高58歳最低23歳。女性228人全体の23%。

 ※旧司法試験は合格率2~3%

☆大学院別合格者、合格率
 ・中大   131人 55%
 ・東大   120人 71%
 ・慶応   104人 63%
 ・京大    87人 67%
 ・一橋    44人 83%
 ・明学    43人 45%
 ・神戸    40人 65%

※旧試験1位の早大は法学未修者向け3年コース主で、
 受験19人合格率63%
 合格者ゼロは東海、京都産業、神戸学院、姫路独協

 旧司法試験も5年は並行して行われ。600人程が合格見込み。

★人員不足で大幅増員へ

全国の1級河川の05年水質ランキング

国交省の
 「全国の1級河川の05年水質ランキング」によると
 ・全国一級河川109 水系1,106地点
  水質状況、環境基準等の満足状況

☆水質ベスト河川
 同率1位
 ・尻別川、2年連続
 ・後志利別川
 ・鵡川
 ・沙流川、2年連続
 ・札内川(以上北海道)
 ・荒川(新潟)、3年連続

☆水質ワースト
 1位 大和川(大阪府、奈良県)
 2位 鶴見川(神奈川)
 3位 綾瀬川(埼玉、東京、利根川水系)
 ※前年の1位綾瀬川と2位中川(利根川水系)は大幅な水質改善。

☆全国環境基準満足状況、水質状況>
 ・BOD値またはCOD値が基準を満足 88% 3年連続過去最高
 ・ダイオキシン類 が基準を満足 99%

★きれいな北海道と汚れた大都市

指導力不足教員の調査

文部科学省の
 「指導力不足教員の調査」によると
 ・今年4月1日現在
 ・全国の小中高校や養護学校などの教員約90万人
 ・授業内容や子どもとの接し方に問題があるとして
  指導力不足と認定された公立校教員

☆05年指導力不足の公立学校教員
 ・506人、前年より60人減
 ・72%は男性

 ・年代別
  40代 45%
  50代 37%
  30代 17%

 ・在職年数
  20年以上   59%
  10~20年未満 35%

 ・学校種別
  小学校 50%
  中学校 26%
  高校  15%

 ・うち教壇を去った教員 111人
  (大半は復帰に向け研修を受けたが最終的に依願退職)
  現場に復帰      116人
  研修継続、休職    279人

 ・05年度の新規認定者246人

☆1年の試用期間を経て正式採用されなかった教員
 ・198人、前年より7人増
 ※05年度新規採用教員約2万1千人中で

☆優秀教員の表彰制度
 ・46教委が実施、前年度より11教委増
 ・8教委は給与面で優遇

★90万人の中で500人なんて、わずか0.05%。
 その位はいて当然でしょうし、
 実際は何倍か何十倍もいるのでしょう。
 
 先生のカンセリング、指導、研修などが
 昔より必要では。

中国本土ベスト商業都市ランキング

中国フォーブス誌の
 「2006年度中国本土ベスト商業都市ランキング」によると
 ・04年GDPが130億元を超えた209都市対象

中国本土ベスト商業都市ランキング
 1位 杭州市(浙江省)、3年連続
 2位 北京市
 3位 上海市
 4位 無錫市(江蘇省)
 5位 寧波市(浙江省)

 6位 蘇州市(江蘇省)
 7位 大連市(遼寧省)
 8位 広州市(広東省)
 9位 南京市(江蘇省)
10位 天津市
 ※成都市(四川省)、重慶市、安徽省蕪湖市もアップ

★もう上海だけじゃありません

安倍新総裁についての世論調査

朝日新聞の
 「安倍新総裁についての全国緊急世論調査」によると
 ・20~21日
 ・全国有権者対象、無作為3段抽出法、電話調査
 ・有効回答1062人、回答率59%。

☆自民党新総裁で安倍氏が選ばれて
 ・よかった 57%
  (男性52%、女性62%。自民支持層85%、公明支持層44%)

☆安倍氏に親しみを
 ・感じる 59%(男性51%、女性66%)

☆安倍氏に強いリーダーシップが
 ・ある       29%
 ・それほどでもない 53%

☆信念や考えを
 ・きちんと説明している 38%
 ・あいまいにしている  42%

☆安倍氏が総裁になって自民党が
 ・よくなる   17%、
 ・悪くなる    3%
 ・変わらない  70%

☆郵政民営化に反対した議員の復党をめぐっては、
 ・抵抗がある 43%、
 ・抵抗はない 42%

☆安倍氏と小沢氏のどちらが首相にふさわしいか
 ・安倍氏 57%
 ・小沢氏 22%

☆民主党の小沢代表に
 ・期待する 43%(男性50%)
 ・期待しない 44%

★どうでしょうねえ。安倍さんの実績といえば、
 拉致問題で毅然とした態度をとったこと位。
 あとは背が高くソフトなイメージか。

 政策も具体性が無さ過ぎるし
 一度、持ち上げておき,引きずり落とす可能性が高い。

 うさんくさい後援者関連のスキャンダルも
 某週刊誌だけに抑えているし。

 それで得するのは...

愛犬の食生活に関する意識実態調査

花王の
 「愛犬の食生活に関する意識実態調査」によると
 ・室内で愛犬を飼っている近畿圏在住の20~60代女性827名
 ・インターネット調査
 ・調査06年3月

☆毎日の食事
 ・市販ドッグフード(ドライタイプ91%) 94%
   ※うち、肉野菜などをトッピング   45%

☆トッピングする頻度
 ・毎回   43%
 ・1日1回 26%

☆トッピングの目的
 ・愛犬が喜んで食べる         80%
 ・栄養バランスの補完         47%
 ・ドライフードだけだと愛犬が食べない 35%
 ・人の食事の残りを捨てないため    13%

☆トッピングの種類
 ・栄養バランス目的 主に魚類、野菜、乳製品。
 ・食べさせる目的  主に肉類

☆おやつ(ビスケットやジャーキー類など)は
 ・与えている 87%
 ・毎日与える 72%

☆おやつを与える目的
 ・ごほうびのようなしつけを伴う 59%
 ・愛犬が喜ぶ          47%
 ・間食             46%

☆自分の愛犬が太り気味と思う
 YES 27%

★昔は味噌汁かけご飯が普通でしたっけ。

米国の長者番付 The 400 Richest Americans

米フォーブスの
 「米国の長者番付 The 400 Richest Americans」によると

米国の長者番付 The 400 Richest Americans
1位 ビル・ゲイツ 530億ドル(6.1兆円)50歳 MS会長 13年連続
2位 ウォーレン・バフェット 460億ドル 76歳 投資家
3位 シェルドン・アデルソン 205億ドル 73歳 カジノ、ホテル
4 Lawrence Joseph Ellison 195 62 Oracle
5 Paul Gardner Allen 160 53 Microsoft

6 Jim C Walton 157 58 ウォルマート
7 ChristyWalton&family 156 51 ウォルマート
7 S Robson Walton 156 62 ウォルマート
9 Michael Dell 155 41 Dell
9 Alice L Walton 155 57 ウォルマート

11 Helen R Walton 153 86 ウォルマート
12 Sergey Brin 141 33 Google
13 Larry E Page 140 33 Google
14 JackCrawfordTaylor&f 139 84 Enterprise Rent-A-Car
15 StevenAnthonyBallmer 136 50 Microsoft

16 Abigail Johnson 130 44 Fidelity
17 Barbara Cox Anthony 126 83 Cox Enterprises
17 Anne Cox Chambers 126 86 Cox Enterprises
19 Charles De Ganahl Koch 120 70 oil, commodities
19 David Hamilton Koch 120 66 oil, commodities

★さすがにアメリカの金持ちはケタが大きい。
 トップ10にウォルマート一族4人、
 創業者は頑張ったが、従業員は薄給無保険、地方商業は壊滅。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。