最新、アンケートによると

アンケートや世論調査の結果をピックアップしてデータベース化。変化する日本や世界の今はどうなのか。
折角まとめられたアンケートやリサーチ結果、ランキングを、参考資料やヒント、雑談に。

携帯電話のゲームに関する調査

インフォプラントの
 「携帯電話のゲームに関する調査」によると
 ・全国のi モードユーザー
 ・有効回答5606人、男性36%女性64%
 ・06年7月18~25日

☆携帯電話でゲームを
 ・する  83.3%

☆携帯電話でゲームをする頻度 (携帯電話でゲームをする人)
 ・ほぼ毎日    40.3%
 ・週に2、3日位  21.3%
 ・週に1日位    13.5%

☆携帯電話でするゲームのジャンル
 ・ミニゲーム/パズル  75.9%
 ・テーブルゲーム   36.7%
 ・ロールプレイング  23.4%
 ・クイズ/学習     21.7%

☆携帯電話でゲームをする時
 ・就寝前    61.7%
 ・帰宅後    26.2%
 ・通勤・通学中 21.6%

☆今後、携帯電話でゲームをする機会は
 ・増えると思う         12.4%
 ・どちらかといえば増えると思う 21.8%
 ・どちらかといえば減ると思う   9.0%
 ・減ると思う           4.1%

★ひまつぶしが、メールから携帯ゲームに。
 これも癒しか?

外食産業のマーケット

富士経済の
 「外食産業マーケティング調査」によると

☆カテゴリー別06年見込み
・ファミリーレストラン 1兆6940億円 101.2%
・喫茶         1兆4383億円 101.1%
・西洋料理         6916億円  99.6%
・日本料理       3兆0246億円 100.0%
・東洋料理       1兆2010億円  99.6%
・エスニック料理       677億円 104.0%
・給食         3兆5255億円 100.0%
・宿泊宴会場      4兆6120億円  99.6%

☆カテゴリー別傾向
・ファミリーレストラン
 イタリアン、和食など特化型が躍進したが、かげりが出始めた。
 バイキングレストランは拡大。
・喫茶
 高価格型コーヒーショップ躍進、ジューススタンド拡大。
・西洋料理
 フレンチ、ステーキハンバーグは長期低迷、イタリアン拡大、スペインが僅かに成長。
・日本料理
 長期減少が一段落。
・東洋料理
 焼肉はマイナス。中華は停滞、点心は成長、ジンギスカン成長。
・エスニック料理
 メキシコとインドは停滞、東南アジアは拡大。
・給食
 産業給食、学校給食、病院給食とも減、福祉施設給食は唯一増。
 委託率が年々高まり、大手給食企業は規模拡大。
・宿泊宴会場
 法人需要が回復、高価格なハウスウエディングが増加。

★伸びるのは新しいビジネス。従来ビジネスは上位集中。

2005年、海外で働く日本人の統計

外務省の
 「2005年、海外で働く日本人の統計」によると
 ・05年10月時点

海外で働く日本人
 ・中国(香港含む) 6万4800人(31%増、初の1位)
 ・米国       5万4400人(0.1%減)
 ・全体       21万7000人

★上海、香港、大連、北京など出張も多いようです。

05年度食品ロス統計調査

農水省の
 「05年度食品ロス統計調査」によると

☆05年の食べ残し
 ・1日 47.3g
 ・1人1日当たり食品使用量 1167g、
 ・うち廃棄、食べ残しによるロス量47.3g、ロス率4.1%(前年4.2%)

☆ロス率のうち
 ・賞味期限切れなどの廃棄 2.9%
 ・食べ残し        1.1%。

☆ロス量のうち
 ・野菜類   20.5g
 ・調理加工品  8.0g
 ・果実類    7.4g

★賞味期限切れの原因は買いすぎでしょうか。

住民基本台帳の人口、出生、死亡、世帯数

総務省の
 「住民基本台帳」によると
 ・住民基本台帳は日本に住む日本人の人口で、
  国勢調査の総人口は在日韓国人など日本に3か月以上住む外国人も含む。

☆3月31日現在の日本人人口
 ・1億2705万5025人(前年より3505人減)
  68年調査開始以来、初の減少。

 ・出生  106万5533人(調査開始以来最低)
 ・死亡  107万2281人(調査開始以来最高)
 ・世帯数 5110万2005世帯、1世帯人員2.49人
 ・老年人口割合   20.3%(調査開始以来初の20%突破)
 ・年少人口(~14歳)13.8%

☆県別日本人人口
 1位 東京  1227万3376人
 2位 神奈川  869万3373人
 3位 大阪   866万3719人
 4位 愛知   710万6585人
 5位 埼玉   701万9919人

★人口減、高齢化少子化が進行

ビールに合う夏の味覚アンケート

アサヒビール
 「ビールに合う夏の味覚アンケート」によると
 ・全国の20歳以上男女、有効回答7994人
 ・インターネット調査
 ・06年7月26日~8月1日

☆最近どの位の頻度でビール類を飲んでいるか
 ・ほぼ毎日  43.6%
 ・週4~5回  14.3%

ビール類をどこで飲んでいるか
 ・ウチ飲み派(自宅で飲む) 89.2%

つまみ選びのポイント
 1位 サッパリしたもの  58.8%
 2位 辛いもの      46.2%
 3位 スタミナのつくもの 43.2%
 4位 塩辛いもの     25.7%
 5位 冷たいもの     23.9%

ビール類に合うつまみ、ウチ飲みランキング
 1位 枝豆・だだちゃ豆    68.9%
 2位 冷やっこ        55.1%
 3位 餃子          37.5%
 4位 焼肉・バーベキュー   29.7%
 5位 焼き茄子        25.9%
 6位 揚げ物(唐揚げ・ポテト)25.7%
 7位 冷やしトマト      25.2%
 8位 冷しゃぶ(豚しゃぶ等) 22.8%
 9位 まぐろ、鯛など刺身   22.6%
10位 焼き鳥・串焼き     21.5%

ビール類に合うつまみ、外飲みランキング
 1位 焼き鳥・串焼き      52.4%
 2位 焼肉・バーベキュー    48.8%
 3位 枝豆・だだちゃ豆     28.9%
 4位 揚げ物(唐揚げ・ポテト) 27.3%
 5位 串揚げ          25.5%
 6位 餃子           20.6%
 7位 たこ焼き・お好み焼きなど 19.0%
 8位 まぐろ、鯛など刺身    18.1%
 9位 ジンギスカン       17.8%
10位 岩ガキ、アワビなど貝類  15.6%

※ビール苦みををうまいと感じた年令
 ・平均 23.7歳
 ・全国の20歳以上男女1万3597人、インターネット調査

★管理人は枝豆、ポテト、お新香、冷奴でOKですが、
 ヘルシーかつ安上がりですなあ。

日韓共同世論調査

読売新聞社と韓国日報社の
 「日韓共同世論調査」によると
 ・6月下旬から7月上旬
 ・両社がそれぞれ日韓の有権者対象に調査
 ・面接方式

☆現在の日韓関係
 ・日本 良い 36%(前回から24ポイント減)
     悪い 59%(24ポイント増)
 ・韓国 良い 12%
     悪い 87%

☆双方の信頼度
 ・日本は 韓国を信頼できない 51%(17ポイント増)
         信頼できる  43%(16ポイント減)

 ・韓国は 日本を信頼できない 89%
         信頼できる  11%

★今の盧政権は末期的症状だし、元々モラルは低いようだから、
 善意など期待せずに、付かず離れずの、
 シビアな外交交渉で良いのでは。

コロンビアの交通事故は美女のよそ見

コロンビアの全国交通事故予防基金の
 「不注意運転の原因調査」によると

☆不注意運転の交通事故
 ・05年 2万4000件(交通事故原因のトップ、21%)

☆不注意運転の原因(複数回答)
 1位 携帯電話での通話 53%
 2位 美女に見とれて  32%(二輪車は69%、タクシーは40%)

コロンビアは、コスタリカ、チリと並んで「美女の多い国」とされる。

★きれいな女性を見つめるのは男の義務らしいが、
 事故はねえ。

育児休暇、介護休暇

厚生労働省の
 「05年度の女性雇用管理基本調査」によると
 ・従業員5人以上の約7500事業所から回答

☆05年度育児休業の取得率
 ・女性 72.3%(前回02年から1.7ポイント増)
 ・男性  0.50%(0.06ポイント減)

☆育児休業規定が
 ・ある 61.6%(0.2ポイント増)
 ・規模30人以上事業所 86.1%(5ポイント増)
 ・30人未満事業所   56.5%(1ポイント減)

☆女性の育児休業利用期間
 ・10~12カ月未満 35.0%
 ・12~18カ月未満 13.5%(8.1ポイント増)

☆育児で勤務時間短縮ができる事業所
 ・41.6%。

☆子の看護休暇制度を整えている事業所
 (05年4月から、従業員の申し出による取得が可能となった)
 ・33.8%。
  うち、男性取得者が45.8%で、男性比率が高い。

★男性の育児休業はまだまだ極少数派